For Crying Out Loud By ギタリスト竹田和夫

ロスアンジェルス在住のギタリスト 竹田和夫
何でも書いちゃいます。For Crying Out Loud !

2017.4.23.CREATION

2017年04月29日 | Weblog

アップが少し遅れましたが クロコダイルのCREATIONの写真です。

先週の日曜日の夜、大成功で終了しました。 新曲もうまくプレイできたし、PAのサウンドも極上でした。 

バンドの音も大変よくまとまっていて CREATIONでのプレイは本当に楽しいです。 秋には地方の皆さんともまたCREATIONでお会いしたいものです。

今日は山中湖からの移動日で東京に戻ってきました。こちらの方も大変素晴らしいできの録音ができました。 食事も最高に美味しかったし、桜もきれいでした。

明後日は横浜のDolphyです。 日本はゴールデンウイークですね。  皆さん お会いしましょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.4.17.18.19 山中湖サウンドビレッジで録音

2017年04月20日 | Weblog
2017.4.17.18.19 Recording Session at Sound Village StudioLake Yamanaka.  山中湖サウンドヴィレッジ スタジオで3Daysの録音でした。 僕ProduceするFemale Guitar Player Tomokoの新作CD、オリジナル6曲斬新なアレンジのカヴァー曲5曲の11曲 まずはベーシックトラックの録音を終了、来週からオーバーダブです。 

音がとても良い、ドラムもベースも最高、、 そして、、ギター、とてもとても良い音で録れてます。♬
こんなに良い音のするギター録音って僕は何年も聞いていなかったような気すらしてきました。 気持ち良いです♬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.4.15&16 秩父ラコシーナ&横浜ストーミー・マンデイ

2017年04月17日 | Weblog

秩父のラコシーナでのライヴ

そして今日はストーミーマンデイ 

両日ともに楽しく演奏できました。

いらっしゃってくれた皆様 盛り上げてくれてありがとう。 とても楽しかったです。

明日から3Days 山中湖でのレコーデイング、そして週末はCREATIONのライブがクロコダイルであります。

Have A Great Day!

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋 京都 大阪 の旅

2017年04月10日 | Weblog

先週の金曜、土曜、日曜と3連ちゃんで名古屋と関西の旅に行ってきました。

4月7日の金曜日は東京から一緒に行って、ヒロ小川と米元美彦のリズムセクションとのプレイ、あくる朝彼らとスプリットして僕は単独で京都まで、 そこで関西のリズムセクション 大森繁彦Bassと高阪照雄Drumsと合流して2Nightsのライヴをやりました。

名古屋はとても良い音で楽しくプレイできました。 お客さんもノリノリで応援してくれて最高でした♬ 打ち上げの魚も美味しかった。 Thank You For Futaro&Moyosan。

京都の夜も盛り上がりました。 あっという間の1時間ちょっとの我々のセット、関西組も負けじ劣らずの素晴らしいプレイで僕を盛り上げてくれます。 おおきに、、(笑)毎年再会する昔からの友人のマークとも会えたし。

大阪の夜はSaxの山口マリさんが今年もゲストで加わってとてもかっこいいライブができました。 お陰でJr ParkerのBluesでは普段聞けないソウルフルなサウンドが大阪の夜に響き渡って行きました。 上の写真の感じです。

アンコールではヤスノリさんとTwin Guitarでチャックベリー追悼のR&Rをプレイ、最高に楽しい夜となりました。

そんな感じでこの3連チャン 大成功のライブツアーとなりました。 Musicianの皆さん スタッフ&関係者の皆さん、そしていらっしゃってくれた沢山のお客さん、、ありがとう。 また来年お会いしましょう。 Thank You!!

