アンティマキのいいかげん田舎暮らし

アンティマキは、愛知県北東部の山里にある、草木染めと焼き菓子の工房です。スローライフの忙しい日々を綴ります。

今月のどんぐり工房草木染め講習会

2016-07-18 23:34:10 | 草木染め
   きょうは、定例のどんぐり工房草木染め講習会の日でした。

   参加したのは6人+小学生1人。染め材料は、インド藍とクズの葉です。

   インド藍は、あらかじめ藍の粉とソーダ灰、ハイドロサルファイトという還元剤で染め液を仕立てておきます。その液の中に布を入れると、緑色に。数分液の中でよく振り、外にとりだして外気を当てると、次第に鮮やかなブルーに変身します。写真は、変身途中のシャツ。青緑色です。

   液の中にまた投入し、数分後また外気に。この作業を三回繰り返したのが、このバッグ。もともと濃染処理がしてある布なので、濃い青になり、一見して本藍の染めのようです。

   こちらはかためのエコバッグ。100均だそうです。蛇腹に折って、ひもで括っただけですが、布がしっかりしているので、折り目が白く浮き出て、おもしろい模様になりました。

    茶色の麻の座布団カバーを藍の液に。オリーブ色になりました。思わぬ変化でした。

    手前の黄色のエコバッグは、クズの葉の銅媒染したもの。その次の次のエプロンは、カリヤスで黄色く染めたものを藍液に入れたらオリーブ色にかわったもの。

    そのほか、ポリエステル混紡の男性用の古いシャツ、色のつかえた帽子、ほどいた麻の蚊帳、捨てるつもりだった木綿のスカート、長じゅばんをほどいた端切れなどなど、今日は実にいろんな素材を藍液につけました。それぞれ違う色合いになり、おもしろかった! 勉強になりました。

    さて来月は、21日日曜日が定例の講習会です。今度は、ススキやヨモギなど、初秋の雑草で染めようと思います。おもうしこみは、どんぐり工房まで。おまちしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稲武の石窯で遊ぶ会

2016-07-17 23:52:11 | 稲武のモノ・コト・ヒト・バ
  きょうは、昨年ご一緒に稲武の石窯でピザやパン焼きを楽しんだ方が主催して、稲武の石窯で遊ぶ会が催されました。

   講師は、わたしと、いつものメンバー二人。大きなカンパーニュとピザ、野菜スープとスコーンという、私たちの会の定番メニューをつくりました。

   人数はおとな14人に子供12人の総勢26人。子供たちはピザを伸ばし、トッピングし、竈にかけた大きな鍋の前に陣取って、薪をくべたり、灰をいじったり。いろいろ手伝ってくれました。

    ピザは、それぞれが自分の生地を自分で窯に入れます。

    焼けた人から、ピザとスープで食事。スープは夏野菜をたっぷり入れたこぶだしのトマトスープにしました。

    焦げたところもありますが、焼きたてはとにかくおいしい。
    
   食事後は、スイカ割り。

   ライ麦粉と全粒粉を半分入れた大きなカンパーニュ、いよいよ窯に入れます。ちょっと過発酵気味なので、早く窯に入れたくてあせりました。

   ほぼ30分後、焼けました。案の定、おもったより立ち上がりが悪く、平べったくなりましたが、おいしそうです。アツアツのパンを皆さんに食べていただきました。素朴な黒パン、いい味です。

    パンの後は、スコーンを窯に。アンティマキのスコーンのレシピで、カレンズ入りと黒糖・くるみ入りを焼きました。こちらもほぼ30分で焼きあがり。水分がきれいに蒸発し、いい食感の焼き菓子になりました。

    石窯で遊ぶ会は、10人以上の参加者がいれば、日時を調整の上、ご希望に沿うよう実施いたします。アンティマキの問い合わせフォームからご相談ください。なお、私たち主催の石窯で遊ぶ会は、この秋、9月か10月に実施の予定です。おって、告知いたします。
        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンティマキの優しく易しいパンと焼き菓子の会、近々開きます。

2016-07-13 17:44:38 | アンティマキの焼き菓子とパン
   豊田市街地の施設での、アンティマキの優しく易しいパンと焼き菓子の講習会のお知らせです。日時は7月20日水曜日10時から2時ころまで。まだ若干空きがあるので、あらためて募集いたします。

