ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

本日は日本橋東郵便局に。後ろのにいちゃんの通話内容がやばすぎて聞き入ってしまい振り込みを2回間違えそうになりました。口座凍結って何をしでかしているのでしょうか。

2016-12-28 21:05:17 | マスコミにうったネタ

本日、午後3時に、日本橋東郵便局に行きました。
田辺の家の家賃の振り込みと、法楽寺の不動講の会費2000円振り込みに行きました。

私の後ろに並んでいた新世界のくしかつ屋と思われる「からさき」と書かれた前掛けをつけたにいちゃんは、ずっと携帯でしゃべっていました。
しゃべっている内容に気をとられました。

「おまえ、ふたつある通帳のうち一つは止められていて、もう一つは生きていると言ってたやろ。」

「りそな銀行の通帳2つあるといってたやろ。2つとも止められているんか。」

「止められている通帳のカードは、ATMにカード入れたら、どない表示されるねん」

田辺の家の振込額に、2000円と入力してしまい、最後の確認で気づき、やりなおし。
続いては、田辺の家の振込先の口座を選ぶとき、家主ではなく、弘法院惠正先生の口座を選んでしまい、最後の確認で気づきました。
あとボタンひとつ押しただけで、田辺の家の家賃を間違って、弘法院惠正先生の口座に入れてしまうところでした。

銀行の口座が凍結されるって、カードが盗難されたか、オレオレ詐欺などでつかわれたケースしか思いつきません。

話の内容から見ると、本人のカードの様なので、オレオレ詐欺にでも使っていたのでは、という憶測が立ちます。

ちなみに、オレオレ詐欺に使われ、口座が凍結されると、同姓同名さんが、えらい迷惑を被ります。

かつて水着男子のモデルをしていたある手下はさる都銀で、住宅ローンの担当をしています。あるとき、こういう話を教えてくれました。
山田太郎というどこにでも見本に使われる人の住宅ローン審査が通らなっかたそうです。
理由は、凍結口座に、ヤマダタロウというものがあったからだといいます。
その本人が悪いことをしたわけでもないのに、同姓同名の人が悪いことをしただけなのに、可哀想。と言っていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日は法楽寺の終い不動に。... | トップ | 今の茨城県高萩市震度6弱の... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-12-28 22:20:24
え~っ!?全国の善良なヤマモトタカオさん可愛そう。通名制度、百害あって一利なし。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL