日伊文化交流会

サークル「日伊文化交流会」は板橋区で生まれ、東都生協登録サークルとしてイタリア好きの人たちが集まり楽しく活動しています

「工場から製造コミュニティー、メード・イン・イタリーの町へ」リポート(2015.2.25)@イタリア文化会館

2015年02月28日 | イタリアの建築
「工場から製造コミュニティー、メード・イン・イタリーの町へ」建築家ルーカ・セーヴィ氏講演会リポート(2015.2.25)@イタリア文化会館

2015年2月25日(水)夜 イタリア文化会館にて「工場から製造コミュニティー、メード・イン・イタリーの町へ(Dalla fabrica alla comunita' produttiva alla citta' del Made in Italy)」というテーマで 建築家ルーカ・セーヴィ氏の講演会が開催されました 

氏が2012年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展で行った展覧会「メード・イン・イタリーの建築」展で取り上げたテーマを掘り下げて論じました

メード・イン・イタリーの企業にとって 働く環境のクオリティは 洗練された生産システムとともに 優れたもの作りの重要な要素です
社屋や工場の建設は 進出する地域の再活性化に貢献します
こうした企業進出は その町の計画の有効活用において 歴史や文化を高める経済再生の鍵となることを示しています

        *        *        *

講演会 講師:ルーカ・ゼーヴィ氏(建築家・都市計画家 歴史的地街区の再活性化や古い建物のリノベーションを専門とする)
日 時:2015年2月25日(水) 18:30~
会 場:IIC アニェッリホール
テーマ:工場から製造コミュニティー、メード・イン・イタリーの町へ


建築関係に詳しいゲストのM氏より 早速講演会のリポートが届けられました:

*講演概要(取材していた訳ではないので、全ての内容を把握していません)

2012年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展の中で (当時)経済危機の中で 私達は建築家としてどのように貢献できるかを取り組んだ

1960~70年代では大きな(大規模)企業が成功し 80年代には中小企業 しかも大都市ではなく地方都市・中・小規模都市で台頭するようになり 「Made in Italy」としての伝統の力 職人の手になる成果を挙げてきた
しかも製品の品質向上を目指して来た 

リーダー達が 工場建屋の中で 単に自社製品だけでなく 製品を作り上げる建屋の建設も又大事であると思うようになった

東京・表参道界隈の産業の製品への取組み姿勢・PRのあり方を見ても感ずることだが イタリアでは自分達の製品PRや 製品の高品質生産も大事であるが 素晴らしい環境を維持することも大事である

レンゾ―・ピアノが手掛けたフランスのポンピドゥーセンターは 多目的施設でありながら しかも文化の向上としての(付加価値)を生じている
1850年代から続いている(南イタリア)アマルフィ海岸に近い所の工場では 煙突柱をタイル張りにし 陶器のコマーシャルの役目も果たし 見せる工房を演出している

特に1980年以降は革新的建物が増え そこに組み立てラインを供するのではなく 製造過程の中で 質の高い働き方の演出を考慮している
外から見る外観ではなく そこに働く人達から感じられる景観を取り入れる生産現場が増えた

工場併設オフイスでは 今まで大きな違いがあったが オーナー(経営者)が設計に対する高品質な取り組みが 労働環境に一体感をもたらすようになり その町作りに溶け込む余裕さえ生まれた


農業景観の中の建築の視点で見ると ワイナリーとは云っても そこは単にワイン醸造所ではなく 見学する所であったり 途中試飲コーナーに出くわしたり 美しい景観を取り込むことによって 内・外でここに素敵なワイナリーがあるんだよ、と...
そこには日本の設計に対するノーハウも登場している

いずれにしても建築家とオーナー側とが一体になって 新しい生産方式も取り組む
更にトレビーゾのベネトーンでは 古い既存工場を再利用し そこで古い・新しい価値観を共有し 働きやすい労働環境を形成している
(オリベティの既存工場を ボーダフォンが買い上げ成功した事例も)

更にアブルッツオ(数年前、突如の大規模地震で町は壊滅状態?だった)の古い街を蘇らせて 緑を増やしホテル産業に特化して 消えかかる街を蘇らせる事業も行った(後半省略)


最後に名だたる大学教授や 設計専門の建築家や 他多数のリスナーによる質疑応答があり 終了後も熱心な出席者が列をなして講演者との懇談があり 日本の明日の建造物の再生を考える 非常に密度の濃い講演会となりました(終)


* 素晴らしい講演会を開催してくださいましたイタリア文化会館様に心よりお礼申し上げます


イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界展」リポート(2014.9.19)@ LIXILギャラリー

2014年09月26日 | イタリアの建築
「建築の皮膚と体温-イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界- 展」に行ってきました(2014.9.19)@ LIXILギャラリー


ドイツ語レッスンの帰りにジオ・ポンティ展の世界展に行ってきました 
京橋で降りてすぐのLIXILギャラリーは初めて入りましたが 一階が本屋さんで建築関係の本を置いてあります

二階には巡回企画展が2つ ひとつはこのジオ・ポンティの世界展 もうひとつは「木村恒介展 光素(エーテル)の呼吸(2014.9.4~11.24)」(なんとも不思議な 鏡のゆらぎの中で 鏡に写った自分の姿がゆら~り ゆら~りとゆらぐ体験をしました)でした

イタリアモダンデザインの父」と呼ばれるジオ・ポンティの作品では 事前に写真を見ていた「小石形のタイルが埋め込まれた壁面/ホテル・パルコ・デイ・プリンチピ(イタリア、ソレント 1960-1962)のレセプション」を実際に見ることができて 思わずその空間にタイムスリップしたかのように感じました

ブルーを基調にしたタイルを組み合わせた展示があたたかく 生前のポンティのインタビュー(この頃はちょうどオイルショックで だから建築にかけるお金にまつわる言葉も出たのでしょうね)を字幕付きで見られたのがとてもよかったです 

ホントにあたたかなタイルで作られた建築の「皮膚」(表面)への こだわりを感じてきました

小さな展示会でしたが 静かに作品を楽しむことができて ステキな空間でゆったりしてきました


下に降りるとレセプションがあり 様々な資料が展示されています とてもステキな空間でゆっくり資料を手に取って読むのにちょうど良いですね
ここではやきもの個展 現代美術個展等も開催されており いろんなものつくりに関する展覧会情報もありました


「建築の皮膚と体温 ~イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界~」展
2014年9月4日(木)~11月22日(月)
於  LIXILギャラリー (中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA2F)
(地下鉄銀座線「京橋」駅 より徒歩1分、地下鉄有楽町線「銀座一丁目」駅より徒歩3分他)
開館時間 10:00AM~6:00PM ※入場無料  休 館 日 水曜日

     
開催のお知らせは こちら



美術館・ギャラリー ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建築の皮膚と体温-イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界- 展(2014.9.4~11.22)

2014年08月23日 | イタリアの建築
「建築の皮膚と体温-イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界- 展」のお知らせ(2014.9.4~11.22)@ LIXILギャラリー


ジオ・ポンティ(Gio Ponti : 1891-1979)は、ミラノを拠点に幅広い分野で活躍した建築家、デザイナー、画家、編集者で、「イタリアモダンデザインの父」と呼ばれています。

本展では、建築家としてのポンティに焦点をあて、モダニストでありながら、建築の表面に様々な表情を与えようとしたポンティのこだわりを読み解きます。

建築の皮膚と体温 ~イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界~」展
2014年9月4日(木)~11月22日(月)
於  LIXILギャラリー (中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA2F)
(地下鉄銀座線「京橋」駅 より徒歩1分、地下鉄有楽町線「銀座一丁目」駅より徒歩3分他)
開館時間 10:00AM~6:00PM ※入場無料  休 館 日 水曜日

      *       *       * 

 │展覧会の見どころ│ 

ジオ・ポンティは、イタリアの陶磁器メーカー、リチャード・ジノリのアートディレクター時代に培った素養を活かした陶器、カトラリーや食器のデザインから、家具や高層ビルの設計まで手がけるなど、多彩なマテリアルと戯れる稀有な存在として、近年、ヨーロッパを中心に世界各国で再評価が進んでいます。

本展は、ポンティの多岐にわたる活躍の中でも建築家としての作品に注目し、視覚的効果を多用した 独特の建築表現を紹介します。20世紀初頭のモダニズム以降、建築の“表面”には人間的な温かみや楽しさ、手仕事や装飾の魅力が置き去りにされる傾向がありました。

一方、ポンティはモダニストでありながらも、建築の“表面”の表現を模索し、工業製品に手仕事を介在させて、そこに質感や温もりといった「皮膚感覚」を与えました。特に1950 年代以降、ポンティは建築という重さを伴う存在のなかに、「軽やかさ」と「薄さ」を追求します。

その結果行き着いた建築の「皮膚」(表面)への こだわりを、彼が好んで用いたマテリアルである陶磁器(タイル)を中心に、建築思考を伝える格言や独自のグラフィックなどから多角的に読み解きます。

なお、本展は、2013年11月2日から2014年3月18日まで、愛知県常滑市で㈱LIXILが運営する、土とやきものの文化施設「INAXライブミュージアム」にて開催した同展を、大阪(2014.6-8月終了)、東京のLIXILギャラリーの巡回展として、映像、ポンティの言葉 など展示資料を加え、空間も新たに展開します。

* 写真: 小石形のタイルが埋め込まれた壁面/ホテル・パルコ・デイ・プリンチピ(イタリア、ソレント 1960-1962)のレセプション
撮影/梶原敏英


* 詳しくは こちら

* 愛知県常滑焼といえば その昔(笑)結婚式の引き出物に使わせていただきました 今も愛用しています 懐かしいです...
 
* 掲載を許可していただきましたLIXILギャラリー様に 心よりお礼申し上げます


* 蝉の声に交じって昨夜はようやく秋の虫の声が...少しずつ暑さも和らぎつつありますね

さて 今日からいよいよ渋谷Bunkamuraで カンヌ国際映画祭、アカデミー賞最優秀外国語映画賞等を受賞した『グレートビューティー/追憶のローマ(伊題:La grande bellezza)』が公開されますね!!

 


美術館・ギャラリー ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァザーリ生誕500年記念特別展「ヴァザーリのウフィツィ:  建築とその表現」が開かれます(9/26~10/12)

2011年09月13日 | イタリアの建築
ヴァザーリ生誕500年記念特別展「ジョルジョ・ヴァザーリのウフィツィ:  建築とその表現」が開かれます(9/26~10/12)


2011年9月26日(月)~10月12日(水) 11:00~18:00(日曜休館)
イタリア文化会館エキジビションホール(1階) 入場無料

国際シンポジウム: ウフィツィと宮廷建築家 ジョルジョ・ヴァザーリ (日伊同時通訳付)
2011年9月27日(火) 9:00~17:00 イタリア文化会館 アニエッリホール

特別講演会:  ウフィツィ美術館新入口の建築について
磯崎新(建築家)  (日本語のみ)
2011年10月8日(土) 16:00~17:50 イタリア文化会館 アニエッリホール

入場無料 要予約(定員370席)
参加ご希望の方は件名「9/27 シンポジウム」「10/8講演会」と共に氏名 電話番号 参加希望人数を明記の上
Eventi.iictokyo@esteri.itまでメールにてお申し込みください

http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=394

*9月23日(金)までは「日本×ファエンツァ やきものの現在」を展示中です!! レッスンの帰りに観てきました 日本人の陶芸入賞作品もユニークでとても素晴らしく またグェッリーノ・トラモンティの出品5作品も印象深い作品であります(*^_^*)




人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加