染まってくだけの日々

日記&掲示板。
お気軽にコメントどうぞです。

あの本で待ってる:「パイ包みの呪い」(嵐山×梅丸)

2017-04-03 | 日記
タイトルは不穏な感じですが甘い話です。
「鏡よ鏡」で二年生の春に演劇部で白雪姫を演じる事になりまして
嵐山君と梅丸も出るのでそこにスポットを。
衣装係と大道具係だし、二人が役もらうのは最初で最後じゃないかと思う。
どっちも裏方の方が好きそうだし。


参考に…と白雪姫のアニメも観ましたよ。
ディズニーだと最初の場面で桜咲いてる事に気付いて、春の話だったんだなと。
「世界一美しかった白雪姫も他のディズニープリンセスに人気取られて…」みたいな事を
ツイッターの魔法の鏡botが言ってて、ああー…となった。
「ディズニープリンセスの中で一番地味」とも言われてた事あるし(・ω・)
ディズニープリンセスは世界一のアイドルグループみたいなものだから
みんな違ってみんな良い、で良いじゃないの。

ところでハローキティ版だと白雪姫アニメって二つあるのね。
製作年が違うんだろうけど、女王が狼のバージョンと太った白猫バージョン。
前者のは女王が真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされるエンディングでちょっとビビった。
あっ、子供向けだけどそれはアリなんだ…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花泥棒 | トップ | あの本で待ってる「Cherry Sn... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事