アンティマキのいいかげん田舎暮らし

アンティマキは、愛知県北東部の山里にある、草木染めと焼き菓子の工房です。スローライフの忙しい日々を綴ります。

山の麓のドイツパンのお店~ベッケライ ミンデン~

2010-04-20 15:24:14 | たべもの
 以前名古屋に住む知人が、「近くにおいしいドイツパンの店があるから」と、いろいろ取り合わせてパンを買ってきてくれました。そのパンがどれもおいしくて、とくにライ麦の入ったドイツパンは食べるほどに味があり、またそのうち買ってきてもらおうと思っていました。

 ところが2年ほど前だったか、その知人が「残念なことにあのパン屋は引っ越してしまったの。愛知の山奥のほうだと聞いたけど、もしかしたらあなたの町の近くじゃないのかしら」と言いました。

 そのすこし前、人づてに、北設楽郡豊根村にドイツで修業した人がドイツパンの店を開いた、と聞いていました。二つの話はもしかしたら重なるかな、とおもったら重なりました!名前が同じだったのです。

 はじめて訪れたとき、おもわず「私もこんなところに引っ越したかった!」とおおきな独り言を言ってしまいました。店の敷地は車道の左側にあり、この道はあと数百メートルで行き止まり。道の右側には川が流れています。
 
 写真では分かりにくいのですが、お店はすこし高台にあり、車道から左に折れて細い私道を上がっていきます。店の右が古い民家を改装した住居になっているようで、日当たりがよく、裏も右隣も山です。隣家は左に一軒あるだけ。それもだいぶ離れています。辺りはとても静かで、のどかです。

 「ベッケライ ミンデン」とはご主人がドイツのミンデン市で修業したからつけた名だとか。私はいつも、ライ麦パンを数種、あるだけ頼んでおきます。この日、手に入れたのは下の四種類。

 手前左がバルヌス、右はバイエリッシュ、後ろ左はミンデナーランド、右がメアコーン。どれもワインやベルギー、ドイツのビールに合いそうですが、とりわけ私が好きなのはミンデナーランド。しおりには「ミンデン市民がこよなく愛するライ麦が75%入ったパン」とあります。とっておきのオリーブ油と塩につけて食べました。

 バルヌスはくるみやひまわりの種が入ったライ麦65%のパン。もっちりしています。メアコーンも亜麻仁、オート麦、ゴマが入っていて香ばしい味です。ラム酒漬けレーズンがたくさん入ったバイエリッシュは、お菓子のように食べ過ぎてしまいそう。

 どれも深い味わいのあるパンです。こんな本格的なドイツパンを、山伝いの道を通って買いにいけるとは、幸せです。

 このお店については、「三河の山里便り」に詳しく紹介されています。

 *ベッケライ ミンデン 
  ℡」0536-85-1234
 愛知県北設楽郡豊根村上黒川字柿平22

ジャンル:
パン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんぐり工房で草木染め~「... | トップ | パンジー染め »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL