For Crying Out Loud By ギタリスト竹田和夫

ロスアンジェルス在住のギタリスト 竹田和夫
何でも書いちゃいます。For Crying Out Loud !

最初に買ったレコード

2017年01月18日 | Weblog

最近 FBで目にするのが自分がTeenagerの頃に出会った音楽、好きだった、良く聞いていたレコード、というのがありました。

FB(フェイスブック)というのは個人的には告知宣伝に使っています。 こちらのブログはもっとプライベートな感じでなんでも書いて来ています。 

というわけでこっちに自分が初めて買ったレコードとか、あるいは自分の家に初めて音楽が鳴ったときの音とか、ちょっとそこらあたりを思い出してトップ10じゃないけど、一体どんなものを聞いていたのか、あるいは聞かされていたのか、(笑)という話をしてみます。 まずは写真どんどん上げていきましょう。

1.シルヴィー・ヴァルタン アイドルを探せ!

小学校6年生の時でした。 330円だったかなあ、、

 生まれて始めて自分のお金でレコード買ったのがこれでした。 

そして 家にプレイヤーがやってきて一緒にこのシングル盤も姉が買ってきた。

2,悲しき雨音   カスケーズ

家で鳴った記念すべき音、の第一号でした。 一家揃って大好きな曲になりました。 これは小学校4年か5年、、のことでした。

次の2枚もその時かそのやや後でした。

 

3,ホワット アイセイ  レイチャールズ

 

これはA面もB面も同じ曲でして ひっくり返すと例のあーーーああ、ううーーん、という掛け合いのところからB面が始まりました。 これは衝撃的な音楽でした。 10歳の子供の僕の耳にはなんかいやらしい、というか、聴いてはいけない大人の世界が見え隠れする、非常に驚きました。 原体験ですね、

4,頬にかかる涙  ボビー・ソロ

この曲はカタカナをふって覚えました。 イタリア語ですね。 これを遠足のバスの中でマイクを握りっぱなしで歌いまくりましたね。 後になって女子生徒が覚えていてくれて、良かったとか、そういう話になって、え?っと意外な驚きを下記憶もあります。 

5,ここまでは小学生の頃の話で、その後、アニマルズ、ビートルズ、ストーンズ、キンクスなどのシングル盤を中学一年生のころに数枚買うわけです。 

 

で、初めてLPレコードなるものを手に入れたのが中学2年だったか、、結構遅かったです。 高かったんですね。それが、、

 

6、 Ventures In Japan ヴェンチャーズ

この有名な一枚に出会って自分でもギターを弾き始めるわけです。 最初はギターではなくドラムを練習していたのですが、なぜかギターなっちゃいました。

凄いバンド、凄いレコード、かっこよい音でしたね。 ノーキーさん最高でした。 ハード&ワイルド、それでいてテクニカルだったですもね。 まあ、今だとそう表現出来るのですが、当時はうわーーーおお  ですね。


7,Five Live Yard Birds ヤードバーズ

実はヴェンチャーズ インジャパンは実は自分で買ったのではなく、同級生から借りていたんだったと思います。 そしてついに自分で買ったのがこのヤードバーズのLPでした。 

恥ずかしながらライブという文字を頼りにVentures In Japnのようなものかと思って買ったんじゃなかったかな、、とんでもな話ですが、、

脱線しますが、似たような話で中3から高1の頃になってBluesに少し目覚めてBlues という文字があればそれだけでレコード買ったことがあってそれが Wes MontgomeryのSo Much GuitarというLPでした。 

中にTwisted Bluesというタイトルの曲が有ったんですね、 きっとGin House Bluesか、ストーンズのGoing Homeのようなものに違いないと、買ったんですね。 当時は試聴出来るものと出来ないものが有ったのです。 外盤で封が切れないものは試聴不可だったわけです。 お陰でWESのレコードでは今現在でもこのSo Much GuitarとFull Houseが一番好きですね。 まあ、他も物凄く良いんですけど、(笑)


8,悪魔とモーリー  ミッチーライダーとデトロイトホイールズ

これはどこかのジュークボックスで最高かっこいいギターとドラムが聞こえてきて、買いましたね。 覚えているのは当時好きなギタリストのランキングとか子供心につけたことがあって、中学生ですよ、笑いっこなしで、(笑) 一位はノーキーさんで この悪魔とモーリーが2位だったかな、ギタリストの名前すらわからないわけですからね。 たしか、デトロイトホイールズのギターの人、とか書いたんじゃなかったかな。(笑)  その後 Cactusというバンドで弾いていたJim McCartyがギターと後に判明。

9,セロニアス・モンク

何故か僕が小学生の頃の東京では(日本中かな)Jazzがものすごく流行っていまして このモンクの4曲入りコンパクト盤がありました。 姉が持ってきたんですね。当時姉はみゆき族でしたのでダンモ聴いてたんですね。まあ、聴いていたフリでもしていたのかな、、(笑) それほど流行したんですね。今じゃ考えられないなあ、、。

10,ジ・イン・クラウド ラムゼイ・ルイス

これも同じような理由で家にあったレコードの一枚でした。凄く好きなサウンドでしたね。

それ以外には ジーン・ビンセントが2枚、セイママとビバッパルーラ、裕也さんのヤング・ワンも有ったかな。 レッドリバーロックのギターも良かったし、歌謡曲は少なかったな、覚えているのは骨まで愛して、だけかもですね。

そんな感じの少年だったわけです。 

1964年ー1967年頃の雰囲気でした。

続きの話はまた機会があったら書きます。

皆さん 素敵な一週間をお過ごしください。 

Have a great day.

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。

2017年01月01日 | Weblog

日本に遅れること17時間、先程ここLAも新年になりました。

近所で花火の音がパンパン、と、 TVは7chが恒例のロックNew Year タイムズスクエアからの中継、 まあ寒いのに沢山の人がいます。

2017年は昨年同様素晴らしい年になる予感がします。 皆様方の健康と繁栄をお祈りして新年の挨拶とさせていただきます。

そして願わくば世界中が平和で希望に満ちた素晴らしい2017年になりますように。

今年もよろしくお願いいたします。

Yours Truly Kazuo Takeda

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Merry Christmas and Happy Holidays

2016年12月24日 | Weblog

素敵な年末をお過ごしください。

Merry Christmas From Yours Truly

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウエブサイトをアップデイトしました。

2016年12月24日 | Weblog

http://eliotnescafe.wixsite.com/creation-web

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事LAにもどりました。

2016年12月20日 | Weblog

いつもの便で羽田からLAに、

映画3本見終わって ややもしたら 着きました。

今回はイミグレも早く通過、荷物も素早く出てきました。

 

温かい南カリフォルニアなんだけど、LAはそれでも寒いです。 

東京は  ううううう、、さっむいいい という感じ

LAは 薄ら寒いなあ、、という感じ、、かな。

サンタアナウインドという強い風がこの季節吹きますね。

皆さん暖かく年末をお過ごしください。

ではまた KT

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の日本ツアー無事終了しました。

2016年12月16日 | Weblog

10月22日から始まった2016年の秋の日本ツアー、無事すべての日程を終了しました。

いつも沢山のお客さんに来ていただき、どの会場も最高の盛り上がりとなりました。  これもひとえに皆様の音楽を愛する気持ちとそして暖かい応援のおかげと心から感謝しております。 ありがとうございました。

そして関係者とスタッフの皆様には多大な協力とヘルプをしてもらいました。 お陰様にて無事に大成功のツアーとなりました。

これでLAに戻りますが来年も割りとすぐに春のツアーが始まります。 また皆様にお会い出来るのが楽しみです。

気候変動の所為なのか、なかなかハードな寒さの日本ですが、皆さまも身体はStay Warmで そしてハートはStay Coolで粋に日本の冬をのりきってください。

また お会いしましょう!

Again, Thank you so much everyone for your help. Without it I couldn't make it. 

See you soon and Have a great Holidays.  

Yours Truly   Kazuo Takeda

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ツアーファイナル無事終了!

2016年12月13日 | Weblog
2016.12.11 The Final Show of this Autumn JPN Tour 2016
Hitachinaka City Ibaraki Pref.

2016年秋の日本ツアーも昨日のひたちなか市のストーミー・マンデイを持ちまして、無事すべての日程を終了しました。 お陰様にて今回も最高の旅が出来ました。 

音楽もGreatなプレイヤーの皆に支えられて最高の時を過ごせました。 いらっしゃってくれたお客様、皆さん、本当にありがとうございました。

しかし、、秋のツアーと書いていて、、秋と言うには寒すぎる、冬ですね、、などと思っています。                  
東京の12月、こんなに寒かったですか?(笑)  
明後日の水曜日にはツアー打ち上げを西荻のTerraでやります。 
恒例です。  See you out there.♬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.12.9 Motion Blue

2016年12月10日 | Weblog

昨日の9日金曜日は横浜のMotion Blueというお店で友人のギタリスト 大森隆志氏の還暦誕生日ライブにゲスト出演してきました。 

同じく友人の和田静男氏もゲストで参加して大森くんの還暦を祝いました。 ブルーズをルーツに持つ同じ世代のプレイヤーどうし、文字とおり泣きのブルーズギターが横浜の夜に似合っていました。 お二人のギタープレイ ほんと、最高でしたよ。

久しぶりに昔のバンドメイトのサックスの包国充との再会も果たし 有意義で楽しい一日となりました。

カネ(包国)とは何と言っても 暗闇のレオ時代の思い出がいっぱいあります。 その後の彼の活躍は皆さんの知ってのとおりですが、素晴らしいプレイをこの夜も聞かせてくれていました。

音楽のもつ不思議な力とそれによるミュージシャンの結びつきということを改めて感じた素敵な夜でした。

さあ、今日は蒲田のCat Fishです。

東京を代表するルーツ・ミュージックのお店になっていくと思われる新しいお店でのギグです。 お待ちしていますよ。

See you out there!! 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

その後の4本のギグ、、

2016年12月07日 | Weblog

12月の2日、3日、4日と1日に続いて4連チャンのライブ、そして昨日6日が四谷でのライブ、、

12月は結構タイトなスケジュールです。

 

 

楽しいライブなので毎回エンジョイしています。

今週末は金曜日に横浜で友人のギタリスト大森隆志氏の誕生日ライブにゲスト出演します。

そして土曜が蒲田にあるCatfishというBlues Clubでのライブ、、11日の日曜日は今回のツアー最後のライブとしてひたちなか市のストーミー・マンデイでプレイします。

それで今年の日本ツアーは終了です。 水曜日14日には仲間皆で集まってWrap Up Party つまりツアー打ち上げのパーテイライブがあります。 恒例ですね。 西荻窪のTerraで行われます。  何処かで今年最後に会えるといいですね。

ではSee You Soon!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.12.1川崎Powers2

2016年12月02日 | Weblog

OAには旧友バンドメイトの野地義行率いるBlues Creation、リーダーの野地義行も新加入のギターの松本恒男も流石でした。

激動の70年代を走り抜けた男たちのFeelingたっぷりの音が、とても素敵な空間を作り出していました。 まっちゃんのギターソロも熱かった。

僕の方は久しぶりのマサユキと優二のコンビで曲目も少し変えてFunkやレゲなどもまぜてプレイしました。

楽しく出来ました。 

最後の写真はアンコールで皆で一緒にSlow Bluesをプレイしたときのものです。

皆さんありがとう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Live In Sapporo 冬の北海道は寒かった、、の巻。

2016年11月30日 | Weblog

先週末は北海道の札幌でのライブ3Nights

記録的な雪が降った東京、一日明けて札幌へ、北海道は寒かった、、、。 雪も降ってたし。

女性ギタリスト、TomokoとのDuoが2Days,そして最後はバンドでのライブ。 すべていい感じに終了しました。 

彼女はもともとサーフ・ロックをプレイするギタリスト、今回はチャーリー・パーカーやレスポール、チェットアトキンス、などなど、BopやスタンダードをDuoでプレイ。 

僕はAll Styleなルーツ・ミュージックをプレイするギタリストを心がけて久しいですが、このDuoはまさにSurf Jazzですね。 

実は僕の前作のCD,Julietteは当初Surf Jazzというタイトルにしようと思っていました。 そう、無謀にもついに自らのジャンルを開発しようとの試みですね。 

