アンティマキのいいかげん田舎暮らし

アンティマキは、愛知県北東部の山里にある、草木染めと焼き菓子の工房です。スローライフの忙しい日々を綴ります。

いなかとまちの文化祭に、出店します。

2016-11-18 09:28:29 | イベント出店情報とそのほかのお知らせ
明後日、20日日曜日は、毎年恒例の田舎とまちの文化祭。豊田市駅前T-FACE前の広場、シティプラザにて行われます。

    今年は、久しぶりに奥三河Three trees+の三人が勢ぞろいします。

    加えて今回は、稲武在住のきよみさんの手作りのこんにゃくも販売します。彼女のこんにゃくは、広葉樹の草木灰で固めた柔らかくてもこしがあり、おいしい。ぜひご試食の上、召し上がってください。先日参加したイベントてしごと日和では、あっというまに完売。はややめにお求めになることを勧めます。

     Artisan MIKIは自家農園のブルーベリーコンフィチュールのほか、信州飯田で長年有機栽培をしている矢沢さんのラフランス、同じく信州産のリンゴのコンフィチュールを販売します。

     さて、アンティマキは、穀物クッキー、こねないパン、ブルーチーズクッキー、スコーン、ケーキ類などいろいろ持っていく予定です。郡上の割り箸、ルシエンテのアクセサリーも並べます。

      狭いブースですが、多彩な商品が並びます。ぜひ、のぞいてください。

      マルシェには、田舎に移住した若い人たちの無農薬栽培の野菜、碧南の松原さんの椿油やアクセサリー、CANPESSINOの塩麹、旭地区に移住した女性たちの作る焼き菓子、下山地区山遊里のソーセージなど、田舎の美味しいものがあつまります。

      そのほか、森の女子会、竹ワークショップのスアラスクマ、根羽村森林組合などが体験コーナーを設置します。

      ステージでは伝統芸能の棒の手ほか、種々のライブも。シンポジウムも企画されています。晩秋の一日、ぜひあたたかくしておでかけください。お待ちしています。

      *日時 12月20日(日)10時~16時
      *場所 T-FACE前 シティプラザ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あした、福蔵寺秋のご縁市に出店します。

2016-11-12 14:39:18 | イベント出店情報とそのほかのお知らせ
   またまた間際の告知になりましたが、あした、秋の、福蔵寺ご縁市に出店します。初回から一度も欠かさず出店。のどかな山里のイベントとして、すっかり定着したようです。

   あしたは、久々にブルーベリースコーンをもっていきます。ブルーベリーは稲武のPaysann MIKIの大粒の果実。スコーンの上に載せても垂れないよう、よく煮込んであります。

   そのほか、穀物クッキー2種、米ぬかカレー入りクッキー、ブルーチーズクッキー、黒ビールケーキなどを持っていきます。パンは、ハーブフォカッチャと新作のプチカンパーニュです。

   アンティマキのブースのかたわらでは、光岡真理さんのハワイアンロミロミ・ハンドマッサージができるよう、準備します。皆様のお越しをお待ちしています。

   こちらはただいま、紅葉まっさかり。私宅の紅葉もはじまりました。足助近辺が渋滞の恐れもありますので、平戸橋方面を通る方は、広瀬を通り、川口に出て、旭地区榊野から左に至る道をおすすめします。矢作川をはさんで、153号線とは反対側の道です。昨日のイベント(てしごと日和)は暑いほどの陽気でしたが、明日はどうなるのでしょう。山の天気はわからないので、上に着るものはご用意の上、おいでください。

日時;11月13日 日曜日 10時から午後2時ころまで
   場所:豊田市太田町 福蔵寺
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手仕事日和に出店します。

2016-11-09 00:32:43 | イベント出店情報とそのほかのお知らせ
    稲武は、紅葉のうつくしい季節になりました。気温は急激に下がり、先日は初霜が降りたそうです。いよいよ冬の到来。まだ煙突掃除を済ませていないのに、今日は一日薪ストーブを焚いていました。

    さて、11月最初のベント出店は、手仕事日和です。6月に第一回目を開催。たくさんの方にお越しいただきました。今度も会場は同じ、トヨタハウジングガーデン。

    *日時 11月11日(金曜日)10時~14時
    *場所  とよたハウジングガーデン

   6月の時の写真です。きれいな街の広場での開催。気持ちのいい一日でした。

    アンティマキが持っていくのは、穀物クッキー、こねないパン、スコーン、ブルーチーズクッキーにグラノーラ。多分黒ビールケーキも。あとなににするか、思案中です。

     隣のブースは前回同様、Artisan MIKI。そして今回初登場するのは、清美さんのこんにゃくです。

     清美さんは、私と一緒にこの春から、稲武の石窯を使って遊ぼう!の会のスタッフをつとめています。私同様、数年前に稲武に移住。鶏を飼い、野菜を育て、味噌や醤油を手作りしています。

     彼女は、広葉樹の灰汁で固める昔ながらの方法でこんにゃくを作っています。化学的な凝固剤を使っていない彼女のこんにゃくは、柔らかいのにしっかり歯ごたえがあり、「こんにゃくって、こんなにおいしい食べ物だったのだな」としみじみおもえます。

     数に限りがあるので、ぜひとも早めにお越しください。試食もあります。

     お天気がどうなるか心配ですが、もし荒天なら屋内で開催することになるそうです。ぜひ、みなさまのお越しをお待ちしています。

      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんぐり工房で草木染めミニ展示会を開いています。

2016-11-06 00:15:30 | イベント出店情報とそのほかのお知らせ
   稲武大井平公園のもみじまつりが始まり、稲武も賑わいを増しています。

   さて、数年前に一度、どんぐり工房で開いた草木染めの展示会、ひさしぶりに開催しました。きょうからです。ただし、突然決まったことで、準備が進まなかったので、小規模の、ミニ展示会です。

   どんぐり工房は、明治5年に建てられた古民家を移築した建物。古い建具や柱と、草木染めの色合いはよくマッチします。

    私が染めた布を、友人がいろいろに取り合わせてパッチワークした、作業半ばの布。美しいので、一枚は、額に入れて飾っています。

    今回も、どんぐり工房に染めに来てくださっている方たちの作品を展示しています。このバッグは、麻混紡の布をあわせたもの。帽子は染め替え。インド茜です。

    こちらは、木綿、麻のほか、古い白生地のきものをほどいたものもあります。絹の光沢は格別です。

     販売品もあります。

     こちらはこれまでに染めた麻混スカーフの横糸の一部。端の始末をお願いした友人が、抜いた糸を捨てないで、綛のようにしてくれました。

     絹糸の綛とタコ糸の綛。糸の染まりつきは、布よりもいい。

     のれんと古い帯芯。これらはどれも販売しています。

     作品は、おって増やします。どんぐり工房で染めにいらしている方たちの作品も補充し、フェイスブックにて紹介します。展示の期間は12月初旬まで。自然から生まれた色の美しさをごらんに、ぜひいらしてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あしたはオンリーワン祭りに出店します。

2016-10-28 23:36:37 | イベント出店情報とそのほかのお知らせ
    またまた直前の告知になってしまいました。あした、豊田市街地・トヨタ自動車元町工場近くの、社会福祉法人オンリーワンが開催する、温意r-ワン祭りに出店します。

    奥三河Three trees+の三人で出店します。私たちには初めての出店なのですが、おまつりは6回目。年に一度のにぎやかなイベントだそうです。オンリーワンは、この夏出店したオリーブマルシェの開催もと。出店したのがきっかけで、声をかけていただきました。

    アンティマキが明日お持ちするのは、全くこねずに作ったカンパーニュ、有機レーズンとくるみのパン、穀物クッキー2種に、低温で焼いたブルーチーズクッキーときなこ&ひまわりの種のクッキー。黒ビールケーキ、おからのガトーショコラ、りんごいっぱいケーキなど、久しぶりに作った品もお持ちします。それから写真のこれも。自家製リンゴジャムをはさんだリンゴスコーンです。いずれも、数が少なめの品もおおいので、早めにお越しください。

    おまつりには、ワークショップもいろいろ開催。さおり織りのオリーブ、木端で遊べるチ吉キ堂、子供の絵画造形教室はらっぱも参加します。日時と場所は以下の通りです。

    *日時 10月29日 土曜日 午前10時30分~午後2時30分
    *会場 社会福祉法人 オンリーワン
        豊田市柿本町5-31-2 ℡ 0565-27-1981
  
