Stephan Collini's "Liberalism and Sociology"

Stephan Collini’s Liberalism and Sociology: L.T.Hobhouse and Political Argument in England 1880-1914 (1979) has, without any doubt, been the best study of L.T.Hobhouse up to now. I also attained my basic knowledge of Hobhouse from this work.

However, there are a few points for which I feel sorry about this book. The biggest problem is that Collini does not seem to care much about Hobhouse’s later works from The Metaphysical Theory of the State (1918) to Social Development (1924). I have some doubt about his saying that ‘I think it can be shown that the main features of his [Hobhouse’s] sociology were already established by 1907, … further chronological analysis of his work would involve a good deal of repetition’.

Well, Collini would be right to say that Hobhouse had already established the foundation of his sociology before 1907. But still important thing is that his career was always a kind of mixture of sociologist, political theorist and journalist. So I think it would have some reason to assume that his sociology had been much influenced by his evaluation of contemporary political and social situation.

As the WWI completely transformed the political and social basis of Britain, the question that to what extent and how did Hobhouse’s social theory change after 1914, could be a valuable one. It is a question which Collini neglected in his work. As E.H.Carr says that each historian is by him/herself the product of his/her age, it would remain as an important work to explore the influence of political and social transition after 1914 on the thoughts of contemporary social scientists like Hobhouse.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Going on to the Doctor course


It's been a long time since I wrote a last article. During these days, I completed my master thesis (on the welfare theory of L.T.Hobhouse, who is one of the leading liberal theorists in britain in the early 20th century)in January, got an entry exam for Ph.D in February, and entered the doctor course in this month.

These days I've been reading a book about social and economic thoughts of J.A.Hobson, who is another 'new liberal' thinker like Hobhouse. I hope I can discover some new insights from their social theory which can contribute to the problems about the welfare state of our own time. Especially I'm gonna focus on their criticisms against the monadistic and individualistic assumption of earlier social and economic thoughts in britain.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Ozawa's resignation wholly disappointing

From BBC:'Japan's main opposition leader Ichiro Ozawa has offered to resign from his position as head of the Democratic Party of Japan'.

This is wholly disappointing. If Ozawa really thinks of the current legislative deadlock as a serious problem, he is supposed to find the way out of it in another general election by which he should ask people's will for the future of Japanese politics. Considering the current vigour which the Democratic party has had since the landslide in the last general election for the House of Councilors in this summer, this may be even more true .

Democracy must include the respect for the plurality of ideas, and the plurality requires the clear sense of opposing ideas. Sound consent must come from arguments among opposing ideas. Now the 'Coalition' means nothing but blurring such sense of plurarity and opposition. Therefore, both the facts that Ozawa accepted the PM Fukuda's coalition offer so rashly, and that he used it as an explanation of resignation that he was turned down the idea of coalition by his colleagues, tell us how undeveloped Japanese democracy still is.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Singing A Cappella

When I was an undergraduate student, I used to belong to a collegiate a cappella circle. Today, thanks to an invitation of my juniors, I had a chance to sing it for the first time in this year in front of many audiences at the university festival which was held in this weekend. A cappella, which means 'singing without using any instruments' is a quite unique way of playing music, but it's definitely worth trying. When you can succeed in making a harmony with other members, it gives you lots of excitement and pleasure.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

A Large Bank Rules

One of my seniors at university has got involved in a serious trouble for years with Mizuho bank, one of the largest banks in Japan. It may be said that he and his family are victims of very serious, vicious but unknown corporate frauds, being made possible by the stupid loopholes of too old Japanese law systems. There is a blog made by those people victimised by the bank. Its contents make us think deeply of the problems of power systems in this apparently stable country called Japan. Blog(Japanese)→http://ginkouhigai.com/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Friend will make a pro debut

Today one of my friends mailed and told me that she will make a pro debut as a singer-songwriter in the next spring. We had gone to the same junior high school between 1994-96. Last month we saw each other for the first time in these 10 years. There we enjoyed drinking together, and she told me that she had kept singing exactly for 10 years (since she became a highschool student). Now, she's gonna be a professional, after a long period of hard training. Though we have chosen completely different lives up to now, her endeavour encourages me so much!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

At Machida station

From today I will use this blog as my English diary...
Today I gave a presentation for a part of my master's thesis at the seminar. It wasn't very satisfactory though...Mmm...I need much more effort to write a better one.

Oh yeah, there was one shocking incident. As I was on my way home, being in the train, an old guy standing beside me suddenly fell down! Everyone including me was very surprised and didn't know what to do at first. Then train arrived at Machida station so I got off immeadiately, looking for a station staff. There I found an emergency button so I pushed it. Fortunately some staff came to us right away. The man's face was totally pale. He looked alright though. Well that was the first time in my life to push the emergency button to stop the train!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブログ移転致します。

突然ですが、当ブログにてアクセス上の問題が生じてしまったので、はてなダイアリーでリニューアル・オープン致しました。ご迷惑をおかけ致します。内容には全く変わりありませんので、これからもご愛顧の程よろしくお願いいたします。
http://d.hatena.ne.jp/Sillitoe/

I will move my blog to a new address below due to an access problem. 
Thank you.
http://d.hatena.ne.jp/Sillitoe/
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

「自由」と「平等」について考える

福祉国家の歴史について勉強していると、いつも最後には「自由」と「平等」の問題に行きついてしまう。両方とも、ここ2~300年のヨーロッパの歴史を考える上で最も重要な概念である。しかし同時に日本で暮らす私たちにとっても、「自由」と「平等」は大きな意味を持っている。

自由について考えてみる。私達は誰もが他人に強制されることなく、できる限り自由に生きたいと願う。自分の将来は自分で決めたいし、好きな人とは一緒にいたいし、自分が思ったことを自由に書いたり話したりもしたい。

実際に今の日本では、他人に大きな迷惑をかけない限り、上のような行為は自由に行うことが認められている。戦前や戦時中はそうではなかった。自分の将来や結婚が親によって決められることも多かったし、政府に対して批判的なことを言ったり書いたりしたら、即逮捕・投獄されるような時代だった。

次に平等について考えてみる。私達は大きな不平等に対してもまたおかしいと感じる。たとえば、たまたま自分が女に生まれたからという理由だけで、男に比べて学校や仕事や結婚生活など、人生の様々な場面で不利益を蒙ることは間違っていると思うだろう。

性別や、人種や、国籍や、障害や、セクシュアリティや、特定地域に生まれたことなど、自分がたまたま~に生まれたからという理由だけで不平等に扱われること、すなわち差別されることはおかしいと現代日本に生きる多くの人々は思うだろう。生まれや属性を問わず、1人の人間として他の人と平等に認められたいと私たちは願う。

だからこそ今の日本では、上のような属性を理由に誰かを差別することは法的に禁じられているし、学校でも「差別はいけません」と教えられる。さまざまな差別が今の日本でも根強く存在していることは一目瞭然の事実だが、これらはタテマエとしては禁じられ、悪いことだとされている。

また1人1人を差別せず同じ人間として「平等に」認めるということは、何よりも「自由」を実現することに繋がる。自分で決めた人生を自由に生きるためには、そもそもまず生まれによって自分が差別され将来が限られてしまうということがあってはならないからだ。

まとめると以下の3点は、今の日本では法的にも、また倫理的にも認められている原理だといえる。すなわち

①他人に迷惑をかけない限り、私達は最大限「自由」に生きることができる。
②私達は生まれや属性によって(タテマエ上は)差別されず、人間として「平等」 である。
③「自由」が保障されるためにも、生まれや属性で差別されない人間としての
 「平等」が保障される必要がある。

これら3つの考えは、日本では戦後になってようやくある程度認められるようになったものだが、一方ヨーロッパでは、数百年の時間をかけてゆっくりと成長した考え方だった。「自由」と「平等」は、近現代を生きる人々のものの考え方の根本を支える原理としてそれ以前の時代とは区別できるものであり、その意味でまさに「近代の産物」であるとさえ言えるだろう。

ここまでは、これらのヨーロッパ的概念がどれだけ他の地域にとっても普遍的たりうるかという、これまた重大である問題を除けば、わりとすっきりと理解がいく話だと思う。上の話の限りでは、自由も平等も共に両立可能であったし、これらは多くの人々が進んで(あるいはしぶしぶと)認めてきた「近代的原理」であった。しかしもう少し考えを進めてみると、問題は全く簡単なものではないことが分かる。すなわち自由と平等を考える際、次に問題となるのが、

①何の自由か
②何の平等か
③自由と平等は本当に両立可能か

の3点である。この3つの問いをめぐって、これまで実にさまざまな考え方が現れた。そのなかには、ある時代の支配的な考え方になったものもあった。今や自由と平等は、それぞれの具体的なあり方が問題になり、同時に双方の関係が問題となるのである。

例えば現代の日本やイギリスで深刻化している貧困や格差問題などは、政府や一般社会の自由と平等に対する尊重心が欠如していることに原因の一つがあるのではなく、むしろ特定の自由のあり方、特定の平等のあり方が選び取られた結果ではないかと私は思っている。

では今の日本では、いったいどのような自由のあり方、どのような平等のあり方が最も影響力を持っているのだろうか。それはこれからさらに考えていきたいと思っている課題である。ただ1つ言えることは、現状を批判するときにひたすら「自由を!」「平等を!」と繰り返しているだけでは、何にもならないということだ。どのような自由が、どのような平等が望ましいのか、それらがどのように実現可能なのかをより突き詰めて考えていく必要がある。そこから導きだされる答えによって時代のあり方は大きく変容するということを、近代の歴史は証明しているのだから。

続く(たぶん)。。。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

連休中に観た映画2本


ヴェラ・ドレイク
「秘密と嘘」と並ぶ、マイク・リー監督の傑作だと思う。
登場人物の誰もが1950年のイギリスという時代をそれぞれ背負っているのが
見えてくる。綿密な時代考証と、俳優たちの素晴らしい演技、そして過度に
感傷的にならない監督のスタンスなど、作品に備わる全ての要素が
一級品で、イギリス映画の良さをしみじみと感じさせてくれる一本。



コンスタンティン
こちらは頭をからっぽにして楽しめる。サタンだの天使だの、
キリスト教のオカルトちっくなイメージ全開。CGも全開。
苦悩する様子がなぜか笑いを誘うキアヌ・リーブスといい、
ドクター・イーブルを彷彿とさせるとってもファンキーな悪魔といい、
ホラーの体裁を取ってはいるが、実はコメディーだろこれ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