ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

友人の保証人で自殺した彼を追って自殺志願の女性

2009-01-27 21:42:40 | その他
日本占い師連盟や日本霊能者連盟の鑑定室は、高槻と奈良を除いて、カードカルトの店内の一角にあります。カードカルトの店員たちは、先生がいないときにかかってきた電話を私の携帯に振ってきます。先日は、アメ村のカプセル&サウナのところから、お客さんが出てこないので、起こしに行ったら亡くなっていた。部屋のお祓いと亡くなった方の供養をしてもらいたい。って。私は霊能者の携帯番号を教えたのですが、結局かかってこなかったとか。さてさて、昨日は、鑑定の予約が。30分5000円、霊をつなぐなら1時間2万円と料金説明したとき、12月31日に亡くなった彼のことを知りたいって。日本霊能者連盟の規定で、49日(しじゅうくちに)が終わってない方については、交霊してはならない。とあり、49日を終わってからは、してもよいという先生と1周忌を迎えるまでダメという先生がいる。と説明、彼の写真をもっていくように指示しました。本日、弘法院恵正先生が鑑定。鑑定後に交霊どうしたかとたずねると、お客さんが後追い自殺したがっていたので、彼との相性が悪かったので、彼のことを忘れないと言って、交霊しなかったとか。
当然、通常の鑑定料金5000円のみいただいたとか。私は、鑑定予約申し込み時に、彼が亡くなったとしか聞いていなかったのですが、恵正先生の話によると、彼は、仲の良かった友人が、街金から借りる時の保証人になっていたそうで、その友人がドロン。彼のところに、街金から厳しい取立てがあり、彼は、12月31日に自殺したということでした。彼女は、精神的に不安定で、後追い自殺を考えていたので、彼との相性が悪いので、結ばれなかったと諭したということでした。とても、お気の毒な話だと思われました。

カードカルトの店員たちが、日本霊能者連盟にかかってくる電話をとると、「助けてください。」とか、「これから死にます。」という電話が結構あり、困るといいます。
「これから死にます。という電話に対しては、「どうぞ。」と答えているとか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日は門戸厄神さんに行ってきました。大吉2連覇。

2009-01-19 22:11:07 | その他
朝いち、カードカルトの新店。カードカルト神戸三宮北店の賃貸契約を終えてから、門戸厄神さんに向かいました。
数年前に一度来たことがあり、2回目です。18日・19日とイベントがあるって阪急電車の社内吊でみかけたので、行くことにしていました。門戸厄神駅から門戸厄神さんまで、鈴なりの人、当然、露店もいっぱい出ています。厄除けの護摩木を1本500円で売っていますが、みんな、10本、20本と買いこんでマジックで家族や知人の名前を書いていました。弟の分も買おうと思いましたが、弟には、門戸厄神に行くことを言っていなかったので、1本だけ買い、私の名前を書きました。厄除け開運と身体健全の2つを書いておきました。
そしてひょうたん良先生に別件で電話すると、私の亡くなった母が一緒についてきているよ。って。お母さんは、おでんが食べたいと言っているので、帰りに、露店で、おでんでも食べたらと言うことでした。大黒様もおられ、私は、複数の霊能者から大黒様系といわれているので、社務所で売っていた大黒天の色紙付き像を3000円で買いました。
帰りしなに、おみくじを買うと、大吉。西宮神社に続いて、大吉2連覇でした。
帰りは、露店で広島焼きやフランクフルト、回転焼き、そして当然、おでんも食べました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日49歳になって初めて松井山手・奈良間を利用・エレベーター電車を経験

2009-01-13 10:58:11 | その他
昨日、JR学研都市線の長尾にある山本家の墓参りをした後、いつもなら、そのまま、大阪天満宮・南森町経由で恵美須町。日コンの事務所に戻っていたのでしたが、興味本位で、長尾駅から木津駅経由で奈良駅に行き、カードカルトJR奈良駅前店に行くことにしました。
結局、長尾駅から奈良駅までの所要時間は各駅停車なのにもかかわらず40分。料金は430円でした。
奈良駅から新今宮駅までの料金は540円なので、枚方の長尾駅から奈良駅までは、イメージ的には遠そうですが、そんなに離れていないことになります。
以前、墓参りに行き、寝過ごして、次の松井山手駅まで行き、あわてて逆の方向の電車に乗ろうとしましたが、発車しますというアナウンスがあるのに、すでにドアが閉まっていてあせりましたが、ドアの前のボタンがあることを思い出し、ボタンを押すと、ドアが開いてほっとしたことがあります。学研都市線は、大阪天満宮駅から見て、長尾駅までは、駅に着くと車掌がドアを開けるのですが、松井山手駅から西木津駅までは、単線のため、行き違い時間待ちがあり、保温効果を高めるため、乗降する乗客がボタンを押してドアを開閉することになっているのです。乗客が電車から降りるときに、開きのボタンを押し、降り際に、マナーとして閉まるのボタンを押して降りているのをみると、なんとなくエレベーターに乗っている気分となります。
ちなみに、長尾駅から奈良駅の区間。寝過ごして松井山手駅まで行ったことが1回あり、厳密には、松井山手駅から奈良駅までの区間、JRに乗るのは、この年になるまで生まれて初めてでした。
あと、JR奈良駅・京都駅間、厳密には、今回木津駅から奈良駅間を利用したので、木津駅から京都駅までの間のJRも、生まれてこの方1度も利用したことがありません。
いつも、奈良・京都間は近鉄を利用しているので、たまには、JRのみやこ路快速で奈良から京都まで行こうかなとも考えています。
本日はじめて知ったのですが、JR奈良駅と木津駅の間にある平城山駅。ならやま駅と読むようです。ずっと、へいじょうやまと呼んでいました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