   小さいお子さんもいっしょにつくれるものを、という要望があったので、今回はとにかく手軽でおいしいものを作ることにしました。メニューは次の通りです。

  *イーストで作るちょっとだけこねるピザ
  *豆乳と植物油で作る簡単スコーン
  *気軽に作れる甘くないラスク
  *簡単すぎるくらいのスープ

  料金は材料費込で、3000円+施設使用料(頭割)。主催は、豊田市の森のようちえん・森のたまごの林ともこさん。問い合わせ、お申し込みは、こちらまでお願いします。

  ちょっとだけこねるピザは、トマトソースも手作り。といっても、こちらもとっても簡単につくります。スコーンは、アンティマキの豆乳と米油のスコーンをもっと手軽につくってみます。ぜひ、ご一緒に楽しみましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週土曜日、Street & Park marketに出店します。

2016-07-13 14:41:49 | イベント出店情報とそのほかのお知らせ
    このところ、平地の街におりていくと、凄い暑さに辟易します。稲武では、まだ朝夕涼しくて素足ではいられないほど。温度差が激しくて、街に出かけたときはとてもつらく感じるこのごろです。

    さて、今月も、Street & Park marketに出店します。豊田市駅のすぐ近くの拳母城址公園でのイベントです。時間は10時から午後3時まで。

    今月は奇数月なので、会場は二つ。拳母城址公園のほか、すぐそばの駐車場の隣も会場となります。私たち奥三河Three trees⁺は、城址公園のほう。木々が少しはあるので、まだ過ごしやすい場所だとおもいます。

    当日、アンティマキがお持ちするのは、穀物クッキー3種、こめぬかクッキーカレー粉入り、ブルーチーズの低温焼きクッキー、グラノーラ。それにできたら、先日アンティマキの優しく易しいパンと焼き菓子の会で好評だった、梅干と梅シロップの梅入りマフィンも作りたいと思います。パンは、トマトフォカッチャとカンパーニュの予定です。

    ルシエンテの涼しげなアクセサリーと草木染めの布製品を少し、それに郡上の割り箸もお持ちします。こころざし工房の石鹸、Artisan MIKIのコンフィチュールも同じブースにて販売します。暑いさなか、帽子や日傘をご用意の上、買い物を楽しみにいらしてください。お待ちしています。私も今度は、氷と水をたくさん持ってのぞむことにします。

    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡崎の山里にある草木染めの工房にいってきました。

2016-07-09 18:30:46 | 草木染め
   先週の日曜日、岡崎市の山里・額田にある草木染めの工房「しかり」の個展&ワークショップにいってきました。

   こちらの工房主は、柴田玲甫さん。長年型染めとろうけつ染めをなさってきた方で、岡崎市の市街地にも工房がおありです。

    彼女の作品は、型紙をつくり、糊をおく、という昔ながらの方法と並行して、筆に蝋をつけて字を書く、という技法も駆使しておられます。周の時代の金文、甲骨文と草木染めの色がマッチして、独特の雰囲気を醸し出しています。染めの色は、なに色とも言い難い複雑な色合いになっています。ひとつの素材で染めたひと色ではなく、たいてい重ねて染めるそうで、いくつの素材をどのように重ねたか、いわれてはじめてわかる作品ばかりでした。あかねの色が主になっていると分かっても、それに何をかけたか、わかりません。でも、とても深い色になっています。

   サイザル麻を染めたバッグやうちわ、東南アジアの布や糸を染めた作品など、いろいろ展示即売されています。

    私が買ったうちわはこれ。

    本藍のかめもあって、布を染めるワークショップに参加。写真を撮り忘れましたが、カメがいくつも仕込んであって、ちょうどころ合いの甕を使わせてもらいました。北海道のすくもを取り寄せて、灰汁や日本酒、米ぬかで発酵させる本藍。いつかわたしも、本藍の甕を持ちたいという気持ちがむくむく。 

こちらが、当日私が染めた布です。斜めに屏風畳みにしてさらに折り返し、輪ゴムで結んだだけ。少し白い部分が多すぎるので、今度藍染めするときがあったら、さっと薄い水色に染めようと思います。

