夫と死別した元乙女のブログ

突然の末期がんの宣告、なんの心の整理もつかぬ間に夫は旅立った 最後に着ていたシャツの汗の重み、痛みと無念を忘れない

ドクターG

2017-07-12 22:20:43 | 死別
この頃、ずっと「ドクターG」を見てます。
もし夫がこんなドクターに診察してもらっていたらどうだったんだろうか と思うことがあります。

出演するドクターたちはとにかく患者さんの顔を見て、話を聞いて、家族が言ったちょっとした言葉から
徹底的に「問診」を大事にしてくれる。

残念ながら夫の担当医はまともに夫の顔を
見ていなかった。パソコンの電子カルテだけを見ていた。
私が夫の様子が普通じゃないこと、毎日一緒にいて感じた顔色だけではなく、
顔つき が違っていること、
それを必死に伝えたけれど、医師は前の
検査で異常は認められないから
緊急性はない、だから検査は1週間後と言いました。
それでも粘って粘って絶対に引き下がれない、今すぐ検査をしてほしいと訴え
何とか検査をしてもらえた。

そうしたらエコーの最中に明らかに医師の顔色が変わった。すぐ詳しい検査をと言われた。
そこではじめて夫の顔をちゃんと見たらしく、「黄疸が出てますね」と言った。
いったい何の為の問診だったのか と思いました。

あれからドクターGを毎回見るようになりました。
あるドクターが、医師の知識よりも患者やその家族の言葉や直感が大事なこともある
と言っていた記憶がある。
確かに顔色の変化は他人にもわかるけど、
顔つき となると近くにいる人でなければ
わからないと思う。
きっとあの担当医は私を面倒くさい家族だと思っただろうな。

本当にドクターGみたいな先生に
出会いたかった。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記念日反応 | トップ | 新盆 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちい)
2017-07-13 14:14:13
初めまして

いつも読ませて頂いてます。
今日、旦那がいなくなって2回目の月命日です。

病院選びも大切ですよね。
私は失敗したと後悔してます。
途中から見捨てられた感じがしました。
データだけじゃなく、患者の顔色、声を大切にしてほしかったです。
病院にとったら何百人いる患者の1人なのかもしれないけど、私にとったらたった1人の旦那なんです。
例え、助からないと分かってても患者やその家族に寄り添ってほしかったです。

そんな病院に出会いたかったです。
Re:ちいさんへ (元乙女)
2017-07-16 13:14:55
はじめまして。つたないブログを読んで下さりありがとうございます。
旦那様が旅立たれてまだ間もないのですね。お辛いですね‥。
本当に病院や医師選びは大事ですね。
ちいさんがおっしゃる通り、医師から見たら大勢の患者の一人でしょうが、こちらはかけがえのないたった一人の人ですから。
医師もやれることをすべてやってくれたならこちらも納得しますが、末期だから
何もできませんと言うだけで、私も見捨てられた気がしました。夫が一番悔しかったと思います。
病院宛のアンケートに私の気持ちを書いて送りました。少しでも伝わっていれば良いのですが。
食事や睡眠、とれていらっしゃいますか?お辛いと思いますが、どうぞご自愛くださいませ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

死別」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。