Diary & Memory's ☆日々の記録と記憶に☆

熊本を始めとする九州の皆さま、お見舞い申し上げます。
一日も早く元の平和な時間が戻って来ますように・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あとひと月

2016-05-22 23:29:04 | diary(日記)
今さらですが、GWのまとめを更新しました。

もうすぐ息子も結婚、その準備やらの連休でした。
そして娘が出来ることが嬉しいことです。
コメント

連休です。

2016-04-29 22:37:01 | diary(日記)
さて、この連休は何連休ですか?
10連休という人もいるようですね。

連休前半の天気は良さそうです。
今日の昼間はポカポカでしたが、夜は冬のような寒さ

北海道は雪だというし、どうしちゃったんでしょうね。







こちらも更新しました。
コメント (2)

GW、息子夫婦里帰り

2016-04-29 21:55:29 | diary(日記)
息子が金沢に籍を入れてから初めての大型連休、
彼女、、、ではなく、嫁を連れて初めての里帰りです。
初めての480kmを超える長距離ドライブ、大丈夫だろうか?
という心配をしていたが、お昼前頃、無事に帰って来ました。

着いて車を降りた二人、どうも雰囲気が良くないな~と思っていたら、
運転に疲れたせいか、ちょっとケンカをしてしまったらしい。

まったく、そんなことでイライラして、小さい男だ!

朝も早かったし、腹も減ったから余計なのかも知れんと、
着いた早々、早めのランチへ連れて行くことに。

先日テレビ「ふるカフェ」に取り上げられていた古民家カフェ、
近くにあんな店があるのを地元にいても全然知らなかった。

テレビでは建物も内装も、とても雰囲気があって良さげだったが、
まぁ実際には少し差し引いてちょうどいいかも。
でも、値段はちょっと高かったけど、味は悪くなかったかな。


いろいろ話をしていると、まるで娘が出来たようでとてもうれしい。
最高のGWの初日になりました。




いつもGWに満開になる庭の芝桜も、
今年は早く咲きすぎてしまい、そろそろ終わりのようです。






昼間はポカポカ陽気だったのに、
夜になったら冬のような寒さ、
この気温差、毎年こんなにひどかった?
コメント (3)

いい事をして批判され?

2016-04-22 22:12:13 | diary(日記)
どうにも、良くわからないです。
近頃増殖中の「不謹慎厨」という人たちのことです。
ネットを巡回し、不謹慎だ!と絡みまくる人だそうです。


500万円を寄付した紗 栄子さんが批判されているというネットの記事

ん?なんで寄付して叩かれなきゃならんのか?
意味不明でしたが、どうやら振込書の写真を公開していたことを
「不謹慎」という事で叩いたらしいですね。

公開しなければしないで、有名人なのですから、
この人いくら寄付したんだろう?って思う人も多いと思います。


いい事をして批判されるなんて、思ってもみなかったでしょうね。

何もしないよりも、今自分に出来ることをしたという点で
称賛に価する素晴らしいことなんです。

そして、お子さんも自分のおこづかいから寄付をしたんですよね。
いいお子さんですね。



自分が一番って目線で、高いところから人を批判する、
近頃、そんな残念な人が増えていると思います。

AX
コメント (2)

天変地異?

2016-04-17 15:32:26 | diary(日記)
このたびの熊本を中心とした九州地方の地震、
余震の回数だけでなく、震度の大きさも半端なく、
緊張感と恐怖感の連続で眠れぬ夜をお過ごしになられたかと。
心よりお見舞い申し上げます。

地震情報を見ると、ようやく余震の間隔も開いて来たようですが
くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

そして今日の大荒れの天気、
先程まで台風のような暴風が吹いておりました。
古い門扉が曲がってしまいました(--;
異常気象と地震、天変地異ですね。


それでは、更新記事はこちらです。
コメント

日光の枝垂れ桜

2016-04-16 22:05:58 | diary(日記)
日光市の、知る人ぞ知る、高田家のしだれ桜

普通の民家にある木とは思えない見事な名木、
市の天然記念物で370年と推定される樹齢

 


スマホでも



こちらは、近くにある大杉神社虚空蔵尊のしだれ桜
推定樹齢は同様、相当に古い350年、

 


400年近い前といえば、徳川の時代からあったということです。
門前町の面影残る静かな住宅街にある神々しい枝垂れ桜、
2本とも、この街の誰よりも古い、歴史の生き証人ですね。
(人じゃないけど^^;

AX


熊本に起こったこのたびの地震、
尋常でなかった余震も少しずつ減ってきたようす
それでも、建物や建造物の倒壊はすさまじく
活断層地震の揺れの恐ろしさがうかがい知れます。

どうか一刻も早い復旧と、
元どおりの生活が戻りますようにと祈ります。
コメント

桜吹雪

2016-04-10 19:30:57 | diary(日記)
今年は桜の開花から散るまでは、
長かったのかな?短かったのかな?