    稲武は今日は一日雨でしたが、明日は晴れそう。このところ、一日おきくらいに出かけるのですが、なぜかイベントや講習会で出かける日は晴れているみたい。晩秋のような寒さになるかもしれないとのことです。暖かくしておこしください。お待ちしています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日、ヘルシーメイト岡崎店セールにて販売します。

2016-10-27 02:15:16 | イベント出店情報とそのほかのお知らせ
   告知がすっかり遅くなりました。

   本日、27日木曜日、ヘルシーメイト岡崎店で、10%セール時の販促出店をいたします。名古屋焼山店でも一部販売しますが、私が出向くのは岡崎店だけです。

   納品するのは、穀物クッキーの玄米粉と塩麹・黒砂糖と生姜粉、りんごいっぱいケーキ、おからのガトーショコラ、黒ビールケーキ、カンパーニュ、ハーブのフォカッチャ、くるみとレーズンのパン、米ぬかクッキーごまいり、酒粕クッキー、低温焼きクッキーのきな粉とひまわりの種入り・ブルーチーズとライ麦粉。

   ひさしぶりにいろいろ作りました。ただいま、ここちよい疲労感。早朝の車の運転がちょっと心配ですが、10時には店頭に並ぶよう出発します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんぐり工房、今月の草木染め講習会

2016-10-22 23:39:28 | 草木染め
   きょうは、10月のどんぐり工房定例草木染め講習会でした。

   使った材料は、アベマキのカクトとセイタカアワダチソウ。どちらも、参加者の珉さんにもってきてもらったものです。

   とくにアベマキのカクトは、この辺りではほとんど拾えない貴重品。私宅にも一本ありますが、拾えるのはほんのわずか。こんなに贅沢につかえてうれしい。

   クリの皮やいがの染めよりさらに濃い茶色になります。税所はベージュに。白っぽい布は、ポリエステル混紡らしく、染まりつきが悪く、ともすれば浮いてしまいました。

   鉄媒染で濃いグレーに。

   そのあと、消石灰の上澄み液に入れたら、深みのある茶色に変身。ポリエステル混紡の布は、ほかの布の色とは違うピンクがかった茶色におさまりました。

    染めあがった布。きょうは、参加者7名でしたが、持参なさった布が多く、染液もたくさん用意できたので、ことのほか大量の染めができました。空きの色の染めです。

    このブラウスは、元は白。お気に入りなのに、里芋の葉を茎ごと抱えて歩いたときに、裾のほうにべったりしみがつきました。薄い色だとしみが目立つので、アベマキで染めた後、鉄媒染液に。そうしたら、美しい青みがかったグレーになり、しみがすっかり見えなくなりました。

    黄色い糸は、荒物屋で100円で売っていたというタコ糸。セイタカアワダチソウのアルミ媒染です。茶色はアベマキ。

    草色のパンツは、もともと水色。セイタカアワダチソウのアルミ媒染で、さわやかな色に変わりました。後ろの草色は、鉄媒染。

    こちらは、毎月ほぼ参加している友人が、いったん捨てようとごみ袋に入れたご主人の古いゴルフ帽。白くて色がつかえていたものが、すっかりよみがえりました。

    絹の手袋です。先端の田の模様は、洗濯ばさみで。

    和裁をなさっていた方からいただいた絹の端切れで、三枚のスカーフができました。左からアベマキの鉄、セイタカアワダチソウのアルミと鉄。彼女からはたくさんの布をもらったので、これはおかえしにさしあげました。半襟にも仕立てられるとおもいます。

    今年は、何度もセイタカアワダチソウで染めました。採取どきがよかったからか、量が多かったからか、いつにもまして、美しい黄色が生まれました。でも、もうこの花も終わりに近づきました。来月の染めは、11月27日日曜日。ソヨゴの葉、桜の枝が手に入りそうなので、晩秋の赤っぽい茶色の出る染めをしようとおもいます。お申し込み・お問い合わせは、どんぐり工房まで。なお、工房での定例の染め講習会は、年内は来月が最後です。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

chieさんの「一汁一菜から始めよう!だし料理教室」のご案内

2016-10-11 21:52:29 | マクロビオティック
  マクロビオティックをベースにした、chieさんの稲武での料理教室は、10年前にスタート。大阪から毎年2回から3回、遠い稲武まで通ってくださいました。

