ぷらぷら~っと中国 

中国各地の観光地や上海での生活を日本旅行上海(日旅国際旅行社有限公司)のスタッフがいろいろご紹介していくブログです。

古羊路『被災地?』レポート

2017年02月17日 | 日記
NTAスタッフのRです。

我が家のすぐ近く、古羊路の居酒屋「狸」や「酉一」を以前このブログで
紹介させて頂きました。

仕事帰りに立ち寄りやすいこと、店員さんが親切なこと、居心地が良いことなど
色んな理由で今でも時々足を運んでいます。その二つのお店が有る古羊路
(具体的には姚虹路との交差点の西側)がこの1月半ばから、

関西弁で言うと「えらいこと」になってしまいました。

ご存知の方も多いかと思いますが、以前賑わっていた飲食街はあっという間に
無残な姿に。。。







*1/9(月)撮影、2日前1/7(土)の昼間に子供を連れて周辺をお散歩した時に、
既に立ち退いた後でしたがはまだ建物は綺麗なままでした。

第一印象はニュース映像で見る「大地震の後」又は「空爆で破壊された街並み」、
僕が『被災地』と呼びたくなってしまう所以です。

あっという間、とは言いましたが数か月前から分かっていた話では有りました。
ビストロフィオーレの古羊路店が有る日伊犁南路へ移転したので、新店舗で
食事をしながら事情を聴いてみると、地下鉄の駅ができるから古羊路の姚虹路から
伊犁南路の間の区間が取り壊しになるとの話、昨年の国慶節の頃だったと思います。
その後、2か月ほどの間に徐々に色んな店舗がお引越し、まさにそろそろ始まるな、
という気配でした。異変が生じたのはそんな頃からです。



*該当エリアの「百度地図」確かに「地下鉄15号線」の文字が見えます。
 そして今回『被災地』と化したのは古羊路に面した店舗。幸い「狸」や「酉一」は
 一本裏側だったので無事に済みました。

「坚决反对违章建筑」(違法建築を排除しよう)
「没有例外没有特殊」(例外も特例も認めません)
「共建良好生活环境」(共に快適な生活環境を作りましょう)

なんやねんこのスローガンは?
中国お得意の赤の背景に白字の横断幕が翻る様になりました。

地下鉄の駅ができるって言うから「ほうほう、それは楽しみだなぁ」って感じで、
変わってしまう景色に一抹の寂しさを感じながらもどっちかと言うと好意的な思いで
様子を見ていたのですが「違法建築排除」って穏やかじゃ無いですよね。

今まで家族ぐるみで時々足を運んだレストラン街、それなりに楽しい思い出も
思い入れも有る、地下鉄の駅作るんちゃうかったん???



*1/15(日)撮影、ちょっと字が小さくなってしまって見えにくいですが、
 スローガンが翻ります。



*1/15(日)撮影、もはや白昼のゴーストタウンです。

この状況、中国人にはどう映るんやろ?僕の中に好奇心と疑問が湧きました。
こっちで生活してると日本人だけが勝手にハラハラドキドキしていて、中国人達は
案外ケロッとしていることが良く有ります。
「よく有ることですよ」なんて笑われた経験、お持ちの方も多いと思います。

今回もそのパターンにハマりそうな気がして、あっちこっちで中国人仲間に話を
振って見ました。ここから先はあくまで彼らの経験に基づいた推論ですし、
当然見解には個人差が有るわけで、これと決まった結論が出るわけじゃ無いことは
分っていましたが、まとめてみると大体こんな話になりました。

・道路脇の建造物は違法建築になることが多いよ。(何に基づいてやねん?)
・当局が違法と宣告したらそれは違法。(言うたモン勝ち?)
・だって正論で地下鉄の駅作るために立ち退かせたら保証払わないとダメでしょ。
 (ただのいちゃもん?)



*ちょっと休憩がてら「在りし日」のこのエリアの様子。
 わざわざ撮影してなかったのでお借りした写真ですが・・・。

なんかヤクザみたいな話で既に日本人の僕には意味が分かりません。
悶々としている僕に、旅行会社仲間の一人で韓国語通訳の仕事もしている中国人の
友人がこんな話をしてくれました。あくまで推測だよ、と前置きをしながら。。。

・もともと違法性は有ったから当局に目をつけられていた。
・だけど立地も良くそれぞれのレストランの客入りは上々で、家賃収入も安定している
 建物のオーナーは袖の下を渡しながら折り合いをつけていた。
・地下鉄建設の話が持ち上がり、どうせレストランは立ち退くわけで商売は
 続けられないから、袖の下も必要無く成った。
・晴れて「違法建築」と認定されて取り壊しになった。

レストランは儲かっていた→オーナーは家賃収入を得られた→当局の担当者は
袖の下が手に入った、つまりみんなハッピーだから違法なんてどうでもよかった?

日本人の想像を絶する中国社会の歪と言うか。。。文章の最後をどう纏めれば良いのかさえ
分ら無くなってしまったので、『被災地』レポートはこれで終わりにしたいと思います。

*最後は大きな写真で、真ん中に無事生き残った僕の隠れ家「狸」。





にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村

当ブログもランキングに参加しています! 
『おお~っ!』と思ったら1クリック!(よろしくお願いします)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加

【長江クルーズ3日間 体験レポート】 3日目・最終日

2017年02月10日 | 旅行記(中国国内)
こんにちは、Kです。

今日は、長江クルーズの最終回ですよ~。(実は1番地味な内容なんですが) 

では、早速開始でーす。





3日目の朝も……間に合いませんでした。 …日の出
でも、7:00過ぎには寒い中、屋上のデッキに出て朝日を拝みましたし、
写真もご覧のとおり!





日の出は間に合いませんでしたが、7:00~7:30のモーニングティーには
間に合いました。 コーヒーとお茶請けのクッキーをつまみながら、
しばらく5階のバーラウンジでのんびりした時間を堪能。





2回目の朝食はちょっと少なめに。(これだと写真栄えしませんねえ~)
※体調の問題であまり多くは食べられなかったんですよ~




3日目・午前中のイベントは 【スタッフと一緒に・船内ゲーム大会】
もう、このゲーム大会が前日のショーを上回る……
思わず『学祭?って、つぶやいてしまいました。










手作り感満載。 

でも、逆に単純なゲームだからこそ、お子さんやご年配者にも
楽しんでもらえるし、なによりスタッフとの距離が縮まる感じがして、
『これ、実はすごくいいんじゃない?』って思いました。





この頃には、船は黄浦江に戻る為に、一旦長江から海に出て向きを変えます。
部屋から見る景色も変わって来ました。 対岸が全然見えない、海って感じです。

結局、私達はゲームは参加せず、景色や部屋のTVで映画なんかを見ながら、
昼食までのんびりしていました。 




昼食です。これが最後の食事になりす。全部で5回の食事をしましたが、
全部メニューが違っていたし、特別コーナーでは麺や火鍋なんかもあって
全然飽きることなく食事ができました。 

※デザート、果物、サラダについては同じような物が続きましたが、
 季節的な事もありますし、あくまで副菜みたいなものですからね。




昼食中に窓から見える景色はこんな感じです。 対岸には外洋へ出れる大きさの
クルーズ船が停泊していました。(今、上海でもクルーズは人気ですからね)




これは、軍ではなくて警察の船みたいです。






昼食終了後は、5階のバーラウンジで下船についての案内があると、言われたので
ラウンジへ向いました。 もう、この頃、両岸の景色は見知った上海の景色です。

下船についてですが、船が完全に停泊した頃に下船手続き開始と艦内放送が
かかりますので、そちが聞こえてきたら2階のフロントでチェックアウトをすれば
あとは船を降りるだけになります。
(船内の個人消費はこの時にまとめて行います)


どうでしたか? 3日間(正味2日間ですが)のクルーズですが、普通の旅とは
ちょっと趣が変わっていいと思いませんか? 

クルーズの場合、船が動いてくれているので、渋滞に巻き込まれる心配もないし
何もしたくない時は部屋でのんびりできるのがいいですよね~


★こちらのクルーズですが、3月3日(金)まで、毎週金曜日の夜出発で運行しています。

上海から揚州へ【豪華客船で長江クルーズ3日間】
ツアー詳細は、こちらをクリック!




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村

当ブログもランキングに参加しています! 
『おお~っ!』と思ったら1クリック!(よろしくお願いします)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村



この記事をはてなブックマークに追加

【長江クルーズ3日間 体験レポート】 2日目・午後から夜

2017年02月06日 | 旅行記(中国国内)
春節快楽! 

中国の新年第1投目は、私しKが努めさせていただきます。
(単に長江クルーズが連載中だからなんですけどね)

今日は、2日目の午後から夜に掛けての体験レポートをお届けします!


まずは、昼食から。




もちろんメニューは朝食とは違います。 朝には無かったスープが登場。
カボチャのスープだったんですが、これが絶品!(お代わりしちゃいました)
デザートも豊富にあったのですが、写真を撮り忘れたので、夕食の時に。





2日目の午後は、いよいよ目的地・揚州の上陸観光です。
昼食時にスタッフから、上陸観光についての案内がありました。
この日は風と長江の流れの関係で到着が予定より1時間遅れて
15時に下船して観光へ出発する事に。 

写真が上陸観光の参加証。(下船時に見える様に必ず首から掛けて下さい)





バスは各部屋毎に指定になります。もし自分のバスが分からない場合は
部屋番号を言えば、どのバスになるか教えてもらえます。
基本、この観光中はバスに専門のガイドさんが同乗しますので、不明な点は
ガイドさんに確認すればOKです。(ただし、ガイドさんは中国語のみです)





揚州での観光は2箇所。 1箇所目がこちら【個園】





【歓迎・センチュリーパラゴン号のクルーズのお客様 個園】
入り口にこんな看板が! (観光バス5台ですからね)







【個園】は世界遺産にもなっている、揚州ではとても有名な邸宅跡です。
富豪の邸宅だったそうなんですが、持ち主がとても<竹>が好きだったそうで、
園内にはたくさんの竹が植えられています。中には【亀の甲羅】に似た節になる
竹なんていうものありました。(これまで見たことが無い節の付き方した竹です)





庭園観光の後は隣にある【東関街】の散策へ。




世界遺産の石碑を発見。
※これを見るまでは、本当に世界遺産なのかな?と思ってました(ごめんなさい






【東関街】は清代の揚州を再現した、昔ながらの町並みを残す【老街】です。
東西に伸びる1本道の両側に飲食店&おみやげ物屋さんが並んでいます。
飲食店と言っても本格的なお店ではなく、町の食堂、おやつ店のような
お店ばかりなので、ついつい食べ歩きしたくなる……そんな通りです。





西の端には【東関】と書かれた、昔の揚州城の城門もありました。
(私たちが参加した上陸観光での再集合場所がここでした)

予定より揚州の到着が1時間遅れたため、18:20に再集合をして船に戻りましたが
船が送れたおかげで、綺麗にライトアップされた城門や、食事時のにぎやかな
東関街の姿が見られてとてもよかったです。





再びバスにのって揚州埠頭に到着。 真っ暗な中に浮かび上がっている
【パラゴン号】は存在感満点でしたね。






夕食です!  朝食の時とは、麺の種類も変わっていました。
あと、特別コーナーの所には【重慶火鍋】が登場。私は食べませんでしたが、
辛い物好きの同僚が言うには 『さすが本場の味!』 だそうです。





夕食の後は、クルー(船のスタッフ)による、【ナイトショー】が5階バーラウンジで
開催されました。 まずは開始のご挨拶。 

このショーに出演のスタッフは特別なスタッフではなく、皆通常はレストランの
スタッフ(ウェイター、ウエイトレス)や、フロント、売店のスタッフ達なんだそうです。
『皆、通常勤務の後、時間を作って練習しているから、失敗しても大目に見てね』
司会者から、そんな案内があって、いよいよショーの開幕です。









変面ショー、マジックショー、民族舞踊と約1時間のショーでしたが……何と言うか
『学芸会でわが子の晴れ舞台を見ている親の気分?』

では、次回はラスト、3日目のレポートをお届けします。

上海から揚州へ【豪華客船で長江クルーズ3日間】
ツアー詳細は、こちらをクリック!



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村

当ブログもランキングに参加しています! 
『おお~っ!』と思ったら1クリック!(よろしくお願いします)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村



この記事をはてなブックマークに追加

春節快楽!! 

2017年01月27日 | 日記




こんにちはkです。

今日は春節大晦日で、中国では今日から1週間お休みとなります
一足早いですが、春節快楽~!!


弊社も下記の期間は春節のお休みをいただき、休業させていただきます。

1月27日(金) ~ 2月2日(木)

※中国の法廷休日の場合、2月4日(土)は出勤日となりますが
 弊社は休業になります。


それでは、皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

(日本人の皆様は良い休日をお過ごし下さいませ)



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村

当ブログもランキングに参加しています! 
『おお~っ!』と思ったら1クリック!(よろしくお願いします)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加

【長江クルーズ3日間 体験レポート】 2日目・午前中

2017年01月18日 | 旅行記(中国国内)
こんにちは

今日もKが長江クルーズ体験レポートをお届けしますよ~。
2日目の午前中の内容をアップしますね~!




船の屋上デッキから眺めた【朝日】です!