さあ、明日は恒例の我々のマスターズ、<2017年春のKT杯> 山梨の山に行ってゴルフコンペです。 しかし、一日中雨が降るという予報が、、何もピンポイントでこの日だけ雨振らなくても良いのに、、とほほ、、 気温も6度とか言ってるし、、(笑)

 



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

2017.4.5.Wed.四谷Blue Heat

2017年04月06日 | Weblog

四谷のブルーヒートでの昨日のライブ、LAから友人のTex Nakamuraが偶然日本に来ていて 一緒にプレイしました。

 

 

 

彼はWARに長く在籍して活躍していました。現在もいろいろ活躍中で非常に多才なプレイヤーです。

日本で一緒に音を出すのは初めてだった、とても楽しい夜でした。 風邪の熱も忘れるほどに盛り上がりました。 終わって熱はかったら 37.5度だった、、(笑)

さあ、明日からの西への旅、盛り上がっていきますよ。

名古屋、京都、大阪、3連チャンです。

See you Out There. 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

諏訪&山中湖の旅

2017年04月03日 | Weblog

今週末は諏訪の橙(Daidai)というBlues Clubと山中湖のサウンドヴィレッジの中にあるライブホールでのライブ、2連チャンでありました。



両方共負けじ劣らず 寒かったです、、、4月にしては真冬の気候とTVでも言っていたけど、その通りの寒さのなか 演奏は熱くやってまいりました。


ホテルのフロントの朝早くから電話で叩き起こされるというハプニングにも負けず頑張って良いプレイができた模様です。

しかし、早朝こちらがでるまで20回でも電話のベルを鳴らし続けるという非常にありえないフロントマンでした。てっきり誰かが死んだのかと思い、渋々受話器をとると脳天気な声で朝食はどうしましょうか? と馬鹿丁寧に説明が始まった。 

どうやらこの人間はバカ丁寧な口調さえしていればどんなに非常識で無礼で傲慢なことをしれも良いのだと錯覚している人でした。 プラス自分の仕事のことしか考えていない。 

チェックアウト延長してあるのは何のせいかもわかっていない。 君のような人に睡眠を妨害されたくないから、それで何だけどね。 とにかく凄いのは電話を切らないんだよね。 バカ丁寧な口調で自分の言いたいこと、言ったほうが良いと誤解していることをずーーーっと 喋り続けているんだよね。

凄い経験だった、、、。 勿論2度とあのホテルには泊まらないです。 

ホテルの空調もドライヤーの中にいるような熱風が室中を吹き荒れている、暖房のスイッチ切っても変わらず、、しょうがないので窓全開で部屋の中にはコップで20杯は水を巻きました。 結果、だめでした。

おもいきり風邪を引いてしまいました。 喉風邪ですね。 ホテルの熱風と電話のせいです。 現在熱も上がり 大変苦しいです。 水曜日のライブまでには少しでも良くならないといけないので 2Daysずっとベッドの中で過ごさないとだめですね。 参った参った、、、まあ、しかし、早い段階で風邪を引けば後で引かないだろうから、これも良かったとポジテイヴに考えています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月24日横浜7thアヴェニュー、25日蒲田Catfish, 26日町田Crop

2017年03月27日 | Weblog

週末3連チャンのライブでした。

金曜日の横浜7thアヴェニューではJcomのTV録画もありました。 近々放送されると思います。 80年代なかばにこのお店ができたときから出演していた横浜のロッククラブの老舗です。 とても良いPAの音でやりやすかったです。 サポートのChato Bandもとても良い音でした。 久しぶりにあう旧友たちと素敵な時間が過ごせました。

土曜日の蒲田Cat Fishは近年オープンした東京下町のBlues Clubです。 アットホームな雰囲気でアメリカ南部の料理が楽しめる素敵なお店です。 とてもプレイしやすいナイスなブルーズクラブです。 この夜も大変盛り上がりました。♬

そして昨日の日曜日が町田のCropでのライブでした。 あいにくの寒波と雨の中、熱いお客さんの声援で盛り上がり、ダブルアンコールの夜でした。 

週末のライブ3連チャン、とても楽しかったです。 いらしてくれた沢山のお客さん、ありがとう。 まだまだ続く春のツアー、今回は色々曲目にも工夫を凝らして我々も楽しんじゃってます♬ 

皆さん、またお会いしましょう。

Thanks For Coming!

Have A Great Week

From Yours Truly

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宣伝用のShort Video Clipです。

2017年03月21日 | Weblog

ツアーの宣伝用に短いVideo Clipが出来ました。

<!-- 2017 PR Clip -->

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

楽屋、FM川崎、豊田Banbora  & 草加Poo

2017年03月21日 | Weblog

先週末のPowers川崎に引き続き、神保町の楽屋、川崎FMのラジ生出演、そして 豊田のバンボラと草加のPOO

 





これらのライブを早速こなしていった、先週でした。

嬉しい悲鳴のような大変充実した一週間でした。

少しだけ休んで また今週末も3連チャンです。

横浜の7thアヴェニューは久しぶりのライブです。

そして 土曜日は蒲田のCat Fishキャットフィッシユ、日曜日は町田のCROPです。 皆さんの便利なとこを選んで 是非遊びに来てください。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年春のツアー スタートしました。

2017年03月13日 | Weblog

 

川崎のパワーズ2で今回のツアーがスタートしました。

ちょうど自分の誕生日ライブということでいつも以上に盛り上がってプレイしました。 元気にツアーがスタートが出来て何よりです。

この夜はこのツアー用に2本の新しいギターを使いました。

PRSのS2 SemihollowとSena Guitarsのオリジナルテレゃスターです。 いい感じです。 これから2本とも少し弾き込んでいきたいと思います。エフェクトペダルも少しアレンジをしてトライしました。 太いODサウンドとクリーントーンでのTransparency。よりクリーンでスッキリした透明度という感じですね。 この2つを手に入れるべくのマイナーチェンジです。 面白いですね。


ライブはお陰様にてフルハウスのお客さんと素晴らしいミュージシャンの力でツアー初日から最高の夜となりました。

ゲストには野地義行と松本恒男の オリジナルFalconsのバンドメイトが参加してくれました。 

皆さんありがとう。  次のライブの参加をお待ちしています!

Thank you Everyone for coming and hope to see you soon.

Yours Truly. Kazuo Takeda


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日すぎたら、、

2017年02月25日 | Weblog

以前から考えていることがあって、今度の誕生日が過ぎたら 一つ2つ、新しい試みをしたいなと思っているわけです。

別に新しい楽器を覚えるとか バイクに乗り出すとか、そういうことじゃないんだけど、まあ、これまでじっと我慢の子だった、あえて発言してこなかったようなこともぽろぽろと語り始めようかなとおぼろげに思っています。

それと、もう一つはAutoBiography、そう、自分のこれまで歩んできたここまでの人生を一区切りとして何か書き残そうかなと思い始めています。

なんか自分ではまだまだ早いよ、と常に思っていて、また、そんなもの誰も見たくないでしょう?と、この2つの理由でこれまでやり始めていなかったわけです。 誰も見たがらない、というのはまあ、一握りに暖かい人達以外ではそのとおりかもしれないと今も思ってますが、ただ、あまり時間が経ってしまうと、記憶が薄れていくのではないか? 簡単に言うとどんどん昔の事忘れていきますので、あまり先延ばしにすると忘れちゃった、、ははは、、ってことになりかねない。

これがそろそろ始めようと思った理由ですね。 でも、まあ、面倒というか、、いつ書き始めるかは正直わかりません。 でもやるなら自分で書こうと思ってます。

勿論 3月から始まる春の日本ツアーに全力を注いで最高のライブが出来るように頑張りたいです。 まずはこの目標を達成します。 そのあと、ですね。 あ、そうそう今年は新しいCD録音もやりたいですね。 新しいCDを作ります。

さあさあ、 そろそろ日本ツアーの準備を本格的に始めましょう。 シャツでも買いに行こうかな、、

どちら様も素敵な週末を!

Have A Good One

Yours Truly

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

春のツアーの準備 真っ最中

2017年02月15日 | Weblog

3月の12日の自分の誕生日ライブが今回の春の日本ツアーのスターととなります。

場所は川崎のPowers2という大変お客さん思いの店、その意味はまずなにしろイスが良いんですね。 色々なお店には個性があってそれぞれ素晴らしいんですが、例えば音がとても良いとか、これは大事ですね、当たり前ですが大前提です。 

次にプレイする我々からすればプレイしやすい雰囲気、これは説明が難しいもので何か複合技のようなものですね。

お客さん側からするとアクセスも大事ですね。 それと食べ物が美味しいとか、お店の人が感じ良いとか、色々有ると思います。 

今回のツアーは何か新しい曲も用意できると思うし、懐かしいあの曲、この曲、機材もちょっと考えています。 ただ、こちらから飛行機で持っていけるものにも限りも有るので痛し痒しの部分でもあります。 そんなことを考えて準備しているこの時期もまた楽しいわけです。

