少年愛写真家 崔隆雄 趣味のページ

美少年に恋し美少年の競パンに魅せられた男

定例コメント晒しage

2017年07月13日 | えむぴーまんの霊言

えむびーまん脂肪のお知らせ (心配停止)
2017-07-11 12:34:00
さなプーでイケメン目掛けて飛び込んだら、お腹の脂肪が破裂しました。
周りにいたゲイのお兄さん達、誰も心配してませんでした。


※まだ未消化だったプンプンの原料が、
 どれだけ巻き散らかされたのか、
 それだけが心配です。
 脂肪が破裂したのであって、
 破裂して脂肪したのではないことがただただ残念です。

パンツを脱がして、本家の化けの皮も脱がして剥がして。 (鄧しょうへい君)
2017-07-12 18:37:48
関東地震ないあるよ。
本家、九州の地震当てたあるよ。
予言した場所と全然違うけど
九州で起きたから当たりあるよ。
これ日本人の思考と違うあるね。
キムチの匂いするあるよ。


※本家の占い、外れること当たるよ。
 地震より、写真家として自信ないあるよ。
 日本人と違うこと同じね。
 あの人日本人でないことあるね。

本家(廃墟)が答えないので、こちらで霊言をお願いします。 (私は願い事を青い短冊に黒い文字では書きません。)
2017-07-09 18:28:37

ホンマモンの本家にしかできない真面目な質問です。 (月末に60万円以上余裕がある人)
2017-07-09 13:37:05
ひょうたん良先生は、なぜ大神神社若宮前で釈迦の教えを説いておられるのですか?
若宮はその造りを見ればわかるとおり、元々大神神社の神宮司のお堂、つまり仏教施設でした。
これが明治の神仏分離令により、境外摂社という形で神道施設に改められたものです。
このような歴史的経緯を鑑みれば、わざわざその向かいで釈迦の教えを説くというのは、神仏分離にあるいは大神神社や神社本庁に異を唱えているようにも見えます。
ひょうたん良先生の説く釈迦の教えとは、仏教原理主義的な釈迦の教えそのものでなく、「和を以て貴しとなす」聖徳太子的な、日本的な神仏習合なのでしょうか?
だとすれば、本地垂迹説をとっておられると思われますが、その中で仏様、神様、そして準神様とやらは他では聞いたことがないのですが、それぞれどのような序列や性格付けがなされているのでしょうか?
ひょうたん良先生ご自身は、最高に霊格が高い神様仏様そのものでいらっしゃるのでしょうか?
えむびーまんクラスの準神様には、準神様に奉納することによって、創価学会の財務のように功徳を得て、奉納者自身も準神様に昇格できるのでしょうか?
意味深雲の意味を後から知る程度の霊力なら、奉納により得ることができるのでしょうか?


※えむぴーまんの准神様は自称なので、
 自分で納得しているだけです。
 バカが道端で「ボク総理大臣」とかいってるようなものなので、
 放っておいてあげてください。
 間違っても「朴(ボク)?崔の間違いでしょ」とか
 相手をしてはなりません。

おこたえします (青ひょうたんの霊言)
2017-07-09 21:25:11
あなたは細かいことにこだわりすぎです。
大神神社若宮前?釈迦?境外摂社?神道施設?神仏分離?仏教原理主義?聖徳太子的?神仏習合?本地垂迹説?
そういうことをクドクド説明しても、凡人には理解は及びません。いくら説明を重ねても平凡な一般人には、次の疑問がわいてきてしまうのです。「それじゃこれは」「じゃこれについては」キリがありません。
私のような神に近い人間は神から直接そういった屁理屈を超越したテレパシーによって、神から啓示がきます。それをいちいち説明しても、そこいらのアホには理解はできません。
仏様、神様、準神様は私がわかりやすく解釈を加えたものです。
ですから、本当はそういう格称はありません。
崔隆雄は何か肩書きが欲しいというので、準神様でええんとちゃうってんで与えているだけです。
肩書きに取り付かれている煩悩の塊のような男ですから、いまだに私に借金の返済もできません。
タロットもろくに読めないし、普通の雲見て地震雲とかいって騒いでいます。
本当の神様が雲と競パンの尻を交互になんか見るわけがありません。


※勝手に私より面白い返事をしないでください。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« やはり若い男の子のトロロ汁です | トップ | おまいう »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-13 23:29:09
アキラやアスペ石井は、管理人のツッコミが怖くてこちらのブログ二はこられないそうです
馬鹿だから (原告)
2017-07-16 03:06:18
このサイトへたどり着く方法も知らないのでは?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。