ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

本日はユダヤの末裔が作ったとされる信貴山毘沙門天へ。秘仏御開帳・おみくじは大吉・末小吉・吉。空鉢・剣護双方に。

2017-01-03 23:28:39 | 神社・仏閣めぐり

本日は、毎年、初詣に行くことにしている信貴山へ。

今年は、初めて、西信貴ケーブルを利用してのお参りです。

高安山から信貴山門まで近鉄バスで。そこから歩いて、信貴山にお参りします。

途中、開運橋を渡っていきます。

↓ 信貴山の大寅。上は、本堂の舞台。

そして、成福院をお参りする長蛇の列の横をすり抜け、玉蔵院へ。
まずは、浴油堂へ。
信貴山に来て、最初にお参りする場所に決めています。

 

そして、三鈷の松を頂きました。

そして、アシュク如来三重の塔へ。
アシュク如来様にごあいさつ。

そして、日本一大地蔵尊へ。

 

そして、お目当ての玉蔵院融通堂へ。

融通お守りをいただきます。(700円)昨年のはお返しします。
このお守りを財布に入れると、おばちゃんが塗香をふりながら、ご真言をとなえてくれます。
オンアラタンノウ サンバンバタラク

このお守りをいつも財布に入れているので、月末、なんとかやりくりできているのです。
前に、ひょうたん良先生にお正月に信貴山に行くというと、この玉蔵院の融通守りもらってきてと言われ、2つ求めたことがあります。
信貴山の本当の中心は、この玉蔵院だと聞いています。この玉は、如意宝珠を示しているとひょうたん良先生に教えられています。
そして、私が、一番信仰している金集弁財天様です。
この弁財天にお参りすると、本当にお金が入ってきます。不思議な弁財天様です。

 

玉蔵院から見た眺め。向こうに見えるのが本堂。

そして、本堂へ。

本堂の舞台からの眺め。眼下に見えるのは、劔鎧護法堂。

先ほどいた玉蔵院を眺める。

そして、本堂へ。500円を支払い、内陣に入り、正月だけ公開されている秘仏の毘沙門天様にごあいさつ。
そして、地下の戒壇巡り(100円)を。真っ暗な中を進みます。錠前をゴツゴツと打ちます。
そして、おみくじ(100円)を引きます。78番大吉でした。
そして、水屋へ。
ポットに水を汲んで信貴山山頂にある空鉢護法堂へ運びます。

しんどい坂道を登り、山頂にある空鉢護法堂へ。
ここにポットを置きます。

ちなみに、ひょうたん良先生いわく、空鉢はオメコ。剱鎧は、チンポとか。
空鉢護法から眺め。

そして、このあたりにある祠すべてにごあいさつします。
ひょうたん良先生いわく、下にいるのは坊主。ここにいるのが神様とか。

ひょうたん良先生が山頂の祠で一番気になるのが脳天大神様とか。

そして、おみくじを引くと、19番末小吉。

 そして、下におりました。そして、千手院の中を通って、赤門まで。
寅の胎内めぐり。

中には、如意宝珠が。

そして、千手院で、おみくじを引きました。21番吉でした。
そして、剱鎧護法(けんがいごほう)堂へ。

ここでは、熱い薬草茶がセルフで飲めます。何杯もいただきました。

お参りします。空鉢・剱鎧。双方参ったことになります。

そして、開山堂へ。

 四国88ヵ所巡りができます。

 そして、今度は、信貴山バス停まで歩き、奈良交通バスで、近鉄生駒選の信貴山下駅まで。そこから近鉄で王寺駅へ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日は信貴山朝護孫子寺・大... | トップ | 本日は日本最古の神社。三輪... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-01-04 11:35:37
これは見事な黄ばみですね。
張り子のホワイトタイガーが
普通の虎に

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL