日記だけでも・・・

ささいな日常、つづってますー。

シン・ゴジラ

2016-10-18 | Weblog
アメリカでも一週間限定で「シン・ゴジラ」が上映されました。
せっかくのチャンスなんで見てきました。
チケット代が普段より高くて15ドル。
あんまり人が来ないのかと思ってたら大間違い。
結構大きい劇場だったけど、ほぼ満員。
ゴジラファンはたくさんいるんですね。

映画の初めに「東宝株式会社」とロゴとともに画面に映った時点で拍手喝采。
私もつられてパチパチしました。

東日本大震災による原発の問題を取り扱った内容(明確にそうだという設定ではないけど)でした。
みんながツイッターで情報交換しているところなんかも現代社会を反映しています。

1954年に作られた「ゴジラ」は原子爆弾をテーマにしたものでした。
こちらでは、よく日本文化などのクラスで「ゴジラ」が扱われています。
私も学生時代に取ったクラスで、このオリジナルの「ゴジラ」と「ゴジラ2000」を比較する内容をやったのを覚えています。
今回の「シン・ゴジラ」も娯楽として楽しまれるだけでなく、学校の教材としても使われていくのではないかと思います。
50年後なんかに「2010年代の日本」を把握する資料になったりするかもしれないですね。

ということで、明日の4年生のクラスでちょうど東日本大震災について触れるので、「シン・ゴジラ」と「ゴジラ」の予告編を見て、ディスカッションする時間を持ちたいと思います。
なんとタイムリー!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文房具 | トップ | 3回目のディベート »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シン・ゴジラ (すずえ)
2016-10-21 16:25:38
あの膨大なセリフが、英語の字幕になっているんですよね。きみちゃんだったら、ロケ地など映画の舞台もよく分かったでしょう。
山口県出身の監督(とってもユニークな人)作品が、海外の人たちにもたくさん見てもらえて、なんだか嬉しいです。
Unknown (きみ)
2016-10-22 01:30:05
隣に座っていたゴジラファンは「あー、字幕か・・・文字のほうを見なくちゃいけないから、映像に集中できないからいやだ」と言ってました。
ファンにとっては映像を楽しみたいんだろうからね。
私は字幕を無視できたんで、思う存分映像を楽しめました〜。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む