日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

ひとかけらの勇気

2017年01月28日 | TAKARAZUKA
『スカーレットピンパーネル』の
制作発表会のムービーを見た
公演への期待が高まる



これはうちの公演フライヤーコーナー
この上に
大劇場公演中の月組『Grand HOTEL』と
次回の宙組『王妃の館』が貼ってあって
下には
東京公演中の花組『金色の砂漠』が
このあと雪組『幕末太陽傳』を貼るつもり

自分勝手めくりカレンダーも
3月にはきっと
1月に戻ると思う

星組2番手 礼真琴



安蘭けいの「ひとかけらの勇気」が
聴きたくなって



久しぶりの散歩道へ向かいながら
CDをかけた



公演は見逃したけど
「ひとかけらの勇気」は
いい歌だなと思って聴いていた



安蘭けいの歌唱力は圧倒的

見逃した宝塚の公演のかわりに
せめてこれを見に行くんだったかな



3代前の星組トップ
安蘭けいは
2番手だった時代のほうが
よく知ってる



CDで安蘭けいの歌を聴きながら
2番手時代のショー『ロマンチカ宝塚 ’04』が
もし雪組で再演されるとしたら
どういう配役かなと
とりとめもなく考えてみた

再演されるとしたらの仮定だから
早霧せいなの退団後ということで
安蘭けいの演じたディアボロは彩風咲奈
矢代鴻の歌うパートは舞咲りん
でも彩風咲奈にはもっと踊ってほしいし
望海風斗にはもっと歌ってほしい

あの代の星組は
湖月わたるがダンスで
安蘭けいが歌で魅了していた

そういう風に
それぞれの持ち味を生かして
組全体で補完するかたちで
舞台が作られるところが
宝塚のいいところ
おもしろいところだなと思う



私が星組ファンだった時代に
既に紅ゆずるがいたのを覚えてる
だから『黒豹の如く』で
久しぶりに星組を見た時
2番手になっていて驚いた
次はトップかという時に
さらに2番手で経験を積んだところが
安蘭けいと同じだ

かつて愛した星組が
今はすっかり遠くなってしまったけど
星組生え抜きの紅ゆずるを
応援したい

ひとかけらの勇気を胸に
がんばれ!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 宝塚友の会 抽選方式 | トップ | 冬枯れの散歩道 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む