モフモフ不動産

モフモフ上等、ワインよし。ほかに話せる場所もないので書かせていただきますねブログ。

映画『スノーデン』を観た

2017-07-17 12:43:00 | 映画
先日、映画『スノーデン』を観た。



『シチズンフォー スノーデンの暴露』も以前観たが(⇒感想あり)、『シチズンフォー』がスノーデン本人の出演によるドキュメンタリー、暴露映画そのものだとすれば、『スノーデン』は「なぜスノーデンが暴露するに至ったか」の経緯を映画化したものと言える。

愛国心が強かったスノーデンは、「お国のために」と軍隊に入隊するが、骨折が原因で除隊。以降、超優秀な頭脳を武器に、CIAやNSAで重用されるが、法的根拠もなく人々のプライバシーにアクセスしまくるアメリカ国家に対し義憤を覚え、加担することに耐え切れなくなり、暴露を決意するストーリー。

さすがオリバー・ストーン監督。
魅せる。
「僕が守っていたのは、政府の覇権だけ」というスノーデンのセリフが印象的。

スノーデンの同僚が、不正に個人情報にアクセルしているシーンもぶっ飛びだった。
グーグルみたいに検索ボックスにキーワードを入力すれば、個人間のメールだろうが、制限のかかったフェイスブック記事であろうが、あらゆる情報を拾いだすことが可能。もはやなにも隠せない。

ぞっとする現実に唖然。

プライバシーも自由もない。

その先にあるものは、息苦しいガチガチの監視社会だ。

捕まっちゃうことを恐れて、萎縮し、表現する前に自己規制をかける世の中。

「安全」は大切だけど、「監視」社会によって、生きている喜びや充実感が脅かされるのはいかがなものか?

「自分には秘密はないから」とか「悪いことしてないからいつでも見られてOKです」などど言うのは、「私、人権は要らないんです」と言っているのと同じ。そういう問題ではない。

なぜオリバー・ストーンが『スノーデン』を制作することになったのか、気になってざざっと調べてみたところ、インタビュー記事を発見。
スノーデンからオリバー・ストーンに連絡をしたそうだ。

「オリバーストーンにしかできない?!」という記事

『シチズンフォー』のローラ・ポイトラス監督といい、オリバー・ストーン監督といい、スノーデンの戦略はなかなかしたたか。

「すごい人選だよね~」と夫ちゃんに言ったら一言。

「スノーデン、命かかってますからね」

確かにその通りだな。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家賃からの解放宣言2 | トップ | 『もし文豪たちがカップ焼き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。