ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

そして、海中美術班 2

2017年07月12日 | Weblog
『海中アパルトメント』が始まる前日。
ニヒル牛に一歩入って、驚きました。
そこに広がっていたのは、一面の青で。
天井を覆う魚群で。
珊瑚で岩で。
そして、ぎゅうぎゅうに作業する美術班で・・・・。

コヤヒロカは、とにかくすべてを覆わなければと考えました。
店内を、まったく違う印象にしなければ・・。
ただ布で覆うのではなく、色んな風にイメージが広がる、ドット模様の紺色の布。
それが、ニヒル牛を幻の海中に沈めてくれました。



「これ、すべて手描きなんですよ」
そう伝えたら、涙ぐんでしまった作家さんがいました。
「なんで、そんな事が出来るんだろう・・」って。

コヤヒロカの作品。ガリ版印刷の手ぬぐい、Tシャツ他。



6✳︎umiさんの造詣物は、静かです。
そして、本当に美しい。
これが中途班場な物だったら、途端に安っぽくなってしまう。
彼女の繊細で、どこか優しくおとぎ話みたいな小道具が、海をリアルにしていきます。



展示スペースの奥に、青が透ける岩があります。
綺麗だねと言ったら「布に石膏塗って、それから色つけて、くしゃくしゃ落として透けさせたんです」と。
作品を素敵に見せる、この棚も大好き。実物をぜひ。

6✳︎ummの作品 ネックレストップ、ピアス他。


kuqiさんは、淡々と言いました。
「魚、130匹くらいって言われたんだけど、それじゃ多分寂しいです」
ひゃくさんじゅっぴきって・・・。
結局、190匹の魚を縫い上げ「そんなに大変じゃなかったですよ」と、



きらきらと光る魚群は、こうしてニヒル牛を泳ぎました。
どこから見上げても絵になるには、やはり190匹必要だった。
昼間はちょっとした白昼夢みたいで、しんとする。

kuqi作品 刺繍のバッチ、ピアス他。


忘れてはならない音楽。
「これを聞くために、つい漂流しちゃっていました」とお客さん。
物音さんの作ってくれた海中音楽は、『海中アパルトメント』を一層深く、彩ってくれています。



『海中アパルトメント』7/27まで。
底なしの海で、お待ちしております。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そして、海中美術班 1 | トップ | 海中アパルトメント・作家紹... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL