ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

こんにちは

2007年02月28日 | Weblog
小さくのぞくうさぎの子供。
昔話から、やって来て、ちょこっとこちらをのぞいているよう。
「こんにちは」
物語の生まれる瞬間を、切り取ったような作品です。
ニヒル牛箱No153 やまがたたみえさん。
彼女はもちろん、焼いた竹で作った、器から制作しています。

「あるさん、ゴールデンウイークとかにやる、企画展示・初恋って、食べ物限定なんですか?」
と、今日ポットに入れたチャイ持参で遊びに来てくれた、ニヒル牛カフェ・インド料理人の西川さん。
「誰がそんな事を!!むしろ、初恋の食べ物って難しいんじゃないのか?」
「あっそっか」
さすがはインド料理人、すげえ曲解していました。
「だけど参加しようかな」
西川さん、初恋インド料理で参加の気配濃厚です。
やってもらおうじゃないの!
初恋のインド料理!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

サヨナラ

2007年02月27日 | Weblog
ダンボールの街、冬。
日程の関係で、冬はたったの三日間です。
どうなってるんだろうと、やってきてみて・・。

街は、つつましくもにぎやかな、クリスマスを迎えていました。
映画館『カラス座』が50周年をむかえて、仮装のお客さんは全員無料!!
みんな、天使になったり、雪だるまになったり。
雪の降った数日後の風景をした街には、ケーキを持った人、ツリーを飾る人。
平和でのんきで、優しくて、ばかで。
一人残らずが幸せな街。

涙が出て来ました。

ダンボールの街、明日の5時でおしまいです。

次は大野桃代さん!!こちらも強力な作家さんです。
詳細は金曜日に!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ねえねえ

2007年02月26日 | Weblog
ぬいぬい、ネタが無いわけじゃないんだけどね。ちょっと聞いてくれる?
昨日、TRFのメンバーが、うち、ああ自宅の方ね、にレコーディングに来たの。
まだ、上の8畳、布団しまってなかったから、あわててすみに寄せたよ。
なんか、TRFは、どかんとみんなで車座に座って、体揺らせて歌っていたよ。
そしてね、私のジュースとか、どんどん飲むのね。
まあ、見た目が不良っぽいと思っていたけど、ほんとに不良なんだ、とぷんぷんしてました。

『僕TRF知らないし』
そうだね。ぬいぬい。私も、考えてみたら、メンバーの顔をろくすっぽ知らなかったよ。

つまらない夢の話しを聞いてくれたのは、ニヒル牛箱No21安心価格のコハタストアーのぬいぬい君です。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

イバラノツルヒコ

2007年02月24日 | Weblog
今日の納品は、知る人ぞ知る、イバラノツルヒコ様です。
ブログ『イバラノツルヒコの華麗なる生活』で人気のお方です。
作品はぬり絵・・。
ああ、ぬりてえ。
何ともぬりたい心をくすぐるこの絵!!
甘いもの食べたい心、ボタン押したい心、歌を歌いたい心、とがった物に触りたい心。
数ある心の中には、確実に、ドレスのひだをぬりたい心が隠れているはずです。
さあさあ、遠慮せずに、ぬって下さい。
そのふくらんだそでは、ピンクなんかいかがかしら。
ちなみにツルヒコさんのブログのアドレスはここです。
http://blog.goo.ne.jp/tsuruhiko/
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

犬!

