日本会議唐津支部 事務局ブログ

日本会議は平成9年創立。唐津支部は平成24年に設立し、誇りある国づくりと豊かな唐津地域の発展をめざしています。

【中学歴史教科書8社を比べる】233 「区別と差別」、「人権」について考える -11- ~2 区別と差別-11- ⑶ 一般的な、区別と差別のちがい 7 憲法分析2/3~

2017年07月07日 | 中学歴史教科書比較資料(2)h28

2 「区別と差別」について考える -10-
⑶ 一般に言われている、「区別」と「差別」のちがい 6/n (※「差別」の定義を追究中) 

② ウィキペディアや辞書などで、区別と差別のちがいを調べてみる。4/n  

●現行「日本国憲法」を調べる 2/3

日本国憲法>より引用  ~再掲~
第三章 国民の権利及び義務
第十条  日本国民たる要件は、法律でこれを定める。
第十一条  国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。
第十二条  この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
第十四条  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
○2  華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
○3  栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。
(以下略) 

 

ⅲ 法の下の平等」と「差別」<第14条> の分析・理解

① 1項と2・3項の関係

 大東亜戦争(米呼称「太平洋戦争」)の終戦の年:昭和21(1945)年の秋、占領軍中の素人が無理やり1週間ほどで作った占領下(間接統治下)の憲法原案は、ほとんどが米欧の「憲章」「憲法」「法」などを流用・利用・組み合わせて作られた。 (そのことは、憲法学者や関係者、(まともな)知識人などは昔から知っていたが、この頃になってようやく日本人の庶民の多くも、それなりに知るようになったようだ。)

 そのせいかどうかは分からないが、第14条各項の論理的関係は、素人にもわかりやすい《1が総論・原則,2以下は各論あるいは例外規定の型》や、《各項は対等・並列関係の型》ではなく、複雑にできているように思える。

(※私の法律関係の知識はとても浅いので、記述内容に法理論的な誤りがあればぜひ教えてください。)

 

・1項は、新憲法発布日本社会における、《と国民の関係》、および、《「基本的人権」=「自由及び権利生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」のなかの「平等」に関するありかた》を示している。

・2項は、現に存在している「貴族制度」の禁止(廃止)。

・3項も、現に存在している「栄典制度」、の無力化。実質的には、天皇(皇室)が与える「特権」の禁止や、栄典が《一族の誉れ・誇りとして受けつがれる》事態の阻止。

 

 どうやら、1項は《日本のあるべき姿》を示し、2・3項は《天皇(皇室)のもつ”力”を無くしていくための項目》のようだ。

 結局、全体としては、《天皇の力が効力をもたない、米国の理想のような社会の姿》を描いているようだ。

(※「理想のような」…当時の米国における「人種」・「信条」・「門地(「家柄」)」などの差別は、現在と比べれば、とんでもなくひどいものだった!)

 

 

② 1項:「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」の検討 

~つづく~  

 

<全リンク⇒ <日朝関係(現在の課題)・207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【中学歴史教科書8社を比べる... | トップ | 【中学歴史教科書8社を比べる... »

コメントを投稿

中学歴史教科書比較資料(2)h28」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。