ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

きらきら

2006年10月31日 | Weblog
ニヒル牛2にココマコムーンさんが納品。
そこに居た女の子(?)達は例外なく、うっとり。
本物のお嬢さんから、少しだけ年のいったお嬢さんまで。
女の子の名前が付く生き物ならきっと、みんなが好きです。
ああ、かわいい。
細かくみると、もっともっと可愛いんです。
指輪の先に小さな小さな指輪がついていたり。
サンタクロースはキャンディーにふちどられていたり。
似合わないかもと思いつつ、胸がこう、きゅんと。
美味しいお菓子とか、きれいな景色とか、そういう物を見る瞬間に似ているかも。
もしかしたら、恋とかにも!!

あくまで女の子風に決めてみました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2回目!!

2006年10月30日 | Weblog
いや、これはすごく私的な事なのですが、日誌アップしようとした瞬間に、パソコンがフリーズしました。てなわけで2回、同じ事書きます。ほほほ・・。とほほ。

熱海に行ってました。熱い海っす。
熱海って街はあれだね、いろんな事を間違えてるね。
まずは喫茶店のモーニング。夜7時までやっている店ありました。
「モーニングじゃないじゃない」と一緒に行ったくす美が、静かなつっこみを入れてました。
くす美につっこませるとは。熱海恐るべしです。
それと、気に入っている洋菓子屋で『モンブラン』て所があるのですが、ここで売っているモンブラン、どう見てもサバランなんです。
「店名にまでなってるのに!」こっちは私がつっこみました。ためしに前回は食べてみたのですが、このモンブラン100%サバランでした。
いつかきっちり言ってみようと思っています。「おたくの店はサバランです。もしくは、このサバラン、モンブランです」って。

ニヒル牛に来てみたら、可愛いのが納品されておりました。
このてんとう虫?背中のうそつきな色と、表情がとてもよいです。
箱No17の楽楽さん。
バッチになっているのだけれど、そのまま飾ったりしたくなります。
間違った名前とか、つけてあげたくなります。
「かたつむり」とか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

注射器をぐぐっとさして

2006年10月24日 | Weblog
「一雨ごとに寒くなりますね。」と。
私の血を抜きながら看護婦さんがおっしゃった言葉。
「あい」おびえて答えました。
ますます秋は深まります。
なので。
今日更新したカフェスケジュールにも書いたのだけれど、食いしん坊ニヒル牛は、11/17から11/23まで、カフェギャラリーでごちそう展をやってしまおうと思います。
そこで、美味しそうな作品をニヒル牛・ニヒル牛2の作家さん達から募集します。
例えば、もちろん食べ物を題材に使ったあれこれなのですが、独自の美味しいものガイドブックとか地図なんかも嬉しいです。
ごちそうなのだから当然、ニヒル牛2のあのイタリアンシェフ荒井さんも(17金・18土・19日)登場!!インドカレーの西川さんにも交渉したいなあと。その他いろいろたくらみ中です。
新しい事が決まり次第お知らせしていきます。

今日の作品はニヒル牛2で大人気の『まとこけし』ちゃん達。
特に、美味しそうなもの(?)を持った子だけ集めました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その上

2006年10月22日 | Weblog
箱No176の大野桃代さんからも納品が。
すげえなあ。
どういう事だよ。
この薄い膜をかぶせると、胎盤に入っているようにも、はじける前の種のようにも、そのままモヤのようにも見えます。
中の人形には、小さな羽が・・・。
くうっ!ちょっと憎い。
タイトルは『森の眠り』・・・。
憎いよ・・・桃代さんが憎い。
私をときめかせてどうしようというの。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そして

2006年10月22日 | Weblog
箱No156の神奈川綾子さん。
アリクイにこだわるアリクイ雑貨いろいろの作家さん。
「今日は人形です」と見せてもらったのがこれ。
なんかすごくかっこいい。
ついでに、黒ネコの人形もかっこいい。

ニヒル牛が面白いと言ってもらえるのは、ひたすら、作家さんに力があるからです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ニヒル牛の納品

2006年10月22日 | Weblog
ニヒル牛に二人の作家さんが納品。
どっちも、おもわず紹介したくなる作品なので!
今日はちょっと趣向を変えて、『今日の納品』です。

まずは箱No59のおセンチざかりさん。
アップリケのバックは、いつもどれも可愛いのだけれど、今回のロケットは、デザインの可愛さはもちろん、マチが入った大きさも、持ち手の虹色も、かなりかっこいいです。
男の子でも女の子でも。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

不思議の国でアリンス

2006年10月21日 | Weblog
モチメ作品が美しい事は分かっていた。
繊細な事も、圧倒的に技術がある事も。
だけど、ニヒル牛2に実際に行って、作品を見た時は、ショックなぐらいだった。
嬉しかった。
結局、感情を動かすのはこういう事なんだと。
不思議の国のアリスを、吉原という舞台で展開していく。
物語りを消化する力と、それを広げていく力。
日本的な巻絵の面白さ、花魁達と異形の物が交じりあった、荒唐無稽な世界の胸騒がせる面白さ。
何度見ても、繰り返し見る程に。

素晴らしいです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

なつかしい女の子

2006年10月18日 | Weblog
ニヒル牛2には、すごく素敵な人形作家さんが数名いらっしゃいます。
羊毛倉庫さん、守田明日香さん、そして、マツモトヒラコさん。

ヒラコさんのお人形達は、いつもちょっとやぶにらみです。
愛想笑いよりも、むんとした、こんな表情にやられます。
不機嫌そうな子供はかわいい。
うんと小さかった頃の妹や、この間1才になった友達の女の子。
なつかしい景色の中にいる友達は、こんな顔をしています。

このお人形、実物はほんとに小さいんです。
そして、この写真の数倍、いい顔をしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さわやか(万太郎)

2006年10月16日 | Weblog
毎日気持ちいい。ほんとに秋は好きです。
ただ、『さわやかー』と思ったり口にするたびに、心の中で小さく(万太郎)と付け加えてしまう自分がいます。
「きょうもさわやか(万太郎)だね」「少し窓開けようか、風がさわやか(万太郎)だから」
若いお嬢さん方は知らないでしょうが、『さわやか万太郎』というのは、とてもさわやかとは言えない、むしろ熱血という、書くだけでうんざりするよな文字が似合う、男漫画の巨匠『本宮ひろし』先生の漫画タイトルです。
そんなものをすりこまれてしまった、かわいそうな私のさわやか(万太郎)事情・・。
・・・先週からニヒル牛に復活の高水さんは、乙女界の住人。
『本宮ひろし』先生とは対極にいるような、作家さんです。
どこかうつろな眼が素敵。

さあもうしばらく、さわやか(万太郎)な日が続くといいです。
あっ、ニヒル牛カフェ情報とか、シナモンロール情報とか、今日はひさびさ店番日記も更新しました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋だから

2006年10月14日 | Weblog
柿・栗・いも・りんご、その他、季節の果物大量に入荷しました。
どれも虫入りだけど!!

さて。
本物の虫は、どちらかという苦手なんだけど。
果物から出てきたら「うがあああああああぁぁ」と動揺しまくるのだけれど。
銀河雑貨さんのこの子達は、もうねえ。
なんて可愛いのよ。
いもむし達はそのまますぱんと抜けます。
はあ、可愛いなあ。
ずっと品切れでしたが、ニヒル牛2にようやく入荷。
どれでも一つ1000円です。

あの、めずらしく写真がよい出来だと。・・・ね?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加