日本会議唐津支部 事務局ブログ

日本会議は平成9年創立。唐津支部は平成24年に設立し、誇りある国づくりと豊かな唐津地域の発展をめざしています。

【中学歴史教科書8社を比べる】234 「区別と差別」、「人権」について考える -12- ~2 区別と差別-12- ⑶ 一般的な、区別と差別のちがい 8 憲法分析3/4~

2017年07月08日 | 中学歴史教科書比較資料(2)h28

2 「区別と差別」について考える -11-
⑶ 一般に言われている、「区別」と「差別」のちがい 8/n (※「差別」の定義を追究中) 

② ウィキペディアや辞書などで、区別と差別のちがいを調べてみる。5/n  

 

●現行「日本国憲法」を調べる 3/4

日本国憲法>より引用  ~一部再掲~
第十四条  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
○2  華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
○3  栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。
(以下略) 

 

ⅲ 法の下の平等」と「差別」<第14条> の分析・理解 2/3

 

① 1項と2・3項の関係 → どうやら、1項は《日本の人権状況のあるべき姿》を示し、2・3項は《”天皇(皇室)のもつ力”を無くしていくための項目》のようだ。結局、全体としては、《天皇の力が効力をもたない、米国の理想のような社会の姿》を描いているようだ。
(※「理想のような」…当時の米国における「人種」・「信条」・「門地(出身地)」などの差別は、現在と比べれば、とんでもなくひどいものだった!)

 ~以上再掲~

 

② 1項:「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」の検討  

 

●「法の下に平等」

 

 この前提として「法治主義」がある・・・日米欧などの「議会制民主主義の政治体制」を採用している世界の多くの国々は、統治のための基本(絶対的)条件として、《行政は議会が作った法によって行う》という原則に従っている。行政とは、文字通り”政治を行う”ということであり、国家主権により国民・領土などを統治すること。

 (※よくご存じのように、中共・北朝鮮・ロシアなどの独裁国家では”独裁者・組織が、”法の上” にある。なお、このごろはっきりわかってきたが、韓国では ”法の上に感情がある” らしい。)

 

 ざっくりと言えば、民主主義体制の国では、国民の行動規範として、ⅰ《 法成立よりも昔からある「道徳」や「信仰」「信念」などの「内的規範」》と、ⅱ《法規範》があるが、
行政においては、すべての行為に対する賞罰などが、ⅱの「法規範(=国際法/憲法・法律・条例など)」のみによって行われるということ。

 したがって、「平等」を行政上保障するのは「法」だけ(※その「法」を作るのは国民→議会)。

 つまり、「法の下に平等」の意味は、法治国家では、《「平等」は「法」によって保障される。》=《「法」で決められた「平等」のみを、国家・行政は保障する》ということになる。

 

 

●「政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」

 

 ”ヒトは「社会」的動物だ” という前提に立つならば、「社会的関係」とは事実上《すべての人間関係》という意味になる。

 しかし、「法治主義」の文脈から解釈すれば、ここの「社会的関係」とは、《法に定められたすべての関係》と理解するのが妥当だろう。

(※「日本の法」=憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法など。とても読みきれないほどの膨大な ”法的人間関係” が定められている。)

 

 つまり、この文を、《行政は、法に定められた関係において、(人種、信条、性別、社会的身分又は門地による)差別を許さない》と解釈する。

 

 

●「人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、…、差別されない」

 ~つづく~  

 

<全リンク⇒ <日朝関係(現在の課題)・207208209210211212213214215216217218219220221222223224225226227228229230231232233234

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【中学歴史教科書8社を比べる... | トップ | 【中学歴史教科書8社を比べる... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。