馬も歩けば棒に当たる

つまらない日記です

3歳出資馬を考える

2017-03-06 | 
3歳世代は過去最多の12頭に出資。現在の状況とこれからを考えてみます。

まずはラインナップと戦績から。

【ラフィアン】
 マイネルヴィレ  6戦0-0-0-6  未勝利引退
 フレーバー  6戦1-0-0-5  500万
 マイネルユニブラン  6戦1-2-2-1  500万

【ウイン】
 ウインハイラント  4戦0-1-2-1  未勝利
 ウインブライト  5戦2-1-0-2  オープン
 ウイントリニティー  5戦0-1-0-4  未勝利
 ウインウェイク  3戦0-0-0-3  未勝利
 ウインスーペリア  未出走

【東サラ】
 レッドオルガ  2戦0-0-1-1  未勝利
 レッドジュラーレ  2戦0-0-0-2  未勝利
 レッドルドラ  未出走
 レッドラーザム  2戦0-0-0-2  未勝利


既に1頭引退、勝ち上がり3頭、未勝利6頭、未出走2頭、という現状です。

未出走の2頭は先日入厩しましたので、順調なら1か月内外にデビューを迎えることになると思います。能力は走ってみないとわかりません。当たり前ですが。ただ高い確率で未勝利チームに名前を連ねることになると思います。

未勝利6頭のうち、勝ちが見えているのは(勝たなければならないという意味も込めて)ハイラントとオルガの2頭。トリニティーは2着があり期待したいところですが、どうにもレースぶりが安定しないので自信がありません。もちろん勝ってほしいと願ってはいますが。

今のところ明かりが見えないのが、ウェイク、ジュラーレ、ラーザムの3頭。奇しくも配合面からピックした3頭が苦戦しています。引退したヴィレも配合からピックした馬でした。配合重視馬の不振で次世代の出資戦略を考え直す必要があるかもしれません。

堅く見て、勝ち上がり5頭。残り6頭から1頭でも勝てれば勝ち上がり率50%になります(決してそんな数字で満足しているわけではありませんが)。未勝利戦終了まで約半年あるとはいえ、未勝利・未出走馬が8頭もいると、もう半年しかないという感覚です。

ラフィアンとウインで勝ち上がり率を上げて、東サラで大物狙い、というのがこの世代の出資戦略でしたが、ウインが1頭しか勝っていないことと、やっぱり東サラで引けてない、というのが現状での最大の誤算でしょうか。

未勝利戦終了時に改めて検証しますが、苦戦を強いられている世代であることは間違いありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/5結果 | トップ | 3/12出走確定 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オープン馬がいるんですからいいですよ。 (kyoro-kyo777)
2017-03-25 05:08:30
ウィンにオープン馬がいるんですからいいですよ。ラフィアンも東サラも今一ですね。ではお互いにがまんして頑張りましょう。
Unknown (管理人)
2017-03-25 06:33:28
ブライトがいるので、あまりしつこく言うと「贅沢だ」と言われそうですが、
未勝利引退はモチベーションが最も下がりますから、アベレージは上げたいですねー。
東サラ歴は浅いですが、何だかなーって成績なので、相性悪いのかも(笑)。
確かによくないです。 (kyoro-kyo777です。)
2017-04-12 05:01:45
今年の東サラは確かに今一ですね。3歳のオープン馬はなかなか出ませんですね。ラフィァンは1勝すら出来ず、引退馬続出という体たらくですからね。我慢するしかないんでしょうね。9564
この記事書いてから1ヶ月 (管理人)
2017-04-12 06:58:42
レッドオルガが勝ちましたが、未勝利馬はまだ7頭。ウインの3歳勢もクラブ全体的に不振ですし、なかなか厳しい状況に変わりありません。出資者としては祈るくらいしかできませんけど(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事