ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

のうひん・・

2007年10月31日 | Weblog
「納品してにゃー」
「納品ニャー」
「にゃー」
「ピピピピピ・・」
こんなに可愛い猫達と古代生物に頼まれたら、くらっとしませぬか?
さあさあ、11,12月と、プレゼントなどがぐんと増える時期!
ぜひ納品を!
明日からは「クリスマスの贈り物展」の受付だって始まります。
語尾ににゃーとか付けるのすげえ嫌いなんだけど、可愛さをアピールして頼んでみました!
猫と古代生物の作者はイボヤギさんです。
ま、古代生物の鳴き声は、分かんなかったんたけどね。
彼(?)なりに頼んでいると思っていただけたら。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

クーパー捜査官

2007年10月29日 | Weblog
かっこいいです。
何の事かと言えば、もちろん今大流行のツインピークスです。
1thシーズンをN公さんからお借りして、休みの日にどどっと見たり、寝る前に一本見たりしておりまする。
ヤブウチマリさんの展示の影響ですね。
ちっとも怖くないところもおすすめです。
なんせうちは、だんなが布団の中でずっと握っていた手が、はっと気がついたら右に寝返りうっても左に寝返りうっても手の中にあって、そして周りには誰もいなくて、そーっと離したまま(俺は何も気がつかなかったよー)というふりしなければならない家なので、怖い物は見ません!

写真は酒井百合子さんの作品。
和風で不思議な雰囲気なのは、素材が水引きだからなんです。
着物とかにもあいそうな小物もいろいろあります。

演じるなら、と考えたら、丸太おばさんが似合いそうだけど、断然ローラパーマをやりたい、以外と正統派の店番あるでした。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

本本本

2007年10月28日 | Weblog
11月からの『クリスマスの贈り物展』を前にとか、展示と展示の間1週間とかに。
スタッフ島田がつかの間のディスプレイを、ニヒル牛にある作品でします。
それが、私は密かに楽しみです。
今回は本。
何気なくお客さんも、今日はその場で本に読みふけっていたりしました。
島田とかおかやんとか、ひろかとか。
くす美、山中は言うまでも無く。
スタッフそれぞれが、ばらばらに世界を持っているのは大事だと思います。

先週、朝日新聞のマリオンにニヒル牛を紹介していただいたのですが。
編集の方からていねいにメールでのおうかがいを頂いておりました。
内容は、石川あるさんは本名なのでしょうか、と。
朝日新聞は、本名主義を取っているので、さしつかえなければ本名で掲載させていただけないかと。
いや、あの、さしつかえなんてあるはずないし、石川あるなんて、ただのあだ名の延長だし。
こんな丁寧なメールを下さった新聞社の方に、恐縮するばかりなのだけど。
「すみません。石川あるでお願いいたします。本当にすみません!」
理由は照れくさいから・・。
本名、今更おおやけの場で出すのは照れくさくてやりきれないから。
そんな理由で本当に、申し訳ないっす。
ああだけど、これからも、あだ名主義でいこうと思っています。
だけど本気で怒られたら、もちろんやめます。
だってただのあだ名なんだもん。もともとは。
まじめな新聞社の方には、顔向け出来ない思いでした。

ちなみに、まだ記事は見ていません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そして、台風の中!

2007年10月27日 | Weblog
なまらやさんの『酒房なまらや』も始まりました。
今日と明日の二日間です。
今回は石田さんの展示にあわせて、グルジア料理もあります!
写真は、ほうれん草のペーストサラダ、クルミやフェネグリークなどがあわさった、こくのある絶品。
そして、ヨーグルトのスープ。ほうっとするような、優しい味。
共に、グルジア料理で一皿なんと300円です。
さあ、食いしん坊は食べ逃さないで!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

台風の中!

2007年10月27日 | Weblog
石田百合さんの「コーカサスの金の糸」が始まりました。
一枚の絵画の様な、印象的な映画のワンシーンの様な。
静かに迫力ある展示です。
そして、細部をじっくり見て行くと、今度は繊細な羊毛の美しさに、また圧倒されます。
ぜひ、本物のすごさを御覧になって下さい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋深し

2007年10月23日 | Weblog
写真は本物の栗と、ニヒル牛2の辰之助商店『一言きのこ』です。
「兄が、起きたら姉になっていた」等、含蓄のある言葉にあふれたきのこ達です。
秋にぴったり!

そして栗は、だんなの実家から送られてきた、ほくほくの本物。
真ん中の厚い皮が、全部けずられています。
「お義母さん、蒸してある上に、嫁が剥きやすい様にわざわざ・・」と、胸を熱くして電話しました。
そしたら「蒸す時に破裂するからよ!誰がそんな親切!」
お義母さん・・。
だけど、ついてる手紙には「手を怪我しないように気をつけて」とありました。
美味しかったです。お義母さん。

そんなお義母さんが送ってくれたサツマイモ、少しなまらやさんにお裾分け。
そうです!今週の土日、いよいよなまらやさんの‘酒房なまらや’があるのです!
今回は、石田百合さんの展示にあわせて、グルジア料理も登場!
秋の食材で、なまらやさんの抜群の料理を楽しめます。
もちろん今回も300円から食べられる!
絶対におすすめのイベントです!

だけどさ、お義母さん、ちょっといい話しにしてくれてもいいやん!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

可愛いものを選んでみました

2007年10月22日 | Weblog
昨日の続きっす。
「ニヒル牛の贈り物展」
クリスマスプレゼントは、大事に、これだっていう作品を作って頂けると嬉しいです。
贈り物だからね。
自分のために買うものより、ある意味、お客さんは真剣に選んで下さいます。
実用品なら、強度とかも確認、ぜひお願いします。
へなちょこでも、きれいでも、不思議なものでも、それはいいのです。
お友達、子供に、恋人に。
ただ一つのプレゼントを、ニヒル牛に選びに来て下さったお客さんが、幸せになる様な作品をお待ちしています。
数は、お一人、1点から2.3点で。
かならず、パッケージも用意して下さい。

私をハトヤに誘った山中奈緒子がいろいろ聞きます。
「時間、どのくらいかかるの?」「みかん狩りはいつやるの?」「卓球は、みんな真剣にやってくれる?」「たこ焼きは美味しい?」
えーーーい!!私はまだ行ってない!!自分が誘ったくせに!私はあんたの誘い、一回は断ったろうに!
ついつい、楽しくなっていろいろ調べただけでっ!
お客さんにも「その後のハトヤはいかがですか?」
あの・・。私は、ハトポッポ博士じゃないんす。
そりじゃあ一つだけ。海底温泉って、海底じゃなくて、5階にあんですよ。お客さん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和聖地巡礼

2007年10月21日 | Weblog
いやん。思わず、二度見しちゃいました。
なんて、素敵なDVDなの?!私のストライクど真ん中だわ。
ニヒル牛の新規作品。
『史上初!全国6大秘宝観を一挙映像化』・・・。
サンプルを開いてみたら、魅力的な写真が盛りだくさん。
そして、秘宝館の割引チケットまで!!
監督・製作は笹谷遼平さん。『閉ざされた夢、昭和のパラダイス』
はい。まさにです。
なんてそそられるテーマなんだ!
タコシェさんで大人気だったというのは当然でしょう。

『クリスマスの贈り物展』
いよいよ、作品受付始まります。
ニヒル牛・ニヒル牛2の作家さん、素敵なプレゼントを作りませんか?
受付、展示期間は11月からクリスマスまで。
作品と、クリスマス用の包装を、必ずセットで納品して下さい。あわせての展示をします。
プレゼントは、決して、クリスマス風である必要は無いです。
雑貨でもアクセサリーでも、絵本でも。贈られた方が嬉しくなるような作品を待っています。
お店に、詳細を書いたチラシがあります。
火曜日には、店番日記の方にも詳細アップします。

みなさま、ここにしかない、一つだけのプレゼントを探しに、ニヒル牛にいらして下さい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

シフォンケーキ

2007年10月20日 | Weblog
上田さんの納品、幸福を呼ぶオッドアイの黒猫人形とシフォンケーキ。

上田さんから先日、メールが来ました。
『ヤブウチさんの展示が見たいです。それでシフォンケーキを焼こうと思うのですが、ビターチョコのシフォンて展示のイメージにあいますか?』
ブログを見ての連絡。
いつもいつも、シフォンを展示作品にあわせるという気持ちが嬉しいです。
私が「赤もプラスして欲しい!」
その時いたアコやんが「それならクランベリーとか」
さっそく上田さんにメール。
『そのアイデアいいです!』

そして今日の登場です。
またまた、最高にふわふわです。
ビターで、ちょっとすっぱい果実が大人の味。
明日と月曜日にあります。
ぜひ食べにいらして下さい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

作家さんいろいろ

2007年10月17日 | Weblog
今日のニヒル牛は作家さんいろいろ。数少ないへなちょこ好きの同年代とは、話しがへなちょこ深くなりがちです。
「ハトヤ行くよ」「うん!ハトヤに行かずに、どこに行くのよ?」「そ、そう?」「綿あめ作ってきて!」「実は、たこ焼きも作れるんだ・・」「いいねえ。今度は、ロココの銭湯もいいよ!」「ろ、ろここ?」
作家さんと話すの楽しいなあ・・。

昨日のニヒル牛2も、作家さんたくさんの作家さんDAYでした。
10人以上が、次々と!
その中でも、数少ない同年代すねに傷持ち作家さんだと、どうしても話しが深くなりがち。
「体にがたがくるの、40からだよね」「また、布団ケーキしちゃったよ」「私もだよ。やめればいいのにさ」「私たち、くずだよね」
・・・作家さんと話すの、楽しい?

写真は、ニヒル牛2の正猫さんの作品。
ガラス瓶に種や花や虫が閉じ込められています。
閉じ込められた瓶物は、ぐっときます。
御本人は私と同年代でも無く、すねに傷も無い様なぴかぴかさんです。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加