すでに有る音楽のジャンルに分類されて閉じ込められるのは窮屈ですもね。笑。


そんなこんなでライブは大成功、盛り上がりました。♬沢山のお客さんが来てくれて音もよく、いい感じでした。 北海道ならではの美味しいものも食べれました。

空から見る幻想的な富士山と関東平野、結構良い写真も撮れました。


明後日からは 川崎Powers 2、 クロコダイルでGuest参加、町田のCropに豊田のバンボラとFour Nights In A Raw,4連チャンでライブです。

今回の秋の日本ツアーも残すとこあとわずかです。

皆さん 是非何処かでお会いしましょう。♬

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016.11.23 横浜Dolphy

2016年11月24日 | Weblog

横浜の野毛にあるDolphyでの昨日のライブ、とても盛り上がって終了しました。

 


昨日はパッサン相良宗男Drums&Hiro小川Bassのリズムセクションでパワーフルな演奏でした。


一夜明けて今朝は雪が積もってました。

この時期に東京で雪が積もるのはとても珍しいこととTVでも言ってました。 とても寒いですね。

皆さんも暖かく過ごして下さい。 状況が許す人はStay Homeで、音楽を聴く日ですね。♬

僕は明日からの極寒の北海道ツアーの準備です。 寒いらしいです、、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.11.20 上諏訪ダイダイ

2016年11月21日 | Weblog

長野県の上諏訪 諏訪湖の近くです。 ここにダイダイというお店があります。

ブルーズと焼き鳥というコンビネーションがユニークなお店です。

昨日はこのダイダイでのライブ とても楽しく乗りのりの演奏が出来ました。

いらっしゃってくれた皆さんありがとう。 そしてお店のオーナーとスタッフの皆さん、

美味しいご飯も素敵なホスピタリテイもありがとう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

番外編 日本語のアクセントがどんどん変わっていく、、の巻。

2016年11月19日 | Weblog

前回の話題でコーラスペダルを使ってちょっとひと味加える、料理のシーズニングの最後のととのえ、、みたいな話を書きました。 そして和製英語に関しても少し書き出して、続きがここになるわけです。

長文注意です。

話をこの苦笑する和製英語、困った和製英語に戻すと、、これは今の時代沢山ありますね。 最近だと、このテイストとかコミットメント、コミットするとかいうのも結構怪しいですよね。  カミングアウトとかアバウトとかは死語になってくれてよかったけど、、。

 コンテンツとかコンプライアンスとかリテラシー、ダイヴァーシテイ、とか 好きですね、、皆さん、、(笑) 僕はレジェンドって単語の安売りが大っ嫌いです、なぜか(笑)、、。

英語を多少以上は理解できているであろう政治家や文化人(?)というたぐいの人たちが、おかしいのを知っていて、また日本語の一部として、沢山和製英語を和製英語として使いますから、どんどん日本独自のスタイルになっていきます。 

まあ、こういった話はもう随分前から修正不可能なので、長い物には巻かれまくっていますが、(僕も年を取ったのですね、、、(笑&泣)、、

ただ、注意していないと新語ですから本来の意味と違う意味を新たにもつ場合が多いので、英語を日常言語として見聞きして使用しているアメリカでの生活のあとに日本に戻ってくるとたまに順応に失敗します(笑) 本来この部分は結構上手くて、カメレオンタケダなんですけど、、。

それと同じように日本語のアクセント、メロデイも変わってきましたね。

若者言葉、若者のイントネーションの影響で日本語のアクセントが非常にストレンジに変化してきてとんでもないものになってきていると思います。 基本的に北のアクセントの影響では無いかと思いますが。

電車の車内放送の駅名にまでついにその影響がでてきて、ここ数ヶ月でショックのあまり頭がくらっと来たのは、 高円寺の発音です。

本来 ギターで言うと4弦から6弦に向かって G↓C↓G コーエンジ コーにアクセントが来る、まあ、だいたいこんなメロデイです。 ところが、こないだ聞いた車内放送は、、

Gb↑GGG  GbからGまではスライドしながらアップ、、 こおえんじい とエンにアクセント来ていました。 

デパートとは言わずに百貨店と言い出して久しいですが、これも凄い発音になっちゃいました、、NHKのアナウンサーまで。

百貨店のアクセントは カ にあります。 ひゃっ カ テン です。誰がなんと言っても。、、、、 それがカのアクセントが無くなって平坦になってどちらかと言うと ひゃっか テン のテンに来ちゃいました。 どうしましょう、、、

ついにここまで来ました。 悲しいですね。  

勿論LAの日系移民のお年寄りの日本語も違う意味ですごいものがあって、

<今日はトラフィックやさかい、はよこうてもどろ、プライシイーやけど、はうめにーかうばってん? > 実際僕が某日系スーパーで耳にした会話です。 このプライシイとトラフィックは日系人の2大よく使う日本語に混ぜる英単語の代表ですね。まあ、あとは収容所巻も驚きましたが、スパムロールと日本では言うようですね。

というわけで、逆に僕の話す日本語が気を許すと今の東京の人にはわかりにくくなる部分も出てくるので、日本に戻るときは努めてきれいな日本語を話そうとしています。 

普段は当たり前の様にそうしている英単語混ぜスタイルをやめる、つまり英単語をなるべく混ぜない、とか、発音でも日本では引かれてしまうであろう発音は努めて和製英語発音に変えてから口にする様にする。 

などなど結構実は気をつかているんです。(笑) それでもよくファーストフードの店などではコミュニケイション問題を起こします(笑)  ついメーヨとかパーメジャンと言ってしまうので これは粉チーズ下さい。の様にカタカナ自体をやめます。

結果、数年前に吉祥寺でこういう体験をしました。友人の間では有名な話です。

客引きの見るからにいかがわしいアジア人に声をかけられました、 中国人でしょうか、、いわく、

<いいお店よ、やすいよ、はいりな、、、>まあ、こんな感じだったかな、、 僕は言いました、

< ここはどういうお店なのですか? おいくらで何をするところですか?>

中国人、、、、僕の質問には答えず、、、こういった、、、

< アナタ ニッポンチン ナイネ、、>

なんと僕の日本語が綺麗すぎて 外国人が日本語学校で習った日本語と思ってしまったというエピソードです。 

つまり今や普通のあたりまえの標準語を話す日本人は絶滅しかけていて そういう言葉は日本語学校で日本語を学ぶ初心者の外国人たちだけによって辛くも残っている、、という状態なのですね。

しかし、言葉は生き物で伝染るのでLAにもどるときにはいつもかなり現代の日本語(短縮形が異常に多い、、ニコリキとか、笑)になっているので これは多少しょうがないですね、、(笑)

まあ、しかし、僕なんかはこうしてブログに書いていれば多少はスカッとしますが、これが本職の学校の国語の先生とかだとさぞ辛いんでしょうね。 娘に今度聞いてみようかな。

先生方、皆さんがんばってくださいね!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016.11.17 神保町 楽屋

2016年11月19日 | Weblog

友人のギタリストが店長をつとめる楽屋というお店があらたに神保町にオープンしました。 その楽屋でのライブが17日にありました。

とても良い感じに2セットのステージを盛り上がって終了しました。 この夜は久しぶりにコーラスペダルを使ってみました。

先日のクロコダイルでJohnnyが持っていたArionというメーカーのコーラスペダル、彼のものはモディファイしてあってオリジナル機独特のVolumeの過剰な変化とスイッチが改造されていてなかなか良い感じに見えました。

僕も同じものを一個持っているのでさっそく友人のクラフトマンに連絡、この夜同じような改造バージョンのそれを入手して使ってみました。 なかなか品のよい、つまりハイグレードな音に改良されていて良かったです。 曲によって良い感じに少しだけ味を加えます。

料理で言うシーズニングですね。 

まあ、そんなコーラスペダルも使用して楽しいライブができた夜でした。

お客さん、お店のフタッフのかたがた、皆さんありがとう!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加