オリジナル「107ソングブック」  Original  natarsher seven

全く、個人的趣味の音楽の一つ。高石ともやとナターシャセブン。
「107ソングブック」の曲をオリジナルの歌詞で

まつぃん おわっせ(祭りのあと)

2017-04-18 | 鹿児島弁

まついんあとん せんねかさぁ     

いやでん やっくいもんじゃなぁ

まついんあとん せんねかさぁ     

たといや おごじょん まっわらし

もう帰えっが も 帰えっしもが    

寝静まっちょっ まんな抜けっせ

 

といな そねっとん げんねかっせ   

といなほむっとい げんねっせ

なんがためぃ にっかとか       

なんがそねっせ にっかとか

も ねっがね も つんねびっしもが  

ふいまずんな へっでんまんな

 

めいんな ねぎれすったぁいっぺあっせ  

帰えっいっような  とこいな なか 

めいんな ねぎれすったぁいっぺあっせ  

けしんいったぁ ごんごあっ

も わろがね も わろいっしもが    

きぬねぁ ゆどん わやっじゃったとい

 

まついんあとん せんねかさぁ      

けしんだ おごじょい くれやっが

まついんあとん せんねかさぁ      

けしんだ おんじょい くれやっが

も そねっせんが も そねったぁせんが 

こんばんな そつぃ よくろしっせぇ

 

も そねっせんが も そねったぁせんが 

こんばんな そつぃ よくろしっせぇ

 

 

吉田拓郎という人の特集を広島を中心に映像にして、流していた番組をたまたま見ていた。

広島フォーク村名義での「古い船を今動かせるのは古い水夫じゃないだろう」だとかをやっていた。

実は1972年の「元気です」で吉田拓郎の音楽を聞くのは終わった。

つまり世間一般で評価されるようになって私は聞かなくなったということになるのだと思う。

もうその時にはそれ以前の高石ともやだとか高田渡だとかに戻っている。

その「元気です」に入っている曲に「祭りのあと」という曲がある。

いろいろな解釈があるようだけれども70年安保に敗北した世代のことだとも言われている。

つまり70年安保闘争という祭りのあとのことだと解釈されている。

そう考えると祭りのあとにただただ酒を飲もうという詞もわからなくはない。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 星ぃ祈いを | トップ | 魔法ん黄色か靴(魔法の黄色... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL