日伊文化交流会

サークル「日伊文化交流会」は板橋区で生まれ、東都生協登録サークルとしてイタリア好きの人たちが集まり楽しく活動しています

第24回いたばし国際絵本翻訳大賞 作品募集中!(参加申し込み締め切り: 2017年10月31日)

2017年09月02日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト

第24回いたばし国際絵本翻訳大賞 作品募集中!(参加申し込み締め切り: 2017年10月31日)



「絵本のまち」板橋では、外国の文化に触れ 国際理解を育むために 絵本の翻訳作品を募集します
課題絵本は英語とイタリア語の絵本です あなたの言葉で 海外絵本の魅力を表現してみませんか?


イタリア語部門
書名:「SOGNI D'ORO POMODORO


トマトを食べたくないと泣き叫ぶアニータは トマトを持たされたまま食事のテーブルから追い出されてしまいますが トマトと遊び始めると・・・

英語部門「The Journey」
は 戦争が始まり父親がいなくなり 母親は遂にふたりの子どもを連れて広い海を渡り 国境を越えてゆき...というストーリー

参加申込締切日: 平成29年10月31日(火)必着
課題絵本の数に限りがあり 申込順とし 予定数がなくなり次第締切りとします

作品応募締切日: 平成29年11月30日(木)当日消印有効


詳しくは こちら


さあ今年もいよいよ!! ↑上の講評はぜひお読みください

近所の図書館にさっそく課題絵本を読みにいってきました!! でね~ 今年のイタリア語課題絵本は 平易な文章でとてもわかりやすかった!! かわいいお話です♪ 

英語の課題絵本は 戦争にまつわる一家の逃亡のお話でした ラストは...作者の切なる願いがこめられており じーんときました


昨年開催された「イタリアブックフェア2016春 翻訳絵本ができるまで 翻訳大賞からのスタート」(2016.4.3)@イタリア文化会館」は こちら



イタリア語ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第26回イタリア語スピーチコンテストでイタリア語仲間が初出場で見事第一位をゲットしました!!(2016.12.3)@イタリア文化会館/主催: 日伊協会

2016年12月09日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
第26回イタリア語スピーチコンテストでイタリア語仲間が初出場で見事第一位をゲットしました!!(2016.12.3)@イタリア文化会館/主催: 日伊協会


昨年は 日伊学院のイタリア語仲間Mさんが「朝日新聞社賞」を受賞されましたが (彼女はその後イタリア雑貨のお店「gioia」を開き サイコーに頑張っていらっしゃいます!!) 今年はなんと 5年来のイタリア語&ドイツ語仲間の早稲田大学のN君が 初出場で第一位をゲットしました!!すっごい!(^^)!

実は 3年連続早稲田の学生さんが一位をゲット(^.^)/~~~

日伊協会のリポートによると 「1位のNさんのスピーチ「犬も歩けばイタリア人にあたる(Italiani cittadini dell’Europa)」は、ベルリンの大学に留学したときに多くの若いイタリア人がドイツに「頭脳流失(la fuga dei cervelli)」のごとく流れてきている現状を考察したお話で、イタリアが移民を受け入れる国から、移民に出て行く国になっているという、イタリアの新しい一面を感じさせるお話でした。」とのこと 

内容のすばらしさと質疑応答(なぜベルリンに?また 頭脳流出について等) ひとひねりある きらりと光る何かがあるので 多少スピードが速すぎたものの 第一位となったのです!!
この人が優勝かな?という迫力あるスピーチをされたやはり早稲田の方は ミラノ万博で働いた経験とイタリア語習得の体験を話され 朝日新聞社賞を受賞されました

発音のすばらしさ 実に喋りなれてるなぁ~と惚れ惚れする人もいらっしゃいました また何年も連続出場されてらっしゃる方もいらして (年々上達しているのがわかります) その努力に頭が下がります!! 毎年よくテーマを考えつくなぁと 私は頭カラッポなのでひたすら尊敬(;'∀')
エスプレッソコーヒーと抹茶 とか お風呂文化について とか 好きな作家について とか 的を絞ったテーマだと比較的印象に残っています 
いや~ 12名のスピーチは聞くだけでも喉がカラカラになる程緊張するものです...

私が初級の頃に一次にトライした時に 先生から「真摯な気持ちで取り組まないとダメ!」と諭されたことがあります 忘れられません 
本選に出場された方のうしろには それこそ何人 いえ十何人もの一次審査で落ちた方たちがいることを忘れず 真摯な気持ちで鍛錬して発表の場に臨んでほしいものです 

また質疑応答もあるので 想定される質問(必ずスピーチの内容に即して出されます)に答える練習などもできるし 聞き取り力も試されます 「またイタリアに行きたいですか~?」という質問が来ると ← おっ きたきたって感じ?(^.^)/~~~

「本」について話された方のスピーチで 「新しいことば(を学ぶの)は まるで新しい人生のようだ!」 このセリフはうんうんと頷いてしまいました!!

また 「イタリア語は日本語よりも感情を表しやすい言葉だ」 と話された方にも ウンウンと納得~(^^)/

2位の方のスピーチでは 「語学を学ぶのは 文化構造にもとづいて その言葉でなければ表現できないものを学ぶためだ」という趣旨のことを話されました イタリア人に バイトとかシューカツ等という言葉を説明する工夫など...

この席で3年前に習っていた先生 (優勝した学生も教えてらした)と再会できて 抱き合って泣いてしまった…なつかしくて 駆け抜けた日々が懐かしくて…

ビュッフェではいろんな方たちや先生とお話して トークイベント「イタリア語よもやま話」ではちゃんと手を挙げて答えられた♡



イタリア語仲間とその足で 「青の洞窟SHIBUYA」のイルミネーションを見に行きました 

これまでのこと これからのこと すべてひっくるめて納得して見えた一日でした!!

またエネルギーが湧いてきます うちに帰ったら「明日はCILSの試験です」という イタリア語仲間からのメールが!! 12月は試験(通訳案内士の二次もありましたネ)やコンテストが目白押しですね(^.^)/~~~

   *      *      *

審査時間を利用しての 日伊協会R.アマデイ先生と押場先生によるトーク・イベント「イタリア語よもやま話」はケッサクでした!!

Che pizze!! という写真の言葉 これはpizzaは「つまらないもの、駄作」という意味もあるんですね~ なかなかここまで意味を知り尽くすのは年月がかかるものですね~(特に私は)



Oggi tagliamo i panni adosso alle persone.
着ている服を切る = 酷評する な...なんと先ほど喋り終えたスピーチの中から取り出した「酷評」をご披露くださったわけでアリマス ビックリ!!

visitare Firenzeとか visitare la bottegaとかは✖ andareでよい
visitareは 調べながら見る、チェックする、診察する という意味なのです 辞書に書いてある訳語をうのみにしちゃダメ!!

そこでご紹介いただいた辞書が ジャーン!!

Zanichelliの dizzionario delle collocazioni です!!

アマデイ先生も「私でも使ってる」辞書とのこと problema delle collocazioni (comvinazioneのような意味)が分かる一冊です!!

たとえば 「ごはんを炊く」は cuocere il riso ですが 「ごはん」はすでに炊けているものなのに それを「炊く」ってヘンですよね?

「湯をわかす」のも「湯」はわいているから湯なのにね~(笑) これは scaldare l'acqua で「水を温める」ですね!

辞書は こちら


adottare una strategia は 「策を講じる」 dare un esameは 「(生徒が) 試験を受ける」 fare un esameは 「(試験管が) 試験を行う」です *ここで手をあげて答えることができて嬉しかった(^^)/
このトークショーを聞きながら笑い転げてしまい わかるようになったので嬉しいです♡
bruciare la pizza は 「ピザを焼く」じゃなくて 「燃やす」だからダメよ(笑)

ドイツ語にも「機能動詞」というのが(動詞が前置詞等とセットでいろんな意味になる) たくさんありますよね~ 

また お褒めの言葉をいただいた表現は:
Anno nuovo, vita nuova という熟語をもじって
Lingua nuova, vita nuova という新しい独創的な表現を作ったというもの!!

Padiglione Giappone
日本館 この現代的な言い方もお年寄りには抵抗があり Padiglione del Giappone が妥当とのこと (国名には定冠詞がつくので)

このあとは先日のMauro教授の講演会「基礎イタリア語新辞典-言葉の盛衰 Il Nuovo Vocabolario di base d'italiano: Parole emergenti, parole declinanti」の簡単な紹介がありました!!

日伊協会のリポートは こちら

素晴らしいコンテストを開催してくださいました 公益社団法人 日伊協会様に 心より感謝申し上げます。

 


イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第26回イタリア語スピーチコンテスト参加者募集中です(2016.10.20締め切り)@日伊協会

2016年09月04日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
第26回イタリア語スピーチコンテスト参加者募集中です(2016.10.20締め切り)@日伊協会



今年度26回目となります日伊協会主催の「イタリア語スピーチコンテスト」参加者を募集します。

イタリア語のスピ-チ原稿(テ-マは自由、スピ-チで4分以上5分以内)と、所定の応募申込書を添付の上お申込み下さい(参加資格など詳細は下記リンク参照)

■締切日:2016年10月20日(木) 当日必着

■審査方法:第1次審査: 提出されたスピーチ原稿の審査により、10名前後の最終審査会出場者が選ばれ、11月4日頃までに本人あて通知されます。

最 終 審 査: 提出された原稿によるスピ-チと、イタリア語による質疑応答により、入賞者が決定されます。審査は語学力のみならずスピ-チ内容など幅広い観点より行なわれます。

最終審査会および授賞式:2016年12月3日(土)午後1時 より東京・九段イタリア文化会館〔アニェッリホ-ル〕 にて行なわれます。
〔 一般公開 入場無料 〕

日伊協会主任講師の押場靖志先生と、日本における通訳第一人者のRiccardo Amadei先生によるトークショー「イタリア語よもやま話」も併せてお楽しみいただけます


賞:1位から3位まで(各1名)を入賞とし、日伊協会より賞状および賞杯、さらに各入賞者に下記の副賞が授与されます。

副賞:1位 日伊協会よりイタリア語学校(Roma Torre di Babele校)研修授業料、スルガ銀行賞として滞在費10万円
アリタリア-イタリア航空より航空券(東京-ロ-マ往復)、イタリア文化会館賞

2位 日伊協会よりイタリア語学校(Siena Dante Alighieri校)研修授業料、スルガ銀行賞として旅行券10万円分


3位 スルガ銀行賞として図書券5万円分


なお上記以外に特別賞として朝日新聞社賞、日伊協会賞が授与されます。

  *       *       *

今年の最終審査会は12月3日(土) 13時~ イタリア文化会館(九段下)にて開催されます

審査時間中にはな なんと押場先生とRiccardo Amadei先生によるトークショー「イタリア語よもやま話」が予定されています!!

今まで何年も欠かさず聞きに行っていますが 審査時間中はお疲れ休みに2階のカフェコーナーに行っていたのですが ここ2年くらいはトークショーをやってくださるので そちらも楽しみ(*^^)v そのあとはビュッフェと続くので休みなしです(笑)

スピーチは制限時間をオーバーしすぎず あまりにも早口になりすぎると緊張しますので 内容(ボリューム)に気をつけて そしてスピーチのあとは「質疑応答」(内容に即したいくつかの質問に答える)もありますので 想定された質問に答えられるような準備も必要と感じます レベルが年々上がっている感じがします

昨年のリポート「第25回イタリア語スピーチコンテストで今年は知人が受賞しました!!(2015.12.5)」は こちら


スピーチコンテスト応募要項など 詳しくは こちら




イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第23回いたばし国際絵本翻訳大賞エントリー開始のお知らせ(2016.8.20~10.31)@ いたばし国際絵本翻訳大賞事務局

2016年08月31日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
第23回いたばし国際絵本翻訳大賞エントリー開始のお知らせ(2016.8.20~10.31)@
いたばし国際絵本翻訳大賞事務局



文化のまち板橋では、外国文化に触れ国際理解を育むため外国語絵本の翻訳作品を募集します
課題絵本は英語とイタリア語の絵本です
あなたの言葉で海外絵本の楽しさを表現してみませんか

課題絵本/英語部門 書名:「Stop,Thief!」
作: Heather Tekavec 絵: Pierre Pratt

イタリア語部門 書名:「Che cos’ è un bambino?」
作・絵:Beatrice Alemagna

課題絵本は いたばしボローニャ子ども絵本館と 板橋区立各図書館でご覧になれます

参加申込締切日: 2016年(平成28年)10月31日(月)当日消印有効

課題絵本の数に限りがあります(英語部門1,000冊、イタリア語部門300冊)
このため申込順とし、予定数がなくなり次第締切りとします。

作品応募締切日:  平成28年11月30日(水)当日消印有効

審査員/
英語部門 三辺 律子 先生(英米文学翻訳家)冨田 麗子 先生(翻訳家・絵本翻訳講師)

イタリア語部門 関口 英子 先生(翻訳家)
副審査員 赤塚 きょう子 先生(翻訳家)

賞/
最優秀翻訳大賞 (各部門1名)…賞金15万円
優秀賞 (各部門1名)…賞金10万円
特別賞 (各部門3名以内)…賞金2万円
※賞金は変更になる場合があります。

入賞者発表/  平成29年2月下旬

詳しくは こちら


      *     *     *

今年のテキスト絵本は 「いろんな子どもたちがいる 大人をあっと驚かせることもある みんないつか大人になるけど...」そんな絵本です♡
図書館で読んでみましたが 昨年よりも平易な文と内容で ストーリーもさらっとしていて いろんな子どもたちがいるよ 大人になったらこうなりたいって思い描いているよ そんな楽しい絵本でした(^_^)

* 4月のイタリアブックフェアで聞いた「イタリアブックフェア2016春 翻訳絵本ができるまで 翻訳大賞からのスタート」(2016.4.3)@イタリア文化会館」のリポートは こちら
大賞受賞の決め手となったある訳語がどう生まれたか?興味深々です♪


イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イタリア語上級リスニング教材「Ascolto Avanzato」で8割取れて実力アップを感じました(2016年8月)@edilingua

2016年08月24日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
イタリア語上級リスニング教材「Ascolto Avanzato」で8割取れて実力アップを感じました(2016年8月)@edilingua



口が覚えるイタリア語」を復習したあとで次に取り組みました♪

なにかよいイタリア語の上級リスニング教材はないものだろうか...と ネット検索で必死で探して一年前に買ってから 色々忙しくて手つかずだったリスニング教材 「Ascolto Avanzato」を この暑い中(笑)夢中になって正味6日間で一気に集中して仕上げました!!

7月末の国際交流パーティーで聞き取りがあまりできない場面があり これではいけない!と一年ぶりに取り出し 前半後半ともに正味3日ずつで だーっと夢中で仕上げました 
採点すると四択・ニ択は8割以上 ディクテーション(各4文字まで)は半分以上できていました
なので もう面白くて夢中になって次々に聞いては採点し ノリノリで仕上げました(^^)/

なんでいい点なのか? これは練習なのでちょっとオマケして 「先にじっくりと問題文を熟読してから」(もちろん辞書は使わず) 問題文を聞いたのです
一回聞いて答え もう一回聞いて確認しました 

実際の試験では緊張して 問題文をじっくり納得ゆくまで読めるかどうか不安なのですが これはまぁ訓練だから...

この本はちょうどイタリア文化会館で使っていた「Progetto Italiano2」よりも少し長くて難しい感じです マリア・カラスの一生というテーマも同じでした

4~10個くらい設問があり それをアタマに入れておかないと 途中で音声を止められないのであちこち聞き逃してしまいます 
早口だとあまりメモも取れないこともありますが そんな時は話の流れをひたすら聞き取ることに専念しました 

メモを取るにも 速記のように記号にすると速いです 〇 × ♡ ↗ ↘ (数字の上がった下がった、よい悪いがわかれば助かります)
人名や地名などは 最初の部分だけでも書いてあると違いますし 問題文の中にはそういう情報があることが多いので大きなヒントになります (読解でも先に問題文を読むとだいぶ理解度が違います)

    *      *      *


前半15編
は インタビュー イタリアの漫才(早口のbattutaのラストのオチが聞き取れなかった~残念) 星占い サンレモ音楽祭 スポーツ 映画 広告(ものすごい早口!) これらの四択ですが 問題文さえ押さえておけばわかるものもけっこうあります 

後半15編はいきなり長く速くなり一瞬やめようかためらいましたが そのまんまえいっ!と最後まで走り続けることにしました(笑) 

ある機関のアナウンス 複数のインタビュー 広告 ニュース 戯曲(ストーリーを掴むのが難しい 3人もいるし)... 一番点が取れなかったのは「強盗」についての状況説明でした ←語彙不足? 
 
