ぷらぷら~っと中国 

中国各地の観光地や上海での生活を日本旅行上海(日旅国際旅行社有限公司)のスタッフがいろいろご紹介していくブログです。

【斯麦楽チョコレート楽園】 視察レポート 

2015年03月13日 | 各地情報 (旅行)
こんにちは、スタッフKです。

今日は弊社で販売しているツアーの視察に行って来た時のレポートを
紹介したいと思います。

販売しているコースとは・・・こちら 
【高設栽培のイチゴ食べ放題!イチゴ狩りとチョコレート工場日帰り】
(クリックすると、コースの詳細画面へ移動します)ご興味のある方はどうぞ! 


第1弾として、【チョコレート工場】の視察レポートからupしますね!
では、開始!!




チョコレート工場と書きましたが、正式名は【斯麦楽チョコレート楽園】と言って
チョコレートのテーマパークです。(どこぞの映画を思い出してしまいそうですね)

場所は上海から高速鉄道で約25分。【嘉善】と言う街になります。
車だと1時間ぐらいでしょうか・・・。

上海からたった30分でこんなに景色が変わるのかと思うほど、ローカルチックな
景色の中にいきなりヨーロッパ調の建物が・・・。
(工場と聞いていたので、ちょっとびっくり。全然工場じゃないよ~)

外観は工場らしくらいのですが、ちゃんと製造をしているので、製造過程を
見学できますが、本物のチョコレートが出てくるまでは、ちょっと時間が掛かります。




建物の中に入ると、天井から下がった【チョコレートの歴史】を記した垂れ幕が
出迎えてくれます。

こちらの工場はヨーロッパ(スイス)の技術を取り入れた工場だからでしょうか、
1番最初の垂れ幕は【1819年 スイスのチョコレート工場】とありました。

う~ん、これだけでチョコ好きのテンションがあがりますね。




『なに、なに、ミルクチョコの発明は1875年か』

こんな感じで入り口まで案内が続きます。(最後の垂れ幕はこちらの工場の事でした)

そして写真撮影が禁止されていたので画像はありませんが【チョコレート博物館】
なる物がありまして、そちらは必見です。

生のカカオ豆って見たことありますか?
大きいんですよ、カカオの実って。

カカオ豆(生状態)からカカオの栽培に関する説明、ホワイトチョコ、ブラックチョコの
製造過程に違いとか・・・最後の製品に至るまでの、チョコに関するいろいろな物が展示
されていて、とても面白かったし勉強になりました。




いよいよ製造過程の見学に突入!! って・・・・あれ!? 展示だけ?

こちらの工場ではオートメーション化が進んでいるので、カカオ豆から作られた
チョコレートの原液などが固形の製品になるまでは、ほぼ無人で行程が進む様に
なっているそうです。



写真には写っていませんが、通路の上部にはその過程に合わせた機械やチョコの
製造に関する説明が書かれているので、それを見ながら見学すると、
よりチョコへの理解が高まのでは。 (残念ながら説明文は中国語です)
*ツアーの場合はスタッフさんが案内についてくれます(中国語)




包装の手前まで製造過程が進んだ所で、チョコレートタワーが登場!!
工場で作られたチョコレートを試食させてもらえます。

スティックタイプのビスケットがあるので、そちらにチョコを絡めて試食します。

『オ~~! 濃厚』 (視察スタッフ一同)
『おいし~い!』

正直、私は中国のチョコレートは美味しくない(カカオの味がしない)と
思っていたのですが、今回の視察で認識を改めさせられました。 




そして、やっと人影が・・・

最後の箱づめは製品のチェックも兼ねて、機械ではなく人間(スタッフさん)が
行っていました。赤い箱がいかにも中国って感じですね~

製造過程の見学が終わると、そこからは【チョコレート楽園】の本領発揮です。




事前に予約が必要になるそうですが、自分だけのオリジナルチョコを作れる
工房が登場です。 



オリジナルといってもチョコレート自体は出来上がっていますので、そちらに好きな
トッピングなどをアレンジすると言う簡単な物なので、気軽にチャレンジできそうです。



トッピングもいっぱい用意されていました。




そして、こちらの工場で作られて市場に出荷されている製品の試食コーナーへ。

この日は、基本はミルクチョコだと思いますが、ストロベリー、ラズベリー、カフェオレ、
ナッツと4種類のフレーバーが試食できました。(ラズベリーが人気でしたね)




ここまで見学した所で、階段を降りて1階に向かいます。




1階は、製品の販売コーナーと、これまた登場【チョコレート工房】です。
(こちらは予約不要)



チョコの上に自分でメッセージを書けるようになっている工房と、小さなお子様が
参加できる様に、子供用のテーブルや椅子を備えた【お子様・工房】も。
(これはご家族連れには嬉しいサービスだと思います)




こんなのも見つけちゃいましたが…著作権? とか大丈夫なんでしょうか




こちらの機械は<微信>で撮影した写真が印刷できる機械だとか・・・
機械の横にお子さんの写真が見本で貼ってありました。
(ごめんなさい、微信はそれほど詳しくないので良くわかりません)

どうですか? チョコレートの知識から実際に試食まで出来ちゃうなんて
まさに【チョコレート楽園】ですよね。

入場料は70元必要になりますが、十分楽しんで頂けると思います。
【斯麦楽チョコレート楽園】 ホームページはこちら
 
また、施設の外は広い公園になっていて、歌壇では季節ごとのお花の観賞とかも
お薦めなんだそうです。お天気が良ければ外でお弁当なんて良いですよね。


日本旅行ではこちらの施設の見学が入ったコースを、絶賛販売中!

昼食にイチゴ狩りもついて、300元/1名様と、超お値打ちです。
3/19までの受付ですので、ご希望の方はお早めにお申込みくださいね~!

【高設栽培のイチゴ食べ放題!イチゴ狩りとチョコレート工場日帰り】
(申込みはこちらから、どうぞ!)


にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村

当ブログもランキングに参加しています! 
『おお~っ!』と思ったら1クリック!(よろしくお願いします)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御在所岳と湯の山温泉 ~雪... | トップ | 名古屋(鳥羽)に行きました... »
最近の画像もっと見る