    藍染めのあと、無料でのポプリづくりも体験。ラベンダーやオレガノ、タイム、ローズマリー、丁子など好きな香りの素材をすり鉢ですり、草木染めした布の端切れで包んで出来上がり。簡単で、香りは抜群。さっそく車の中につるしました。

    工房周辺は、数軒の古民家と小川、それに田んぼや畑があるだけののどかな場所です。その一角で、紅花が栽培されています。

    このあたりは、江戸時代、商品作物として紅花が作られていたそうで、栽培に既婚は適しているようです。

    紅花畑の隣には、藍も育っています。

    お昼ご飯は、岡崎市街地にあるエブリーナ・マンマに。マクロビの日替わりランチをいただきました。薬草の味のするスープが変わっていて、おいしかった。

    柴田さんの展示会は、東公園内の本多忠次郎邸でも開催されていたので、そちらにも足を伸ばしました。昭和初期に建てられた立派な洋館の二階の和室3部屋に、彼女の作品は展示。こちらでも、型染めや文字をあしらった作品がほとんどでしたが、わたしは、文字や模様より、それぞれの色合いの複雑さに感嘆しきり。植物の色を重ねることで生まれる微妙な赤や灰色、緑色の美しさにおどろきました。

     本藍染めの着物も素晴らしかったけれど、帯の色が、どちらもすばらしかった。光のことを考えなあったので、写真に残せなくて残念です。    

     本多邸は、スパニッシュ風の建物だそうで、家具も建具も昔のものを丁寧に修理して展示しているのだそう。一番見たかったのは台所ですが、台所は修築せずに事務所になっていました。かわりに、昔のままのタイルの浴槽を。立派でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月の草木染め講習会

2016-06-28 23:07:18 | 草木染め
    一昨日は、どんぐり工房での定例草木染め講習会でした。

    今月染めたのは、ヒメジョオンとマルバアカソ。どちらも、嫌われ者の雑草です。

    茎の赤いマルバアカソ。このへんでは、どこでも群落が見つかります。この季節採取しやすい植物の中で、唯一赤系の色の出る草です。

    こちらはヒメジョオン。漢字で書くと姫女苑。今回初めて知りました。貧乏草、鉄道草ともいう、たぶん嫌われ者ナンバー1。前に一度染めたことがありますが、濃染処理が不足だったせいか、あまり濃い色が出ませんでした。今回は、豊田市街地のお寺の境内に咲き乱れていたのを、友人に頼んで大量に採取してきてもらいました。

    沸騰したら鍋から浮きあがるほどたくさん投入したおかげか、早々に黄色の染液ができました。なかなかいい。

    もう一種類、桐の葉も煮出してみました。ヒメジョオンの群落のあるお寺で、桐の大木も見つけたので、高枝伐りばさみで葉っぱをとってきてもらったのです。

    こちらは、はじめて。薄い黄色が生まれました。こころなしか、ヒメジョオンより、上品な黄色に見えます。

    この日は、何度も染めに訪れたことのある女性たち3人が、色のつかえたシャツやブラウス、派手すぎて着られなくなった服などを持って、参加。

    手前のえんじ色のチュニックは、赤がきつすぎて着られないからとお持ちになったもの。アカソの液につけたら、落ち着いたいい赤系の色に変身しました。一番右の黄色いブラウスは、元は白。フリーマーケットで300円で買ったものだそうです。 
 
     わたしも、いろいろ染め重ねをしました。40年前に買ったパーカーも再生に成功。もとは生なりでした。村が相当ありますが、これも、味としましょう。糸は、拳母城址公園そばの荒物屋・白藤商店で買ったタコ糸です。いつか織物を始めた時に、縦糸にしようとおもって手に入れたものです。

     さて、来月の草木染め講習会は、7月18日月曜日(祝日)です。夏なので、インド藍を使うつもりです。ほかに、クワかクズ、野茨など、黄色の出る染料も煮出します。青と重ねれば緑色が生まれます。講習会へのお申し込みは、どんぐり工房(電話0565833838)。なお、5人以上のグループでの講習会もお受けいたしますので、ご希望の場合は、アンティマキの問い合わせから、ご相談のメイルをください。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルシーメイト販促セールに出店します。