伊検2級や1級のリスニングよりも内容は長いので これを仕上げられたら自信がつくかもしれません! 私は今のところ2級レベル保持と思って取り組んでいます また 似た形式のCILSにもとてもよいと思います

わからない単語が出てきても 話の流れをつかめれば大丈夫です また何年もやっていると単語を聞くとなんとなーく意味(いい意味か 悪い意味かくらいだけでも)が ふっとイメージできるようになってくるもんなんですね(*^^)v

この解答とテキストは絶版のため ネット検索で手に入れて使っています(タイトルを入れるとすぐにヒットしてくれます)

   *      *      *

昔 まだEspresso 2の頃に 「週1回のレッスンだけじゃ何年もかかっちゃうよ~」と悩んでいたのですが やはりその通りで もっとどんどん自分で本を使って自主勉強すれば その分早く到達できるものなんですよね!!

なので 余力があれば 自分のやりたいことをどんどん自主的にやってゆくのがよいと思います 

テキストや問題集が高いな~と思っても レッスン代の金額と比べてみれば...何度も繰り返しやれるし やった日付をメモしておけば自分の成長ぶりがわかるし♪ ←何年か前までは 高いと思ってあまり買わなかったけど 方針転換(笑)

本は こちら

* 本の表紙の右上にCDの絵があるものはCD付き 絵がないものは本だけのようですのでご注意ください 

この他にも今 伊検過去問のリスニングのみを総復習してます 余力があればさらにUn giorno in Italia 3もやりたいですネ(^^♪ あれもすっごいスピードなんですよね~ (Torre di Babele校でもらったテキスト)

今 日伊学院のIPAのレッスンでは 「一回だけ聞いて内容を描写する」 というのをやっています♪ 
すらすらメモを取っておき簡潔に話します 以前より簡単に感じられるようになってきました~(*^^*)

この本を仕上げてから 伊検の過去問でリスニングをためしにやってみると...2級がすごく簡単に聞こえてかなり高得点 1級は点はかなり揺れがありますが 1級は「ひっかけ問題」が多いのですよね~
このascolto avanzatoの本はひっかけ問題は少ないので 設問数は多いけどその分素直なのでやりやすいです(^^ゞ

また何回か聞いたり 発展学習(内容について調べる)を進めて どこでこの話題に出会っても大丈夫なようにしてゆきたいです( `ー´)ノ 

実をいうとここ数年老眼が進み 読むと目がすぐに疲れるので 聞く方が楽になってきた(笑) 皆さんも眼を大切に!!

 

イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日伊学院主催第12回イタリア語作文・翻訳コンテストが開催されます(2016 )@日伊学院

2016年06月04日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
日伊学院主催第12回イタリア語作文・翻訳コンテストが開催されます(2016年7月)@日伊学院


昨年から欧日協会ドイツ語作文・翻訳コンテストと 夏の同時開催となりました

このコンテストは伊検への登竜門でもあります!! ぜひチャレンジされてみてください 特に初チャレンジの方は これから伸びる将来性をよく見てくれるので おススメです(^^)/

作文部門は 自分の持っている級か それ以上の級でチャレンジされる方がいいですよ~ 
(自分の経験からいっても)

翻訳部門は特に長年の経験がモノを言いますので 難しいけどいつかやってみたいですね~
 
皆さまのご健闘を祈っております!!

     *       *       * 


日伊学院は「第12回イタリア語作文・翻訳コンテスト」を開催します。

イタリア語検定1級レベル、2級レベル、準2級レベル、3級レベルの記述問題を想定した作文部門、 翻訳(和文伊訳・伊文和訳)部門があり、イタリア語学習者のひとつの励みとして広く参加者を募集しています。
コンテストは各項目 1 名 6 作品が受賞作品に選ばれ、各項目の最優秀賞の方に20,000 円の受講券を差し上げます。
是非ご参加ください!

参加申込期間: 2016年5月1日(日)~6月30日(木)

参加申込方法: 日伊学院HPの申し込みフォームをご利用ください。
※上記申込みフォームをご利用いただけない場合は、日伊学院・大阪日伊学院・名古屋日伊学院にご連絡ください。
※エントリー後の応募項目の変更はできません。

参加費用: 無料

課題発表・提出受付開始: 2016年7月1日(金)12:00
課題発表は日伊学院HP上で行います。
希望者の方には印刷物で郵送いたしますので、お申し込みの際にお知らせ下さい。

作文・翻訳提出締切: 2016年7月15日(金)正午12:00(郵送は当日消印有効)

結果発表: 2016年7月29日(金)正午12:00
日伊学院ホームページ上で、受賞者名、及び入賞作品にコメントを付けて発表いたします

詳しくは こちら


* 私は昨年のドイツ語作文コンテストB2は「該当者なし」で残念でしたが 作文のテーマは「世界遺産の称号を剥奪されたドレスデンの橋」についてで そのことがひとつのきっかけとなり 今年はイタリアの世界遺産についても学び 来年のサークルの世界遺産入門講座を開講する運びとなりました
いや~何がきっかけとなるかわからないものですね 転んでもタダでは起きない?!(^_^)v 

第3回ドイツ語作文・翻訳コンテストは こちら


イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実用イタリア語検定2級&CILS B2にダブルで一発合格の友人にインタビュー!!(2016年3月)

2016年04月01日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
実用イタリア語検定2級&CILS B2にダブルで一発合格の友人にインタビュー!!(2016年3月)


2013年12月に私が実用イタリア語検定2級に一発合格した翌年の 日伊学院GW講座で知り合った 仙台在住のprimaveraさんは(その年の春に準2級に一発合格していらした) 2014年12月伊検2級に一発合格 続いて2015年12月CILS B2にもダブルで一発合格されました!!    

いやすごい驚異的です 皆さん大変ビックリされてらして(*^^*) やはり貪欲さというか意欲が違う 特に地方の方がなかなか語学学校がなくて それをバネに頑張っているのだと感じます (私が毎週のレッスンをぬるいと感じるのはそこかも) さて直撃インタビューです:

sole: どんな勉強方法ですか?

primavera: イタリアーノ塾スカイプレッスンを継続し 日伊学院GWや夏期特別講座に仙台から来ていくつか受講したり 伊検2次対策スカイプレッスン 2級合格後は CILSの過去問(買うのが大変だった)で自宅学習 そしてイタリアーノ塾のスカイプレッスン等々… 遠方なのでスカイプレッスンは貴重な手段です 

sole: 彼女のホームページの中の勉強法にある エビングハウスの忘却曲線(「テストの花道」より)は 参考になりますが私はとてもできない...(笑)
お会いした時に見せていただいた 復習の日付けがぎっちり書きこまれたノートを見た私は思わず「貯金通帳の残高表みたい!」と(笑) 

イタリアーノ塾のスカイプレッスンは わずか30分でも とても充実したレッスンで合格を勝ち取られたのですね~ 私は自分の受けている90分レッスンは少人数制でよいのですがのんびりしてて(笑) こういう方がいいなと検定大好きな私が2013年11月に受けた伊検2級二次プライベートレッスンが懐かしく感じた次第です ハングリーさが違いますね!

primavera: 30分レッスンの件ですが 私実は36分で集中力が切れるんです~  先生の言った事が聞き取れなかったりすると「あっ、クリーニング出さなきゃ」とか突然違う事を考える時があります(笑) でもレッスン代は15分1000円なので 10秒でも集中力が途切れたらもったいない!と思うんです(;_;) (わかるわ~(笑)/sole)

sole: では一方で 日伊学院で 2014年11月の一次合格発表後に受けた「伊検2級2次対策スカイプレッスン」の方はいかがでした?

primavera: 日伊学院の「伊検2級二次対策スカイプレッスン」は良いです!
3回と5回と選べますが 一次合格発表から日数があまりないので5回は時間的にきついかと思いましたが  約1ヶ月で5回のスカイプレッスンを頑張って取りました!

レッスンの後 pdfでその回の評価表が送られてきますので 次回のレッスンにつなげることができます
評価はpositivoとか discreto(控えめで、冒険をしない)等でした
お題はLa Repubblicaの記事でした
日本のことがテーマで この記事を読んで思った事をまず話し その後先生からの質問ですが だんだんと答えにくい質問になりました
「日本は技術や近代化の素晴らしい国ですが 伝統もある国ですね あなたは 近代化と伝統の融合をどこに見い出しますか?」といった質問もありました( ゜Д゜) 


sole: 短時間でもきっちり準備すれば効果的なレッスンが受けられ 一発合格につながったんですね!! また新聞記事はCILSだけでなく 通訳案内士試験にも伊検の上の級にもよく出ますから必須ですね それにイタリア語だけでなくイタリア文化にも興味を持って色々吸収してほしいですね
 
イタリア人からもよく 好きなイタリア人歌手は?とか映画俳優は誰?とか聞かれますし 検定にもそのテーマ(ある歌手の生涯とか)がまるまる出ることがありますし イタリア料理もよく出るし...何語であれ言葉以外にもその国の文化・歴史などをまんべんなく知ることは大切で 上っ面の言葉だけではない骨格というか背景を作る作業も大切なんですよね

イタリア料理 ワインにスローフード 音楽 美術 歴史 地理 観光 映画 音楽 オペラ スポーツ 文学 世界遺産...
たとえば「イタリアに全然興味のない人」にどれだけ納得させられるかがひとつの目安で イタリアが好きな人同士ではなぁなぁになってしまいがちなので たまに喝を入れる意味でもいいですよね

      *        *        *


2級合格後の試験の選択:


さて伊検2級合格後(2014年) 次にチャレンジするのは通訳案内士の試験か 伊検1級かと色々迷った結果 CILS B2にした理由は?

primavera: 伊検1級作文が特にレベルが高いと思いました 社会 科学 医療 環境など様々な分野について自分の見解を問われますし 字数も多いです
自分はこのレベルに到達していないと思いましたので 実力をつけてからにしようと思いました
また伊検1級の合格には modo di direもひとつのネックになるそうです たくさんありますからね!!

通訳案内士については イタリア語の他に歴史と地理と一般常識の邦文試験(難解!)もあるため イタリア語以外の勉強をしなければいけないというところが 断念した理由です
純粋にイタリア語を勉強したかったですから 

sole: 私の方は イタリア語で日本文化等を説明できるようになりたいのと 邦文試験は中学生レベルなので(;_;) いちおう勉強だけはしようと思ったのが 通訳案内士の方を選んだきっかけです
では伊検2級と CILS B2は レベルや難易度は違っていましたか? どちらがどう大変でしたか?

primavera: CILS B2ですが Lettura、Analisiについて出題される問題は 過去6カ月以内の la Reppublicaの記事が多かったです (通訳案内士の試験にもよく出ます)

Letturaは 2つの長文問題と並び替えで構成されていて Lettura 1 は7問の問い(4択) Lettura 2( 2択)は16~20問の問いからなっています

長文自体の内容は伊検2級より少し優しいですが Lettura 3 の並び替えの時制に 理解できない場所 単語が含まれていたり 時系列のはっきりしない文章だったりすると苦戦します (この「並び替え」は解くコツがあるのだそうですが 独検準1級にもやはり「並び替え」が出て 話のわけがわからずに全滅だった記憶があります../sole)

Analisiは穴埋め問題なのですが Analisi 1 は形容詞 所有形容詞 または代名詞を Analisi 2 は 動詞の変化形を直接記入する形式の問題でしたので 伊検の文法問題で4択の中から正解を選択する方が楽だと思いました 

sole: 私も過去問見てみましたが 確かに伊検はあてずっぽうでも四択だからチャンスはあるけど(笑) 記述となるとそうはいきませんね また通訳案内士の方はまるまる翻訳・要約(riassunto)なので実力が問われます

primavera: 一方 CILS B2のAnalisi 3 は4択問題ですが 伊検と少し勝手が違います
例えば伊検だと 下記の選択肢の問題でa)~d)の4単語の意味が分かっていれば 正解が自ずと b)だと分かります(1級の例):

Chi non conosce la Vespa, (50) scooter italiano?
N50 a) civico b) mitico c) ittico d) celtico

しかしCILSでは 選択肢の中に paragonareとconfrontareという 日本語の辞書で引くと”比較する”という同じ意味の単語を どちらか選ぶ必要があります

ですのでCILSでは 前後の文章を見たり 単語の使い方を例文で考える訓練が必要です

伊検の3級~4級で ascoltareとsentireの違い sapereとconoscereの違いなどに触れる問題がありますが、そういった知識を広げていくと かなり解きやすくなると思います

      *        *        *

辞書について&当日のこと:

primavera: 私のメイン辞書はCASIOのXD-D7400なのですが 日本語で同じ意味の単語の違いを知るというような知識を広げるには 白水社のプリーモ伊和辞典や 伊伊辞書も活用しないと きついなぁと感じました

伊伊辞書を日本で買うと高いので 友人がイタリアに行った時 MIOT(il mio primo dizionario)を買ってきてもらいました 現地では小学生向きらしいですが(イラストが可愛いですね!)とても良いですよ!

soleさんがおススメの伊伊辞書はありますか?


sole: Zanichelli のポケット版がいいと聞きました sinonimi(同音異義語)がわかりやすいとのこと
Garzantiも色々出ています その他色々聞きましたが ネットで探せませんでしたのでスミマセン(;'∀')

さて CILS B2では 項目ごとの配点差 また当日の長時間の試験がいかに大変だったか CILSの試験会場の案内がぎりぎりなので 遠方受験者は大変だった(新幹線や宿泊手配等)
どちらを受けたらよいか迷っている人が多いと思いますが アドバイスは?

primavera: CILSの当日 CILSの配点基準は発表されませんが 問題集や下記のサイトに配点基準が掲載されています(過去問等も一部あります)

CILSのサイト    

LetturaならLettura 3 AnalisiならAnalisi 4 が配点が高いので これらを確実に解くように対策しました
 
試験は8:40から16:00までかかりました
受付で並んで本人確認のサインをしたり 試験の説明はB2の場合 イタリア語で(もちろん、それに対する質問もイタリア語です) 手続きと説明で計1時間くらいかかりました

orale以外の4項目の試験は13:00過ぎに終わり 上智大学市谷キャンパスからイタリア文化会館まで 徒歩で移動しました 

oraleの時間は人によって14:00~16:30で設定されていて 私は16:00でしたのでだいぶ待ち時間がありました
oraleの試験は質問に答える時間も限られてますし 長引くという事は滅多にないです
私と同じグループの人が諦めて帰ってしまったので私は若干早く通されました
いずれにしても 体力は必要ですね (これが私がCILSを断念した一番の理由!!トイレ休憩くらいしかないそうなのです/sole)

   *        *        *

ここで話は少し戻ります ちょうどprimaveraさんが伊検2級一次に合格され 2次試験について色々相談に乗っていた頃(2014年秋)の彼女のことばです:

primavera: 人はやはり試験を受けたら受かりたいですし 落ちたら悔しいし恥ずかしい
大人になり年を取ればとる程 自分が失敗した事を隠し 弁解したりチャレンジする事さえ止めてしまう人がたくさんいます
ですがsoleさんは自分にできる最大限の努力をし それでもダメだった時も赤裸々に告白し また努力を続け成果をあげる事のできる人です

思い起こせば2013年4月伊検準2級に一発合格した時 嬉しさとともに次は2級を受けなければいけない!と差し迫るような緊張がありました
2級は合格率が平均14%の難関です 合格できるのは7人に1人という事は 6回落ちて7年目でやっと受かってもおかしくない試験なのだと思いました

ところがsoleさんと出会い 2013年12月に伊検2級に一発合格された事が分かり もしかして私もsoleさんのように勉強し努力したら一発合格できるんじゃないかしら?と考え始めました
私は石橋を叩いて渡るタイプで 誰かがやって良さそうだったら自分もやろうというタイプなのです...

sole: 私は それこそ死にもの狂いでやり遂げたあの伊検2級一発合格のあと さすがに燃え尽きて昔やっていたドイツ語に一年間逃げてしまい(笑) 独検準1級合格のあとまたイタリア語に戻り 受かるつもりのない(?)通訳案内士の試験対策レッスン日伊学院IPAの少人数レッスンを受けていますが primaveraさんの合格体験談は私にとっても大変刺激になりました

こうして2014年の日伊学院GW講座で初めて出会った私たちですが primaveraさんは伊検2級に一発合格し 私は独検準1級のあとは通訳案内士やIPAのレッスン primaveraさんはCILS B2へと歩みを進んでゆきました…

切に感じるのは うかうかしてると毎年どんどん新しい方たちが追い上げてきてるってことです!! えっ私どうしよう~こうしちゃおれん(;_;)って感じですかね(笑) 

でも通訳案内士のレッスンでは 終了後に有志が集まり勉強会をしたりととても熱心なので そういう熱意ある勉強仲間(すでに合格した方やプロの方もいる)と出会うことがとても大切だとひしひしと感じています 
なので時間的に大変でも幹事さんをやって情報交換の場を設定したりと(試験のこととなると話が尽きない) 積極的に動いているのです(^^) 

また普通のレッスンの中には 試験を受ける方 受けない方といろいろなので(中学受験する子と 公立中に行く子とが混在する学級運営の難しさを思い浮かべるとよいです) できれば試験対策コース等で同じ目的を持った方たちと学ぶのが モチベーション維持にもよいですが スカイプレッスンや通信講座等で みっちり個人指導していただくのもよいですね!!

目的があるのとないのとではやがて雲泥の差がついてきますし 習い事やスポーツ等でも昇級テスト等が通常あるのに 語学学校のレッスンは自由意志で受けるようになっていて それはよいのですがだんだんとギャップが生まれてしまいますね 
なので これは!という生徒さんに出会った時の先生の目の輝きを目撃したりすると(笑) うーんわかるわ~その気持ち!!とついつい応援したくなってしまうんですよね(*´ω`*)
それに 過去問をだいぶあとからやってみるとカンタンに感じることもあるってことは 続けていればいつか...と励みにもなりますね!

  *        *        *

以上 インタビューに快く応じてくださいましたprimaveraさんに 心よりお礼申し上げます
お仕事を持ちながら家事もこなしつつ 検定準備に余念のない彼女に どれほど刺激を受けたことか!! 検定の合間にイタリア旅行もされてて...スゴイです( ゜Д゜)
一見大人しそうな印象の女性なのですが 芯が強くて頑張りやさんの彼女を これからも応援したいと思います!!

そして私たちもまた 目標に向かってこれからも頑張りましょう(^^)/

実用イタリア語検定は こちら
CILSは こちら
通訳案内士試験は こちら
 


イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村


語学 ブログランキングへ

にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第25回イタリア語スピーチコンテストで今年は知人が受賞しました!!(2015.12.5)@イタリア文化会館

2015年12月07日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
第25回イタリア語スピーチコンテストで今年は知人が受賞しました!!(2015.12.5)@イタリア文化会館

毎年聞きに行っているイタリア語スピーチコンテストですが 今年はな なんと知人が映えある「朝日新聞社賞」を受賞しました!! もう~感激で胸がいっぱいです(#^.^#) 

彼女とは2014年の日伊学院GW特別講座Alla Carta のイタリアジェスチャーのレッスンで初めてお会いしたのですが 彼女は日伊学院の全日制コースを卒業されてからイタリアに留学されて ちょうどサレルノから帰国したばかりの時に知り合ったのでした!! ←実は私たちは日伊学院のパンフレットに載っている同士なのです(笑)

スビーチコンテストは2度めのチャレンジとのことですが ほんとに流れるようなserenoなスピーチで 内容もとてもわかりやすくて 心に響くスピーチでした
発音もきれいで質疑応答もしっかりできていました

日伊学院の全日制コースの底力を見せていただきました
実に全日制コース1年+留学2ヶ月であそこまでになるとは驚きです

そして受賞の瞬間は 私も思わずじわっときてしまいました 今年のスピーチコンテストは特別です(^^)/

    * * *

今年は3位に「イタリア人のジェスチャーについて」 慶応大学生のとてもわかりやすいジェスチャーの披露(これは2,3回レッスンでやったよね~ジェスチャー!!) そして流暢なスピーチにビックリ!! 2位は「イタリア人が?イタリア人!」現役の通訳の方のハイレベルなスピーチでした
1位は昨年に続き早稲田大生の「学ぶ勇気」優勝ゲット!!(ここで私が以前習っていた先生が早稲田でも教えてらして「今年も早稲田の優勝よ!!」とそれは嬉しそうでした~)

そして特別賞は 朝日新聞社賞に知人の「らくがき」 サレルノには落書きが多いこと 色々悩みながらの留学生活で「笑うことを忘れちゃダメだよ!」という「らくがき」をたまたま見て 笑うことを忘れてしまっていた自分にふと気づいて勇気づけられたというエピソード...  

そういえば私もきつい時はホント笑うことなんてなくなってるよね...とふと思い返したスピーチでした
なので受賞の瞬間はじわっときました... 「サレルノに 今すぐにでも戻りたいです!! 」と質疑応答で答えた彼女のイタリアへの愛が伝わってきました(#^.^#)

彼女は 出場前は心臓が飛び出しそうなくらい緊張していたのに いざスピーチとなったら堂々たるもので その決意のほどが伝わってきましたね~ 

思うに 有名大学でしっかりしたスピーチをする方が優勝する年もあれば イタリアへの 切々たる思い イタリアへの「愛」を訴えた方が優勝した年もあったのですよね~

そして日伊協会賞は 毎年本選出場されていらっしゃる方の「絵文字: 遊び心のあるコミュニケーション」の受賞となりました 
折しも通訳案内士のレッスンで「絵文字(emoticon)」の新聞記事を読んでいて語彙が入っていたので聞きやすかったです!


他に本選出場された方は 「日本とイタリアのおもてなし」とか「移民から見た現代の移民政策」とか コスプレについて ミラノ風ドリア(サイゼリアのファン?)とか 「時間厳守の日本人、働かないイタリア人?」とか 多岐にわたるテーマでスピーチが繰り広げられました

ちなみに 質疑応答はしっかりと準備された方がよいです 予想される質問に答えられるように つまりスピーチの内容をもう一度riassunto(簡潔にまとめる)して手短かに答えられるようにしておいた方がよいです 必ず聞かれますから(^_^) ←ちなみに私が昔ドイツ語のスピーチコンテストに出た時もやはり準備したのですが それとはまったく違う質問をされてどぎまぎしました(笑)
ドイツ語スピーチコンテストの浜離宮朝日ホールは足もとがライトで照らされて それだけで緊張しましたが ここのイタリア文化会館のアニェッリホールは 足元を照らす舞台照明はないのでその分緊張しないかも?? ともあれ何度もチャレンジし続ければ本選に出られる日が来るのだと実感しました

* * *

また今年は 審査時間を利用してのトークイベント「イタリア語を話してみよう」は 昨年の優勝者と第3回の優勝者のお二人をゲストにお呼びして イタリア語を学び始めたきっかけ 留学のエピソード その後の展開と現在そして将来の夢等を 日本語で語っていただきました 休む間もなく聞き入りました

高校でラテン語とフランス語を独学していたという早稲田の方は 外国文学ばかり読んでいたがイタリアで日本文学について聞かれて はたと自分の国の文学について語る必要を感じたというスピーチで昨年優勝されましたが 将来はきっと素晴らしい学者になられることでしょう

また3回目の優勝者の方は 外語大の厳しい授業について語ってくださり 海外で日本館アテンダントとして働かれた経験 ダンスの練習でダンス用語のイタリア語が随分違うことに気づいた等 写真とともに説明していただき そして 「ずうっと続けてゆけるものって人生で限られているんだなと思った」との言葉に そういう長~く続けてゆけるものに出会えたことはラッキーだったんだなと改めて思いました

この日一日で かなりエネルギーをチャージできました!! ただ漫然とレッスンを受けてるだけではない 全国一を狙う「挑戦者たち」の鋭い眼差し そのエネルギーとパワーをビンビン感じて刺激を受ける この「スピーチコンテスト」 私は聞き取りがまだ全然できない頃から毎年聞きに行っていますが 出る出ないにかかわらずもっと多くの方にどんどん聞きに来てほしいですね!! 


また 表彰式のあとのビュッフェでは NHKラジオ講座応用編講師のN先生にも初めてお会いできました~ 
天気予報(検定によく出る)とかサッカーとか星占いとか 楽しみながら覚えられる内容がスキです♡

そしてこの日は朝は日伊学院のレッスン 午後はイタリア文化会館でスピーチコンテスト ビュッフェをはさんでまたまた日伊学院に戻ってクリスマスパーティに参加して 11時間もイタリア語漬けというスゴイ一日でした!! クリスマスパーティーではドイツ人の先生が多くて 単発講座を取ったことのあるスペイン語の先生とたくさんお話しました(^^)/

10月のハロウィンパーティにも行きましたが 今回は持ち寄りパーティーで私たちはチーズアソートを持参し(手作りのキッシュがおいしかった~) ビンゴでは景品も全員に当たりました!! あぁ~イタリア映画のDVDが当たりたかった~(笑) 

スピーチコンテスト開催のお知らせは こちら


イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月からいよいよイタリア語「通訳案内士」試験対策コース(最上級/C2)が始まります@イタリア文化会館

2015年09月03日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
10月からいよいよ「通訳案内士試験のイタリア語」コース(最上級/C2)が始まります@イタリア文化会館

イタリア文化会館では今まで「東京へようこそ!」のレッスンがシリーズで行われていましたが 10月の秋学期からは いよいよ「通訳案内士」コース(最上級/C2)が始まります:

最上級:「通訳案内士試験のイタリア語」
内容: プロの通訳ガイドになるための通訳案内士試験対策講座です。
新聞記事などを使って読解や内容説明といった筆記試験対策、観光案内でよく使われるキーワードを紹介しつつ、口述試験の準備をします。

講師: アントニオ・マイッツァ先生
テキスト: 講師配布資料
日程: 2015年10月15日 ~ 12月17日(木曜日)  18:00-19:30
受講料: 32,000円 (90分×10回)
レベル: Livello C2

講座は こちら



      *       *       *

今まであった「東京へようこそ!」のレベルは比較的低めで イタリア人に東京案内したい 日本文化について説明できるようになりたい という方向けでしたが 今回のはレベル高そう~!!

プロの通訳案内士を目指す方のための対策講座で 筆記はともかく口述試験は「箸の使い方を身振り手振りを使わずに説明する」という感じ...

* 9/4確認したところ 内容はC2レベルだが C2を持っている人対象ということではないそうで また このコースを受けたからといって必ず試験を受けなければならないわけではないとのことです 


また イタリア語の筆記試験は 以前過去問を買ってあったのでこの機会にやってみましたが 伊検2級くらいのレベルでなんとかなりそうですが(といっても半分しかできなかった~)
伊検は三・四択問題ですが(作文あり) こちらは記述がほとんどです 
伊和翻訳 和伊翻訳 専門用語をイタリア語で説明する等...

ちなみに 最近では「外国語→日本語訳する力を重視した配点から 日本語→外国語訳する力を重視した配点」へと変わったようです


さらに日本史・日本地理・一般常識という難関が控えていますので そちらも別途対策が必要で 語学よりもこちらがネックと聞きます 他の資格が使えるものもあります 

通訳案内士試験は こちら

イタリア語の過去問(平成元年からの過去問を収録)は こちら 

* 合否判定は 語学は70 点を合格基準点として行い 歴史・地理は70点 一般常識60点 二次試験は 6割 とありました

詳しくは こちら
試験HP(日本政府観光局/JNTO)は こちら (一次試験8月 二次試験12月)

* 過去問(一部)は こちら

(ハロー通訳アカデミーのサイトにも色々載っています)

私の受けた「東京へようこそ!」(2015年1~3月)のレポートは こちら

* 2015年8月31日(月)毎日新聞より: 「観光立国へ問題山積み: 通訳案内士の不足により無資格の闇ガイドが横行 今年4月時点で19,033人が登録 ここ10年で倍増したものの外国人観光客の増加には追いつかない」

* アントニオ・マイッツァ先生は NHKテレビ「EURO24」のイタリア語に出演中のリッカルド・マイッツァ氏のお兄さんで プーリア出身の熱烈な日本ファンです 
2014年4月のイタリア文化会館での先生の本「イタリア語 初歩の初歩」のプレゼンテーションの時に 日本と日本語へのそれは熱い思いのこもったエピソードをたくさん聞かせていただきました!!

* 写真は 昨年イタリア人留学生たちと散策した川越 なつかしい~( *´艸`)



イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊検HPで見つけたコラムでシチリアからナポリに思いを馳せる&伊検2級合格体験記「検定は最強の伴送者」

2015年09月01日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
伊検HPで見つけたコラムでシチリアからナポリに思いを馳せる&私の伊検2級合格体験記「検定は最強の伴送者」(2014年秋)@実用イタリア語検定協会


実用イタリア語検定のHPは今も時々見ていて (自分の2級合格体験記も恥ずかしながら載っているので) 今日たまたまエッセイ集「イタリア散歩道」を読んでいたら イタリア史研究家 小森谷慶子さんのコラム「シチリア;その混沌とした世界、そして言語」を見つけました:

あっ この名前知ってる!! ついさっきレッスンから帰ってすぐに手に取ったばかりの本『ナポリと南イタリアを歩く』の著者(共著)だ!
この本は 昨年秋にナポリと南イタリアに行く前に買って読んだ思い出深い本で 私の泊まったホテルから同じナポリ湾の宝石のようにきらきらと輝く夜景が見えた (14ページ) 
この素晴らしい夜景の見られるホテルに泊まれてラッキー♡

この本をなぜひさびさに手に取ったか? それはたまたま今日のイタリア語のレッスンで ナポリが出てきたからだ  
今 伊検2級で大変お世話になったナポリ出身のベテランの先生に IPA(Post Avanzato)という最上級の少人数クラスで習っていてとても楽しい♪

ナポリのアパートでは 道の両側で同じ階同士でロープを吊るして洗濯物を干すのだそうで (見たことある?) 映画などで見る有名な風景ですね 
この本にはその洗濯物のシーンはなかったけれど 今日のレッスンでは 両側のアパートの同じ階の人が相談してロープをかけて洗濯物を干すためだんだん仲良くなり いろんな家の中のこと*がわかってくるが 日本にはそういう習慣はないため その良しあしなどについて話しました

* scheletro nell’armadio = 家庭の(できれば隠しておきたいような)事情(洋服ダンスの中のガイコツ←直訳) といいます  modo di direで私のお気に入り♪

コラムでは シチリアは様々な国の文化の影響を受け 言葉もやはり大きな影響を受けているとあり ピランデッロの名前もありました 
実はようやく昨日 白崎先生の『名作短編で読むイタリア語』(ベレ出版)をようやく読了したばかりで ピランデッロ(Luigi Pirandello)の『苦悶の家(La casa dell'agonoia)』は9作品の中でも一番ラストにあり最も難易度の高いもので 苦労して昨日読んだばかりで いろんな偶然が重なった不思議な1日だった

     *          *          *

実用イタリア検定協会のHPは受験の時だけじゃなくて こうしたイタリアの文化を知ることのできるコラム そしてまたいろんな情報(コンビニで過去問が印刷できるとか 「模擬検」アプリもできて スマホやパソコンで過去問にチャレンジできるようになったらしい)も時々載るので 6月にリニューアルされてとても綺麗になったし ぜひ時々チェックしてみてくださいね(^^)/ 

このサークルのブログは検定の季節になると 検定のキーワードで探して読んでくださる方が増えてくるので 一か月後に迫った秋の検定目指して頑張っている皆様に 最後に恥ずかしながら私の2級合格体験記を転載させていただきます (今も来年目指して日々頑張っています!!←ドイツ語も~)

下の級から過去問をやってみて合格ラインが出たら 安心して実力の確認のために受けてみるといいですよ!! また 長年勉強していても最後にやめたあとで 「自分は何級を持っている」という一番ピークの時のよい記録が残ると 続けてきてよかったと思えます 
語学をやってない人に通じるものがあるのは強みです (外に通じる目安があるとないとでは大違い) 

そして私自身 検定を受けようと決めたとたん勉強の仕方ががらっと変わる という体験もしました  

 *        *        *

私の2級合格体験記検定は最強の伴送者」(実用イタリア語検定協会の許可を得て転載させていただきました): 

検定は最強の伴走者  
       第37回2013年秋季 2級合格Le Ali 20号

もしも自分が検定を受けていなかったら今頃は…と思う。

試験を受けるからこそ人は勉強するものよ」日本語の検定に取り組むイタリア人の友人のこの言葉が私の決意を固めてくれた。
同じ所をぐるぐる回るだけでは若い頃の失敗を繰り返すだけだとの忸怩たる思いがあり、若い頃大好きだったドイツ語をきちんと身につけられぬままスペイン語やイタリア語に夢中になり、このままではただ彷徨い続けるだけで終わるという危機感があった。

7年をかけて臨んだ実用イタリア語検定2級
イタリア留学はわずか1週間で50代半ばの私は、中断しながらも4級から伊検を受け続けてきた。
NHK講座はもとより 自分の運営するサークルのレッスン、引き続き語学学校に週1回通い、並行して37冊の様々なレベルの問題集&過去問を何度もやり、とうとう最後はそれでも点数が届かず検定2級対策通信講座を受けた。

シビアに点数が出ることで実力を測れる検定は最強の伴走者でありバロメーターだ。最初から検定を視野に入れているのといないのとではやがて雲泥の差が出てくる、だからなるべく早くから下の級からでも受け始めた方がいいと強く思う。

特に難関の作文は、うろ覚えのままでは正確には書けないため、語尾変化や前置詞との組み合わせやアクセントまで必死に覚えてたくさん書き、たくさん添削していただいた。
聞き取りはとても早いため、準2級の時は家では落ち着いて聞き取れても本番ではすっかりあがってしまい失敗、それを教訓に話し手の声も覚える程CDを何度も聞き語彙を増やした。
語彙が増えればその分楽になり、文法が分かればスーッと文章が頭に入る。
会話力・聞き取り力は留学された方には到底及ばないが、それでも多くのチャンスを捉えてひたすら貪欲にイタリア人と喋り、イタリア語を使うチャンスを自ら積極的に作った。

年齢から記憶力も減退しており、恥ずかしい程何度も何度も辞書を引きつつ、ブルドーザーのように日本で毎日毎日勉強し続けた。あぁ、若い頃からこうしていればよかったのだ。


春の準2級には1点差で落ちたが秋の2級一次にはぎりぎり合格でき、続く二次試験は手持ちの過去問13冊のテーマをすべてリストアップして15分喋れるように練習、そうして受けた二次対策プライベートレッスンでは要求されるレベルが徐々に高くなり悔いのないレッスンを受け、二次試験では留学された方達と並んで平均点が取れ本当に嬉しかった。

一次の結果を待つ間は精神的にきつく「もしかしたら作文で落ちてるかも」と思うと涙が出てきて困った。それ程真剣で死にもの狂いだった。
伊検2級合格は人生の宝物であり次のステップに進む切符なのだと思う。
検定はそして受かってからが実は勝負でもあると気付いた。たゆまぬ努力と情熱は夢が叶った後も決して失ってはならないのだと。


* 転載を許可いただきました実用イタリア語検定協会事務局様に心よりお礼申し上げます


* 写真は 2014年10月の ホテルの朝食を取ったテラスから見たナポリ湾の夜明け
 本と同じアングルで撮りました♪
 



イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2015年秋季第41回実用イタリア語検定試験の出願が始まりました(2015.7.17~8.17)@実用イタリア語検定協会

2015年07月17日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
2015年秋季第41回実用イタリア語検定試験の出願が始まりました(2015.7.17~8.17/試験日10月4日)@実用イタリア語検定協会


2015年秋季第41回実用イタリア語検定試験の出願が始まりました

申込受付期間: 2015年7月17日(金)~2015年8月17日(月)消印有効
実施日程: 2015年10月4日(日)
二次(1,2級一次合格者):12月6日(日)

試験日程は こちら

詳しくは こちら   

     *    *     *


なんでも検定というものは受け続けてゆけば 受け慣れてきてあまり緊張もしなくなり しだいに合格に結びつくのだそうです 

私も独検や二次試験を含めて 検定会場には延べ9回足を運びましたが まったく緊張しないというわけではなく(笑) それでも 受けていないとどんどん忘れてしまうことがわかったので( ゜Д゜)
やはり検定を受けようと決めたら 勉強の取り組み方がまずがらっと変わりました!!←これって検定効果?!


* 写真は アマルフィ海岸に行く途中のポジターノのお土産屋さん♪


イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実用イタリア語検定協会HPがリニューアルされました!! (2015.6.22)@実用イタリア語検定協会

2015年06月23日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
実用イタリア語検定協会HPがリニューアルされました!! (2015.6.22)@実用イタリア語検定協会



今か今かとドキドキしながら待っていました?! 実用イタリア語検定協会のHPが 昨日(6/22)とうとう全面リニューアルされました!!

すっごいステキですよね~(*^^*) コンテンツが豊富になり見やすくなりました フィレンツェの景色もうっとり...

まずは 検定情報関連が上から検定概要・受験案内・出願方法・試験結果・学習ツールまでが並び そしてその下には 検定に役立つ各種コーナーが続きます

情報交換コーナー(掲示板) みんなの受験体験談 参考書籍 検定対策コラム エッセー集-イタリア散歩道- お役だちリンク集 会報Le Ali イベント情報
などなど 字体もそれぞれ美しくなり(じんわり感激…) 今まで探すのに苦労していたコンテンツも わかりやすくすっきりまとまり 検定試験を受けていない今でも なぜか毎日のように開けて見ていたHPが いきなり全面的にリニューアルされてびっくり!!


確認したら リンク集の中のイタリア情報サイトの中に 知らないあいだに(?) うちのサークルも入っておりました~ いや恐縮です(‘◇’)ゞ

また 私の2013年秋の2級合格体験記「検定は最強の伴送者」も「みんなの受験体験談」コーナーに載っています あれから一年半…あれは私の人生後半の一大イベントでした ハイ...

前のHPも結構好きでしたが(笑) 

独検のHPの方は 検定が終わったらすっかりご無沙汰しているというのに 伊検のHPは今もしょっちゅう見ているのは 愛着があるから...??


HPは こちら

* 写真は 負けずに(?)うちもフィレンツェの風景!!(笑)

  
     *       *      *  
  
* おととい(6月21日)のニュースより:
ミラノで開催中のミラノ国際博覧会(ミラノ万博)で20日 長さ1595.45メートルのピザが作られ 「世界最長のピザ」としてギネス世界記録に認定されたそうです!
80人のシェフが作り 来場者約3万人に先着順でふるまわれたそうです...冷めないうちに皆が食べられたのか心配?!

 

イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊検2級合格から1年半...日伊学院IPAのレッスン開始4ヶ月で1級過去問が5割半・6割にアップ~(2015年5月)

2015年05月24日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
伊検2級合格から1年半...日伊学院IPAのレッスン開始4ヶ月で1級過去問が4割強→5割半・6割にアップ~(2015年5月)


GWも終わったある日 押入れにしまっておいた伊検過去問の大箱を取り出して1年半ぶりに1級を2冊だけやってみたら なんと5割半・6割ゲット(注:作文なし)!!
2013年12月に実用イタリア語検定2級にぎりぎり合格した時に ためしにやってみた時は4割強だった

しかも昨年(2014)はずうっとドイツ語ばかりやってて 独検準1級まで取ったものの イタリア語をいやもう忘れること忘れること... 昨年秋にせっかくナポリに行ったのにsemaforo(信号)もすぐには出てこないというありさま(;_;) 

なので 今年(2015年)1月から とうとう日伊学院のイタリア語のPost Avanzato(上級~最上級レベル)のレッスンを取り始めた

すると 前は「どうにも手のつけようがないくらい難しい」と感じていた1級が そんなに難しく感じなくなっている もちろん全然知らない単語はどっさりあるけどね
自分でもこれはせっかくだから検定1級受けなきゃもったいないかも...と思い 早速先生に相談してみました 

受かるかどうかは別として 勉強の目標として受けてみたらとなりました~(^_^) 検定受けないと精神的には楽だけどダレるんです やっててもしゃきっとしないんですよ~ 

受け始めたら必ずいつかは受からないといけないというプレッシャーがすごくあったので ずうっと逃げていたけど まぁ1級ってまずそうそう受からないと聞きますんで安心して(笑)受けようかと (まわりから1級1級と言われてた時はさんざん逃げ回っていたけどね~)

伊検1級の合格ラインは各部門7割 合計約8割前後と もちろんまだまだ全然届かないのですが... でも1年のブランクのあとたった4ヶ月のレッスンで 受けてみようと思えただけでも嬉しいです 

ひっさびさに過去問をやり始めたら 脳みそがくるくる動き始めた感じ (たとえば 昔覚えた花の名前とかがその花を見て突然頭に浮かぶようになった 何十年も出てこなかったものが!)


        *        *        *


検定直後っていつも精根尽き果てて精神的にも萎えてしまうため 「楽しくやれればそれでよい」という時期はもちろんありましたが 4ヶ月みっちり楽しくIPAのレッスン受けてるうちに ここまで戻ったんですね(*^^)v
Post Avanzatoは うちのクラスは今セミプライベート状態なのですごーく力がつくんですよ 少人数は多少高くても払う価値があります

思えば10年近く 自分の主催するサークルのレッスンから始まりいくつものレギュラーレッスンを取ってきましたが 楽しくかつ短期にこれだけの効果が得られるなんて もぉ他には行かれないって感じですね~(*^^) 先生(2級でお世話になった先生)も 少人数なことも レベルも内容も どれもみな今の私にはサイコーです!! 

  Post Avanzato(上級・最上級)は こちら
 レッスンの感想は こちら

      *      *       * 

   
実は先日のレッスンでひさびさに「天気予報(previsione meteorologica)」をやりまして あっこれは伊検3級で出てきたなと思ったのですが 長いし難しいし専門用語はあるし1級レベルの聞き取りで 山脈の名前をいきなり聞かれるし(笑) なので家でひさびさに3級過去問10冊の「天気予報」だけを集中してやってみたら 無事100%正解できた!! ←もちろん3級なので簡単だったからですが(笑)

天気予報の問題は そのマーク(和伊辞典にも載っている)が何を表すかをきっちり覚えること 専門用語(rovescio 豪雨 temporale 雷を伴う豪雨、嵐 nuvoloso 曇り coperto 曇り/空が覆われる程の)等をマークとともにしっかり覚えること あとはイタリアの地理(20州 山脈 海 島の名前と位置)を押さえるといいですね! そうするとメモしなくとも天気図を見ただけでこれだ!!とわかるようになるよ~(*^^)v

先日  2008年に短期留学したローマのTorre di Babele校でもらった「Un giorno in Italia 2」のCDを久々に聞いてみたら 数年前にあんなに難しくて手が出ないと思っていたネイティブスピードのインタビューが するすると頭に入るのでビックリ!! 継続は力なりと感激しました 
真央ちゃんの「あの達成感が自然と恋しくなりました」が 僭越ながらもなんとな~く少しわかります~( *´艸`)


今年こそは検定のない秋...のはずだったんですがね(笑)
ともあれ Post Avanatoのレッスンを取っていなければ まさか自分が1級受けるだなんて 夢にも思わなかったです~ 

* 夢にも思わない neanche per sogno 

追加: 5月末のレッスンで1級過去問の聞き取りをやったら さ 最高点の77%取れてまわりも皆ビックリ( ゜Д゜)

* この花は 独検準1級合格祝いの プレミアムバラ咲きジュリアン 「ピーチフロマージュ」 すごく鮮やかな色で新種です♪



イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第40回春季実用イタリア語検定の受付が始まります(2014.12.18~2015.1.18)@実用イタリア語検定協会

2014年12月16日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
第40回春季実用イタリア語検定の受付が始まります(2014.12.18~2015.1.18)@実用イタリア語検定協会



さて今年もあとわずかとなりましたが 来年春3月1日(日)に実施される 第40回春季実用イタリア語検定の申し込みが12月18日(木)から始まります(2015年1月18日まで受け付け):

記念すべき第40回ですね!!

また 会報の Le Ali20号には な なんと私の2級合格体験記の拙文「検定は最強の伴走者」が掲載されています


実用イタリア語検定について 詳しくは こちら

* 写真はひさびさに買ってきたポインセチア 色は珍しいピンクで「プリンセチア」という名がついています 


イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月のイタリア語夏季特別講座Alla Cartaは熱でお休み(トホホ)...独検準1級過去問に取り組んでます(2014.8)

2014年08月21日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
 8月のイタリア語夏季特別講座Alla Cartaは熱でお休み(トホホ)...独検準1級過去問に取り組んでます(2014年8月末)


こんなことってあるんですね~ せっかく1か月半かけて準備した8月の日伊学院夏季講座"Alla Carta, Su Misura"も 9度の熱で行かれずじまい(/_;) 
社会問題」は マフィアがテーマの映画を3本借りてきて見て ネットでイタリアの近代史もせっせと読んでおいたのに...
(イタリアジェスチャーは以前受けたからまぁいいとして)

この日伊学院の夏季特別講座のために地方から来る友人との待ち合わせも泣く泣くキャンセル...他にもこの講座で会えるかもしれない (ここでしか会えない)友人もいたのに...うぅ悔しい~"(-""-)"

7度台の熱なら1日で落とすけど さすがに9度台の熱&お腹と胃では 無理でしょう~ 
数日間 水と梨とゼリーで生き延びて 今は2キロ減った体重もちゃーんとも元に戻りました(笑)
皆さん 夏風邪には気をつけましょう!!

昨年の夏は 子どもの引っ越しと仕事で忙しくて熱出したっけ...
来年こそはちゃんと出るぞ夏季講座!!

   *        *        *     

さて 秋期実用イタリア語検定もいよいよ10月5日(日)ですね!! 昨年のことが懐かしいです 

今年は11月の 独検準1級にチャレンジ!! もう過去問(7冊買った)に取り組んでいます 
最初のうち(半年くらい前)はぎりぎり不合格ラインでしたが(とにかくやってみただけですが~) 6月末(独検2級終了後)から取り組んで2ヶ月くらいで どうにか合格圏内に入りました 参考書を3冊やりました 
何度もやって問題形式に慣れること これが大事ですね~


CILS B2にも出てくる 「会話などをはめ込む穴埋め問題」(選択肢の数が多いので大変)も独検準1級には出てきます  (伊検にはない) これはキーワードを頼りに探して 話の流れをつかむことが大事です 

読解は何語でもやり方は同じですね (汚しながら読む ひっかけ問題に気をつける 問題文に書いていない選択肢は常識的には正しくとも選ばない)  

時間配分については 独検には作文はない(1級は和独翻訳あり 作文より難関!!)のですが 伊検3級以降には作文があるので ポイントとしては:

伊検の最初はリスニングで始まります 一斉に始まり一斉に終わりますね
さてそのリスニングが終わったら すぐさま「作文のテーマ(お題)」を最後のページを開いて確認しておくと心理的に安心です (筆記の問題に取り組む間 アイディアが浮かぶ?)

作文のテーマは 3級では 1枚絵の描写 コマ漫画のようなストーリーの描写 最初の1行に話を続けるもの のスタイルが交互に出されていたと思うので 8月25日頃に最新の過去問が発売とのことですので 確認してみてくださいね

あっ 検定協会HPの掲示板はよくチェックしましょう~ 有用な情報が載ります

それと 時間を計って過去問をやってみるのも大切ですね 当日あわてずにすみます
その際に 大問ひとつにつきおよそ何分かかるか あるいはかけるか(見直しの時間も忘れずに)をメモしておくのもよいですね


私はいつもできるだけ早くから取りかかるようにしていて 3つの段階に分けていました まずは「〇級突破」等の参考書にじっくり取り組む(これが難しいからと諦めることはないですよ)
次に買ってきた過去問をどんどんやって とにかく1回は仕上げること 

そして第3段階は 過去問2回目をやり さらにそれらの中の出来なかったところを再チェック ですね
ちなみに参考書は週1冊のペース 過去問は1,2日で1回分をやっています (仕事や予定のない時のみ)


とにかく リスニング 文法 読解 作文 そして2次対策...とやることたくさんでタイヘンでしたね~ 皆さんお疲れ様です!!

 模試(9.28)は ちょうど検定1週間前の日曜日にやります


独検が順調なのは 「あの血のにじむような(笑)猛勉強で 伊検2級をどうにか切り抜けたから」そしてようやく「検定・勉強のコツを掴んだ」からに他なりません ハイ(-_-;)

私は 独検準1級のあと どうしようか考え中です... 独検1級取ったらカッコいいよね~ でもイタリア語にも早く戻りたいし...

忘れないために両方やるか(ホントは週2レッスン取りたいくらいです~無理ですが~) 若い頃できなかった夢にまい進するのか...

でもやらないとどんどん忘れてしまうので 「合格後」自分はそれを使ってどうしたいかも 楽しい悩みとして持っていて 勉強の励みにしていてくださいね(#^.^#)

一緒に頑張りましょう!!




イタリア語 ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村




コメント
この記事をはてなブックマークに追加