ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

大晦日

2008年12月31日 | Weblog
はい。大晦日です。
毎年思います。1年で1番好き。
また明日から、問答無用で新しい1年が始まります。
何にせよ、何かの前日が好きな私にとっては、もう毎年最大の前日だからね。

昨日は、作家さんやお客さん、そしてスタッフなんかとも、話していました。
ニヒル牛、ニヒル牛2にとって、またまた、充実したよい1年だったと。
そして。
「自分としては、今年はどんな1年だった?」
不景気だっり、いろいろとある時代なので、こんな答えはとても返しづらいんだけど・・と、作家さんとはそう言い合いつつ。
「私は、すごくいい1年だった」
「私も、すごくいい1年だった」
楽しくて、幸せな1年でした。
申し訳ないぐらいに、本当にそう思います。
・・・・と、しみじみしていた時に、店の奥からガガガガガガ!!という爆音が。
心の中でつぶやきました。
『ああ、またなのね』
店の二階に泊まっていただんなが、階段を落ちていく音でした・・。
石川はよく、階段から落ちます。
たいした事は無いと思いますが。
・・まあ、私の、幸せでおだやかな年の瀬を、返していただきたいものだとっ!

みなさま、幸せな大晦日を!
そして、来年もよろしくお願いします!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニヒル牛・ニヒル牛2年始年末

2008年12月30日 | Weblog
トップページでお知らせしておりますが、あらためて。
年始年末の営業予定です。

「年末はいつまでやってるの?」と聞かれれば「31日まで!!」
ながっ!とよく言われます。
だって、遠方からのお客さんが、年末って多いんだもの。
実際、昨日も今日も、里帰りがてらよって下さるお客さんや作家さん、とても多くて、すごく嬉しかったです。
で、さすがに明日は静かになってくるので、31日の17時で、ニヒル牛・ニヒル牛2ともに、今年の営業は終了です。
年始は1月6日から。
1月6日は、14時から17時。
1月7日からは通常営業になります。

それでは明日!!って言っても、ニヒル牛2は今日もばりばり20時までやっておりますのよ。
遠くからも来てね。

さて、毎年の叫びを今年もしておこう。
「大掃除全然おわんねーーーー!!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おっさん44才

2008年12月30日 | Weblog
グルジアのおっさん、ギオルギさん。
きせかえ人形展に参上!!
44才(同級生だ!)、独身のおっさん人形を作ってくれたのは、もちろん石田百合さんです。
素敵な羊飼いのコートと、ながめのいい部屋もついています。
「44才か。仕事も立派にしてらっしゃるみたいだし、おすすめの独身男性だね」と石田さんに話したら。
「・・・うーん。それがまあ、いろいろと・・」
ギ、ギオルギさん。何かわけあり!
わけありの44才のおっさんきせかえが見られるのは、ニヒル牛2だけよ!

ええと、今日はブログパート2に続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今さらながら・・

2008年12月29日 | Weblog
私「ニヒル牛、24日のイベントどうだった?」
A「貧しい家のクリスマスパーティみたいで、すごくよかった!!」
私「クリスマスイブの、夜の教室、どうだったの?」
B「貧乏な公民館のクリスマス会みたいで、すごく楽しかったです」
私「何が楽しかった?」
C「プレゼント交換と、紙芝居!!」

・・・・何はともあれ、『イブなのに予定のない人の救済クリスマス会』 は。
1 貧乏であった
2 そこがすごくよかった
3 石川の安っぽいサンタの衣装が、いっそ貧乏さをプラスにしていた
4 しかも石川は、その衣装のヒゲを逆に付けていた
5 なおかつ、Tシャツが青はどうなんだ?
6 紙芝居がめちゃくちゃおかしかった

との事です。
写真は「ほんとにサイコーだったんだよ」と語ってくれた山中奈緒子さん提供です。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

愛着

2008年12月28日 | Weblog
草木染めの布で、すごく可愛くて、丈夫に作られたポーチ達。
ニヒル牛のhacchiさんの作品です。
一つだけ、少しくたびれたのがあるのですが。
実は、この写真の右上、茶色に赤茶のボタンが付いたポーチは、私のです。
3年ぐらい前に買って、もうずっと、持っています。
大事にというよりは、デジカメ入れとして使いっばなし。
前の部分にチャックのポケットが付いていて、そこにはメモリーカードを入れています。
普通にカバンや机の上や、旅行先のどこかで毎日見ていて、だけど全然飽きません。
ずつと大好き。
hacchiさんの作品は、ニヒル牛の中では、多分少し高価です。
だけど、考えてみれば、相当乱暴の持ち主だと思うのですが、これはボタンが取れた事も、どこかがほつれた事もありません。
多分後10年以上、持ち続けると思います。
中のデジカメが先に壊れたってね。
物への愛着は、こんな風にごく自然に生まれるのだなと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きせかえ人形、全部紹介 5

2008年12月27日 | Weblog
最後に、お客さんがすでに夢中になっていたhirata Kozueさんとtamaxさん。

hirata Kozueさんのお人形。タイトルは「歌う私」いいなあ。
おかやんが、「これ昔のあんたみたい」と言っていました。
あのね、確かに私は、この人形を知っていると。
「歌う私」の気分とか空気とか。不思議なぐらいに、ひかれる人形です。


tamaxさんはもちろんパラパラ漫画です。
タイトルはボーイズライフとガールズライフ。ほんとはネタばらしはしたくないのですが!
ひたすらシュールに美しいボーイズライフと、いくらでも深読みが出来る、意味の深いガールズライフ・・。
わずか数秒で見られる世界に、ちょっと胸をつかれ、だけどこれ、ちゃんときせかえというテーマにそっているという。

すごく面白い展示になっています。
新しく、44才のグルジアのおじさんのドールハウスなんかも入っていますが、その画像は火曜日に!

そして明日は、怒濤のニヒル牛、今年最後の「夜の教室」です。
富山から大谷氏が登場。またまた、おかしくてせつない、歌をうたいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きせかえ人形、全部紹介 4

2008年12月27日 | Weblog
そして、これまた、きせかえ一つでこんなにいろいろと!
檸檬さんとぐるぐる工房さんです。

檸檬さんはかんざしをメインに作られる作家さん。
だから当然、きせかえだってかんざしです!
原型はちょっとセクシーな、こけし型のかんざしに、いろんな服がセットになってます。
かんざしにマフラー、巻いてみたいっす!

ぐるぐる工房さんのは、いつもながら、自分に娘がいないのが残念でなりません!!
だってこれ、ふわふわのふとんが、そのままカバンになっていて。
手編みのいろんな服を閉まって持ちあるけるという。
もらったら絶対嬉しいのに!あげたら絶対に楽しいのにと!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

きせかえ人形、全部紹介 3

2008年12月27日 | Weblog
今回一番、私のイメージにあったきせかえってやつを、作って下さったのがこのお二人。
神奈川綾子さんとtakuchiさんです。

綾子さんのお人形、細部までもがほんとに可愛い。
少しボーイッシュな顔も、すっぽりしたコートも、カラスのポシェットも!
chikoという名前が入った手作りの箱の全体が、まんま宝物です。
誰かが大事にするのにふさわしい、友達のお人形です。

takuchiさんは、描かれている絵から飛び出してきた様な人形達です。
キュンとつり上がった眼が印象的なねここと、わんこ。
嬉しいのは、ちびわんことちびねここは、服が二枚づつ選べるという。
まさにきせかえの醍醐味はこれだと!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きせかえ人形、全部紹介 2

2008年12月27日 | Weblog
さて、続いては、もう遠くから見えるだけで胸がしめつけられる、二人。
山中奈緒子さんと岸キエコさん。

山中奈緒子さんはミニミニな顔はめ人形。
寂しげな顔した女の子や男の子や、おじいさんを、人魚や宇宙飛行士やけが人に出来ます。
どんな時でもゆるぎない奈緒子世界。
手帳にちょっとしのばせて、悲しい時に見つめたいです。

岸キエコさんは、こちらもほんとに、ゆるぎない。
貴婦人とおじさんは、服はもちろん、背景も変えられます。
このへなちょこをどうすんだ!と誰かが聞くかもしれない。そしたら私は言います。
こんなに愛しいへなちょこだけが、すべてなんじゃないか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きせかえ人形、全部紹介 1

2008年12月27日 | Weblog
さてさて、始まりました。
ニヒル牛2のきせかえ人形展!!
遊べます。
楽しいです。

初日にそろっていた10人の作家さんの作品を、お二人づつ、全員紹介しようと。

まずは、不可思議な調和を見せてくれているかっこいいお二人。
イバラノツルヒコさんの紙きせかえと、ケンミジンコさんのシニカルペタンちゃん。

ご存知ツルヒコ様の、どこに売っているんだ感あふれる服の、紙きせかえ。
こんな服やあんな服を、ツルヒコさんに!
裏がぬりえきせかえになっていて、いっそ乙女心をそそります。
写真はディスプレイ用の大きめ紙人形。
「場所が開いたらたいへんだから・・」といつものように優しく、店の事まで思いやって下さいました!!(涙)

ケンミジンコさんの作品は、ちゃんときせかえで、でも、すごくケンミジンコさんの作品です。
バラバラになる体や、ボタンや耳や、テディベアなんかを、人形にきせかえられます。
「この発想はなかった・・」と人形作家さんがみな、感心していました。
小道具の一つ一つまでもが、素晴らしいクオリティ。
置いた瞬間に空間が絵になっていくのを、しみじみと感じました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加