ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

かすみがかった

2006年03月27日 | Weblog
春は何となく、空気が濁っている気がします。
花粉とかもそうだけど、生と死の匂いが強いこの季節は、やはり特別な物に感じて、私は正直、得意ではありません。
去年の内藤さんニヒル牛店内展示の桜、いつの間にかスタッフ島田が取っておいて、木に咲かせていました。
真ん中にはむさしのさんの陶器の蝶。
ニヒル牛の春は微かにありました。
匂いも風も濃厚過ぎる春は、私にはこのぐらいがちょうどいい感じ。

だけど、春をモチーフにした作品は、妖しかったり美しかったりで好きです。
ニヒル牛2カフェで4月7日から4月12日『春るるるる展』をやろうと思っています。
春をテーマにした絵や写真、アクセサリーでもオブジェでも。
春が苦手な同士も参加求むです。
希望の方は4月5日3時までにニヒル牛2に直接作品をご持参下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝の石

2006年03月26日 | Weblog
ニヒル牛2の入って正面。突き当たりにあるガラスのドーム三つ。
その真ん中が、実は江戸時代のハエ取り器です。
そしてハエ取り器には、こんなに不思議で美しい、銀の作品が置かれています。
作者のうきさんはブログで、石を宝の石と書いていらっしゃるのだけれど、針のような金の線が入った水晶、苔が入った丸い水晶など、それはほんとに、神秘的な宝の石。
あわせられたリングも、りんとして、でもどこかに柔らかい線が残ってて、とてもきれいで、印象的な指輪です。

うきさんの作るアクセサリーは、石では無い物も、どれもが、すごくリリックです。
あまりアクセサリーはつけないのだけれど、光に透かしてみたり、ぽかんと見つめていたくなるようこんな作品なら、いつか自分にも欲しい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニヒル牛の

2006年03月21日 | Weblog
入り口近くの茶色いタワー。
そこの中にある小さな箱No203で、マイペースに作品を置き続けてるとづかかよこさん。
段ボールに描かれた絵や、瓶に入った小さな絵。
子供の頃、図書館で見ていた絵本を思います。
可愛い。そして懐かしいけど、ノスタルチックとは違う気がする。
優しくて、楽しい気持ちになります。
とづかさんの箱、とても小さな場所だけど、ちゃんと匂いがあります。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

幻の・・

2006年03月19日 | Weblog
食卓カルタをご存知ですか?
ニヒル牛開店当初に発表され、様々な人々を夢中にさせた、伝説の作品です。
食のプロが買いにいらした事もありました。様々な雑誌でも紹介されました。
完売して何年もたつのに、インターネットで検索してここにたどりついたのだと、若いカップルが購入に来たこともあります。
大げさでなく、私は数十人に、もう無いのだと伝え続けてきたものです。
今回のニヒル牛2ギャラリー展示は、その作者、島田文さんの食卓写真展です。
他人の家の、決して裕福でもかっこよくも無い食卓。
異様に餃子の日が多い。
納豆だけって、ほんとに晩ご飯なのか?
カレーの上に焼き肉か・・。美味しいだろうけどさあ。
どうして夫婦で、みそ汁の具が違うの?
見れば見るほどに、そこには物語があります。しかもしょうもない、物語が。

苦笑、爆笑、そして、虚無を感じるのは私だけでしょうか・・。
必見と言わせてください。
食卓クイズもあり。

それから!幻のカルタ!!!今回の展示を記念して、ほんの数点だけ復活。
なんと購入できます。   3000円
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

春るるる。ありくい?

2006年03月15日 | Weblog
はーい。日記に続いてブログも更新。はればれとした私。
申告の終わったーーーー。

さて、今回紹介するのは、ニヒル牛箱No156の神奈川綾子さん。
彼女はとにかく、何故か、『ありくい』ときどき『ナマケモノ』の作家さんです。
ありくいのポストカード、かばん、ぬいぐるみ、ノート、キーホルダー・・。
「なんでありくい?」「あ、なんでか・・」
「なんでナマケモノ?!」「あ、爪が・・」
多くは語りません。
ニヒル牛三角箱の一番上。ちょっと見づらい場所ですが、ぜひ見てみて下さい。
こんなに可愛い刺繍マスコットが、一個350円で売られたりしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かばん展

2006年03月10日 | Weblog
今週のニヒル牛2、かばん展やっています。
いろとりどりで可愛いのいろいろ。
値段も800円から一万円まで。
金・土・日はとねさんカレーを楽しみつつ、かばんや作品を見にいらして下さい。

さて、ニヒル牛2の作家さん方へお願い。
お客さんによく、もっとたくさん見たいと言われます。
作品どんどん納品にいらして下さいな。
全箱紹介は、通販と合体させた形で、3月中にはやっていこうと思っています。
通販はNGという形、お知らせ下さい。

すっかり春。今日は春の雨です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これじゃなあい!!

2006年03月06日 | Weblog
「当たったああ!!」「違あううう」
と、ニヒル牛を喚起と絶望のうずに巻き込んでいた、箱No207島村ファミリーさんのくじアート。
おしまれつつ、500個突破を記念に終了いたします・・。
そこで、くじアートがくじでないアートとなってさよならイベント。
全部300円均一で好きな物が購入出来ます!!今がチャンス。だけどちょっぴり寂しい。
ニヒル牛に「ちくしょおお」の声が聞こえないなんて・・。
島村ファミリーさん、また何か、お客さんを一喜一憂させる新しい企画考えて下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あべこべの・・

2006年03月05日 | Weblog
ニヒル牛箱No49ともさんの絵本「あべこべの日」はとても可愛い。
そしてこの作品には、物語の世界からそのまま飛び出たような人形があります。
これがすごくよく出来ていて、私が小さな女の子だったら、そろえて持ちたいです。
大好きだった絵本は、閉じた後にも長く、物語が続いていく様に思うのだけれど、頭の中に広がっていく物語の続きを、こんな人形はもっとわくわくさせてしれると思います。
あわせて見て欲しいなあと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にわとり印さん

2006年03月04日 | Weblog
大きな鳥がストンと!
今週のニヒル牛2展示はニワトリ印さん。
大きな緑の鳥親子がお出迎えです。
昨日から始まりました。
いろんな人が、楽しんでいって下さってます。
可愛くて、ひようひょうとして、だけどちょっと切なく残酷な「あるトリの半生」
見にいらして下さい。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

きゅううん

2006年03月01日 | Weblog
可愛い・・。すっかり女の子の気持ちで。
福士悦子さんはリスマニア。
さすがにリスを愛する気概が違います。
実物を見たら、きっとあなたも、きゅううんと。
ニヒル牛箱No40にお目見えです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加