ワンダースター★航星記

旅風景から日常の日々の印象的なショットと想いを切り取ったフォトエッセイ集です。旅することは人生をコンセプトにしています。

新穂高温泉 ~早朝の北アルプス眺望

2017-05-20 20:31:03 | 信州の旅
新穂高温泉 ~早朝の北アルプス眺望

               

 北アルプスの穂高岳や槍ヶ岳、焼岳を巻く様に5っの温泉地が点在している。
 平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高で総称して、奥飛騨温泉郷という。
 今回の宿、新穂高温泉への道中、平湯では、5月14日であるにも拘らず、満開の桜が楽しめた。

               

               

 清冽な蒲田川沿いの老舗旅館、「静響の宿 白雲荘」に到着。

               

               

 新穂高は3度目。中尾高原の人気ペンションや大露天風呂が売り物の旅館に泊まったことがあったが、今回は老親を連れてということで、こちらに投宿することに。
 宿泊者の9割がインバウンドということで人気度も非常に高い宿。
 しかも、リーズナブル。
 温泉も貸切が3っあり、こじんまりとしていたものの、ゆったりと寛ぐことができた。

               

               

               

 宿に「おこじょ」の剥製が飾ってあった。出会いたいものだ。

               

 翌朝は午前5時に起きて、中尾高原に撮影に向かう。
 目前に槍ヶ岳が見えた。
 山麓から、槍ヶ岳を拝めたのは、3度目にして、初めてだった。

               

 泉源と足湯。

               

               

 絶景が楽しめる「北アルプス大橋」。

               

               

 笠ヶ岳の威容が目前に迫る。

                              

 錫杖岳の荒々しい岩肌。

               

 そして、目を転じると焼岳の勇姿が。

               
                

 桜と雪山のコラボ。

               

               

 蒲田川沿いの大露天風呂「新穂高の湯」。
 早朝につき、誰も入浴していなかった。


               


            blogramで人気ブログを分析
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
              にほんブログ村

               

               


               

               
               
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デジブック 『天空のFairy』 | トップ | 新穂高ロープウェイ Vol.1 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL