商標の広場

弁理士の福島が商標のお話をします。

ロゴマーク

2017-05-15 09:20:14 | 日記

旧東海道の案内看板に使う統一のロゴマークを大津市と草津市が作製し、12日に発表した。現在は外観が異なる看板や石碑に一体感を持たせ、沿道の景観アップにつなげるのが狙い。商標登録して全国に発信するといい、両市は「他都市にもロゴ入りの看板が広がってほしい」としている。

両市でつくる「びわこ大津草津景観推進協議会」が成安造形大(大津市)にデザイン制作を委託した。市職員と学生が昨年5月、京阪四宮駅(京都市山科区)から草津宿本陣(草津市)まで歩き、旧東海道を示す約90個の看板や石碑を調査。形状や表記が統一されておらず、劣化や損傷の激しいものもあった。

ロゴマークは波と道が描かれ、海や琵琶湖沿いの国々を通る旧東海道を表現し、文字は歌川広重の浮世絵「東海道五十三次」にあった字体をモチーフにした。

ロゴの信用性を高めるため15日に10年間の商標登録を出願する。10月にはモデル事業として旧東海道に当たる大津市京町通で、数カ所にロゴを使った看板を設置する。他の自治体などから使用申請があれば無償提供する。

2日には大津、草津の両市長が商標登録に向けた協定書を締結。越直美大津市長は「統一感ある歴史まちづくりにつながる」と話し、橋川渉草津市長が「ロゴのある看板が(旧東海道の起点である)日本橋から京都までつながれば」と期待した。さて、日本橋から京都までつながるか・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スヌーピー | トップ | 4割 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。