ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

ありがとうございました。

2007年12月31日 | Weblog
12月31日。
泣いても笑っても、大晦日。
1年で一番好きな日です。
私は脳天気なので、31日になれば、悪かった事はすべてリセットされる気持ちになっちゃいます。
そしてあらためて、2007年はよい年だったなあと。
たくさんの人と、もっと強く深く、知り合えた気がするし。
ニヒル牛もニヒル牛2も、お客さんにも作家さんにも恵まれて、すごく幸せな一年でした。

明日からは2008年。
ぴかぴかの新年が始まります。
嫌な事もいい事も、全部飲み込んで、時間がちゃんと進んで行く事が、すごく幸せな事だと。
しんどい事なんて、当然あるんだから、闇を抱えても、とりあえずどっかで笑って欲しい。

最後の一行は、ごく私信でもあるわけですが。

みなさま、よい大晦日を!!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ニヒル牛

2007年12月30日 | Weblog
ニヒル牛はなんでも、あり、です。
作品としての完成度は、もちろんまちまちだし、作品を作る姿勢も、ほんとにそれぞれです。
ニヒル牛の新規作家ハマナカケイタさん。
まだ、売るものを作れないと言う、彼の箱にあるのは、彼が小学4年生だったころから今になるまでためられている、例えばノートの走り書きだったり、漫画だったり。
「人に見てもらいたい。感想を聞きたい」そういう彼の気持ちが、正直私には、少し分かりません。
なぜなら彼の作品は、他人に見せるための体裁を整えていないし、気持ちのままそれは、生々しくて、私なら、ひきだしのすみに隠しておくように、あまりに素です。
その中には例えば、架空のアイドルを作り上げて、彼女のインタビューや売るための戦略をしたためたページや。
空想と創作が、とても不思議なバランスであります。

「表現という言葉が、あまりに漠然としていて、難しい」今日、作家さんと話しました。

極端な話し、書きたい物があるなら、それを受け取る他者の事は、考えなくてもいいんじゃないかと、私は思ったりもするのですが。
私は、生である事が少し怖い様な、ハマナカさんの箱が気になるし、彼の作品を、これからを見て行こうと思っています。

みんな、あまりにハゲタカの事を知らない・・。
鷲津への思いが収まらない私は、昨日山中奈緒子に話したら「ああ、知らないけど、なんかとがった靴を履いてそうだね!」
・・・これって、話しをあわせてくれているのだろうか・・?
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

大掃除が終わらない!(切実)

2007年12月29日 | Weblog
自宅の事です。
新年迎えられないぐらいに、大掃除途中です。
だから言ったのに、毎日少しずつって!
なのに、私は今、激しい鷲津萌えなんです。
ああ、『ハゲタカ』の鷲津が素敵だ。掃除がほったらかしになるくらいに(同志求む)
今は、大掃除が終わった世間の人と、鷲津の事を語れる友達を持った人がうらやまひい。

写真は、地球儀の中にじゃらじゃらと、妖しい文が書かれた缶バッチかたくさん。
こちら、ニヒル牛2の隠れた人気作、朱音さんの作品。
『みのほど しりたい』という文章が、いつまでたっても身の程を知らない私につきささります。

あ、店の大掃除はひろかとおかやんと、島田がやってくれます。
今は毎日、鷲津が見たいです・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やはりね

2007年12月25日 | Weblog
クリスマスというよりは、年の瀬と言った方がしっくりくるのは、私がもうかなりの大人だからでしょうか。
それとも昼が、すうどんだったからでしょうか。
なんにせよ、今年もあと数日。
日に日に街が活気づくこの季節は、ほんとに好きです。
ニヒル牛も明日からは、あと数日の今年のラストスパークです。

ニヒル牛2、今日は羊毛倉庫さんの展示を、ブログノートを読みながらじっくり見られる方が多かったです。
何気なく見始めて、いつの間にか、がっしり座り込んで読み始めてしまったり、ノート片手に作品を見比べたり、ラクダが250キロ水を飲む事に驚いていたりと、作品を作る過程や思いを知るのは、お客さんにもとても興味深い様です。

あっと、トップページアップしました。
ニヒル牛・ニヒル牛2の年始年末のスケジュールなども出ておりますので、御覧になって下さい。

それではメリークリスマス。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス

2007年12月24日 | Weblog
イブです。
ニヒル牛は、3連休では一番静かめ。
だけど、なんか街が浮き立っている感じはとても好きです。
エコールドシモンさん、4人目に紹介する作家さんは、坂口愛子さん。
可憐なハネ子さんに、可憐な乙女の甘い思い出(ちょっとクリスマス風味)を話しました。
「ハネ子さん、私はワインはもっと美味しい物だと思っていたよ」
『へえ』
「初めて飲んだ時にはがっかりだったよ」
『どして』
「甘くなく、たいして葡萄味でも無いもん」
『イメージの中のワインて、どんな味?」
「私が、一番理想のワインに近いと思うのは、ファンタグレープだね」
『それ、全然葡萄じゃないね。だったらファンタを飲んでればいいね』

ハネ子さん、理想の女の子みたいな姿をして、以外と突っ込み鋭し。
みなさん、よいクリスマスを。
あ、もう一個おしいと思った味は赤玉パンチです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

よい天気

2007年12月23日 | Weblog
ニヒル牛、ニヒル牛2共に、ずっと忙しい一日でした。
天気もいいし、お店は楽しい。

今日は来年に向けての打ち合せを3つしました。
新しい事、またいろいろ考えます。
来年はニヒル牛でも、新しい事をしたい。
店内イベントしてみたい作家さん、ぜひ相談してみてください。

写真はおしゃれなクリスマス達です。
hacchiさんの赤いマントのお人形、目の星とペンダントがおしゃれ。
荒木さんのショールピン、刺繍が可愛いです。
そして、シチホンさんの、キャンドルカバー、これは全体はとても大きく、三角のキャンドルをすっぽり包みます。暖かくて、きれいです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

いやあ

2007年12月22日 | Weblog
ダウンしてしまいました。
今年は始めてかも。
なんか胃がぐぐんときてしまって、昨日は1日起きられませんでした。

今日は、店番は変わってもらいましたが、ほぼ復活。

さて、『羊毛倉庫のしごと』始まりました。
ニヒル牛2、今年の最後をしめくくる展示です。
羊毛倉庫さんの、美しい動物達を、スタッフの島田が、幻想的な展示に仕上げました。
必見、です。

しかし、今月は休みが2日しかとれなくて、だけど「どってことないぜ、まだまだいけるぜ」と思っていましたが、年なのね。
食べ過ぎなのね。さっき計ったら、体重が2キロ減ってました。ラッキー!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

出鼻を!

2007年12月19日 | Weblog
朝、店に出かける前、なんとなく付けているテレビにひどい目にあいました。
テレビでやっていた占い。O型、最下位だそうです。
「む。いや、気にしないけどね・・。ふ、ふうん」
ちょっぴり悲しい気持ちでご飯も食べ終わり、上着とか着てたら。
またまた占い。火星人プラス、最下位!
見たくもないのに、あんたの運勢今日最悪よと、どーして、時計代わりにつけているテレビに言われるのか!
大体なんで、血液型はいいけど、私が火星人なんだよ。プラスってなんだよっ。
もうびくびくでしたよ。
足下がチクリとすれば、見た事も無い生き物にかみつかれているんじゃないか。
ニヒル牛のシャッター開ける前に、中でなんか、見た事も無い生き物があばれているんじゃないか。
お手洗いに入れば、見た事も無い生き物が浮かんでいるんじゃないかと。

・・・いつも通りにいい日でしたが。
写真は、平穏に1日を終えようとしているニヒル牛です。
見た事も無い生き物は、ちょっと見てみたかったです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いや

2007年12月18日 | Weblog
私の突然の写真技術の成長に、驚かないでいただきたい!
これは、まんま、羊毛倉庫さんのホームページから借りているだけなので。

今週の金曜日から、ニヒル牛2で始まるのは、羊毛倉庫さんの展示であります。
上手な人はいます。
センスのいい人もいます。
可愛い作品を作る人。
物語りを表現出来る人。

だけど、哲学を持った人は、そんなにはいないです。
ましてや、上のすべてを持った上で、不器用に見える程、一途な哲学を持った作家なんて、絶対にいない。

羊毛倉庫さんの作品を、出来るだけたくさんの人に見ていただきたいです。
1つ1つに込められた真摯な姿勢と、圧倒的な作品と。

物を作るならかくあるべきだと、思っています。

ぜひ、見に来て下さい。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ねずみっす

2007年12月17日 | Weblog
干支っすね。
ニヒル牛のねずみ作品、いかしてます。
後ろの額は神奈川綾子さん。真ん中の白いネズミはブローチになっています。
そして前の陶器は陶房 空さん。見上げる顔が可愛い・・。チーズも陶器。

来年のお部屋の飾りにいかがでしょうか。

それと、これだけは伝えたい。
なまらやさんのいちじくと生ハムのパスタ。すっごい美味しかった。
はあ。美味しかった。あんなに美味しいなんて・・。
なまらや・アライさん(男性)がナンパしてきたら、その手にパスタを持っていたらついていこうと思います。
もちろん、宮澤さん(女性)でもパスタ付きならついていきます。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加