日曜絵かきの散歩道 “doucement,doucement”

日曜絵かきは楽しくて孤独 青空に誘われてつい散歩に
“ドゥスモン、ドゥスモン(ゆっくり、ゆっくり)”

悩める母的友達

2017年08月12日 | 日記
今日は
何てことない日記を
10日ほど前に撮った
ヒマワリの写真とともに
お送りします



女神様的友達の他にもう一人
会おうと急に連絡してくる友達がいる

女神様より遠い所に住んでいるから
頻度はかなり低いけど



こう言うと怒られそうだけど
彼女は私と同じく悩める凡人で
女神様と凡人2人は
昔なじみの仲良しさんだ

悩める凡人であるその人の
私と違う点は
悩める母であるところなので
とりあえず
"悩める母的友達"とでもしておく



そんな悩める母的友達から
急に連絡があって
久しぶりに会った



ショッピングモールで待ち合わせて
ランチすることになった
これまた昔なじみの友達の
切り盛りする店があったのを思い出して
覗いてみると
いたいた



試しに手を振ってみると
記憶よりもふた回りほど大きい体で
カウンターの中を忙しく動き回りながら
すぐにこちらに気がついたのは
意外だった



最後に会ったのは何年も前で
その後連絡を取り合うこともなかったのに
他の客に紛れて手を振った私たちに
すぐに気がつくなんて

すっかり中年化したのは間違いないけど
そんなに変わってないということか
ほっとするやら
こわくなるやら



せっかくだからと
昼ごはんを彼の店で食べ
コーヒーをサービスしてもらい
繁忙時間が過ぎてから
別の店で3人でお茶した



私たちは遠い昔
同じ運動部に所属していた
男子の最後の試合がどんなだったか
なんて話も出た

私はすっかり忘れていたけど
彼の反則で負けたことを
本人はもちろん
抜群の記憶力を持つ悩める母的友達は
覚えていた



悩める母的友達は
子供の1人が
どうしようもなく勉強ができず
行動にも少し問題があるというので
ここ何年か悩んでいる



スマホの写真を3人して覗き込み
反則負け的友達は
笑顔がこんなに明るいんだから大丈夫だ
と言った
私は笑顔の明るかった子が
難しい年頃に激変したのを知っているから
やっぱり心配だと思ったけど
言わずにおいた



反則負け的友達に近況を話させ
悩める母的友達の子供の話をしながら
私が自分の話を何もしなかったことに
賢い彼はきっと気づいたと思う
気づいても問いたださないぐらい
私たちは大人になった

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 島の日(神秘の島 読了) | トップ | 海底二万哩(映画) »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事