日伊文化交流会

サークル「日伊文化交流会」は板橋区で生まれ、東都生協登録サークルとしてイタリア好きの人たちが集まり楽しく活動しています

NHKドイツ語講座でもおなじみのマライ・メントラインさんの出版記念講演会「笑うときにも真面目なんです」に参加しました(2017.9.8)@(公財)日独協会

2017年10月04日 | ドイツ語・独検
NHKドイツ語講座でもおなじみのマライ・メントラインさんの出版記念講演会「笑うときにも真面目なんです」に参加しました(2017.9.8)@(公財)日独協会



NHKドイツ語講座でもおなじみの マライ・メントライン(Marei Mentlein)さんの出版記念講演会に行ってきました!!  マライさん初の著書『笑うときにも真面目なんです』にもサインしていただきました♪

この本はNHKドイツ語講座テキスト巻末の連載をまとめて 日本語訳をつけたり等 3年がかりで出されたエッセイ集で 音源(マライさん吹込み)もダウンロードできます

私はヘンドリックス先生の「耳が喜ぶドイツ語」のCDでいつもマライさんの声を聞いていました♪ しっかりしてて理知的でかわいくておしゃまで...いや昔からの知り合いみたいな感じ!!(笑) ←「Euro24」もいつも見ていました!


さて 本のタイトル「笑う時にも真面目」ですが 実はこのタイトルをつけた理由のひとつが ドイツ人のWitz(ジョーク)文化だということです 
なんでも ジョークに対しておかえしにジョークを言う「ジョーク文化」があって ちゃんと笑わ(え)ないといけないから みなさんジョーク集なんかを買って予習してくるんだそうで... しかしどこかしら地元のジョークがメインなので いまいちインターナショナルにならないそうで... うんわかる( *´艸`)
ためしにオランダ人についてのジョークをご披露していただいたのですが いまいち笑えなくて...ドイツ人じゃないと面白くないのかも??

また 「ドイツ人あるある」について クイズを交えてご紹介いただきました!

ドイツ人が赤信号を渡らないのはなぜか? 「ルールだから」ではなく「ルールに納得しているから」なのだそうです うんわかる! なんでも納得しないと気がすまないのですね

例えば飲み会のあとの支払いも時間がかかるんだそうで... 私はビール飲まないから 肉は食べないからetc... 自分の食べた分だけ払いたくて しかもどんぶり勘定でなくて 一円単位まできっちりと会計するので大変なんですよ~ 特に来日したてのドイツ人程その傾向あり...だんだんと日本人のように割り勘に慣れてきますけどね

というわけで...

Wir zahlen getrennt! 別々に支払います!
 ←覚えておくと役に立つドイツ語フレーズ♪


ドイツ人のおうちに行くと 全部屋をくまなくみせてくれますが きちんと褒めましょう♪
そしてドイツ人のおうちはいつも整理整頓ピッカピカ♪♪ 汚いおうちもあるにはあるが それはドイツ人にとっては 恥を捨てたも同じで とにかくすきま時間にちょこちょこきれいにしたり あとは「お掃除スイッチ」が入ると ずーっと徹底的に掃除し続けるのだそうです!! 

ドイツ人に人気の動物は 特にティーンの女の子にとっては 馬(Pferd)だそうで 馬の雑誌なども幾種類もあり 男の子に夢中になる前はまず馬!! 日本でもペットの漫画雑誌はあるけど 馬だけの雑誌とは...

ドイツ人のバーベキュー愛♡ この肉の山!山! さすがドイツ人という感じで 味覚よりも満腹感を優先させるのだそうです 

 ← バーベキュー!! くわしくはマライさんの本を(笑)

そしてじゃがいも大好き! ←フリードリッヒ大王がジャガイモを広めて飢饉から人々を救い 今も墓の上にはいろんなじゃがいもが添えられています

 ← Kartoffelsalatはこのように いつもどーんと大盛り( `ー´)ノ

ここで次のフレーズ
Haupusache es macht satt. 満腹ならそれでよし



また メルケル首相がパートナーシップ婚(同姓婚)の法律を成立させたようなもの カーニバル好きは主に西と南で 北はあまりさわがない等...そして 工業製品のような味(?)の グミ(Gummi)のサルミアッキ(SALMIAKKI)も皆さんでまわして食べてみました

← これが黒いグミと言われるサルミアッキ!!


マライさんは北ドイツのキール出身で キール市役所(Kieler Radhaus)の塔は ヴェネツィアのサン・マルコの鐘楼(Campanile di San Marco)をまねて作られたそうで キールの自慢なのだそうです

次に「パタノスター(Paternoster)」という扉のないエレベーター!! これは古い大学などに少し残っているそうですが 扉がないので間違えると事故に遭うため 慣れた人でないと乗りません

マライさんは子供の頃に入った民族博物館で見た「漢字(Kanji)」に感激し 大きくなったら日本語を勉強したい!!と思われたそうです 「木」は形も木にそっくりだし Baumといちいち書かなくてもいいからって(*^-^*)

昔 私がドイツの小学校で子供たちに漢字を披露した時 「一 二 三」がチョー受けて 「四」は棒が4つじゃないの?と聞かれたこと思い出した(笑)


16才で初来日され10か月間の留学を経て 大学卒業後すぐに来日されたそうです 今は通訳や翻訳 テレビプロデューサー ライター等 多岐にわたるお仕事をされてらっしゃいます 「職業はドイツ人」とのこと!!

ドイツの洗濯機はお湯で消毒するタイプだけど 日本の洗濯機の水が冷たいのが悲しいって... これは 日本人が熱い湯舟につかれないのが悲しいのと同じかな? ← 調べてみると お湯で洗うタイプの洗濯機は あるにはありますが 業務用がメインで一般家庭にはまだ時間がかかりそうです
 
来日後は ドイツそして日本に詳しくなったそうです 

先ほどのクイズのように ドイツ人は納得しないと払わないのですが 無駄遣いをせず節約上手で (詳しくはマライさんの本もしくは「耳が喜ぶドイツ語(Hören macht Spaß!)」のGeiz und Geilを参照) その浮いたお金でバカンスに行って日焼けするか あるいは日焼けクリームを買います(笑)
そういえばイタリア人も 小麦色の肌はヴァカンスに行った証で せっせと焼きますね( *´艸`) ← 日焼けをきらう日本人からすると 正反対ですね~

この日は満席でキャンセル待ちも多かったそうで 若い方が多かったようです 

私は数年前のNHKイタリア語講座でおなじみのアリーチェ・セッテンブリーニさんのインタビュー(イタリア文化会館で自分で行った)に続き 今回はマライ・メントラインさんにもお会いできてハッピーでした♡

 ← 本を手にツーショット

それにしても日本語ペラペラ!! ぜひマライさんの著書を読んでください♪

「休むためならあくせく働き、笑うときにもルールがあって、ケチが尊敬に値する...そんなドイツ人「あるある」を やさしいドイツ語でたのしく描いた、16の対訳エッセイ集
」 

笑う時にも 真面目なんです(Wir lachen ernsthaft)」は こちら


開催のお知らせは こちら

マライ・メントラインさんの今後のご活躍を 陰ながらお祈り申し上げます

この10月からのNHKラジオドイツ語講座応用編(木・金)「ベルリン 変容する都市」に ここ日独協会職員の鎌田タベアさんが出演しています!! やはり日本語ペラペラのベルリン出身の方です!(^^)! 彼女の著書「日本人が知りたいドイツ人の当たり前」は こちら


* 写真は ティーンズ向けの「馬」の雑誌数々


ドイツ語ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加