秋の日本ツアーが終わってLAにもどって割とすぐ(三日後に)体調を壊してずっと治療に頑張ってきてここにきてやっと復活してきました。詳しくは書きませんでしたが、ちょっとヘビーな日々もありました。 内臓系ではないし、大げさなことでは無いのですが、まあ、痛くて動けなくなる、、という感じですね。 もうOKですよ。

リアのオーバードライブサウンドをこの春は多めに使えるようにこれまでの好きだった音などの研究もして現在良い感じを思い出しました。 これを聞いてもらうのも大変楽しみです。リアとフロントではゲインとEQ(ロー)のセッテイングを少し変えます。エコー(Delay & Reverb)も少し変えますね。

ぜひライブ会場にいらっしゃって聴いてみてください。

お待ちしています。

See you Soon!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Youtube見ていて。

2017年02月07日 | Weblog

気がついたら 僕、なんでこれ見てるんだろう?って事よくあります。 不思議な時代になったものです。

で、今日ははじめは紫電改VSコルセアのドッグファイト、ところが今、裕也さん聴いている(笑) 紫電改の鷹から大先輩の裕也さんのシングルにいったいどこで繋がったのか?(笑)

というのはさておき、何年かまえにツイッターに自分の数少ないスタジオワークの一つと載せた裕也さんの録音に参加してプレイしたギターを聴いていた。

https://www.youtube.com/watch?v=hOTyG9dZjl4

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/hOTyG9dZjl4" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

1979年当時手に入れて弾き始めていたレスポールゴールドトップの音、それもセンターポジションの音、コンプが強めだけど、これは聴いてすぐわかった。 当時のフレージング、もういまは忘れていたタイミングとか、そうかと思えば 今も弾いているような感じのフレーズも垣間出てきたりする。 


なんか裕也さんのシンガーとしてのかっこよさとか、背負っているルーツ・ミュージックの重大な意味とかが全く日本では評価されていないらしく、はなはだ残念にいつも思っています。 

例えばリトル・リチャードとか、ジーン・ビンセント、そしてプレスリーのトラブルなんかメッチャクチャかっこよかったし、その後の日本の音楽シーンからは消しゴムで消されちゃったように抹殺されたアメリカンルーツ・ミュージック、R&R Music。 

そういうルーツ・ミュージックに対して評価基準すら持っていない昨今のリスナーはとても残念だけど、まあ、いつの日にか、そうだったのか!と帳尻が合う日が来るのかもしれない。 また、こないかもしれない(笑) いずれにしても What will it be msut be,,,,ということだというのはこの年になると僕もよく理解できる。 

なんかこれを聴いていたら裕也さんには随分会っていないと思った。 僕がLAに引っ越して今年の3月でもう丁度20年になる。 早い、(笑)で、最後がその前の年のオールナイトロックフェスだったかな。そんなことを考えたこのシングル盤でした。

ギター、レスポールも良いね、、と、結局そこに戻るわけである。(笑)

どちら様も素敵な一週間を!

Have a good one.

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年春のツアーのスケジュールが出ました。

2017年01月31日 | Weblog

今年の春のツアーはまずバースデイライブからです。

以下が決定したツアーのスケジュールです。

LAにもどって少し体調をくずして しばらく休んでいましたが、

だいぶ回復してきたので 明日の2月1日から少し盛り上がって

行きたいと思います。 ツアーの開始には絶好調で望みたいと思います。

今年も皆さん、どこかでお会いしましょうね。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017/3/12 (Sun) 川崎・元住吉 Powers2

バースデイライブ

CREATION


竹田和夫(Gt)
樋口晶之(Dr) ヒロ小川(Bass) ミック三国(Key) 米元美彦(Dr)
Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)
野地義行(Vo.Gt) 松本恒男(Gt)   A Lot More To Come,,,
Open 18:00 / Start 19:00
予約\4,000 当日\4,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
Powers2 TEL 044-455-0007
http://www.powersbar.com/powers2/



2017/3/15 (Wed) 神保町 楽屋

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 18:00  / Start 19:30 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥4,000(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
神保町 楽屋 TEL 03-3518-9496
http://rakuya.asia/model/jinboucho.shtml