この3日間えべっさん三昧でした。

2009-01-11 23:47:28 | その他
9日は、今宮戎の宵えびす。10日は、今宮戎の本えびす。本日は、昨年に引き続き2度目の西宮戎に行ってきました。
おみくじは、それぞれ、吉、凶、大吉とでました。
毎年行く今宮戎のおみくじでは、凶が出ることが度々あります。
カードカルトや日コン連の事務所の中は、今宮戎のグッズでいっぱいです。
ここ20年間、毎年、何か買っているもので。
今年は、笹におふだなど3点 1点1500円で計4500円分つけてもらいました。
カードカルト大阪日本橋店に入ったところに飾ってあります。
西宮戎は、今年で2回目ですが、人の数は多く、大マグロに驚きますが、
「商売繁盛で笹もって来い」の掛け声がないのがさびしかったです。
今宮戎では、ホンマモンの笹を配ってくれて、それに、福娘たちに、グッズをつけてもらうわけですが、西宮戎では、ビニール製の笹にあらかじめグッズがつけられ、大3000円、小1000円で販売されていました。
西宮戎では、おふだを買ってきました。三宮の家にかかげてあります。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

高野山のお坊さんに突然死ぬかもと言われて

2009-01-06 00:20:02 | その他
3日の日、再度山大龍寺に弟と初護摩を受けに行きました。冬は神戸市バスが走っていないので、往復、三宮からタクシーとなるわけですが、帰り、大龍寺で呼んでもらったタクシーを待っていると、呼んでいたタクシーが来ないというオバチャンと坊さんの2人組と出会いました。そのおばちゃんがタクシー料金を出すからと言ったので、私と弟を迎いに来たタクシーに4人で乗り込みました。そのおばちゃは、おととし2月に閉店したカードカルトJR三ノ宮駅前店の前の入居者囲碁のヘボの経営者でした。ヘボが、三ノ宮の駅前のビルに引っ越したので、ヤナイビルの2階のそのあとをうちが借りて、カードカルトJR三ノ宮駅前店としたわけです。なんというご縁。おばちゃんに付き添って来ていたお師匠さんと言われている人物は、高野山の一の橋のそばのお寺のお坊さんということでした。病気を治せるということで、霊能者以上とか言っていました。私を見て、目が悪い。ほっておくと突然死すると言われました。名刺を渡すと後で水を送るのでそれを目につけなさい。といわれました。日本霊能者連盟では、禁止されている「・・・しないと亡くなる。・・・病気がなおる。」という会話がよくも平気に行なわれるものだなぁと驚きました。
一応気になったので、4日に、四柱推命の大家、日本占い師連盟千日前道具屋筋鑑定室の金宝先生に相談しました。四柱推命の奥の奥の見方も駆使してくれてみてもらいましたが、死ねない年なので、死ぬことはないと言われました。寿命を延ばしたいなら神社に行きなさいといわれました。
5日に、ひょうたん良先生に言うと、死にかけたら、祈祷料金を弟にでも振り込んでもらうと、祈祷で生き返らせたるということでした。ただし、亡くなる21日前までにしないと、命の玉が切れたらつなぐことができないとか。
あと、延命普賢菩薩にお祈りすると、寿命が延びるということで、お寺参りをすることにしました。私にとっては、信貴山が縁付いているのでということで、これから、頻繁に信貴山にお参りに行って、寿命を延ばしてもらう予定です。

これから、食べる量を減らして、血糖値を下げたいと思われました。

韓国で占い師の資格をもつ金宝先生は、実は、霊能者であり、霊視ですべてが見える人ですが、占いは、仏様界では禁止、神様界では、OKということで、私は、神様系ということでした。私が神様系と言うのは、過去、多くの霊能者から指摘されていたことでした。
神社に行って神様にお祈りすると、神様から色々な言葉がいただけるのに、お寺に行って、仏様に色々お祈りしても何ら返事がなく無視されていると感じるのは、このためだそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日新聞英文変態記事で妄想話が全世界へ

