柔道・武道 歪んだ柔道界・マスゴミ

柔道は部外者では計り知れない腐った世界を少しでも知ってもらい正していければと想い日本の道徳や常識も含め書いていきます

低次元は相変わらず

2016-12-28 00:20:03 | 日記
歪んだ武勇伝

前の異人の動画は殺傷能力を考えると文句なしです。師から良く言われてましたが、実践では汚く投げろと当に其れです( ̄ー ̄)しかし、基本があり綺麗な技が出来無い者には無理な話しと言う......


喧嘩と武道やら格闘技と同一視しかできない能無しが多いのに本当に呆れます。
喧嘩と本当の殺し合いの区別も当然つきません。
このての輩は暴力の意味も一生理解できないでしょう。
暴力と体罰も区別のつかない能無しも同様です。
もう時期古希を迎える知人も子供を叱るのも暴力は絶対に認めない!
と豪語します。
言って解るならネット番長も極僅かでしょうし難癖太郎も少なくなるでしょう。
この知人が言うにはヨチヨチ歩きの時に父親に怒られた時に鬼の形相で元帝国陸軍上層部の父親に
飛び掛かったと言うのです。
それも自慢氣に・・・
碌に歩けない幼児が鬼の形相で飛び掛かられて父親は「鬼っ子!」とそれ以来まったく子供に関わろうと
しなかったそうです・・・
知人自身は当然覚えていませんが母親からその話を聞いたとのこと。
記憶には無いと言っても自分が向かって行ったからそれ以来、父親は子供に節することが無くなっただけです。
知人は学生時代から教師にも平氣で歯向かい6大学の一つを卒業後も個人事業をしながら依頼主の大企業相手でも舐めた口調で生き抜いてきたとも言います。
躾を放棄した父親にお嬢の母親・・・
長い物にも巻かれないと豪語するも結局は事勿主義の小心者。
時代的に子供の頃に喧嘩の一つと言っても虚弱体質で運動もできなかったから云々・・・
まぁ、よくある似非武術の大家のように高校入学してからどうなってもいいやと運動部に入部して自身でトレーニングをして都大会の上位にまで行ったそうですがディスカッションして私が論破すると拗ねてしまう。
直ぐに期限を直すと言うので話題を変えて談笑になりますが身体を使った喧嘩もしたことが無いで大口叩くのは
机上の空論・・・

頭の悪い国々がとどの詰まりは武装して国を自衛し国民を縛り付けているのですからな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最低な受け身 | トップ | 会話力・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事