日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

Woman in Man

2017年07月13日 | 
こっちの本も
少し前に読み終えた



読み始めた時のブログのタイトルを
『Male to Female 』としたけど
しっくりこないなと思っていたので
最初に浮かんだ
『Man to Woman』に変えた



男性が女性になってみた
というニュアンスを出したくて



著者のクリスチャンは
女装して1年間暮らしてみるわけだけど
男性としての自分に違和感があったり
女性になりたいと思っているわけではない



好きになる対象も
女装する前と変わらず女性で
もっと言うと
妻のマリア一筋だ



クリスチャンは
女性と同じことをしてみたい
という欲求が
自分の中に潜んでいることに
子供の頃から何となく気づいていた



冬の下半身の冷えをどうにかしたいと
ストッキングをはいてみたのをきっかけに
徐々に完璧な女装をするようになる



そして
自分の中の女性を解放させてゆく



女装することで
楽しい目にもひどい目にも遭いながら
1年が過ぎ
妻に女装はもうやめると宣言する



クリスチャンは思う

僕の女性的な側面を感じるのに
もうドレスは必要ない
僕は僕だ



飲みに行った
いや違う
飲みに連れて行ってもらった



その友達のことを
とても自立した女性だと
前々から思っていたけど
新たな事実を知って
ますますそう思った



私と同じくらいの歳で失業した人が
なかなか就職先がなくて
今は会社勤め以外の目標に向かって
がんばってるとのこと

年齢の壁は大きいんだな

でも私は一馬力だから
同じようにはできないし
どこかしらに就職するしかない



書類選考の結果は
なかなか来ない
当てにしてたもう1社も
はかばかしくない

どうしたもんじゃろのう



ローマの休日を過ごして
アン王女は
見違えるほど成長した
うだつの上がらない新聞記者の
ジョー・ブラッドレーは
あの後どうなったのかな

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 宝塚百年(植田紳爾語る) | トップ | 海底二万里/探偵ケイレブ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む