2009-01-03 01:29:06 | その他
2日は、生田神社を初詣した後に、カードカルトの神戸三宮の店により、そのあと、
JR西日本の関西おでかけパスで、日本占い師連盟の阪急高槻市駅前鑑定室、カードカルト京都河原町店、カードカルトJR奈良駅前店、大和13佛めぐりの朱印をもらうために長岳寺へ。そして、大輪神社(おおみわじんじゃ)にお参りして、ひょうたん良の占い社へ立ち寄り、大阪の事務所により、大阪日本橋店の連中と食べに行く予定となっていました。生田神社に立ち寄り、お出かけパスの寺社プレゼント引換券で、福寿箸をもらいました。すると、電話が。神戸三宮東店、店員が二人とも、12時~と思って、神戸三宮西店のみの営業と。仕方ないので、12時まで、神戸三宮東店に、店員としてはいることに。12時前になり、店員2名が来て、店から出て、三ノ宮駅に行き、おでかけパスでさあ電車に乗ろうとすると、パスがない。生田神社に行き、引換券と一緒にパスを渡していないか調べてもらいましたがなく、三ノ宮駅で、忘れ物として届いたいないか調べてもらったところなく、仕方なく、日本橋の事務所へ。そこの領収書の入れる箱の中でお出かけパスを発見。が、時刻は午後2時前。
高槻、京都行きはあきらめ、カードカルトのJR奈良駅前店へ。それから、奈良駅から桜井線で柳本駅へ。そして長岳寺へ。朱印をもらって、拝観。そして、柳本駅から三輪駅へ。三輪さんへお参りし、若宮社の前にあるひょうたん良の占社(うらないやしろ)へ。
そして、ひょうたん良先生とフリーライターFさんと、露店でたこ焼きを食べ、好き家へ。三輪駅から奈良駅経由で、大阪駅までFさんと一緒に帰りました。
毎日新聞が世界に配信した変態記事の元記事のひとつをFさんが妄想で書いていた事は知っていましたが、帰りの電車の中で、Fさんから記事の出来たいきさつを聞かされて、驚きました。医者や歯科助手のコスチュームで行なうイメクラがあり、イメクラ嬢の中に、ホンマモンの歯科助手がいるという情報があり、そのイメクラ嬢に、勤めている歯科医院でもそんなことをしているのかとたずねると、そうかもね。といったことから、妄想であういう記事ができたとか。ちなみに、Fさんは、あくまで、特別なサービスとしか原稿にはかいていなかったのに、ナックルズの編集部が、手こきサービスとしてしまったとか。

http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/131.html

でも、Fさんも、自身が書いた妄想記事(本人はあくまで妄想記事ではなく、誇張記事と言い張っている)が、毎日新聞により、世界にばら撒かれているとは、夢にも思わなかったわけです。
ちなみに、体験ルポなど風俗関係の記事は、ほぼすべて妄想記事(本人いわく誇張記事)だそうです。女の子の写真とデータだけで、実際に店に行くことなく、記事に仕上げるのがプロの技だそうです。

Fさんの妄想話が、毎日新聞により全世界に配信され、外国で、日本へ対する誤った見方が広まったわけです。

コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます。

2009-01-01 19:09:35 | その他
新年あけましておめでとうございます。
今年の抱負は、般若心経を暗記していえることです。
毎日、寝る前に、般若心経をとなえて、暗記しようと試みているのですが、完全に
暗記して言えるようになるまでまだ日にちがかかりそうです。
本日は、日コン連の近くの今宮戎さんに初詣したあと、信貴山に弟と初詣に行きました。
父や母が健在だったとき、元旦は、午前中に住吉大社に、午後から信貴山に初詣に行くのが慣例となっていました。
信貴山では、玉蔵院で、13佛めぐりの屏風が満願となったため、今回は、13佛めぐり
掛け軸を2万円で買い、玉蔵院から、2巡目となる13佛めぐりの開始です。
霊能者から、信貴山では、玉蔵院の融通尊が一番、効くと聞いていたので、一生懸命お祈りしました。融通尊の少し上にある金集弁財天に、前回、お願いしたら、翌日から3日間ほど猛烈にご利益がありました。
色々な、仏様に対して、御真言を唱えています。
先日、カードカルト京都河原町に立ち寄ったついでに、付近を散歩。六波羅蜜寺に行きました。観光客が行列をなして、3つの焼香台で焼香するようになっていました。10分以上並んで、焼香しました。私以外のすべての焼香者は、黙っていましたが、私だけが声を
出して、ご真言を唱えました。焼香が終わって、出口から出るとき、出口の係りのお坊さんが、私に対してだけ、ようおまいりくださいまして。と言ってくださいました。
ご真言を唱えることが、お参りとお坊さんは見ているようでした。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加