時には、旅の日常

管理人:taろう/旅先で撮ったスナップにコメントを添えて、他にも気の向いた事を綴っていきます。

西伊豆~南伊豆 美景・美食と温泉の旅-03~大瀬へ 駿河湾越しの富士見の絶景

2017-07-13 00:16:02 | 中部/日本
 初訪問の西伊豆へ、柿田川公園から海沿いの道程を往きます。

 <<西伊豆~南伊豆 美景・美食と温泉の旅-02>

 沼津市内の海岸に沿って延びる県道へと入り、変化に富んだ車窓風景を楽しみながらの、絶景ドライブを愉しみます♪
 雲が多く出てきたドライブ中の天候でしたが、やがて駿河湾越しに、その雲を纏ったような富士山が、美しい姿を披露してくれました。

 富士山を横目に眺めながら、伊豆半島の西北部に突き出た、大瀬崎へと赴きます。

 <大瀬崎>


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


 柿田川公園を出発、進路を西へ取り、渋滞気味であった土曜の午後の沼津市街を抜け、伊豆半島へと至ると思しき頃には、駿河湾の海岸線をトレースしているかのように延びる県道を、走っていました。

 雲が出てきて、晴れ渡った景色…とはいきませんでしたが、広々とした海原を目にすると、開放感に浸ることができますね♪
 夏のシーズン前ということもあるのか、車の通行量も少ない県道を、快調に西へと進みます。



 東伊豆と比べて、鄙びたノンビリ感が魅力の、西伊豆の風景。
 通り過ぎる小さな漁港の、風情たっぷりな情景に魅せられながらの、素敵なドライブを楽しんでいました。

 空の低いところに、浮き上がっているように漂う雲が、どんよりとした空模様の中で、のどかな情感を醸し出していますね^^



 カーブの多い駿河湾沿いの道をドライブ中…ふと海の方へ、ちらりと視線を泳がせてみると富士山が、麗しく裾野を広げた姿を、惜しげもなく披露してくれていました!
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 走行している静岡県道17号線は、ほぼ忠実に海岸線をなぞって小刻みなカーブが連続し、片手激写も一苦労…;
 道路と海との仕切りがガードレールのみ、という位にギリギリの区間も結構あり、駿河湾越しに富士を眺める絶景ドライブが、叶いました。



 いつしかセンターラインも消滅し、所々道幅も狭まる県道を、黙々と進みます。

 海岸まで山がちの地形が優勢な、伊豆半島。
 この辺りも、道路の拡張は、難しそうですね。
 見通しの悪いカーブの先に注意しながら、ハンドルを握ります。



 カーブのたびに、富士山の見える方角も、目まぐるしく変化します。
 先程までは横目に眺めていた富士山を、今度は右斜め前方に、見遣ります。
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 小さな突堤の上の釣り人や、穂を出したススキのような植物…:情緒のある、素敵な風景です。
 ガードレールも、古風な意匠のものに変わり、この県道の歴史も実感。
 視界に入る道路標識にも、旅情を感じていました。



 ヨットやクルーザー等の浮かぶ、海の風景。
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 西伊豆の海も、豊かな海の幸を育み、産するだけでなく、風光明媚なレジャーの海でもあります。

 海の背後で優美に聳える富士の絶景…視線を送らずにはいられません!
 山体の前を、斜めに遮る雲も、面白いアクセントとなっていますね。



 駿河湾越しの富士の眺望は、まるで富士山が海上に浮かんでいるかのような錯覚を、心に呼び起こします。
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 離れた場所からでも、離れた場所ならではの雄大な美しさを見せる富士山は、やはり「日本一の山」という風格を感じさせてくれる、素晴らしい山だなぁ…と、改めて感動していました。



 柿田川公園を出発してから約1時間、大瀬(おせ)に到着。
 海水浴場に隣接している大きな駐車場へ、レンタカーの相棒を駐めて、浜辺へと出てきました。
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 浜辺の対岸には、伊豆半島から更に駿河湾へと突き出た、小さな半島が横たわっています。
 半島の背後には、例によって富士山の、覆い被さるような眺望。

 少しズームで引き寄せてみると、優美な中にもダイナックな迫力も、感じ取ることができますね!



 浜辺は、ダイビングを楽しむ人々で、賑わっていました。

 西伊豆は、ダイビングスポットとしても、有名な場所のようですね。
 海水も澄んでいて、高い透明度を誇っているので、この海面下にも、素晴らしい眺めが待っているのでしょう^^

 それにしても、対岸の小半島と富士山との間には、駿河湾が広がっているとは、この景色を眺めているだけでは、到底信じられない位に、富士山が近くまで迫って、見えています。



 小半島の反対側(西側)の海岸へと、出てみました。
 目の前には、駿河湾の波打ち際から海原のパノラマが、素晴らしい海と富士山の風景を、演出していました。
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 抜けるような青空の晴天であれば、駿河湾もきっと、紺碧の素敵な輝きを放っていたのでしょうね。
 それでも、曇天のモノクロ調の風景の渋い趣きにすっかり魅了されて、この浜辺に暫く立ち尽くしていました。



 大小様々な船が、海上で行き交う駿河湾。
 白い航跡を曳きながら、東の方角へと疾走する漁船が、貨物船とすれ違います。
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 動きのある船と、ドッシリ構える富士山の、対照的な動と静のイメージが、印象に残りました。



 大瀬の小半島の西岸は、大きな石の積み重なった海岸でした。
 空と海との広がりの狭間に、優美な裾野を誇る秀麗な富士山…何とも贅沢な構図が恣の幸福感で、心が満たされていきます♪
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 天候が不安な、梅雨真っ盛りの時候でしたが、この日は幸いにも降雨を免れて、このような素晴らしい風景を満喫しながらの散策を、楽しむことができました。



 沼津の街が面している画像右側の湾奥から、太平洋へと繋がる画像左側の湾口へ、駿河湾をパノラマ撮影。
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 画像右端に見える富士山から、御前崎へと至る対岸の連なる様子が、雄大な眺望を一層引き立てていますね。

 駿河湾から太平洋へと向かい、徐々に小さくなっていく貨物線を見送ります。
 雲間から零れでた陽光が射す、明るい午後の風景でしたが、去り往く船を見送る寂寥感もまた、ふと感じることのできた情感にも溢れていました。

 駿河湾越しの富士見に魅せられて、思っていた以上に時間を費やしていました(^^;)
 富士見に続いて、小半島先端の大瀬崎(おせざき)を、散策します。

 <西伊豆~南伊豆 美景・美食と温泉の旅-04>>

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西伊豆~南伊豆 美景・美食と... | トップ | 西伊豆~南伊豆 美景・美食と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL