ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

かず君が詐欺で160万円の被害に遭っていました。その手口は、、。詐欺っていうのはこういう事をさします。

2017-02-13 17:26:29 | マスコミにうったネタ

本日、メイドエステ萌の元メイド番・かず君23歳が職場の先輩25歳を連れて、遊びに来ました。

その中での雑談で、かず君が160万円の詐欺にあった話を聞きました。

飲み屋で知りあった男性に、ネットバンクに貯金したら手数料がはいると言われ、そのまま、同じビルにあるサラ金の無人窓口3軒を二人で回ったそうです。

1軒目は、レイク。70万円の枠でカードが作れたそうです。2軒目はアコム50万円の枠でカードが作れたそうです。3軒目はプロミス。40万円の枠でカードが作れたそうです。
4軒目は、大手だったけど、カードが作れなかったそうです。
そして、その男性に、3つのサラ金のカードを渡し、暗唱番号を教えたそうです。手数料を支払うと言われ、それっきり、連絡がつかなくなったといいます。

そして、しばらくして、職場に、サラ金から電話がかかってきて、初めて、カードから限度額すべてが引き出されていることに気付いたという事でした。

そして、警察に行くも、被害者は、レイク、アコム、プロミスであんたは被害者ではないのでと、被害届を出せないと言われて、追い返されたといいます。

そして、母親の彼氏が160万円全額返済してくれたといいます。

そして、私は、かず君にいいました。返済したのだから、警察に、詐欺の被害届を出しに行きなさいと。お金を引き出した時の写真がとられているので、顔がわかるので、犯人が特定できるよと。
また、犯人が詐欺で捕まった場合、被害金額が弁済されないと、執行猶予がつかないので、実刑になる。160万くらいなら、実刑回避のため、弁済するはずと教えてあげました。

皆さんも甘い話には気を付けましょう。
また、飲み屋で知り合った人なんか、特に要注意です。

また、私の事を詐欺師とか言っている者もいますが、あれは、国家が「錯誤する人」のレッテルを貼った人。
ひょうたん良先生が教えてくれました。
一般論として、裁判所が認める「錯誤する人」って、痴ほうの入った高齢者・知的障碍者・精神障害者。いわゆる禁治産者だそうです。
国家が「錯誤する人」とレッテルを張った人から見たら、私の事も、錯誤して「詐欺師」と見えるようです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日のgooブログアクセスラン... | トップ | 本日のランチはやさい家めい... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-02-14 14:06:28
メイド番,気持ち悪い顔だね。
Unknown (Unknown)
2017-02-14 19:36:38
エルカンターレに祈るのです
Unknown (Unknown)
2017-02-15 06:41:35
なんつーか、あたまの弱そうな話だなあ

でも皿金からもう一銭も新規につまめないさいさんからしたら羨ましい話なのか

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミにうったネタ」カテゴリの最新記事