ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

びっくり!!

2008年04月30日 | Weblog
毎年びっくりするんだけどね。
日って、のびるね!
これ、18時過ぎのニヒル牛店内です。
明るいじゃん!まだ昼間みたいじゃん!
もうこれには毎年毎年、新鮮な驚きです。
私の初夏に向かっての嬉しい事の一つです。
そして。
暑い日が始まりつつある、今日この頃。
もちろんニヒル牛・ニヒル牛2は夏の洋品展とTシャツフェアをやります!!
詳細は近々。
さて、そんなこんなで19時。
もう外、暗い。
ま、日がのびるったって、日本ではここまでが限度なんだけどね。
白夜という言葉に、いまだにとんでもなく夢を見てしまうけどね。
だけど日本の5月は、ほんとにほんとに、美しい。
それでも私には、「5月の風をゼリーにして持って来て下さい」なんて、絶対言えないけどね。

それから、ようやくアップした昨日の写真、あれ、風船です。
作者は関根良栄さん。
バルーンアートの大道芸をされています。
ニヒル牛2店内で、大きなトランクを持った兄さんに遭遇したら、リクエストをしてみたらいかがかと。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

はあ

2008年04月29日 | Weblog
い、忙しかったです。
「一時間、約束遅らせました」とか。
「ちくしょう、いそいでるのに」とか。
「ああ、また来ます」とか。
お客さんが怒り気味に言ったり、困ってたりしてたけど、それはニヒル牛旅の本展が面白いから!
読み始めたら帰れないからさ。
へへん。知った事じゃないね!
何冊かは売り切れも出てしまいましたが、新しいのも入ってきてます。
増刷、出来るものはやります。
今日、北欧から届いた新作、「アライマキコ」苦悩の留学日記に爆笑しました。

写真、後からのアップになるのですが。
かわいいんです。
かわいい写真を、今日の夜中か、明日アップいたします。
映っているのは、瓶の中のミニトマト。これ、なんだ?
そして、私はいつ帰れるんだ?
まだ仕事、たーんとあるぞ。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

海を渡って・・

2008年04月28日 | Weblog
実際、遠方に住む作家さんの負担は大きいです。
郵送料とか、振込手数料とか。
それでも、沖縄にも北海道にも、外国にも、ニヒル牛に作品を置き続けて下さっている作家さんがいます。
トーダさんも遠くに住んでる作家さん。
作品の首下げ万華鏡は、かっこよくてきれいで、ニヒル牛でもロングセラー。
入るといつも、いつの間にか、すべて売れてしまっていました。
店にはもちろん来られないから、納品も滞りがち。
売り切れてしまったら、箱は空のままが続きます。
箱代はそれでもたまってしまうし、忙しい作家さんの負担を思ったら、一回終了にした方がいいのかなと。
寂しいけど、と聞いてみました。そしたら。
「続けます」と当然のように。
「なんとか作って送ります」と。
13×13センチ。小さな空間のつながりが、続いていきます。
顔をあわせる事も出来ないけど、作品はこれからも、海を渡ってやってきます。
ニヒル牛の様な店は、やめるのも続けるのも絶対に作家の自由です。
そうじゃなければいけません。
それでも。
だからといって。
私がそれを、たまらなく嬉しく思っても、それはそれで、仕方がない事だと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花げんげ

2008年04月27日 | Weblog
今日から始まった、ニヒル牛の展示。
『花げんげ』
へんげとか、れんげとか、後、深海魚にそんな名前があるとか。
あまり多くを語らない聖悟さんの展示には、そんな不思議なタイトルがついていました。
多分今、ニヒル牛で一番まめに、納品をして下さる作家さん。
ガラスのネックレスとか指輪とか、ニヒル牛の人気作品です。
聖悟さんは、お客さんの希望にすぐさま反応して下さるし、自分でも、新たな作品を次々と考えていらっしゃいます。
そして、綺麗だったりロマンチックだったりするそれらとは、あきらかに少し違うスタンスで作られた今回の作品達。
『花げんげ』というタイトルの一輪挿しは、無口な聖悟さんの心の奥の感情を、少しだけかいま見せてくれる気がしました。
奇妙に愛らしい、透明なフリークス達。

とても面白い展示だなと。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、楽しい・・・。

2008年04月25日 | Weblog
旅本展、始まりました。
いやあ、楽しいわ。
なんだいこの楽しさ。
端から欲しいよ。
上海からも富山からも無事届いて、今現在、32種類の本があります。
工夫をこらした作品や、マニアックな視点のガイドや、ほんとそこいらの本屋の旅コーナーとはひと味違った充実ぶりです。
あまりに楽しいので、私はリストを作ろうと思います。
お客さんの滞在時間も、もちろん長い。
「これ、帰れないや」と男性客かぽつりともらしていました。
写真はあくまで、一部。
私たちのハトヤ本もやっと完成!!(くす美は昨日徹夜・・)
本なので、どんどん入荷されると楽しい。
作家さん、期間中受付しますので、どうぞ、納品して下さい。
秘宝観に続き、ニヒル牛の定番にしたいかなあと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の本!!

2008年04月23日 | Weblog
納品、金曜日になりますという電話が続々。
上海からと富山からの荷物が届かない・・。
両方、送り済みの連絡もらってるのに。
スタッフのひろかと二人であたふたしております。
そんな中、作家の荒木さん来店。
「納品ですか?」
「はい」
「うおおお!うれしい」
「みんなが遅れると、困るだろうと」そしてにやっと。
「あああああ!!なんていい人だ!!」
「いい人なんだあ!!」
二人で抱きつくところでした。
みなさん、早く納品を!!
そして、宅急便、だいじょぶだろか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うううううううう

2008年04月22日 | Weblog
写真がアップ出来まへん。
旅本展の追い込みではたんぱたんしているので、新しくOS10になったこのパソコンの、写真のアップ方法調べている余地なし。
一緒におたおたしている作家さんの様子を乗せたかったのですが。
携帯で取り直す余力もなし。
ぱたんはたん。
うおおお!!インクが切れた!インクってなんて早く切れるんだ!
・・・金曜出勤、水曜休みのはずだった今週ですが、明日の昼間は、ちょこっとニヒル牛2の奥に、私はいると思います。
店番ひろかの影で、コピーをとっていると思います。
泣きながらね。
「終わんなかったんだね」と、よければ声をかけてね。
「インクってやつは!」
と、一緒に泣いてくれてもオーケーよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新幹線

2008年04月20日 | Weblog
陶房kuuさんの新幹線。
作家さんの一人が気に入って、「やはり欲しい」と電話をくれた。
お取り置きとして机の上に置いてくうちに、どんどん、気持ちが奪われてしまいました。
なんだか、10年後の自分の机の上に、置いときたい。
ペーパーウエイトにしたり、窓辺に飾ったり、遊びに来た子どもが走らせたり。
ずーっと家にあるこれを想像して、これはそういう作品なんだと。
いや、もちろん、これを気に入った作家さんが買っていかれましたよ。

ニヒル牛スタッフでもある山中奈緒子さん。
「いやあ、おかやんはすごいねえ。FAX笑ったよ!・・で、おかやん家のFAXは原稿が無くなるタイプだったの?」
おい、誰か、私に原稿が消えるFAXっていのを見せてくれ!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

花の蜜

2008年04月19日 | Weblog
ニヒル牛カフェでお茶を飲んでいたお嬢さん達の会話。
花の蜜を食べる話し。
ロマンチックな夢見話しじゃなくて。
種類によって大失敗があるとか。
季節を間違えたらまずくなるとか。
とても真剣に、蜜を食べていた様子。
「私達田舎の子なんです」
すごくおしゃれで可愛いお嬢さん方の発言。
「宮崎と会津で」
「会津というと会津藩の?」
「はい。ふふふ」
嬉しいねと顔を見合わせる。
「何が?」
「田舎の事を話してもらうの、嬉しいんです」
ううん。可愛いなあ。
花の蜜を食べて、自分の生まれた所に愛情があって。
「西荻に引っ越して来たので、ニヒル牛2、ずっと来たかった。すごく楽しかった」と話してくれました。
こちらこそ、嬉しいです。

写真は、cups&cooさんのピーナッツの指輪とネックレス。
大人の可愛い、です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作品が届きます

2008年04月16日 | Weblog
箱でドドンと。
開ける瞬間がなんとも嬉しい。
箱入りブローチとか、3つまとめて、可愛くラッピングされてリボンまでついている。
けど、こればらして置くので、結局ほどきます。
私だけが見るのがもったいないです。
事前に電話で話していた桜貝の指輪。ああ、きれい。
布ポーチ、開けたら内側にどれも、小さな刺繍がしてありました。
宝箱とか開けるのが楽しい様に、着いた作品を一つ一つ見て行く楽しさは、お店の人の特権かなと。
箱が空に近かったぐるぐる工房さん。
ニヒル牛もニヒル牛2も、にぎやかになりました。

あっ!!旅の本展!!来週の水曜日が納品です。
よろしくっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加