2016-06-21 09:34:06 | イベント出店情報とそのほかのお知らせ
岡崎市の自然食品店・ヘルシーメイトで、今日から年3回のセールが始まります。アンティマキは、今週末の土曜日、25日にいつもどおり出店。開店時から、店頭に立ちます。

  今回お持ちするのは、穀物クッキー2種、米ぬかクッキーごま入り、黒ビールケーキ、こねずに作るパン数種、酒粕クッキー、スコーンなどのほか、新作の、低温焼きクッキー2種~ブルーチーズ入りときな粉入り~も販売します。

   ところで、アンティマキの商品は、岡崎店と名古屋焼山店に並びます。ただし、わたしが岡崎店に到着してからお店のスタッフが商品の仕分けと整理をした後、焼山店にほかの品とともに運ぶので、焼山店に到着するのは、たぶん1時以降のこととなると思います。お確かめの上、お越しくださったほうがいいかもしれません。

   26日は、旭地区のカレースパイス屋さん・ニランジャンも岡崎店に出店。たぶん、カレーの試食もできます。奥三河Three trees+のArtisan MIKIは、25日は名古屋焼山店、26日は岡崎店にて販売します。試食もたくさんありますので、ぜひ、お立ち寄りください。

   

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塩と梅干の話

2016-06-19 19:07:27 | たべもの
  確か昨年から実施されていた「食べるのこと 考える10の問い」という名のトークイベント。ほぼ毎月、種々の調味料を取り上げ、それぞれの専門家の話を聞き、製造所の見学をし、ちゃんと作られた調味料を味わって、その調味料を生かした料理に舌鼓を打つ、といった企画です。前から参加したいと思っていたのですが、いけずじまい。先週の日曜日、やっと念願かなって参加しました。

   場所は、西尾市一色町の近々オープン予定のsubaco というカフェ。稲武からは2時間強の道のりでした。

   今回のテーマは、塩。お話しくださったのは、三重県松本農園の松本清さん。自家農園の、みごとな南高梅を持参。まるであんずのようです。彼は、梅農家でもあり、梅干の作り手でもあります。そして、ソルトコーディネーターの肩書きもおもちです。

   以下、彼と、イベントのコーディネーターの方の話をかいつまんで書きます。

   「1905年に始まった塩の専売制度は、2005年まで続いた。専売制度は、単に自由な塩の販売ができなかっただけでなく、数回にわたる塩業整備のため、ナトリウム塩(塩化ナトリウムが95%だった会場含まれている塩のこと)しか塩と認められなくなった。そのため、全国各地にあった塩田がほぼ消滅した。1997年、ナトリウム塩以外の塩の流通がようやく認められ、その前から徐々に流通していた、ナトリウムの含有量が80%~90&以下の自然塩(おもに、輸入した天日塩を日本の海水に戻し、再結晶させた塩)が正式に販売できるようになった」
  
   1905年に専売法が施行されたのには、食料難と衛生面での配慮という二つの大きな理由があったとのこと。ナトリウムの少ない塩は腐りやすいし、塩田で少量ずつ生産される塩は値段が高くなる。ナトリウム塩なら、大量生産が可能で、安価に供給できるというわけです。

   でも、食料事情がよくなってもなお、この専売法が改正されないまま続行。わたしが「海の精」の存在を知った1980年代中頃、あの塩は普通の販売はできずに、研究会の会員を募ってその会員たちに渡すという形で、届けられていました。

  「現在は、道の駅に行けば、必ずどこか地元の塩見つけることができるほど、塩の製造は自由化された。これらはいずれも、微量栄養素のマグネシウムやカルシウムが、ナトリウム塩(100年続いた専売公社の塩)よりかなり豊富にふくまれている」

   「とはいえ、日本の塩の自給率は15%。飼料用、加工用はほとんど輸入品に頼っている」

   松本さんが持参した塩のなめくらべは、たのしかった。ヌチマースは沖縄産。海の成分がそのまま濃縮され、結晶化した塩だそうで、いささか苦みが。奥能登揚浜の塩は、人力で海水をくみ上げ、塩田で乾燥させたもの。ナトリウム分は、ヌチマースより高め。

   驚いたのは、ナトリウム分をどの程度にして塩の製造を進めるかは、職人のこだわりにかかっているということ。同じ塩でも、成分の表示が何%から何%と開きがあるところがあるのは、海水濃度の変化にもよるし、その濃度に合わせる職人の勘にもよるのだそう。   

   ところで、塩は人間の体にとても影響を与えるもの。暑い時出る汗の中身は、多くは水分。体は、塩分濃度を下げると危険なので、水分だけ出してしまうのだそう。熱中症の症状として、脱水症状があげられるのは、そのせい。冬でも、体が冷えると血液の塩分濃度を上げ、体温を上げようとするため、トイレに行く回数がふえるというわけです。

   高血圧の人に医者がかならずといっていいほど勧める減塩。これがじつは、効果のない場合が結構あることを、今回初めて知りました。

   「高血圧には、一次性高血圧と二次性高血圧がある。高血圧症の人のうち、一次性は約80%、二次性は約20%。二次性のほうは、複合的老化や遺伝によるものが多く、減塩によって血圧が左右されることは少ない」

    「一次性高血圧の人は、食塩感受性といわれる体質の人が約4割を占めている。こちらは、少しの塩気で生きられ、塩をとりすぎると血圧が上がり、ナトリウムが体内に蓄積しやすい。そのため、彼らには減塩は効き目がある」

    「しかし、残りの6割は、食塩抵抗性といわれる体質の人。塩を食べ過ぎても血圧は上がらず、減塩しても意味がない。減塩しても1割以下の変化しかなかったら、こちらの体質と判断される」

    また、減塩による弊害も最近ではいろいろわかってきたそうで、高齢者が急激な減塩によって、認知症の症状が増すことがあるとも。

     減塩するかわりに、化学調味料などの添加物を増やして、体にはかえってマイナスの要因になることもあるとの話には、おおいに納得。

    自然塩の微量栄養素、それがおいしいだけでなく体にもいいとわたしは思っていましたが、松本さんに言わせれば、それは極めて些細な量だから、塩の違いでからだにいい悪いは判断できない、とのこと。

    それより大事なのは、「食べ物との相関」。「マグネシウムの多い塩は、苦みが多い野菜に合うとか、岩塩は塩からいので脂身の多い肉を焼くときに使うといいとか、カリウムは酸味があるので、焼き魚に合うとか、料理や食材による使い分けをして、豊かな食事を彩ってほしい」

    塩の話の後は、梅干の話。松本さんの農園では、南高梅をはじめ数種の梅を栽培しています。この日、持ってきてくださった梅干しは8種。5分搗きのおかゆに彼の付けた梅干を載せていただきました。外国産の塩で漬けた3種のほか、国産の塩3種、それと、3年物の梅干に、1年物のシソ入り梅干。

    塩気が立っているように感じたのは、外国産の塩のような気がしますが、とりあえず、どれもおいしかった。

    わたしはほとんどシソをいれてつけていましたが、入れないのも純粋に梅の味がわかって、なかなかいい。彼の梅干は、塩分濃度20%。大きい梅だと、23%にすることもあるとか。

     わたしも、つける場合は、いつも20%の塩にしていますが、近頃は甘い梅干がいいという人が多いようです。その甘い梅干、調味梅干というのだそうですが、最初から塩気を控えて漬けるのでなく、普通に塩漬けした梅を水につけて塩気を抜き、それから蜂蜜とか甘味を加えて仕上げるのだとか。当然、腐りやすくやすくなるので、長期保存するとなると、防腐剤そのほかいろいろ添加物が必要になってきそう。

    天日干しは、夏だと2日半ほど、秋だと4,5日。夏に天日干しができなかったら、秋に持ち越せばいいとはおもわなかった。いつもなんとか夏に干さないといけないと思って、あせっていましたが、ゆっくりかまえればいいようです。

    梅干の効能は、食中毒予防のほかに、「血液の浄化作用があり、血液を中和して流れをよくする。胃の中のピロリ菌や虫歯菌をおさえる。肩こりをなおす。疲労回復。血糖値を押さえる。バニリンという梅にしか含まれていない成分が、肝臓の機能の向上に寄与する」など、すばらしいものがあることを、いろいろ知りました。

