よっしー's Garage     

SMALL BUT WICKED AGAIN ~500ABARTH~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

124試乗

2016年10月11日 | その他の車ネタ


オープンエアが一番似合う爽やかな秋晴れのもと試乗させてもらいました。500とGで慣れてしまった腰掛けるようなコマンドポジションと違ってまず低いシートに足を投げ出すようにしてクラッチの深さで位置合わせ。私の身長では幌を閉めた時には少し信号が見えにくくなるかもしれません。スマートキーでボタンスタートで目覚めるエンジンの排気音は期待外れの静けさ。しかしそこはさすがのアバルトの抜かりないところで例のレコモンが遅れてオプション設定られるようです。手前で繋がるクラッチは慣れるまではエンジン煽り気味になりますが軽い踏みごたえは疲れなさそうです。1速は余り引っ張らずに2速チェンジした方が繋がりがスムーズ2速3速で回すとターボらしい気持ちいい加速が味わえます。ただ低回転だとちょっとかったるい感じで意外に古風なターボな感じが好みの分かれるところですかね。この辺が嫌いな人はやっぱNAでしょ!とかやっぱマツダでしょ!とかになっちゃうんでしょうねー。あと試乗車がまだ低走行距離のせいなのか170馬力の加速が感じられませんでした。ノーズが短くて路面が見える500とノーズが長く着座位置が低く路面が見えない124の感覚の違いなのでしょうか。はたまた排気音が静かなせいなのか?その辺は今週末再度試乗させてもらってもう一度確認したいですね。いずれにしても楽しい車でしたねー。(^^)d
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カビはえてた! | トップ | お別れ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他の車ネタ」カテゴリの最新記事