今日の一枚 FZシリーズ情報集積所

Panasonic FZ20/FZ30/FZ50/LX2/G1/GF1で撮影した写真を掲載中
by nighthead

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FZ50情報 FZ30からどこがどう変わったのか? PANASONIC DMC-FZ50

2006年07月19日 |  ∟FZ50情報
ついにFZ50の全貌が明らかになりました。PanasonicGlobalに詳細スペックサンプルが出ています。DPREVIEWにもレビューが公開されました。取説(英語版)のダウンロードも可能です(ダウンロード方法はこちら)。

【FZ30から変わった点(オフィシャルサイトの記載より)】
(ページ数の記載のある記述は取説からの情報です)
画素数
1/1.8型10.1メガピクセル(10.4MP)原色フィルター←1・1.8型8Mピクセル(8.3MP)原色フィルター

EX光学ズーム
10M・・・12倍(35-420mm)
8M・・・13.4倍(35-469mm)←12倍(35-420mm)
5M・・・17.1倍(35-598mm)←15.3倍(35-535mm)
3M・・・21.4倍(35-749mm)←19.1倍(35-669mm)

高感度に対応
フル解像度でISO100-1600まで対応
高感度モードでISO3200に対応(画素混合)
ISO80は廃止

新機能 IIC(Intelligent ISO Control)
被写体の動きに合わせて、自動的に最適なISO感度を選ぶ機能のようです。被写体が動かない場合、低ISO感度で手ブレ補正を中心にブレを防ぎ(画質が悪くならない)、被写体が動く時、その動きに応じて自動的に最適なISO感度とシャッタースピードを上げて被写体ブレをも防ぐ(最高ISO800まで上がる。フラッシュ使用時はISO400まで)。→もっと詳しく

IICはメニューのISO感度設定のところで行う。メニュー構成は以下の通り(P86-87)。
AUTO
IIC
100
200
400
800
1600

ISO3200はシーンモードとして提供される。

新画像処理エンジン ビーナスエンジンⅢ
フル解像度でISO1600までサポート・・・色ノイズと輝度ノイズを別々に分析し、それぞれを効果的に除去し、ノイズを軽減する。倍率色収差補正も行われる。
ISO400時のノイズレベルを輝度ノイズを37.8%に、色ノイズを15.3%に低減
レスポンスの向上・・・撮影間隔0.8秒、シャッタータイムラグ(AF時間を含まず)0.008秒、起動0.7秒
バッテリー寿命の向上・・・360枚(CIPA規格)←280枚

FUNCTION ファンクションボタン
よく使うメニューへのショートカットで、「記録画像形式」「画像サイズ」「測光モード」「AFエリア」「ホワイトバランス」「ISO感度」を簡単にセットできる。

CUSTOM カスタム設定モード
よく使う撮影条件を登録しておけるモードで、いつでも簡単に呼び出せる。全部で3つの設定を記憶させることが出来ます(P64)。

Focus/AE Lock
ボタンを押した時点の露出とピントをロックする機能です。AF時もMF時もフォーカスをロックすることが出来ます。MF時にうっかりフォーカスリングに触ってしまいピントがずれてしまうのを防ぐことが出来ます。


フリーアングル液晶
水平垂直それぞれに180度回転可能。2インチ20.7万画素はFZ30の23.5万画素より画素数が落ちています。EVFは従来どおり、0.44インチ23.5万画素。LCDの可動範囲が広がったことにより、縦構図のローアングルやハイアングル撮影が可能になった。→可動範囲がよくわかるビデオ映像

パワーLCD(液晶)
晴れた屋外などで液晶が見難い時にEVF/LCDボタンを長押しすると液晶画面が通常の1.4倍明るくなる。

TTL調光可能な外部フラッシュ
GN50、GN36の外部フラッシュが、TTL調光可能になりました。

2軸ホワイトバランス調整
A-B/M-G微調整
メニュー画面に表示されたアンバーからブルー、マゼンタからグリーンのグラフを見ながら、十字キーの操作で微妙な色調を調整できます。→より詳しく(L1の説明)

新ガイドライン表示
2種類のガイドラインが用意され、なおかつ他の撮影情報と同時表示が可能になりました。

シーンモード
シーンモードの登録はこれまでの2つから1つに減り、代わりにカスタムモードが用意されました。
シーンモードはこれまでの14種類(ポートレート/スポーツ/料理/風景/夜景/夜景ポートレート/赤ちゃん/美肌/キャンドル/パーティー/花火/雪/星空/流し撮り)に加えて、(赤ちゃん1/赤ちゃん2/空撮/高感度)が追加されました。
シーンモードの高感度はISO3200固定のようですが、画素混合により実現されているため解像度が下がります。シーンモードの高感度以外の場合は、メニューのISO感度設定のところで設定し、フル解像度でISO1600まで設定できます。

16:9ワイドサイズの動画
848 x 480 30fps の動画撮影が可能になりました。画素混合技術が使われているため、明るい動画が撮れます。動画撮影中のズームも従来どおり可能です。C-AF時はAFも追従します。MFも可能です。露出、ホワイトバランスも追従します。

連写性能はダウン
10Mに画素数がアップした結果、連写性能は落ちました。
従来の高速連写秒間3コマ5連写(ファイン)/9連写(スタンダード)から、秒間2コマ3連写(ファイン)/5コマ(スタンダード)になりました。記録画素数を下げても、連写スピードはアップしないようです。低速連写は秒間1コマ(P56)。

高速連写時はピントと露出とホワイトバランスは従来どおり1コマ目で固定されますが、低速連写時は露出とホワイトバランスは1コマごとに測定されます(P56)。

露出補正がコマンドダイヤルでも可能に
メニューでダイレクト露出補正を選ぶと、コマンドダイヤルで露出補正が可能になります。フロントダイヤルに割り当てるかリアダイヤルに割り当てるかも選択できます。従来通り、上向きボタンを押してから左右ボタンを押す方法も選択可能です。(P54)


ワールドタイム
プリセットされた32の時間帯(地域)を世界地図から選ぶだけで、旅先の時間を設定可能。撮影する現地の時間でデータを記録できます。

トラベル日付
旅の出発日を設定して撮影すれば、再生時に何日目に撮影した画像かわかります。後で「この写真はどこ?」と思ったら日程で確認できるなど、旅の記録として役立ちます。

RAW現像ソフトSILKYPIX2.0SEの付属
SILKYPIXのSE版がバンドルされます。FZ50専用ということですが、FZ30や他のパナソニックのRAWも現像可能かどうかは現時点では不明。

新オプション
FL360、FL500・・・TTL調光可能な外部フラッシュ
DMW-RSL1・・・リモートシャッター(従来のDMW-RS1が使えるかどうかは現時点では不明)
DMW-SDP1・・・FZ50で撮影した写真をハイビジョンの解像度でテレビに表示させる機器

SDカードに記録できる枚数
4:3で1GBの場合
FZ50(10M)・・・195(ファイン)、380(スタンダード)、42(RAW)
FZ30(8M)・・・240(ファイン)、480(スタンダード)、54(RAW)


新SDカード規格  SDHC card に対応

以上。
『デジタルカメラ』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都 三室戸寺のあじさい ... | トップ | 雨の神戸 その1 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
う~ん (もも)
2006-07-22 17:34:12
たいした変更がないのですね。外観すらかわらないのは、ちょっとがっかりです。

一眼レフのほうに力いれすぎたのかなぁ

FZ50にまったく力いれてないってのがよくわかりますなぁ

FZ60に期待します。
Unknown (nighthead)
2006-07-23 23:01:53
ももさん、こんばんは。



外観が変わらないのは、むしろ感慨なんですけどね。買い換えたことがばれないから(笑)