2017 /3/19 (Sun) 日野・豊田 バンボラ

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 19:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
http://blog.goo.ne.jp/banbora/



2017/3/20 (Mon) 草加 POO

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 20:00 / Start 20:30 (2ステージ)
Charge¥3,500 (1D付)

※御予約、問い合わせ
P00 TEL 048-928-0059
http://www13.plala.or.jp/soulbar_poo/



2017/3/24 (Fri) 横浜 セブンスアベニュー

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:30 / Start 19:00 (OA/ ChatoBand)
予約¥4,200 当日¥4,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
セブンスアベニュー TEL 045-641-2484 (14時~21時)
http://www2.big.or.jp/~7th/contents.html



2017/3/25 (Sat) 蒲田 CATFISH TOKYO

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥4,000 (+ワンドリンク)

※御予約、問い合わせ
CATFISH TOKYO TEL 03-6424-7531
http://www.catfishtokyo.net



2017/3/26 (Sun) 町田・成瀬 Crop

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open:18:00 Start:19:00 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
Crop TEL 042-799-7551
http://www.carrozza-music.jp/index.html



2017/4/1 (Sat) 長野・諏訪市 Yakitori&Blues 橙(だいだい)

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open: 18:00 / Start:19:00 (2ステージ)
予約¥4,000 当日¥4,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
橙 TEL:0266-52-5011
https://www.facebook.com/YakitoriandoburuzuShiTangDaidai/



2017/4/2 (Sun) 山梨 TBA



2017/4/5 (Wed) 四谷三丁目 BLUE HEAT

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 19:00 /Start 20:00 (2ステージ)
Charge¥3,000(飲食代別)

※御予約はメールのみ  blueheat@blueheat.jp
40席限定のため予約優先となります。
※問い合わせ
BLUE HEAT TEL 03-3355-7799
http://blueheat.jp/about.html



2017/4/7 (Fri) 名古屋 B L café(Bottom Line 1F)

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 18:30 / Start 19:30 (2ステージ)
前売・予約¥4,000 当日¥4,500(飲食代別 当日ご来場順入場)

※御予約、お問い合わせ
Bottom Line TEL:052-741-1620
http://www.bottomline.co.jp/index.html



2017/4/8 (Sat) 京都 RAG

竹田和夫(Gt) 大森成彦(Bass) 高阪照雄(Dr)
Open 18:00 / Start 18:30(OA/ハイマーズ他)
前売・予約¥3,500 当日¥4,000(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
RAG  TEL 075-255-7273
https://www.ragnet.co.jp/livespot/



2017/4/9 (Sun) 大阪 ANOTHER DREAM

竹田和夫(Gt) 大森成彦(Bass) 高阪照雄(Dr)
Open 17:30 / Start 18:00(OA/ハイマーズ他)
予約¥3,500 当日¥4,000(要1Dオーダー)

※御予約、問い合わせ
ANOTHER DREAM TEL 06-6211-5759
http://www.an-dream.com/



2017/4/15 (Sat) 埼玉秩父 ラ・コシーナ

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 米元美彦(Dr)
Open 19:30 / Start 20:00
前売・予約¥5,000 当日¥5,500(飲食代別)

※御予約、お問い合わせ
ラ・コシーナ TEL:0494-53-8031(19:00~火曜日除く)
http://livelacocina.wixsite.com/la-cocina



2017/4/16 (Sun) 横浜・関内 STORMY MONDAY

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥4,000(+各消費税 飲食代別)

※御予約、問い合わせ
STORMY MONDAY TEL 045-664-2085
http://www.stormymonday.jp/



2017/4/23 (Sun) 原宿 クロコダイル

CREATION
竹田和夫(Gt Vo)
樋口晶之(Dr) ヒロ小川(Bass) ミック三国(Key) 米元美彦(Dr)
Juliettes 小林桂尉子 井出カナコ(Back Up Vocal)

Open 18:00 / Start 19:30
予約¥4,000 当日¥4,500(税・飲食代別)

※御予約、問い合わせ
クロコダイル TEL 03-3499-5205
http://www.crocodile-live.jp/



2017/4/30 (Wed) 横浜・野毛 DOLPHY

竹田和夫(Gt) ヒロ小川(Bass) 相良PASSAN宗男(Dr)
Open 18:00 / Start 19:00 (2ステージ)
予約¥3,500 当日¥3,800(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
Jazz Spot DOLPHY TEL 045-261-4542
http://www.dolphy-jazzspot.com/index.html