私、かなり寝ぼすけさんなので、朝はめちゃくちゃ苦手なんですが……
がんばりました! 朝日なんてみたのは何年ぶりでしょう~。 
(しかし、残念ながらご来光には間に合いませんでした)

なんでこんなに頑張ったのかと言と、このクルーズでは【モーニングティ】と
称して、朝7:00~7:30の間、5階のバーラウンジで、紅茶、コーヒー、菓子の
サービスがあるんですね。

これは、もう、『絶対に早起きしてコーヒー片手に朝日を拝んでやるぞ!』と
意気込んで寝たわけです。 結果、6:30に目は覚ましましたがベッドから出れず
ウダウダしてしまい、ご来光には間に合わなかった……と。

朝日をしばらく眺めてから、朝食会場のレストランへ向いました。




レストランは2階。フロントの脇にある通路の奥になります。
(この電飾が…中国らしい?)

朝食の時間は、AM7:30~9:00までの間になります。各テーブルは部屋番号が
書かれていますので、自分の部屋番号の席で食事をします。
(5回の食事全部同じ席です)








朝食のメニューは、中華と洋食。(残念ながら和食はありませんでした)
レストランの中央に料理がずら~っと並んでいます。 
中央ではなくて、入り口すぐ脇の両側には【特設コーナー】があって、そこは完全に
日替わりと言うか、食事毎に違うメニューが用意されていました。




2日目の朝はこれ! 牛肉麺~! 
もともと重慶が出発の船でコックさんも出身が重慶とかなんでしょうか? 
スープが赤いです(辛い?)

友人が取ってきたのですが、『そんなに辛くない、美味しいよ~』だそうです。


<こちら私の朝食>



朝食の後は、昼食までフリータイム。
艦内の催しとして、2日目の午前中はこんなスケジュールが出ていました。

1、屋上デッキ=凧揚げ(有料=30元/1凧)
2、5階バーラウンジ=ダンス教室
3、操縦室見学ツアー (予約制)


朝食後、私達は一旦部屋に戻ってから、イベントが始まるまでの間、船内探検へ。





図書室。 ここGOODです! 
時間が早かったせいか人もいなくて、すごく静か。 ただし、置いてある本&雑誌は
中国語と英語だけになります。(読みたい本を持参して行くのがいいかも)





こちらは、キッズコーナー。
面積としては広くないですが、それなりに小さなお子様向けの遊具があるので
楽しんでもらえるのではないかと思いました。





こちらが、ジム。 せっまい! キッズコーナーと同じぐらいの面積で狭いです。
マシンも5,6台しかない。でも、利用者はほとんどいないみたいなので、
これでも問題ないのかもしれないですね。(3日間だし)





地下(?)にある、プールです!
手を入れてみましたが、水温が低すぎて私には無理でした。日ごろジムのプールとかで
鍛えている人なら大丈夫なのかもしれませんが・・・お子様には無理かな(この時期は)




ショップです。 
このショップで販売しているのはお土産や衣服などになりますので、飲み物が欲しい場合は、
5階のバーで購入する事になります。
(船内らしく、子供用ですがセーラー服があるのがいいですね)


一通り探検後、イベント開始時間になりましたので、まずはダンスレッスンを
見学しに5階のバーラウンジへ向いました。




ダンスの写真は取らなかったんですよね……なぜかと言うと、民族舞踊みたいな
ダンスかと思っていたら市内の公園でよく見かける【ダンス】だったんですよ。
(パラパラみたいな)

『う~ん、これか……』 (めちゃめちゃ正直な感想です)

そのまま、デッキにある階段を上がって屋上の【凧揚げ】の見学に向いました。




船上で風もあるので、簡単に上がるだろうと思っていたのですが……
なかなか上がらない人たちもいて、難しいんでしょうか、逆に風が強くて。
(凧の形はゲイラカイトと同じなんですけどね~)





最初は1組しか参加者がいなかったのですが、しばらく見ているとだんだん人が
増えてきて、私達が屋上から去る時には、結構な数の凧があがっていました。





続いて、操縦室の見学に。
これは一応予約制になっているそうで、希望者は朝食の後、フロントで予約します。




操縦室の計器はなかなか見ていて面白かったのですが、どうしても船長さんが
普通の街中で【将棋とかしているおじさん】にしか見えない。
せめて、帽子をかぶってください。(写真手前が船長さんです、見えないでしょう?)


午前中はここまでで終了。 午後からの分は次回に!


上海から揚州へ【豪華客船で長江クルーズ3日間】
ツアー詳細は、こちらをクリック!



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村

当ブログもランキングに参加しています! 
『おお~っ!』と思ったら1クリック!(よろしくお願いします)

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加