ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

梅は咲いたか・・

2013年01月30日 | Weblog
桜、咲きました。
もちろん本物ではなくてここ、ニヒル牛の箱の中で。
ニヒル牛最年長作家、大津さんの新作です。
ファンもとても多い七宝焼の作家さん。
大津さんはいつもとても、季節を大事にされているのです。
2月が始まったらもう、桜を待たなければ!
青空の下の桜の木と、夕暮れの桜の木。
銀箔がきらきらして、花が光にあたっているようだ。
どちらもとても、美しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼちぼち現れ始めました

2013年01月29日 | Weblog
何がっておひな様です。
可愛い。
お人形を飾るというこの女の子のお祭り。
可憐で、でも祟るなんていうちょっと怖い影の部分もあって。
何とも日本らしい祭じゃあないですかい?
陰影があってこその美しさで卑猥さだ。
でっけえ鯉を空に泳がす、あんなざっくりした男の子祭とは、奥行きが違うわな!
と、誰と戦ってるのかは自分でも分かりませんが。
写真は北原裕子さんの陶器のおひな様。
小さくて可愛い・・。
こんなお人形なら、ちょっとどこにでも飾れて楽しいです。

ニヒル牛マガジン店番日誌ディープ更新しました!!
へへん、ニヒル牛年間スケジュールだよ!
老いも若きも火曜日をボチッと!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛ぶ。

2013年01月28日 | Weblog
阿部未來さんの新作。
とんびょる星人。
空間を気持よく飛んでいます。
そのまま絵画みたいだ。
オスとメスがもちろんいます!
ど、どちらがどちらかは、ご覧の通りだよ!!

関係無い話しなのですが。
遠方からいらっしゃる阿部さんが、この時あるライブハウスの名前を口にされました。
これから行くんです、と。
それから、まったく知らなかったそのライブハウスの名前を、その次の日も次の日もTwitterとか人から聞くんです。
そしてなんと、今度入られる新規作家さんがそのライブハウスの名前を使ったタイトルの絵を描かれていました・・。
おいおい。
よ、呼ばれているのかしら?
青山なんて私とまったく縁の無いおしゃれ場所なのに・・。
青山って、何着てったらいいの?
関係無いけど不思議だわ。

不思議なとんぴょる星人、見にいらして下さいね。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

な、なにがあったと言うのだ・・!!

2013年01月27日 | Weblog
ニヒル牛の奥深くにある、妖しの森。
そこにはいつも、腐乱状態のフランシスとフランソワーズがひっそりいるのだけれど。
今日のぞいたみたら・・。

うわ!!
・・何があったというの。
このドクロの山・・。

ヤブウチマリさんの新作。
キノコストラップは500円から。
ドクロストラップは980円から・・。
そして、個人的にふえーと惚れたのはこの、山積みになった目玉ですね。
これ、ネックレスになっております。
着けると予想外のキュートさ!!

カラフルな悪夢をのぞきにいらしてね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘビの埋葬

2013年01月26日 | Weblog
なんとも気になるタイトルの作品。
袋に入ってるのは小さな箱。
取り出して伸ばすと・・。

ヘビ!!
裏返すと・・。

本!!
超短編小説家タカスギシンタロさんとコラボした、雲泥流さん新作です。
思ってたより、伸びるよ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さて、それでは

2013年01月23日 | Weblog
昨日のニヒル牛マガジンブログに、いくつかの反応を頂きました。
メールで、Twitterで、店内で。
ああ、嬉しいな。
考える力になります。
ほんとに、ありがとうございます。

写真は新規作家ecooyaさん。
どうやって作ってんだ・・・。
新聞紙のバックです。
手作りのお菓子屋、ちょっとしたプレゼント入れても素敵じゃないでしょか?
使う部分によって雰囲気がらりと変わります。

ニヒル牛HP更新しました!
ちょいと遅れて申し訳ありません。
さくさくっとね。やらないとね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんかちょっとむずむず・・

2013年01月22日 | Weblog
ぽた牛の締め切りが近づいて来たのでもう一度告知!
ど、どうですか?
ナナオさんが絵を描いて焼かれたお皿です。
本人に許可をもらいアップ。
淡い色も綺麗に出ている!
いいなー。
こんな風に仕上がるんだ!
ちょっとむずむずしてきませぬか?
「あるさん描くなら私も描くよ」
山中奈緒子に言われました。
あ、あるさん描いちゃおうかな?
まだ決意は出来ていませんけど!
むずむずした方はとりあえずニヒル牛2にGoだ!
絵の具もお皿もあるから、ニヒル牛2でそのまま描けるよん。
1月末まで大丈夫。
「あるさん、ほら、あの変な鳥とか描いてよ!!」
・・・バカにされているのだろうか?

ニヒル牛マガジン更新しました。
火曜日ざんす。
大事なことだけど、あんな書き方でよかったのだろうか?と、ちょっと思案。
うーむ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

さて、いろいろと難しくなってきたぞ

2013年01月21日 | Weblog
そんなこたあ、みんな気がついてる。
いろんな事が閉鎖的になって、しんどい気持を抱えてる人が増えて。
漠然とした気持なんかじゃない。
いろいろな事が、ほんとに難しくなっているんだ。
西荻で、私の気にしていた、気に入っていた、愛していた店が何店舗か閉店するのを聞いている。
「生活が大変なんです」
「お金が無い」
そんな事も山ほど聞いた。
東京から出て行った友達もいる。
出て行ったはいいけど、身動き出来ないくらいに仕事が無い人もいる。
さて、どうするのか。
2013年はやはり、しんどい年になりそうだ。
立ち止まってしまったり、何かを待ってしまったり、人に頼ってしまったり。
そうしたらあっという間に見失う気がする。

昨年の一年間。
毎月発行されていたミニコミ、高円寺円盤店長田口さん作の『たぐち日記』
人の絶望や言葉や希望をさぐる姿を、私は勝手にそれから感じていた。
随分沢山の人が、毎月これを待っていた。
そんな田口さんが円盤日記の次に始めたのがこの封書。
音楽と冊子と、何だか色々が詰め込まれ、東京を出ていった田口さんが住む三ツ澤から発行される。
月刊。東京ではニヒル牛でのみ発売される。
大事な作品だ。
今年はもっと、大事な物を増やさなきゃいけない。
そういう事なんじゃないかと、考えてもいる。

さて、どうやって?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

街の記憶

2013年01月20日 | Weblog
私は、こういう言葉に弱いです。
角を曲がった先に。
ふと見上げた空に。
風が吹き抜けたその先に・・。
記憶の固まりが、ころころとあって、その果てにばかり切なさはある気がしてしまうんです。
今回の竹本真紀さんの個展はそのものずばり。
『まちの記憶コラージュ』です。
もっともっと、あふれんばかりに、街の記憶を増やして欲しいと、つい無茶な希望を言ってしまいました。
写真はガチャガチャ。
個展の作品の一つとして、久々に復活です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニヒル牛を銀座○光に!

2013年01月19日 | Weblog
ニヒル牛2で、はしごの場所を使っている作家さんの発言。
いや、最初は意味が分からなかったんだけどね。
「自分のスペースディスプレイを季節事におしゃれにしたいんです!」
「ほ、ほう」
「そう。みんながここってはしごだけど、和◯のショーウインドウみたい!って言うような」
その、銀座わこ◯がどんな所か知らないのですが!
心意気たるや素晴らしい。
そして、今回はこんな、飾りを制作して持参!
だけど・・。
「が、画鋲が入りません」
「がんばって」
「無理に押して、キノコ壊れました」
「うん・・」
今日こそはすごすご帰ったけど「次こそは」という言葉を残していました。
みなさん、ニヒル牛2の扉横のはしご、そこに注目していて下さい!

しかしこのキノコ、可愛いよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加