僕は機能の向上や、細かい部分の改善は大変評価しているのですが、低感度の画質が悪くなったと感じているのでがっかりしています。そのうち、もっとたくさんのサンプルが出てくるでしょうから、それを見てからどうするか考えるつもりです。

微妙ですね (つーさん)
2006-08-06 00:21:40
買い換えるだけの魅力があるかは微妙ですね。

画素数よりもファンクションキーとかの機能に魅力を感じますが、ストロボなんかも買い換えないといけないのでしょうか。そうするとかなりの出費になります。FZ30は下取り値がそんなに期待できませんし。

確かに内緒で買い換えてもばれないでしょう。そこはとっても魅力。

で、悩んでしまっているわけです。

L1も悩ましいですが、FZ30・FZ50の光学12倍はやっぱり捨てられません。「どうにかしてー」というところですね。

Unknown (nighthead)
2006-08-07 19:23:05
つーさん、コメントありがとうございます。



ストロボは、TTL調光可能なものとしては新しく買う必要があると思いますが、従来どおりの使い方なら従来の外付けフラッシュがそのまま使えると思います。日中シンクロなどをしなければ、従来どおりのもので十分だと思います。



画質などまだよくわからない点もあるので、ユーザーのサンプルをご覧になってからでも十分だと思います。IICや高感度にどこまで魅力を感じるかでしょうね。



考えます (年寄り人)
2006-08-09 22:56:16
 一眼レフが好きでない私は、発売したらすぐ買いに走る予定でした。(今まではそうしていた)

 でも皆様のコメントと私の使い方から少し考えが変わりました。FZ30が有るので、皆様のコメントを参考にさせて頂き、購入を検討することにしました。

次の次FZ60までは待てないが、でもノイズの低減は興味が有ります。
Unknown (うったこ)
2006-08-16 09:14:52
>たいした変更がないのですね



価格コムとかでもマイナーチェンジとか書かれている方がいますが、何がどう変われば「フルモデルチェンジ」なのでしょうか。



エンジン、CCDが変わり(CCDが変わったのならおそらくレンズも設計変更が入っているでしょう)、画の傾向もノイズを積極的に落とす方向に変わっています。同じなのは筐体だけで、中身はまったく別物になっていると私には思えるのですが。



因みに私は既に予約済みです。

Unknown (nighthead)
2006-08-18 22:09:35
うったこさん、こんばんは。



新機種に何を期待しているかによって、評価が変わるんでしょうね。それと、既存ユーザーが買い換える価値があるかどうかという目で見るのと、新しくFZシリーズを買おうかという人とでも評価は違うでしょうね。



僕自身は不満な点もありますが、細かい点を確実に改良してくれているので喜んでいます。ただ、レンズは同じものだと思います。画素数は変わってもCCDのサイズは変わっていないので、レンズは同じでも大丈夫ですから。



サンプルも増えてきて、画質もだいたいわかってきましたが、当初出ていたサンプルのように輪郭が滲むことも無くなり、いい感じだと思っています。



うったこさんもご予約なさって、発売日を心待ちになさっていることと思います。
Unknown (うったこ)
2006-08-19 09:08:29
nightheadさん、



>何を期待しているかによって、評価が変わるんでしょうね



確かにそうですね。おっしゃる通りです。

でもISO400の画がA4プリントアウトで劇的に変わっていますので買い換える価値はあると思います。

IICもある程度は効きますし。

ISO1600まで使える画なら本当に効果があったのに、ちょっと残念です。これはVENUS4に期待です。



レンズですが、確証はありませんんが多分設計変更入っていますよ。CCDの大きさは同じでも解像度が変わっていますから。高解像度になった分、光学解像度も上げないと意味ないですから。

Unknown (うったこ)
2006-08-26 09:09:54
nightheadさんの言われる通り、レンズはFZ30と同じで、光学LPFが変わっただけのようです。

あのレンズは歪曲収差が結構あったのでちょっと残念です。

コメントを投稿

 ∟FZ50情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事