2017/5/5 (Fri) 高円寺 JIROKICHI
<Surf Jazz Guitar Duo 竹田和夫With Tomoko>

竹田和夫(Gt) Tomoko(Gt)
Open 18:30 / Start 19:30
予約¥3,500 当日¥4,000(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
JIROKICHI TEL 03-3339-2727
http://jirokichi.net/



2017/5/7 (Sun) 日野・豊田 バンボラ

竹田和夫(Gt) 樋口晶之(Dr) ヒロ小川(Bass)
Open 19:00 / Start 19:30 (2ステージ)
Charge¥3,500(飲食代別)

※御予約、問い合わせ
バンボラ TEL 042-586-2018
http://blog.goo.ne.jp/banbora/



2017/5/11 (Thu) 西荻 Terra

<Tour Closing Live Party jam>
Kazuo Takeda&Friends
Open 18:00 / Start 18:30
Charge¥3,800(税込 飲食代別 当日ご来場順入場)

※御予約、問い合わせ
Terra TEL 03-3395-7611
http://www.wood-corp.com/terra/



TOMOKO Birthday Live 竹田和夫ゲスト出演
2017年5月14日(日) 札幌ジャスマックプラザ ザナドゥ
開場18:00/開演19:00
前売券¥4,000(飲食別途)
TOMOの会 ¥3,500/当日券¥4,800
※ファンクラブ「TOMOの会」の方は必ずホームページよりお申込み下さい。

出演:「TOMOKO TRIO」
TOMOKO(Gt.Vo)/相良ぱっさん宗男(Dr)/ヒロ小川(B)
Special Guest:竹田和夫

ジャスマックプラザ ザナドゥ
〒064-8533 札幌市中央区南7西3 Tel: 011-551-3333
http://www.zanaedu.jp/

【お問合わせ】
TET'S corporation TOMOKO係
TEL.03-6869-8840 (平日12時~18時)



TOMOKO Birthday Live 竹田和夫ゲスト出演
2017年5月17日(水) 原宿クロコダイル
開場18:30/開演19:30
前売券¥4,000(外税・飲食別途)
TOMOの会 ¥3,500/当日券¥4,500
※ファンクラブ「TOMOの会」の方は必ずホームページよりお申込み下さい。

出演:「TOMOKO TRIO」
TOMOKO(Gt.Vo)/相良ぱっさん宗男(Dr)/金田洋一(B)
Special Guest:竹田和夫(クリエイション)

原宿クロコダイル
〒150-0001 渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1
Tel: 03-3499-5205
http://crocodile-live.jp/




すべての会場におきまして、いかなる機材による動画撮影、
録音行為は一切禁止とさせて頂きます。

皆様のご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

Blue Sky Music
http://blueskymusic.shop6.makeshop.jp/

http://eliotnescafe.wix.com/creation-web

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

最初に買ったレコード

2017年01月18日 | Weblog

最近 FBで目にするのが自分がTeenagerの頃に出会った音楽、好きだった、良く聞いていたレコード、というのがありました。

FB(フェイスブック)というのは個人的には告知宣伝に使っています。 こちらのブログはもっとプライベートな感じでなんでも書いて来ています。 

というわけでこっちに自分が初めて買ったレコードとか、あるいは自分の家に初めて音楽が鳴ったときの音とか、ちょっとそこらあたりを思い出してトップ10じゃないけど、一体どんなものを聞いていたのか、あるいは聞かされていたのか、(笑)という話をしてみます。 まずは写真どんどん上げていきましょう。

1.シルヴィー・ヴァルタン アイドルを探せ!

