日伊文化交流会

サークル「日伊文化交流会」は板橋区で生まれ、東都生協登録サークルとしてイタリア好きの人たちが集まり楽しく活動しています

銀座めぐりに行ってきました&銀座(Ginza)についてイタリア語で話す

2017年09月09日 | 日本文化紹介
銀座めぐりに行ってきました&銀座(Ginza)についてイタリア語で話す


今まであまり銀座めぐりもしたことがなかった私は 思い立って銀座めぐり&歌舞伎座ギャラリーに行ってきました!!以下は銀座めぐりについてです: 

イラストマップは 銀座1丁目にある 中央区観光協会で手に入ります 私はさらに 東京都庁1階の 東京観光情報センターで 各区や各県のパンフレットを色々いただいてきました


      *       *      *  

Storia di Ginza
銀座の歴史

Nel 1603, anno in cui Tokugawa Ieyasu venne nominato shōgun, Ginza era ricoperta di paludi. Dopo la bonifica, l'area attirò commercianti e mercanti.
La zecca, a cui Ginza prese il suo nome ("il luogo dell'argento"), fu costruita nel 1612.

1603年に徳川家康が将軍になった時、銀座は湿地帯でした。 土地改良のあとでこの一帯は商人たちを惹きつけました。
銀座がその名前(「銀の場所」)を取ったという造幣局は、1612年に建てられました。

* 湿地帯 paludi 土地改良する bonificare  zecca 造幣局



* 歌舞伎座発祥の地: 1624年に勘三郎が大阪から江戸に来てやぐらを上げて 歌舞伎座が始まりました


La moderna Ginza sorge nel 1872 quando, a seguito di un incendio devastante, il distretto fu ricostruito a partire da alcuni edifici in stile georgiano progettati dall'architetto inglese Thomas Waters. 

現代の銀座は1872年にこの一円で大火事があったあとでこの界隈が アイルランド人建築家のThomas Watersによってジョージアン様式の銀座煉瓦街が建てられました。

* れんが mattone 街路樹 alberi ai lati alla strada ガス灯 fanale a gas


*「煉瓦銀座之碑」は明治5年(1872)の大火のあとで 「焼けない煉瓦の町を作ろう!」という掛け声のもとで作られました。この時街路樹が初めて作られ、また車道と歩道が初めて分けられました。
明治8年にガス灯がともされ、85本できて人気を博しました。


* 銀座1丁目9番地の奥野ビル(すぐ左に大塚家具):  1932年に建てられた、モダンな銀座アパートメント。手動式エレベーターは今も動いており、今はギャラリーとなっています
新しく見える左の方が実は古いそうです(古く見せるのは簡単とのこと)
 
  * 手動式エレベーター ascensore a mano ←まだ動いています!!

← 奥野ビル 左側が古い

* 銀座2丁目の銀座発祥の地(伊東屋の横):  明治2年に町名変更で「銀座」という名前になりました
バブルがはじけたあとで銀行の支店がひきあげ、そのあと外国のお店が軒を連ねました(イタリアのブランドなど)

 * 銀座発祥の地 culla di Ginza   バブル崩壊 crollo della bolla economica

* 銀座通り(中央通り):

3丁目: デビアス銀座はイギリスの宝石店、キャバレーや、煉瓦亭(ポークカツレツ発祥の地)もある。

4丁目: 真珠(perle coltivate)のミキモト木村屋(あんぱん発祥の地)、三越 (ここの銀座4丁目交差点の角は「角(すみ)欠きビル」と呼ばれている)
* 真珠 perle cortivate デパート grandi magazini 交差点 l'incrocio

L'incrocio Yon-chome di Ginza e' uno dei piu' affolati del mondo.
銀座4丁目の交差点は世界で最も人手の多いところのひとつです。

5丁目: 鳩居堂(きゅうきょどう)は和文具の老舗、千疋屋/せんびきや(フルーツポンチ発祥の地
 * 文房具店 cartoleria 老舗 vecchia fondazione フルーツポンチ macedonia

すずらん通り
:  安藤七宝店のからくり人形「悠久の翼」。銀座は外堀に囲まれていた。攻め入られた時のために橋はかけず、今はその川を埋めて東京高速道路になった。千代田区、中央区、港区の真ん中にあり番地がない。(郵便配達の人は場所がわかるらしい)

* 七宝焼き ceramica cloisonne 外堀 fossato esterno 攻め入る assalire

 ← 安藤七宝店 悠久の翼

数寄屋橋(丸ノ内線銀座駅そば): 泰明小学校(ここは有名人が通いました、中央区は昼は15万人、夜は数千人の人口なので、小学校の存続のために越境入学を許しています。立て直す予定のためツタがはずされています。

 * 越境入学する iscrivirsi a una scuola fuori del proprio distretto  
ツタがからまる建物 palazzo coperto d'edera

  ← 泰明小学校

避難場所の公園が必要であり数寄屋橋公園が裏にあり、公園には「銀座の柳2世」があり、島崎藤村の言葉が刻まれた碑があります。)

 * 避難所 asilo しだれ柳 salice piangente 碑 monumento stele(石柱)

 ← 銀座の柳二世

銀座ファイブのビルの1階に「銀座コイン」があります。お宝鑑定団のテレビにも出る、江戸期の豆板銀、古い紙幣などがあります。

6丁目の みゆき通り: 鳳凰のガス灯があります。凮月堂の凮という字は、風は「お菓子が虫に食べられないように」というので わざとこの字にした(中が百)

「文芸春秋」のビルの奥に「ルパン」というバーがあります。昭和3年にできて、太宰治等の文士が通った日本で二番目に古いバー。戦時中は店の名を漢字にしたとのこと。

* ガス灯 fanale a gas   イタリアのbarは日本のバーとは違う 日本のバーはnight club等を使うとよい  文士 scrittore

並木通り:  落ち着きのある通り。もなかの「空也」。石川啄木の歌碑(死ぬ前に朝日新聞社に勤めた)ルイヴィトン日本1号店、PIAGET等があります

 * もなか spezie di wafer contenente marmellata di azuki
  
交詢社(こうじゅんしゃ)通り: 交詢社(明治23年震災後、チューダー式ゴシック調に建て替え)福沢諭吉等 慶応ボーイが入ったそうです

8丁目/金春(こんぱる)通り: 8月に金春通りで能をやります 寿司の久兵衛、俺のフレンチ等の店などがあります

博品館(おもちゃ)、オメガ、銀座ライオン7丁目店があります

  * 玩具店 negozio di giocatori

このあと歌舞伎座の上にある歌舞伎座ギャラリーに行きました(^^)/              

* 銀座については こちら

* 参考:  Wikipedia  Giappone 他

* 写真は 銀座発祥の地の記念碑 


イタリア語ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エジプトの世界遺産と歴史に... | トップ | 東都生協登録サークル「日伊... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本文化紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。