商標の広場

弁理士の福島が商標のお話をします。

直虎使えず

2016-10-17 09:14:13 | 日記

浜松市ゆかりの女性戦国武将・井伊直虎を題材にした大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放映開始に向け、市内の事業者らが食品など関連商品の開発に取り組む中、商品名に思うように「直虎」の文字を使用できず、頭を悩ませている。

理由は、複数の事業所が既に「直虎」の文字を商標登録しているため。関連商品を通じた地域活性化を狙う浜松商工会議所や浜松市は「今後の商品開発や地域振興に支障が出る」として、特許庁に登録取り消しや説明などを求めている。

直虎関連の商標は13日現在、放映元のNHKエンタープライズのドラマ名やロゴなど13件が登録されている。このほか、浜松市の「直虎・ゆかりの地・浜松」のロゴなど11件が申請済みで、特許庁が審査している。商標登録の申請はドラマ放映が発表された2015年8月以降に一気に増え、「直虎」や「直虎の里」などの文字も県内外の事業者や個人によって申請・登録された。

同商議所によると、「直虎」の商標は菓子や清酒、弁当などほとんどの食品区分で登録されているため、「直虎まんじゅう」や「直虎団子」など、直虎が入った商品名を登録者の許可なく使用することはできないという。直虎商品の開発を支援する同商議所の担当者は、「ビジネス上の戦略なので仕方ない」と語る一方、「歴史上の人物の名前の商標が独占されるのはおかしい」と訴える。

いろいろ言うけど、商標法第4条第1項第7号の適用は難しい?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はちみつの話 | トップ | バンドの名前が最高裁に(ア... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。