小学校6年生の時でした。 330円だったかなあ、、

 生まれて始めて自分のお金でレコード買ったのがこれでした。 

そして 家にプレイヤーがやってきて一緒にこのシングル盤も姉が買ってきた。

2,悲しき雨音   カスケーズ

家で鳴った記念すべき音、の第一号でした。 一家揃って大好きな曲になりました。 これは小学校4年か5年、、のことでした。

次の2枚もその時かそのやや後でした。

 

3,ホワット アイセイ  レイチャールズ

 

これはA面もB面も同じ曲でして ひっくり返すと例のあーーーああ、ううーーん、という掛け合いのところからB面が始まりました。 これは衝撃的な音楽でした。 10歳の子供の僕の耳にはなんかいやらしい、というか、聴いてはいけない大人の世界が見え隠れする、非常に驚きました。 原体験ですね、

4,頬にかかる涙  ボビー・ソロ

この曲はカタカナをふって覚えました。 イタリア語ですね。 これを遠足のバスの中でマイクを握りっぱなしで歌いまくりましたね。 後になって女子生徒が覚えていてくれて、良かったとか、そういう話になって、え?っと意外な驚きを下記憶もあります。 

5,ここまでは小学生の頃の話で、その後、アニマルズ、ビートルズ、ストーンズ、キンクスなどのシングル盤を中学一年生のころに数枚買うわけです。 

 

で、初めてLPレコードなるものを手に入れたのが中学2年だったか、、結構遅かったです。 高かったんですね。それが、、

 

6、 Ventures In Japan ヴェンチャーズ

この有名な一枚に出会って自分でもギターを弾き始めるわけです。 最初はギターではなくドラムを練習していたのですが、なぜかギターなっちゃいました。

凄いバンド、凄いレコード、かっこよい音でしたね。 ノーキーさん最高でした。 ハード&ワイルド、それでいてテクニカルだったですもね。 まあ、今だとそう表現出来るのですが、当時はうわーーーおお  ですね。


7,Five Live Yard Birds ヤードバーズ

実はヴェンチャーズ インジャパンは実は自分で買ったのではなく、同級生から借りていたんだったと思います。 そしてついに自分で買ったのがこのヤードバーズのLPでした。 

恥ずかしながらライブという文字を頼りにVentures In Japnのようなものかと思って買ったんじゃなかったかな、、とんでもな話ですが、、

脱線しますが、似たような話で中3から高1の頃になってBluesに少し目覚めてBlues という文字があればそれだけでレコード買ったことがあってそれが Wes MontgomeryのSo Much GuitarというLPでした。 

中にTwisted Bluesというタイトルの曲が有ったんですね、 きっとGin House Bluesか、ストーンズのGoing Homeのようなものに違いないと、買ったんですね。 当時は試聴出来るものと出来ないものが有ったのです。 外盤で封が切れないものは試聴不可だったわけです。 お陰でWESのレコードでは今現在でもこのSo Much GuitarとFull Houseが一番好きですね。 まあ、他も物凄く良いんですけど、(笑)


8,悪魔とモーリー  ミッチーライダーとデトロイトホイールズ

これはどこかのジュークボックスで最高かっこいいギターとドラムが聞こえてきて、買いましたね。 覚えているのは当時好きなギタリストのランキングとか子供心につけたことがあって、中学生ですよ、笑いっこなしで、(笑) 一位はノーキーさんで この悪魔とモーリーが2位だったかな、ギタリストの名前すらわからないわけですからね。 たしか、デトロイトホイールズのギターの人、とか書いたんじゃなかったかな。(笑)  その後 Cactusというバンドで弾いていたJim McCartyがギターと後に判明。

9,セロニアス・モンク

何故か僕が小学生の頃の東京では(日本中かな)Jazzがものすごく流行っていまして このモンクの4曲入りコンパクト盤がありました。 姉が持ってきたんですね。当時姉はみゆき族でしたのでダンモ聴いてたんですね。まあ、聴いていたフリでもしていたのかな、、(笑) それほど流行したんですね。今じゃ考えられないなあ、、。

10,ジ・イン・クラウド ラムゼイ・ルイス

これも同じような理由で家にあったレコードの一枚でした。凄く好きなサウンドでしたね。

それ以外には ジーン・ビンセントが2枚、セイママとビバッパルーラ、裕也さんのヤング・ワンも有ったかな。 レッドリバーロックのギターも良かったし、歌謡曲は少なかったな、覚えているのは骨まで愛して、だけかもですね。

そんな感じの少年だったわけです。 

1964年ー1967年頃の雰囲気でした。

続きの話はまた機会があったら書きます。

皆さん 素敵な一週間をお過ごしください。 

Have a great day.

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加