ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

ひっさびさに

2011年11月30日 | Weblog
寝過ごしました。はい。
いや、店に遅刻する時間では無いのですよ。
予定していた朝のお風呂や朝食を食べる事、すべてをあきらめれば間に合う時間。
もちろん、泣きながらあきらめて出かける準備をしました。
携帯を見ながら歩いていたらメール着歴と、今日に限ってこの私に用事のある人々がたくさん。
こんな私に、風呂にも入っていない、薄汚れたこの私に何の用事が?
うごおおーーーと、歩きながら電話したり、電車の中で返信したりしました。
お腹ぺこぺこだなあと思っていたら、これも今日に限って弁当の差し入れが。
なんか、ちょっと小汚い私なりに、いろいろと嬉しかったり慌ただしかった日でした。
明日は絶対に風呂だねと、ニヒル牛のサンタさん達に誓いながら。

さあ。今日は閉店後はニヒル牛2のクリスマス展示に向かいます。
あ!
誰からも薄汚れているねという指摘はありませんでしたから、セーフな汚れ具合だったと思うよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しんとした・・

2011年11月29日 | Weblog
6時より前なのに、もう外は暗いです。
なんだかしんとしたニヒル牛2。
現実感が無くなって、違う時間にまぎれてしまいそうだ。
そんなあやうい入り口を、広げてしまいそうなのがこんな作品。
みつりほ徒歩さんの新作。
きれいなガラスに繊細な絵が浮かび上がります。
妖しく美しいピンバッチ。

ニヒル牛マガジン更新しました。
火曜日をぽちっと!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どやどやがやがや

2011年11月28日 | Weblog
色んな人が入れ代わり立ち代わり。
一日ずっとざわざわして楽しかったです。
新規の作家さんが入って、箱待ち申込の方もいらして。
久々の作家さんも。
お客さんは展示をわーっと見てらして。
ニヒル牛のクリスマス展は、ちょっとした駄菓子屋みたいな、バサールみたいな感じ。
だから、わいわい見るのにぴったりです。
こんなのあったんだーと、私でさえ驚きましたよ。

写真はツリーをピックアップ。
人それぞれでツリーもそれぞれ。

今日ニヒル牛に来て下さった全員に、深く感謝したい様な一日の終わり。
嬉しかったです。
ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乙女の心を持つ中年男子、本領発揮!

2011年11月27日 | Weblog
「うわぁ、見てーかわいい・・」
「お母さん、ここ可愛いよ」
うむうむうむ。
外から、今日どれだけ、この声が聞こえてきた事か!
乙女心を持つニヒル牛黒一点の店番島田。
またまた素晴らしくかあいらしい、ロマンチッククリスマスディスプレイをしましたよ。
みなさん、ニヒル牛のクリスマス展。
今日からです!

写真アイホーンで撮りました。
携帯電話のくせにきれい過ぎて、ちょっと戸惑いを隠せない店番です。
電話でいいんだよね?ホーンだもんね。
なんか、アイホーン以外の色んなもんが必要無くなりそうで、怖いです。
あ。ニヒル牛マガジンの妖艶ホリデーもアイホーンで撮ったのよ。
ニヒル牛マガジン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶんぶんと泳ぐ

2011年11月26日 | Weblog
加藤休ミさんの新作。
魚の手ぬぐい。
ぐんぐんと力強く泳ぐ魚たち。
粋で可愛くて、元気になる手ぬぐいです。
ニヒル牛2で泳いでます。

クリスマス展、干支・正月展の作品どんどんと集まり始めています。
みんな辰に挑戦してくれておりますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「辰に負けないよ!」

2011年11月23日 | Weblog
そう力強く語ってくれる作家さんが続々と!
干支と新年の展示、とりあえず挑戦してくれている方も多くてホっだ。
作家さんよ、全国の辰年生まれ(含む私)が喜んでいるよ!

写真はイトウソノコさんの納品、ひさびさの靴下だるま達です。
「私はもう今年が始まった時には、来年の干支の事を考えていたよ!」
ソノコさんはそう言って、不適に笑ったよ。
「そりゃ早すぎないか?」と答えたけどね。
クリスマス、干支と新年、新春バザー、みんなこぞって参加してね!
辰のこつは、あのとがった口ととさか(?)だと思うよ。
大きなお世話だね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の言い忘れ!

2011年11月22日 | Weblog
ええと、今後の展示予定、昨日の言い忘れを一つ!
一月の中旬からは『2012年・新春ニヒルバーゲン』開催します!
これはもう、いっそう割り引いて売ってしまおう!
なんてものがある作家さん、チャンスっす!

写真はニヒル牛の新規作家石塚善雄さん。
時間を切り取ったみたいなオブジェが不思議です。
古い時計中の展示もかっこいい。

毎度毎度のニヒル牛マガジンディープ日誌も更新だ!
火曜日をクリックしてね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんな辰にくじけるなよ!

2011年11月21日 | Weblog
作家さん方よ、なぜ言葉をにごす?!
「クリスマス展やるからねー」
「わー、なんか作ります」
「あと、12/23からは恒例の新年ぽい展示ねー」
「いいですねー、例えば?」
「ポチ袋とか、あとやはり干支ものじゃない?」
「やりたいー、あ・・・干支・・」
「ん?」
「来年て確か、あの、辰」
「そうだよー」
「・・あの、ちょっと考えます」
おいおいおい、何人もの作家さんがうやむやにしているが!
作ってよ、干支!
確かに辰は、微妙な干支だよ。
でも干支なんだからさ。
がんばってくれよっ!

ちなみに私の干支さ・・(涙)

写真は大西まりかさんのクリスマスりんごちゃん。
作家さん達、クリスマスも辰も、作品待っていますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かなしみうさぎを覚えていますか?

2011年11月20日 | Weblog
「僕のうさぎはどれだい?」(英訳してお読み下さい)
入れ墨をしたイージーライダーの様な外人さんが、大事に選んでいたなあ。
みなさまは、かなしみうさぎを覚えているだろうか?
まつだなおこさん、久々の復活。
あの素敵なうさぎさん達に、またニヒル牛で出会えます!

なんかJwaveの番組でニヒル牛紹介して頂いたみたいですね。
数人の方に教えられました。
Jwave・・・。なんかおしゃれな感じで紹介されたのだと思います。
だってJwaveだもの。
多謝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

布のほつれから、生地のしわから

2011年11月19日 | Weblog
今年の夏、とてもベタな海岸で、私は泣きたくなった。
海水浴の遠いざわめきや、たくさんの人の渦の中で、とんでもなく切なくて。
わたなべいくこさんの『由比ガ浜』は、夏の記憶をそのまましっかりと切り取る。
光や匂いや、明るい声や熱。
きれいで明るく力強い。そしてそれなのに、その幸福な風景に、やはり泣きたくなる。
今回のいくこさんは、布作品も充実しています。
写真はどちらも、一枚の白いワンピースから切り取った景色。

ほつれた布の部分も、生地のしわにずれも。
すべてが一つの絵になっていく。
そんな作品です。

必見だと、私は思っております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加