ニヒル牛 石川あるの紹介日誌

『ニヒル牛』の店番石川あるの、作品紹介を中心にした日誌です。レンタルボックスと言われる事も多い昨今です。

ニヒル牛美術館 後編 その2

2017年03月11日 | Weblog
後編初日、盛況でした。
さてそんな中、ちょっと展示の配置を変えようと、ニヒル牛若スタッフ達が作業中。
すべての作品が引き立つように、試行錯誤は続きます。
よい作品ばかりだからね。

作家紹介その2です。

まずはなかめんさん。

長く愛して下さる方も多い旅パンダ。
モノクロな原画の線は、やはり美しいです。
綿密な風景は、夢の中にありそうで、なんだか嬉しい。

そして岸キエコさん。

目を奪われる存在感。
ざくざくと踏みしめた土みたいに、凍えた手の中の木の実みたいに。
なにより記憶に刻まれた、痛みや温かさの原点みたいな。

最後にコヤヒロカさん。

鮮やかなピンクが目を引きます。
ご存知の方には、青が印象深い作家ですが、こんな色を描くのかと。
凛として、静かに、ヒロカの世界は進化を続けています。

さて、これで今回の絵画展で紹介する作家さんはすべてです。
前編の方のも含めて12人。
もし、気になる作品がありましたらお問い合わせください。
宝物になる絵を一枚、いかがですか?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加