2007年02月21日 | Weblog
ニヒル牛、犬達です。
比較的、動物では猫や鳥が人気のニヒル牛。
だけど犬達もちゃんといます。
なんか優しげな顔が、きゅんとします。
はい。そうです。
写真ぼやけています。
デジカメ忘れたのよ。
携帯で撮ったのよ。
だからあえて、どんなにがんばったって、本物の魅力は伝わらない写真で!!
こういうのをやけといいます。

白いモコモコのが、箱No58 No-Tech-Roomさん。
優しい柴犬が No199 YUKAWAさん。
おじさんの後ろにちょこんと乗っているのが No229 新井ワタルさん。
ちなみに、ニヒル牛の前の石屋さんの黒犬は、ポオといいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

か、かくていしんこく、か。

2007年02月20日 | Weblog
始まったみたいですね。
例の確定・・・。
昨日、絵本作家のたごもりさんが遊びに来てくれて。
「ところで、始めた例の?」
「いゃ、まだ封もきってないよ・・」
「私達、去年もまったく同じ話をしてたね」
・・はい。去年の日記に、まったく同じ会話がありました。
さて、ぼちぼち、なあ・・。

奈緒子さんのダンボールの街は秋です。
みんながマロンフェアに並んでいます。
眼科の患者さんがものもらいをうつして、眼帯の通行人が増えてしまいました。
いいなあ。
この街にはないんだろうなあ。
例の申告とか・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

戸越銀座

2007年02月18日 | Weblog
みなさんは知っているだろうか。『戸越銀座』
昔ながらのお店が集まった商店街なんだけど、そこに燦然と輝くのが『戸越銀次郎くん』
そう、戸越銀座の公式キャラクター!
デザイン・制作はなんと、ニヒル牛箱No118の犬山秋彦さん。
すごいなあ。
銀次郎、通称、銀ちゃんは、語尾に「ゴシ」とつけたりしています。

犬山さんは他にも、『PLANETS』という同人誌も出しています。
2号には、私が今、もっとも読みたかった木皿泉さん(脚本家)のインタビュー記事があったりして、
ちょっとした辞書の様な厚さで、まったくあなどれない充実した雑誌。
犬山さんは、他にも、ちょっとここでは書けないような突撃取材なんかもされています。
私もひえーーー、と読ませていただきました。
犬山さんたら、そんな事を!!
まったく眼が話せない、油断も隙も無い、犬山箱を要チェックっす。

ニヒル牛。ニヒル牛2共に、ちょっと男な所を紹介させていただきました。
ガーリックばかりじゃないのよ!ニヒル牛はっ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

男の子のたましい

2007年02月17日 | Weblog
何でもかんでも革で巻くのが好きで。
恐竜の模型を作りたくって、歯を一本一本磨いて。
細かい所は届かないから、彫刻刀から作って。
ニヒル牛2のバスケットの中は、なんだか・・。
「男の子の子供部屋みたいですね」
「はい。自分の欲しい物だけ作ってます」
ちゃんとした社会人のテケマークさん。
だけどあまりに揺るぎない、男の子魂。
やはり、男性のお客さんの心をぐっとつかんでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さい本

2007年02月14日 | Weblog
ニヒル牛箱No157、荒木伸子さんの箱に入った、小さな絵本、童話。
マッチ箱ぐらいの大きさで、内容はどれも違います。
布張りの表紙装幀も可愛いです。
なんかお人形に持たせたくなるよな。
荒木さんの乙女世界は、あいかわらずの完成度です。

さて、乙女世界・・。
そういうのとは、むしろ逆かもしれませぬが。聞きたい。
ダメージジーンズと、ただ破れたジーンズとは、そんなに違う物なのでしょうか。
なぜ若者がはくのはかっこよくて、3日前に43才を迎えた、体重少々オーバーの店番がはくと、新宿駅前で道に座っているような人を見る目で見られるのでしょうか。
私のはダメージジーンズじゃなくて、ただのだめなのでしょうか・・。
素敵な乙女世界の荒木さんの作品と共にこんな話し、ほんとに申し訳ないが。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ああ

2007年02月13日 | Weblog
いろいろ書きたい事もあったのだけれど。
最終バスまで後15分なので。
急いで!

ダンボールの街、夏を迎えました。
春には、喫茶『北極星』でイチゴフェアがあったり、みんなが桜に集まったりしていたのですが、夏は盆踊りの夜です。
花火が上がって、ダンボールの街の住人達は、みんな浴衣で過ごしています。
楽しそうです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加