日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

海底2万リユー

2017年07月16日 | TAKARAZUKA
本を読むのは遅いほう
一気に読まず
空いた時間に少しずつ読むし
註釈があれば確認する

行きつ戻りつ
スルメしがみ読み



先日読みはじめた『海底二万里』
海里だとか里だとかの単位やら
学者の名前やら
冒頭から註釈が多い

題名からして
二万里ってどのくらい?となる



この"里"がまたクセ者で
約3.9kmとされる
尺貫法の"里"ではないという

『母をたずねて三千里』の"里"と
『海底二万里』の"里"は違うの?

『海底二万里』の"里"の正体は



これだ
"lieue(リユー)"



私が読んでいる
平成24年発行の新訳版の註釈には
次のように説明されてる

通常は
1リユー=5.55km(3海里)
とされるが
ヴェルヌは本書では
1リユー=4km(2.16海里)
としている

里は本来リユーとは無関係だが
本書の邦訳の多くでリユーの訳語として
採用されてきているので
多分にこじつけ気味ではあるが
それに倣った



試しに手元にある
古い仏和辞典(30年前の発行)で
lieueを引いてみるとこうあった

1.里[昔の距離の単位で約4km]
2.〔比喩的〕[漠然と]長い距離
3.【海】[旧]海里[3海里、約5.5km]

これを見る限りは
あながちこじつけばかりでも
ないのかなと思ったけど
何せ30年前の辞書だから

とまあこんな具合の
スルメしがみ読み



ネモ船長もまだ出てこない



今日は
『CAPTAIN NEMO』日本青年館ホール公演
一般前売に挑んだ



宝塚オンラインチケットと
チケットぴあ ネット予約と電話予約の
3本立てで挑んだわけだけど

チケットぴあは
ネットも電話も一瞬で完売になった

宝塚オンラインチケットは
開始10分後ぐらいにつながったけど
どの公演日も公演時間も
なかなか空席が出なかった

あきらめずに続けたら
ポロリと



チケットが手に入っても
行けるかどうか

でも
可能性はゼロではなくなった



それはそうと
ヴェルヌの二万里は
1リユー4km × 2万 = 8万km
ということでいいのかな

地球の直径が約1万3000km
円周は約4万km

海底二万里って
どういうこと?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 鼻から胃カメラ | トップ | 地味に海の日 »
最近の画像もっと見る

TAKARAZUKA」カテゴリの最新記事