日本会議唐津支部 事務局ブログ

日本会議は平成9年創立。唐津支部は平成24年に設立し、誇りある国づくりと豊かな唐津地域の発展をめざしています。

【中学歴史教科書8社を比べる】224 「区別と差別」、「人権」について考える -2- ~2 「区別と差別」-2- 内心と行動の関係 -2-~

2017年06月28日 | 中学歴史教科書比較資料(2)h28

2 「区別と差別」について考える -2-

⑴ 「内心(欲求、感情、思考など)」と「行動(事象(現象):現実におきたできごと)」の関係 -2-

  ~※まだ「差別」のきちんとした定義はせず、《事例について検討しながら”きちんとした定義”を作っていく》という方法で進める~

 

【行動例1】~ある会社(民間企業)の社員採用の場で起きたできごと~

《採用試験の受験者は、日本人9人と在日韓国人1人(=Zと呼ぶ)だったが、結果として、Zだけを不採用にした。》

 

 これは、「在日朝鮮人差別」か?

 以下、Z=在日韓国人受験者、A=採用決定責任者(面接も担当)として、《「差別問題」になる可能性がある》いくつか不採用の場合について想定(シュミレート)する。

 なお、どの場合も、《①テストの内容と結果も、②面接の観点・基準と結果も、すべて非公開(=採用関係者だけが知っている)になっている》として想定する。

 

【場合(ケース)1】 ①客観:共通テスト(=ペーパーテストなど)は不合格 + ②面接は合格、の結果 → 不採用

 ※1 面接の内規に「国籍は問わない」と定められている。+ Aに”在日韓国人への差別心”がない、場合。

 ※2 Zの認識は、差別、非差別のどちらかになる。(不採用の理由は非公開だから)

 

【場合2】 ①テスト合格 + ②面接(※外国人不採用の内規あり:Zは知らない)不合格 → 不採用

 ※1 Aの内心は関係ない。

 ※2 Zの認識は、差別、非差別のどちらかになる。(不採用の理由は非公開だから)

 

【場合3】 ①テスト合格 + ②面接(※外国人採用の内規あり:Zは知らない)不合格 → 不採用

 ※1 面接の状況=各観点・基準には合格していたが、Aの”在日韓国人への差別心”により、不合格とした 

 ※2 Zの認識は、差別、非差別のどちらかになる。(不採用の理由は非公開だから)

 

 さて、上の1~3のうち、あなたは、どれが「差別」または「差別事象」だと思いますか?

 

【定義】「認識」=「認知」した「ものごと(事象)」について、自分の脳内で、「(ほぼ自動的:無意識に)解釈・思考・理解」し、《認知した事象がどんな事象であるか》が決まる(を決める)こと。

※1 「認知」=自分の感覚器官(目、耳、鼻…など)で受け取った情報が、脳に届いた状態。まだ、その情報についての理解はされていない。認識の直前段階。(学者により用語と定義はさまざまある。)

※2 認識までの過程・・・環境中の刺激(光、音、におい…など)→ 感覚器官 → 感覚神経から脳へ信号伝達 → 過去の記憶{概念}と照合し、解釈・思考活動を行う(ほぼ無意識) → 理解する(または理解できないことを理解する)。 ※思考訓練をした人は、認識活動をかなり意識的にできるようだ。つまり、過去の記憶だけにとらわれず根本的に思考する。その結果、「偏見」や「先入観」、自分の「感情」などの影響を(かなり?)取り除くことができるようだ。

※3 「感情」の強い関与・・・上記過程を理解すれば、”ヒトがする認識” が、それぞれの段階で、かなり簡単に”ゆがめられる(=変換される)”ことが分かる。特に、「感情」が、認識の前半段階の「解釈・思考」の際に大きな影響を及ぼすことは誰でもよく知っている現象。

 「あばたもえくぼ」「坊主にくけりゃ袈裟(けさ)までにくい」「親がにくけりゃ子もにくい」・・・ 

 

 【場合3】はみんなが「差別」だと思ったでしょうが、【場合2】についてはどうでしょう?

 面接・採用者の内心がどうであろうと、民間会社の採用内規により”自動的に不採用”なのだから、どうしようもない。

 では、《内規で「差別」しているから、差別だ》と言えるか? 

 また、《外国人不採用という内規を隠して(非公開にして)いたことが、差別だ》と言えるか?

 …ことがそんなに単純でないことは、わかってもらえたと思います。

 

~つづく~ 

<全リンク⇒ <日朝関係(現在の課題)・207208209210211212213214215216217218219220221222223224・>

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【中学歴史教科書8社を比べる... | トップ | 【中学歴史教科書8社を比べる... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。