  その間chieさんの活動はどんどん広がりました。蕎麦職人、器作家、老舗昆布問屋、妹のイラストレーター・ヒロさんなどとのコラボレーションを全国あちこちで展開。

    数年間、毎夏イタリア・トスカーナ地方に滞在し、現地の人から当地の郷土料理を学んだり、日本食を食べて貰ったりと食の交流がきっかけになって、自国の食文化の素晴らしさを再確認しました。

   そして、いまも毎日家族のために台所に立つ母から受け継いだ、本物の味の大切さを伝えたいという強い意志のもと、だしをベースに素材のおいしさを追求する料理にたどりつきました。

   10年目を機に、chieさんの教室は新たな一歩を踏み出します。以下、chieさんからのメッセージです。

  「料理は、シンプルであればあるほど、ひとつひとつの材料の吟味や手順、調理の仕方が大事なものになります。新鮮な野菜を選び、ちゃんと出しをとり、伝統的につくられた調味料を生かしながら一汁一菜をつくれば、栄養満点。おいしい出しのおつゆを飲むと心と体がほっとします。出しの香り、味わいはこころに安らぎを与え、気持ちを落ちつかせてくれます。

    海に囲まれた日本は、豊かな食材にあふれ、さまざまな調理法が工夫されてきました。米と大豆をベースに、昆布、鰹節、煮干し等で出しをとり、旬の野菜や魚を美味しくいただく。それは決して難しくはありません。

   忙しいお母さんが、沢山のおかずをつくらないといけないと、後ろめたく思う必要はないのです。季節を感じ、手間を惜しまず心を込めて 。食材の持ち味を最大限に引きだして、家族のために「いい味」を一緒に作りましょう。これが、日本から発信されたマクロビオティックのかなめだと、私は思っています。」

   詳細は、以下の通りです。
*日時:11月14日月曜日・15日火曜日 10時から15時
*場所:どんぐり工房 稲武地区
*講習料:4000円(材料費込)
   別途、施設料として、100円から200円いただきます。
   なお、11月12日以降のキャンセルは、講習料を全額いただきますので、ご了承ください。   その際、レシピはおくらせていただきます。
*定員 それぞれ15名
*問合せ アンティマキ

  下の写真は、以前のchieさんの教室の様子です。>

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンティマキの場所の秋

2016-09-30 11:23:56 | アンティマキの場所に生きる動植物
    今年の夏は稲武でもことのほか暑く、9月にはいっても蒸し暑くて湿気が多くて、なかなか秋らしいさわやかな日に恵まれませんでした。おまけに、イベントそのほかで外出も多く、なかなかゆっくり敷地内を歩くこともなく、9月の終わりを迎えました。

    今日は久々の晴天。洗濯ものと布団を干してから、長靴をはいて散策開始。まず家の下の林にあるクリの木周辺をみてまわりました。今年は、とりわけ実がたわわに実り、収穫が楽しみだったのですが、雨や外出で見に行けずにいる間に、どんどん動物たちの口に。見にいっても、みつかるのは、散乱したイガと鬼皮ばかり。山のふもとにある場所なので、イノシシのみならず、タヌキやリス、サルなど、いろんな動物がいきかっているとおもいます。イノシシだけなら夜しかこないのですが、昼間も出没する動物だと、しょっちゅう見にいかないとたちうちできません。今年も、完全に彼らに負け続けでした。今日も案の定、実は皆無。

    でも、ひとつだけいいことがありました。ヌルデの木に生息しているゴバイシをみつけたのです!

    これは木に寄生する虫こぶ。古くから染色材料として貴重なものとされています。足場が悪くてたいへんでしたが、いちおう、見えるものはすべて採取。蒸して干して保存します。

     家の上手にあるもと畑は、昨年から、知人たちといっしょに雪割草ガーデンプロジェクトと称して、子供の遊べる野原、大人の憩える苑をめざして再生に取り組み中。そのかいあって、夏でも、足を踏み入れることができるようになりました。

      初夏、このガーデン予定地に植えた陸稲。友人から早苗をもらって植えたのですが、陸稲とはいえ水はあったほうがいいようで、日陰気味で湿っぽいこの場所は適地だったようです。数本なのですが、ちゃんと黄金色の実になりつつあります。今年は種をとり、来年はもっと広い場所に植えてみたい。

      こちらも友人にもらったトゥルーシー。インドの古典医学・アーユルヴェーダで「聖なる薬草」とされるハーブです。雑草の中でなんとか一株生き延びてくれました。

      ガーデン予定地にあるミニ林のクリの木周辺。こちらはたぶん、イノシシだけがやってくるらしく、昼間のクリは、ひろいにいきさえすれば人間のものになります。今年になって気が付きましたが、青いイガにくるまれている間は、いくら下に落ちていても、動物にはなんともしがたい。こじ開けるのには限度があるのです。彼らよりいささか知恵のあるわたしは、そういう青い実を拾ってきて、家のそばに置き、そのうちイガがパカッと空くのを待ってこじあけることにしました。 

       こちらはタデアイ。染色材料です。もらった苗が何とか育ちました。種とりして、こちらも来年は生葉染めができるくらい育てたい。
 
       レモングラスも育ちました。草に負けずに育ったのは数年ぶり。晩秋に刈りこんで干してお茶に。株はおこして家の中で冬越しさせます。

       もとは雑草のサクラタデ。ずっと前にもらったもので、ずいぶん増えました。かわいい花なので、望まれるままみんなにあげましたが、どこも健在ではないみたい。イヌタデなどのただの雑草にそっくりなので、若いうちにみんな抜かれてしまうらしい。ずぼらな私の庭にだけ残りました。

       イヌガヤの赤い実。こちらもいつにもましてたくさん実をつけています。でも、「イヌ」と冠したものがすべてそうであるように、「つまらない、役に立たない」木らしく、実は食べられないのだそう。こんなにあるのに、残念。

       イヌガヤの真下で見つけたキノコ。
 
       こちらも、黄色くて柔らかそうですが、しらないものなので珍しがるだけ。そっとしておきます。

       つかの間の晴れの日。貴重な一日でした。いまからちょっとだけしかできませんが、草刈りに行ってきます。


    
   
    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月のどんぐり工房での定例草木染め講習会

2016-09-26 00:33:59 | 草木染め
    昨日、25日の定例草木染め講習会には、8名の方がお越しくださいました。ほぼ毎月来てくれる方々の要望で、今月は茜染めを実施。いつもは、近辺の野山で採取した草木で染めるのですが、今回は染め材料天から取り寄せたインド茜を煮出しました。

   日本の茜は今や貴重品。以前、稲武の城ケ山のふもとで採取して染めたことがありますが、細い根なので、ごくわずかしか染められませんでした。日本茜のほぼ10倍の太さのインド茜で染めるのが、今は一般的になっています。

   途中の写真を撮りそびれたのですが、結構たくさん染められました。茜は、先に媒染しておくとより冴えた赤が生まれます。まちがえて先に染液に入れた布は朱色になりました。でも、中媒染のあと再び染液に入れると先媒染同様の赤に変身。ちがいはわからなくなりました。

   でも、今回は、染液にいいれた食酢の量が少なめだったせいで、いつもより朱色がかっていました。それぞれの色の違いは、布の素材や織り方、地色のちがいによってうまれます。大勢で染めると、いろいろな素材の染め色が見られてたのしい。

    茜で染めた下着を身に着けると、血液の循環がよくなるとか。今日はお二人の参加者がパンツを持って、参加。きれいに染まりました。

    こちらはオーガニックの体を締め付けないパンツ。履き心地がよさそうなので、今度まとめて仕入れてみることにしました。

    茜のほかに、クリの皮も煮出しました。地味ですが、シックな秋らしい色に染めあがりました。

     こちらは古い帯芯。バッグにすると斬新なものになりそうです。

     きょうもまた、楽しく勉強させてもらえました。来月は10月22日土曜日の開催です。ピラカンサか何か樹木の枝、秋のたくましくしっかり成長したヨモギを使おうかなと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加