水俣病公式確認50年

昨日5月1日は、水俣病の公式確認50年の日だった。水俣病は私が生まれるずっと以前に発見された事件だが、いくつか新聞を読み比べて分かってくるのは、水俣病の問題がいまも全く終わっていないということだ。多くの患者の人々の苦しみも、加害企業のチッソや政府による謝罪・補償問題もすべて、今も変わらず存在し続けているということが分かる。

とりわけ今も根強い水俣病患者への差別や、認定申請を踏みとどまらせる要因でもある障害に対する偏見の問題を考えると、水俣病はすぐれて現代的な問題であることが分かる。1日付朝日新聞の「私の視点」では、小規模通所授産施設代表の加藤たけ子氏による「水俣病問題を社会福祉の先進モデル構築のために生かすべき」との議論が紹介されていた。


「(発症当時胎児だった)胎児性患者は(現在)40代から50代になったが、通常の加齢では考えられない急速な身体機能の低下が目立つ。・・・全身に及ぶ重い障がいを負いながら、介護は高齢化する家族に委ねられ、地域で半孤立状態になっている。・・・ 地域に福祉施設がないわけではない。偏見と差別を背景に人との信頼関係が持てなくなり、そうした専門機関とつながっていけないところに水俣病の根深さがある。・・・対策の基本的方向は、住み慣れた地域で、人々とのつながりの中で暮らしていくことができる社会的条件=地域福祉システムをつくることである。具体的提案として、いつでもだれでも、通えて泊まれ、相談にのってくれる人がいる場が必要である。働くことを中心に創造的な活動に取り組める場、仲間や地域の人との交流の輪を広げる場であり、生活の場としてのグループホームもある。自宅に顔なじみのヘルパーを派遣したり、介護で疲れた家族を癒したりすることも必要だ。こうした多機能で小規模な施設が地域に開かれてほしい。行政はいまこそ、水俣病の教訓を生かし、社会福祉を具現化した先進モデルとなる地域づくりに貢献することが求められている。」(5月1日付朝日新聞朝刊「私の視点」より)


ここで挙げられているモデルはもはや水俣病問題にとどまらず、他の身体的・知的障害者に対する福祉サービス問題や、高齢者介護問題、ホームレスの自立生活支援問題など、いわば社会福祉一般にも関わってくる事柄である。水俣の問題と向き合うことなくして、21世紀の日本社会における福祉の充実は願うべくもないだろう。

ちなみに先月28日、小泉首相は水俣病について「政府の責任を痛感し、率直にお詫びしたい」との談話を発表したそうだ。


「政府は28日、5月1日で水俣病の公式確認から50年になることを受け、「長期間にわたって適切な対応をなすことができず、水俣病の被害の拡大を防止できなかったことについて、政府としてその責任を痛感し、率直にお詫(わ)びを申し上げます」として政府責任を認める首相談話を発表した。 首相談話では「このような悲劇を二度と繰り返さないために、その教訓をいかし、環境を守り安心して暮らしていける社会を実現すべく、政府を挙げて取り組んでいく決意」を表明している。」
(記事全文はこちら

言葉通りの実行責任が伴っていることを願いたい。しかし下のような記事を読むと、そんな願いもむなしくなってくるが・・・。


「…石綿に目を転じると、石綿工場周辺で、石綿関連がんの中皮腫にかかった「公害」とみられる患者の数はこれまでに100人を超えた。潜伏期間が30~50年と長い中皮腫は、2040年までに10万人が死亡するとの予測もある。水俣病に学び、行政が初期対応をきちんとすれば、被害はここまで広がらなかった可能性が高い。
 旧環境庁が発足したのは、水俣病公式確認から15年後の71年。その翌年、国際労働機関(ILO)などで石綿の危険性が指摘された。旧労働省や旧環境庁もその危険性を認識していた。だが原則禁止は04年10月まで遅れた。…(中略)…被害が広がり始めてからの動きも鈍かった。国が石綿対策に本腰を入れたのは、兵庫県尼崎市のクボタ旧神崎工場周辺での事態が昨年6月に報道されてからだ。」(記事全文はこちら


いっぽう民主党は「水俣病被害救済特別措置法案」(仮称)の制定をめざしているそうだ。内容は患者の認定基準を拡大して、国による補償額を引き上げるもので、早ければ秋の臨時国家で法案を提出するとのこと(5月1日付毎日新聞朝刊社会面)。野党にはこの問題をもっとクローズアップして突いていってほしい。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )
« ラルク・アン... 連休中に観た... »
 
コメント
 
 
 
「公式確認50周年」雑感 (David)
2006-05-02 22:11:45
お元気ですか。



水俣病のことについて書いてくれてありがとう。僕も、それほど熱心にではありませんでしたが、先月の終わりから、TV・新聞で水俣病公式認定50周年の話題を追いました。



昨日のNEWS23で、「水俣病は終わっていない」と銘打って特番を組んでいて、僕はそれを興味深く見ました。

改めて「国とは何か」ということを考えさせられる内容で、水俣病認定問題も、福祉国家における、福祉施策と同じで、ひとたび社会が不況や産業構造の転換に陥る(水俣病の場合、70年代のオイルショック)と、為政者によって、補償策から、一転して「患者切捨て」策へと簡単に変えられてしまうんだなあと思いました。



それにしても、高齢化を迎える患者とその家族をみていると、本当に心が痛くなってきます。番組の中で出てきた、ある患者さんと家族のケースは本当に悲惨でした。

患者さん(胎児性で、年齢は確か50代だった、女性)は、若いころに通っていた授産所で半虐待的な処遇に遭ったらしく、そのショックのせいで、ご両親(ともに70代を超えていらっしゃった)は、なるべく娘さんを外出させたくなくなったり、人目に触れさせたくなくなったりしたそうです。

過去のこととはいえ、悲しい出来事だな、と思いました。

水俣と、直接にはかかわれない距離にいる人間として思うことは、加藤たけ子さんのような福祉理念(=かつては家族が担っていた介護の、「あたたかみのある」社会化)をもつ人が、水俣でもっと広がってほしい、ということです。とても難しい課題だと思いますが…。



また、Nicholas君も指摘していた「このような悲劇を二度と繰り返さないために…」という首相談話ですが、今日の朝日の天声人語の欄で、とても厳しく皮肉られていました(特に「悲劇」という箇所)。

…が、今の首相の口から出た言葉なので、これくらいは書かれても、論として通っているかな、と僕は思いました。

Nicholas君は読んだのかな…。もしまだ読んでなかったら、目を通してみてください。やっぱ、朝日新聞のコラムニストって、「言葉のプロ」だなあって感心しちゃうと思います。



それではまた。



David





 
 
 
追記 (David)
2006-05-02 23:57:41
天声人語に関係してですが、つい先日、朝日コラムニストの小池民夫さんが亡くなられてしまいましたね…。

確か、59歳という若さでしたか…。

僕は、小池さんが執筆していた毎週月曜日に連載されていた「時の墓碑銘(エピタフ)」が好きでした。

もう読めないかと思うと残念です。



David

 
 
 
ありがとうございます。 (Nicholas)
2006-05-03 19:24:08
コメントありがとうございます。僕の関心を社会科学へと向けてくれた1つの大きなきっかけに、以前Davidさんに連れてって頂いた「水俣展」がありました。僕たちの今の生活がどのような過去の上に成り立っているのかを考えた時、水俣はその歴史の本質の一面を、最もよく表す出来事だと思います。



朝日の天声人語読みましたよ。僕もその通りだよなと思いました。悲劇って言葉には、一抹の軽さがつきまとう気がします。「悲劇の~」とか、あんまり深刻さが感じられませんよね。NEWS23の特集も見たかったのですが、あいにく機会を逸してしまいました。だれか録画してないかなあ。



小池民男さんについてはあまり存じなかったのですが、山口さんのコメントをきっかけに少し調べてみたところ、最近僕がとても強い印象を受けたコラムの執筆者だと分かりました。サン・テグデュペリについてのコラムでした(下記)。惜しい人を亡くしましたね。「時の墓碑銘」、本になることを願います。





3月13日付「時の墓碑銘」より



「勇気」について考えてみたい。

 「プラトンは(否アリストテレスかもしれませんが)、勇気をなぜ美徳の最下位に置いたか」

 「勇気というやつは、大して立派な感情からできてはおりません。憤怒(いかり)が少々、虚栄心が少々、強情がたっぷり、それにありふれたスポーツ的楽しさが加わったというだけのしろものです」

 アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ(1900~44)の言葉である。(『夜間飛行』堀口大学訳・新潮文庫)。



(中略)



 スペイン内戦時、武装集団の捕虜になったサンテグジュペリの経験は鮮烈だ。『星の王子さま』を書く動機にもなった。



 武装集団を支配していたのは退屈と眠気だった。死がぴたりと張りついたままの倦怠感である。自分の命がルーレットでもてあそばれると感じた。

 と、奇跡が起きた。彼が見張りの若者にたばこを1本頼んで、ほほえみを浮かべた。男もまたほほえみを浮かべた。

 世界は一変した。「醜怪な昆虫」に見えた男は「内気な若者」だった。そのとき「なにものも変わらないのに、すべては変わってしまっていた」(『サン=テグジュペリ著作集10』みすず書房)。捕虜は解放され、「人間にたいする敬意!」が取り戻された。

 勇気や忍耐でなく、「ほほえみ」が奇跡を引き起こした。

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。