糸東流空手道「日本空手道会」「糸東流国際空手道会」

現在の活動の様子を皆様にお伝えします。

平成23年度 糸東流技術研修練成大会を行いました

2011年11月23日 | 日記
糸東流空手道「日本空手道会」「糸東流国際空手道会」  

11月23日(祝)に、堺市立大浜体育館「剣道場」で行いました。

はじめは中野師範による「基本と型の指導」

  今年度研修した基本型を全員で!

  型競技前の審判の打ち合わせ。

  2つのコートに分かれて競技開始。













      終了後は個別に講評。

























  午前の部が終了した後の一コマ。

師範演武。名村師範による「五十四歩」。

師範演武。桝井師範による「新破」。

師範演武。喜多師範、黒川師範、中野師範による「抜砦大」。

  組手競技前の全員練習。





 午後の組手競技に向けた打ち合わせ。

   組手競技が開始。











  すべての競技が終了しました。

加藤師範と中尾師範が表彰状の作成・準備。
 黒川師範による成績発表。

  井上師範による全体講評。

平成23年度の「糸東流技術研修会」は、本日開催の「技術練成大会」をもって年間行事を終了しました。
1年間お疲れ様でした。次年度の研修会は、平成24年2月19日(日)からです。
 



この記事をはてなブックマークに追加