日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

うめが咲いた(その後の雪割草)

2017年03月12日 | 散歩道
とっくに咲いてる梅の話ではなく
雪割草の"うめ"が咲いた話



濃い桃色の雪割草
『あさが来た』シリーズでいくために
"ふゆ"としようか
"うめ"としようか
迷ったのも忘れて
見た瞬間に"うめ"と命名



あさは次々に花を咲かせてるし



はつも次の花が待機中



雪割草の元気な様子に安心して
どんつきの庭へ行くと
まず目に入ったのが



伸びたハボタン



なかなかきれい



伸びる前はこんなだった
1月の写真
ちんまりとまるくてかわいい



さらに伸びると花が咲いて
これまたなかなかきれい
これは昨年撮った別のハボタン



ハボタンは
菜の花と同じアブラナ科



こういう状態を
薹(とう)が立つ
と言い
私のような未婚の娘がいる親は
すっかり薹が立ってしまいまして
なんて
親戚やら誰やらに
娘の状況を説明する時に
使うんじゃないかと思う
(最近は使わないかな)

薹が立ったフキノトウ



薹が立つ前に
蕾の状態で採取して食べるのが一般的

でも花が咲いてからも
食べる方法はあるみたいだし
茎だって食べられる

わたくし
とうの昔に薹が立っておりますが
何か?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 雪の栄光を訂正"シラー・シ... | トップ | 冬の庭の立役者/世界に求む »
最近の画像もっと見る

あわせて読む