あまり天気も良くなかったので、
満開を楽しんだ気にはなれませんでした。


さて、お出掛け記事の続きはこちらです。

今年はあまり撮れなかった桜の記事はこっちです。
コメント

世界遺産の白川郷集落へ

2016-04-10 18:00:21 | diary(日記)
前から行きたいと思っていても、
関東からでは遠くて、なかなか行こうと思えなかったが、
金沢からなら、1時間も走れば行くことが出来るところ、

これからは、ちょくちょく行くことが出来そうです。

息子の部屋で泊まった翌朝、ゆっくり目覚めて、いい天気!
ちょっと行ってこようか、というノリで向かった行き先、


合掌造り集落で世界遺産に登録された白川郷へ

 
北陸道を下り、東海北陸道に乗換え岐阜方向へ南下、

目の前に広がる白山連峰が輝いています

合掌造りの建物が並ぶ集落、

(ここは、集落の建物に似せて建てられたお土産屋さん)


修学旅行(?)の学生と外国人観光客がたくさん


カタクリの花が咲いていました。

 



雪が光る白山が綺麗です


実際に人が生活をしているからこそ
この集落は、世界遺産に登録されたのである。


だからといって、これだけ増えてしまった観光客について
地元の方々はどう思われているのだろう?
日本人観光客だけでなく、あのマナーの悪い中国人までもがたくさん

そんな人たちがその生活圏内に入り込むのは、
住民の方にとってはさぞ迷惑なのではないか?
なんて、ちょっと気になってしまいました。
コメント

花冷え

2016-04-02 22:22:20 | diary(日記)
今日は花冷えの寒い日でしたね。
ストーブが復活してしまいました。

せっかく桜が咲いたのに、
明日は雨も降るとかで、かわいそうです。


先週のこと、ちょっと出掛けて来ました。

こちらへ
コメント

春めき始めた北陸へ

2016-04-02 21:12:44 | diary(日記)
先週のこと、今年最初の金沢へ出掛けて来ました。

北陸の冬は悪天候が多く、途中の上信越道も雪の多い地、
しばらく冬のお出掛けは避けていましたが、
ようやく春のたよりが聞こえて来た今日この頃、
息子のところまで出掛けて来ました。


今回は500キロ超のドライブです。

上信越道、妙高のあたり(?)

目の覚めるような青空と雪景色
 


北陸道を走りながら、この天気と空気の澄み具合・・・
これだけの好条件の日は、そうそうない、
地元の人でも見られる日はあまりないといわれている景色を狙って、
途中の富山で降り、向かった寄り道は雨晴海岸


海の上に浮かぶ立山連峰、
なのに・・・
レンズが汚れてゴミが写ってしまっているのはご愛嬌(^^;


早起きだったこの日、お腹が空くのも早かった。
このあと、氷見の道の駅へ
いつだったか、テレビでやっているのを見て、
行ってみたいと思っていた回転寿司に行ったけど、
すごい行列、軽く一時間は待たされました。

そして金沢へ向かい、息子の部屋に到着です。
いろいろと荷物を降ろし、今頃にプチ引っ越し。
それにはいろいろとありまして・・・^^;
もう一人増えるんですよね~。


それからこの日、たまたま偶然というか、
金沢港に大きな客船で来ていたことをネットで知り、見に行きました。

ブリスベンからの船なのでオーストラリアのお客様です。
近頃多いといわれる爆買いの団体客はいなくてホッ!^^;
 

船好きな私には、ラッキーな偶然でした。



つづく
コメント (2)

5年前のあの日

2016-03-12 22:21:10 | diary(日記)
5年目、今年は震災後初の金曜日の3.11

あの日は、息子の大学の入学金を振り込むために、
午前中はあちこち銀行を回って歩いていた。

いい天気だったのに、午後になると空半分位が真っ黒い雲に覆われ、
曇っていたわけじゃないのに、不思議で不気味な光景だった。

地震雲とか宏観現象とか言われるけど、
今思い出すと、あれもそうだったのか?

会社に戻り打ち合わせをしていると、14:46分、
今までに経験したことのない大きな揺れが襲ってきた。
全電源は停電、そして驚きのあまりしばらく身動きが取れなかったのを思い出す。

後にテレビから見えてきた信じられないような津波の画像、
(停電でテレビはしばらく見られなかったけど)

そして、それ以上に怖かったのは、もう日本は住めなくなるのか!
と思うほどに、次々に起こるクリティカルな状況が映し出され、
毎日が不安でたまらなかった原発の事故

いま、大切なのは、あの日のことを忘れないこと
そして語り継いで行くこと、
出来ることはあまりないけど、考え続けて行きたいと思います。

被災者のご冥福を祈り、
ご家族を失った遺族の方々や、
未だに元の生活が取り戻せていない方々に
心からお見舞い申し上げます。
コメント

春・花粉症

2016-03-05 22:23:43 | diary(日記)
ひどい花粉症にやられています。

くしゃみは定番ですが、今は目のかゆさが一番ひどいです。
そして、最近はやたらと頭がかゆくなってますが、
これも絶対花粉のせいだと思っていますけど、そんな人いない?



花粉は飛んでいるけど、北関東の寒さはまだまだ、
先日出掛けたところでは、早咲きの桜が咲いておりました。




このブログも振り返りますと、2003年から始めて12年が過ぎました。

以前と比べれば、最近の更新はすっかりまばらになりました。
今でも長~いお付き合いをいただいている数少ないブロともさん、
心より御礼を申し上げます。
どうもありがとうございます。


古くから読み返してみると、同じ自分の記事でありながら、
その記事の感じもずいぶん変わって来たなと感じたり、
以前の自分の未熟さとか、表現のまずさとか、
恥ずかしくなってしまうものも、ところどころに見受けられます。

そんな古い記事は、自分の思い出として、
そして長いお付き合いをして下さっている方だけが読むことが出来るように、
パスワードによる限定公開に変更しました。

それぞれのカテゴリをクリックし、PWを入力すれば見ることが出来ます。
PWはブロともさんには、後ほどお知らせさせていただきますが、
私の名前にしてありますので、ご存知の方は入力してみてくださいませ(^^)


今後とも、引き続きよろしくお願い申し上げます。

《 diary _ 2016~》


AX
コメント (6)

年末の北陸路~和倉温泉

2016-01-23 20:39:37 | diary(日記)
この年末の温泉旅行は北陸の和倉温泉
今年から北陸が身近な場所になったのも何かの縁、
温泉に行った帰りには、息子も一緒に帰省して来ればちょうどいい、

ということで、真冬の北陸の悪天候を覚悟してのお出掛けです。

しかし雪もなく、寒くもない、観光にはちょうどいい天気、
露天風呂での雪見風呂を期待していたけど、
この雪の少ない状況はやっぱりラッキーだったのでしょうね。

大宮から「かがやき」で2時間ちょっと
能登の和倉温泉、七尾湾に面し開湯1200年といわれる海の温泉



その荒々しく変わりやすい天気から、時折出るのが虹、
この日も一瞬の晴れ間に、それを見ることが出来ました。


その湯脈は傷ついた脚を癒すシラサギの姿を見た漁師によって発見
海から湧く珍しい温泉で、和倉という名前は「湧く浦」が由来

この源泉は約90度、ここで温泉卵を作ることが出来ます。
お土産やさんでもらった卵をお湯に浸して待っていると、
突然の雷鳴と突風とスコール、近くのお土産やさんに避難させていただき雨宿り
仕方ないので、そこでもまた違うお土産を購入^^;

そうこうしているうちに雨も上がりいい頃合い、温泉卵が完成




翌朝、やっと雪を見ることが出来たって感じでした。
(北陸なのに・・・)
雪降る温泉街の光景、でもすぐに止んでしまいました。



つづきはまた後ほど
コメント (2)

車窓から~北陸路

2016-01-22 23:46:32 | diary(日記)
すっかり遅くなってしまった記事です。
昨年の暮れに行った北陸への旅行の写真です。

新幹線の車窓からの景色、



この年末になっても暖冬傾向は変わらずで、
ダイナミックな雪化粧の山々は見られませんでした。

雪景色を少し楽しみにしていましたが
ごらんのとおり雪のない北陸、でした。

このあと、新幹線を降り、行先は和倉温泉です。
続きはまた、そのうちに・・・




寒の入りを過ぎ、今週になってからは、
寒い日がしばらく続くようになりました。

そして今週末、大寒波がやってくるとの天気予報、
歴史的な寒さになるようです。

出来るなら、どこにも出掛けず、
暖かくした家の中でゴロゴロしていたいものです。

風邪やインフルも流行り始まりました。
お気をつけて、お過ごしくださいね。
コメント

雪のない新年の冬山

2016-01-11 18:00:14 | diary(日記)
この時期に、日光の山々にも雪がありません。
あまりの異常ぶりに、ちょっと心配になりますね。

新年のお札をいただきに、日光山の近隣にあるお寺へ



雪はなくても、山門まで続く杉木立の道には
冷気と霊気が満ちあふれていました。

毎年行く習わしになっているここは、
我が家にとってのパワースポットのような場所になっています。



その帰り道、霧降高原道路へ

 
 


寒の入りを過ぎたこの時期に、ここに行くなんてこと、
普通の年ならありえないことです。

おかげでポカポカ日差しと、適度に冷たい空気が気持ち良かった!



話が前後してしまいましたが、お正月にひいたおみくじです。




二年続けて大吉でした。
運は、最高よりも、あとちょっとのところがいい、
と言われてますけど、まぁ、悪いよりはいいか!^^;

コメント