    Subacoの料理は、おかゆのほか、ニンジンのフライタルタルソースかけ、梅酢の柴漬けなど、梅や梅酢を使った料理がいろいろ。みんないい味でした。

    塩の話も梅干の話も、知らないことがいっぱいでした。2時間かけて運転していった甲斐がありました。

     これまで、梅漬けというと、家の庭で採った斑点だらけの梅か、よそでもらった梅で漬けるばかりでしたが、今回、南高梅の梅干のおいしさを知り、今年はこの梅で漬けてみたくなりました。たまたま、友人から新城の梅農家で南高梅を分けてもらえるという話をきいたので、さっそく頼むことにしました。

     最後の写真は、お土産にもらった昨年収穫したしら梅干しと4年物のしら梅干。それと、購入した3年物のしら梅干です。今年は、私もシソを入れないしら梅干にしようと思います。

    
    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月のStreet &Park marketに出店します。

2016-06-15 11:12:58 | イベント出店情報とそのほかのお知らせ
  先月に続いて、今月も、豊田市街地の拳母城址公園で開かれる、Street &Park market に出店します。今月は、Artisan MIKiと一緒に出ます。

   アンティマキは、こねないパン2種くらいと、スコーン、グラノーラ2種、穀物クッキー3種、そのほか何かケーキとクッキー類をもう少し、もっていくつもりです。

   できれば、最近何度か試作した低温焼きクッキーを焼いてお持ちしたいと思います。とくに持っていきたいのは、ブルーチーズ入り。乳製品も卵も入れず、チーズだけたっぷり入れた、いわばクラッカーにブルーチーズを塗ったようなクッキーですが、わたしとしてはとてもいい出来栄えだと自負しています。もう一種類は、きなことひまわりの種入り。今日明日のうちにつくれたら、販売します。

    先月は2会場でおこなわれましたが、今月は、拳母城址公園のみ。場所はまだわかりませんが、種々のお店が迷路のように並ぶこのマルシェ、ぜひ楽しんでおさがしください。時間は10時から3時ころまで。来客なさったかたには、2時間無料の駐車券がくばられます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「ハンナ」

2016-06-15 10:55:27 | 映画とドラマと本と絵画
   2011年のアメリカ映画「ハンナ」。昨夜NHKのBSで放映していたのを見ました。なんの前知識もなかったのですが、とてもとてもおもしろかった! 最初から最後まで緊張しっぱなしで見ました。

   ヒロインのハンナは、フィンランドの、世間から隔絶した酷寒の地で、「パパ」からきわめて過酷な訓練を受けて育ちます。「パパ」はもとスパイ。ハンナは特別な計画のもとに乳児のころから育てられ、突然遺棄された少女。ハンナの訓練が終了した途端、彼女は、おそらく彼女と彼女の敵と思われる組織の女ボスにねらわれます。

   映像のキレ、会話の随所に見られる哲学的なことば、ハンナを助けてくれた夫婦の、知的そうにみせるありがちなやりとり。すべておもしろかった。ドイツの、廃墟同然のテーマパークとおもわれる場所~たぶんグリム村とか名付けられていそう~での争闘は、象徴的なところがおおくて、いろいろ謎解きしたくなるのも、たのしかった。

   たとえば、オオカミが大きな口を開けている真ん前に女ボスが立ちはだかり、ハンナをあざ笑うシーン。女ボスはおばあさんに化けたおおかみで、ハンナはあかずきんちゃん。表面はそうなのですが、母親を慕うハンナには、おさないときに計画の首謀者となってハンナたちの教育に当たった女ボスが、ときとして母に見えたこともあったのではなかろうか、といったことまで、考えてしまいました。

   ところで、彼女は、「パパ」との生活の中で、音楽を全く知らずに育ちます。「パパ」と暮らした場所を脱出した後、彼女はアフリカかどこかの土地に迷い込み、女性たちが川べりで洗濯しながら、単純なリズムで歌を歌っているのに聞きほれます。そのあとも、あちこちの土地で、彼女は音楽に触れ、魅了されます。それは、ロボットのよう育てられた彼女に、唯一感情をもたらすものとして描かれています。この音楽、どれも、ヒロインの感動がそのままつたわるような、美しいものでした。

   ところで、女ボスを演じたのは、ケイトブランシェット。化粧が違うのか、それとなかなかわかりませんでした。

      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加